2007年02月16日

【陶酔・パイプオルガンな午後】

d84a79bc.jpg芸術の2月。私の趣味はパイプオルガンである。ははは。
気持ちの良い暖かな日差し降り注ぐ今日の午後、お昼休みに開催されるパイプオルガンの無料コンサートを聴きに、東京芸術劇場へ行ってきた。会場は開演前から沢山の聴衆で既に一杯で、無料コンサートの人気の高さを伺い知らされた。12時15分からのおよそ45分、心地好い重低音と流れる様なオルガンの調べに身も心も満たされて、至福の時を過ごす事が出来た。パイプオルガンを無料でたっぷり45分もなんて、なんと贅沢な!っと思う。ランチタイム・パイプオルガンコンサートVol.55は次回開催3/15だ。
主催:(財)東京都歴史文化財団 東京芸術劇場 開演:12:15 会場:東京芸術劇場大ホール 入場無料
  
Posted by baydream01 at 00:46Comments(6)TrackBack(0)春夏秋冬

2007年02月15日

【やっぱ今年もマリーンズ★☆】

プロ野球のキャンプも始まり、俄然盛り上がってきた野球ムード。いてもたってもいられなくなり、早速千葉ロッテマリーンズのファンクラブ継続入会をしに行ってきました。ファンクラブの入会なんだから海浜幕張駅前のマリーンズショップでいいだろうと思い、車横付けで颯爽と乗出したまでは良かったのですが、継続入会はマリンスタジアムでしかやってないとの事。な〜んであんな不便なとこまで行かな〜手続き出来んのじゃい!面倒臭え〜っ!と言う事でいきなり出鼻をくじかれ、おまけに店員の至ってクール!?な対応に毒づき気分の悪い(そんな事くらいでカッカする自分もアホですなぁ)開幕となりました。しか〜し、この時期だからこそのお得な発見も。。。店内在庫処分セールをやっていて、通常2000円のマリーンズTシャツが1200円!おっ!ラッキー♪これってお土産に意外と好評なんだよな。。。で、早速一枚ゲット。会員ポイント付くのか聞いたら、継続入会手続きが完了しなければダメとの事。ケチ!そんな融通利かないんじゃあファンは
逃げていくぞっ!と再び毒づきながらマリンスタジアムへと車をかっ飛ばしたのでありました。で、マリンスタジアムに付いてみたらまたしてもファンを何だと思ってんだ〜!という状況に不満爆発。な〜んで5分も掛かんね〜手続きに駐車料金払わにゃあならね〜んよっ!こ〜んな僻地でしか手続きやってねぇっつうのによっ!不便極まりないわい!仕方なく閑散とした駐車場とスタジアム周辺を見回して迷惑にならなそうな路肩に駐車して、入会窓口へと向かったのでありました。今年のファンクラブ入会プレゼントの個人的注目は特製ニューエラ製キャップ♪で早速実物を手に取ってみると〜、色はシンプルでお洒落。でも帽子の仕上がりっつうか出来はイマイチな感じでな〜んかがっかり&やっぱな〜って感じ。どうしてプレゼント商品ってのは、いかにも安く作りました!って作りなんじゃい!なので、妥当なところでホーム用のユニフォームを貰う事にしました〜。会員カードも去年に比べてダサダサ〓〓でがっかり。会費の値段高くなったんだからも少しサービス良くなってもい
いと思うんだけどなぁ〜と思ったのは私だけなんじゃろか??西武なんかぁ今年は気合い入ってまっせ〜。会費はマリーンズよりも安い3000円で、ホームのユニフォームだけならず、サービスでビジターのユニフォームまで付いてくんだからなあ。まっ、物欲だけで判断している自分もダサダサかも・・・。とにかくにも、無事に更新手続き済ませて貰う物貰ったら気分も晴れやか☆現金なもんだ。はは。さあ〜こうなりゃもう心は臨戦体制!お〜い!スポーツニュースよ〜、もっとマリーンズを取り上げておくれ〜〜!マー君とノムさんばっか追っかけてないでさっ!頼んまっせ〜☆よしっと。早〜く来い来い開幕戦♪やっぱ今年もマリーンズ☆★
58c01658.jpg
  
