久しぶりに読書しました。やくざの親分が書いた本だけに、なかなか真に迫るものがありました。読んだ本はこちらです。



読んだ感想は、こういう人が、一般社会に紛れていることがとても恐くて、絶対に出会ってはいけない人だなという意識を強くしました。たしかにお金は大事です。でもお金を取り返そうとするあまり、毒を盛られて殺されてしまえば、それでジ・エンド、終わりだなって思います。夜中に読んだらうなされて、恐くて眠れなくなるような本でした。こちらの本は、埼玉愛犬家殺事件によって、ヤクザの子分を殺された、ヤクザの親分が書き下ろした本だそうです。犠牲者の方、ご冥福をお祈り申し上げます。