Posted by baydream01 at 15:59Comments(1)TrackBack(0)マリーンズ

2007年02月06日

【2007初黒鯛の画像】

54d2ebc0.jpg後で差替えます。
  
Posted by baydream01 at 02:30Comments(2)TrackBack(0)春夏秋冬

【いきなり初黒鯛52cm! でも・・・】

今年はさい先が良いかも・・・。午後に釣友から電話があり、面白いポイントが有るので、というお誘いを受けて夜の黒鯛釣りに行ってきた。満月!大潮!満潮前後!春の様な陽気!条件は最高!夜黒鯛用の竿が使わずに放置していたせいでボロボロになっていたので、釣友からのレンタルではなく、気分一新!新しい竿の購入を釣友に頼んで買ってきて貰い、気合十分で臨んだところまでは良かったのだが・・・。

一月の初釣りは見事玉砕に終わったのだが、本日夜、今年二度目の黒鯛チャレンジで、開始15分、いきなり52cm-2.55kgがガツンとヒットしてくれました。。かれこれ二年九ヶ月ぶりくらいの黒鯛ちゃんとのご対面が、黒鯛釣り師にとっては憧れの50cmオーバーとはラッキーでした。
でもこれも二度目。思い起こせば4年前にも、一年ぶりくらいでチャレンジした3月2日に54.5cm-3.04kgを釣っていました。二度ある事は三度ある??(期待!)
それにしても、今回は凄い。まともじゃない仕掛けで釣ってしまったのだから、きっと真面目に黒鯛狙っている人に知られたらぶっ飛ばされるに違いない。勿論、おふざけで釣りをした訳では無く、不測の事態に対応して、あくまでも真剣に、三段並継ぎ竿の穂先と二段目無しの、竿の手元にリール付けただけの道具立てでチャレンジしたのだ。なぜならボートで堤防に渡ってしまったので陸に戻って忘れ物を取りに帰れなかったからだ。もしかしたら、穂先が付いた竿でやっていたら、あの魚は取れなかったかも知れない。そう!あの魚は穂先が無かったから取れたのだ!そうに違いない!なぜなら、一日に一度有るか無いかのアタリで、スッポ抜ける事無くガッチリ針掛りしてくれたのだから。
でも、釣り味は最低だった・・・。穂先が無いので魚との力比べも格闘も無く、コンコンッ!というラインを通じて伝わるアタリで黒鯛だとは分かったが、棒切れにリール付けた様な状態では、メバルくらいの重量感しかなく、あっさり水面まで上がって来てしまったのだ。釣友が差し出してくれたタモに納まった魚を見れば、一目瞭然でビッグサイズだと分かったのだが、な〜んか物足りない感じがしたのは事実だ。今度からは必ず忘れずに穂先を持って行こう!
きっと今日の場所に通えば、今年は4〜5枚は50オーバーを取れそうだ。一般の釣り人が動き出す4月までには勝負を賭けて、海が静かな寒い時期に楽しんでおきたい。(悲しいかな、暖かくなると世の中海はどこもかしこも人だらけになって落ち着いて釣りを出来なくなってしまうのだ)
今日は釣友と一枚ずつで二枚。しかし毎度の事ながら釣友のクロの方がでかかった。55cm-3.0kg。いや、オバケみたいにデカイ魚でした。1月25日にも55を釣ったらしいので(参照:黒鯛の巣)、もう今年で二枚目の50オーバー。羨ましい。
【本日の仕掛】
竿:穂先と二段目無しの落し込み竿1m(本当なら2.4m) リール:落駒 ライン:落し込み専用2号オレンジ ハリス:シーガーエース1.7号 針:デュエル環付きチヌ5号つや消し黒 オモリ:5B 餌:海で取ったカニ
☆冬の黒鯛釣りは、確実にビッグサイズが出るので、記録サイズを狙うならばお試しあれ。キーワードは、人のやらない時間帯、人のやらない無名ポイント。防寒対策は万全に☆
  
Posted by baydream01 at 02:10Comments(0)TrackBack(0)春夏秋冬

2007年01月31日

【『硫黄島・・・』二回目】

昨夜、どうしてももう一度映画館で観たかったので、硫黄島からの手紙を近所のシネコンで観てきた。今回は、初めて観た時には気が付かなかった細かい描写やさりげないセリフも味わう事が出来、二度観た事に後悔は無かったよ。特に西郷役を演じる二宮君のはしばしに出るやるせない表情は、この映画が伝えたい事を絶妙に表現していると思った。また、この映画が映し出す迫力は、映画館でなくては味わえない事を再認識した。
そう、先週には山田洋次監督作品・武士の一分を観たが、こういう作品は家庭のテレビでもその良さは十分味わえると思った。武士の一分、この映画も観て分かった事だが、非常に良かった。恥ずかしながら誰もが思うのかも知れないが、キムタク主演の時代劇〜?では無かった。そのストーリーには、今の日本人が失っているであろう『心』が込められ、それを主演、助演、脇役の力が見事に交わって表現され、観る者の心打つ映画となっていた。つられて、昨日は帰りにTSUTAYAで『たそがれ清平衛』を借りて観てしまった。これもアタリだった。終わってから思わずもう一度観返してしまい、気が付けば夜明け前だった。
ついでに、一昨日観た史実に基づいて制作された『戦場のアリア』もなんだか『心』を感じさせる映画でとても良かった。知人曰く、バルトの楽園に通じるものが有るね!。まさにその通りだと思った。ヨーロッパ映画は、ハリウッド映画に慣れた頭には、とても新鮮な感動を与えてくれる。『ライフ・イズ・ビューティフル』もしかり。
淀川長治ではないが、映画って本当に面白い!
》》》M.S.《《《
  
Posted by baydream01 at 21:38Comments(0)TrackBack(0)春夏秋冬

2007年01月12日

【狸突猛進】

昨深夜、駅から家へ向かって歩いていたら、目の前をでっかい狸が猛然と駆け抜けて行った。「カッ!カッ!カッ!カッ!」っと凍てつくアスファルトに爪の音を響かせて、丸々と太った狸だった。いや、待てよ。あれはもしかしたらアライグマかも?!ちょっと確信が持てなくなってきたが、それにしてもこの都会のど真ん中で暮らしている姿に、その逞しさを思わず感じてしまった。何だか最近あちこちで狸を見掛けるのだが、都会という独特の環境が新しい生態系を作り出しているのかも知れない。
  
Posted by baydream01 at 21:11Comments(0)TrackBack(0)春夏秋冬

【硫黄島からの手紙を観た】

アメリカ人のアカデミー監督が戦場における日本兵の本音という視点にたって作った、戦争の愚かさと命のかけがえのなさを、観たものの心に強烈に焼き付ける、衝撃的な映画だった。その想像を絶する戦闘爆撃シーンは、今までに観たことも無いリアルさと迫力で、まるで本当の戦場にいるかの様な恐怖感さえ覚えた。いくらTSUTAYAが便利でも、この迫力は映画館でなければ味わえないだろう。ロードショーで観ることが出来てとてもラッキーだった。個人的には、戦闘機の集団が空から襲撃してくる場面の息を飲む迫力に度肝を抜かれた。ここ最近、パールハーバー、トラ!トラ!トラ!とたて続けに戦闘ものの映画をレンタルで観ていたのだが、それらの戦闘シーンを遥かにしのぐ凄惨でリアル感ある映像と音で、戦争の恐ろしさをまざまざと体験してしまった。戦争を知らない僕達は、硫黄島からの手紙を是非観るべきではと思った。関連して、栗林忠道中将について書かれたノンフィクション「散るぞ悲しき」を読んでみたいと思った。俺は戦争映画に毒されているのだろうか。い
や、そうじゃない。この映画を通して知る事になった、栗林という男の本質をもっと知りたいという衝動に駆り立てられているのだろう。それにしても、太平洋戦争の戦場における「日本兵」の本音に迫って描かれた映画を初めて観たような気がした。
》》》M.S.《《《
  
Posted by baydream01 at 06:00Comments(0)TrackBack(0)春夏秋冬

2006年11月26日

【Brake Time♪】

ちょっと一服。昨日仕事で立ち寄った御徒町のとあるお店で、懐かしいギターを発見しました。でもこれって、白いギターじゃなかったっけ??
そう言えば、昨晩はベイタウンでチラシ配りをしていたのですが、とある飲食店で女性と楽しそうに語らうボビーを発見。最近めっきりプロムナード方面で顔を見ないと思ったら、海側で活躍してたのね。来年は今期の雪辱を果たして、交流戦だけじゃなくて、リーグ優勝もよろしくね。。。
ありゃ!画像の加工が中途半端だ・・・。失礼m(..)m
おっ!懐かしいギター発見v(~~)

  
Posted by baydream01 at 20:32Comments(4)TrackBack(0)ぶらりとパチリ☆

2006年11月23日

【Visit to Nepal November 2006-06】

観光をする時間をあまり取れなかったのですが、駆け足でカトマンズ近郊の私の大好きなスポットに行ってきました。ボダナートは私がカトマンズで一番好きな所。白一色の巨大なステューパに青い空と色鮮やかなお経を記した旗がはためき、とても爽やかな気分に浸れる所。BGMで寺院を取り囲むチベット物産店から流れてくるオンマニの歌がとても心地よく響いています。

ニャタポラ寺院は近郊、古都バクタプルにそびえる五重塔。その足元に鎮座する動物を模した神様の像には寺院同様にとにかく圧倒されます。ここも大きな青い空を背景にそびえるその様に毎度引き付けられるお気に入りの世界遺産です。

カーラ・バイラブ像は見ての通りの迫力とその色使い。ダルバール広場の壮大さと合わせて、とっても気軽に立ち寄れる大好きなスポットです。
世界一大きなチベット仏教の仏塔・ボダナート



















古都バクタプルの象徴・ニャタポラ寺院
































ダルバール広場の象徴カーラ・バイラブ像

  
Posted by baydream01 at 21:02Comments(0)TrackBack(0)NEPAL大好き!

【Visit to Nepal November 2006-05】

ネパールの人達はとっても明るい。ひとたび仲間が集まれば、そこは絶え間ない笑顔とダンスに包まれる。。。ダンス(踊り)はネパールの文化の象徴だ。大人も子供もみ〜んなとってもダンスが上手い!
<<<日本でネパールを味わうなら>>>
http://www.namche.jp/OFFICE/namche_jaynepal.html
ダンスはネパールの文化だ。。。



















自然と暖かさ一杯の国、それがネパールだ。。。

  
Posted by baydream01 at 17:32Comments(0)TrackBack(0)

【Visit to Nepal November 2006-04】

カトマンズ生活でのお買い物に同行しました。
農薬を使わない、自然の力から作られる農産物は、どれをとっても非常に味が濃く、肉も、野菜も果物も、自然の旨み一杯でとても美味しい。
それもネパールの魅力と楽しみです。
カトマンズの中心街タメルの入り口



















八百屋さんv(^^)



















お肉屋さん



















お買い物

  
Posted by baydream01 at 16:29Comments(0)TrackBack(0)NEPAL大好き!

【Visit to Nepal november 2006-03】

私達の地道な活動はネパール国内でもとても高く評価されている。決して表彰が目的では無いし、名前を売るのが目的では無い。あくまでも身近な、そして自分達に出来るスケールで、ネパールの子供達と社会生活基盤整備に、私達の善意を直接この手で届けたいというのが私達の願いだ。民間団体や誰かに私達の善意を託しては、中間マージンが発生して、いったいどれだけ私達の善意が反映されているのか分からない。だから私達は自らネパールに赴く。こんなの出席しても意味が無いと思っていたのだが、この表彰の立会人たちは、ネパールの大臣と政府高官なのだそうだ。驚いた。
http://www.nepalnews.com/archive/main.htm
http://nepaljapan.com/
私達の活動はネパール国内でも非常に高く評価されている。 



















来年はカトマンズ市街地のデコボコの通学路を舗装するのが目標だ。  
Posted by baydream01 at 15:21Comments(0)TrackBack(0)NEPAL大好き!

【Visit to Nepal ver.November 2006-02】

ネパールの一般的な子供達は、3歳位から学校に通う。小学校は日本でいえば幼稚園から小学校を繋げて通算でおよそ10年通うのがネパールのシステムだ。どこの小学生達も、皆制服を着て学校へ通う。行き帰りのセキュリティーは非常にしっかりしていて、校門には警備員が常時立ち、行き帰りには必ずと言っていいほど、親や親族が学校まで送り迎えをする。また遠くから通って来ている子達は、スクールバスがその役目を果たしている。

しかしながら、学校は義務教育ではない為、その負担は大きい。ネパールの人に言わせると、およそ一ヶ月で子供一人当たり3万円前後の費用が掛かると言う。その為、貧しい家庭に生まれた子供達は学校へ通えない事も多い。都市部で学校へ通えない子供たちは、ネパールの豊富な世界遺産の観光スポットに終日たむろして、外国人や観光客を目当てにしてお金をねだったり、小さなお土産品を売り歩いている。郊外の子供たちは、単純作業、肉体労働など、一労働者として、家族の生活を支えている。ネパールはとても貧しい国だ。主な産業は観光と農業だけなのだ。その為、ほぼ自給自足の生活をしていると言っても過言ではない。
縁あって知り合った顔に傷跡の残る二十歳のネパール人から何気なく聞いた話なのだが、彼女は最近大きな交通事故に遭い、1ヶ月の入院と2ヶ月にも及ぶ自宅安静生活をしてようやく社会復帰したのだが、その事故の時に生まれて初めて病院に行ったそうである。
それだけ社会生活基盤がまだ整備されていないのだ。日本では当たり前のように享受出来る社会生活サービスも、一歩国境を越えればこの21世紀の文明社会でも、それは当たり前では無いというのが世界の常識である事を是非知って欲しい。
子供たちは万国共通で純真だ。。。

  
Posted by baydream01 at 14:57Comments(0)TrackBack(0)NEPAL大好き!

2006年11月22日

【Visit to Nepal ver.November 2006-01】

引越しをしたため、プロバイダーの移動に時間がかかり、未だにmy computer はネット接続出来ません(泣)。久しぶりに友人のパソコンからネットにアクセスしてます。そう、さる日曜日まで、ネパールへ行っていました。全日天気は穏やかに晴れ渡り、気温も朝晩の冷え込みを除いてはとても過ごし易く、快適な旅でした。カトマンズ市内からも午前中は遥か白い壁の如しヒマラヤが望め、多くの世界遺産に囲まれながら、ネパールを満喫することが出来ました。行きの飛行機で顔馴染みになった人と帰りの飛行機で一緒になった人も多く、あちらこちらでネパール談義に花が咲いていました。ネパールの旅って、そういうアットホームなところも魅力ですv(^^)v。追って滞在先で撮影した画像もアップしたいと思います。とにかく壮大で美しい、神々が宿る天空の王国ネパールでした。
今回の訪問の主目的は、学校に行けない子供たちを救うチャリティーの、沢山の方々から寄せられた支援やチャリティー基金を直接届ける為だった為、私たちは主にカトマンズ市内を中心に滞在をしていました。
デュリケルからのヒマラヤの眺め  
Posted by baydream01 at 17:35Comments(0)TrackBack(0)NEPAL大好き!

2006年10月22日

【軽井沢は秋満開】

雨に濡れる紅葉
































平日の静けさ旧軽銀座雨降る火曜日、軽井沢の別邸へ荷物を届けに行ってきました。I.C.を降りて山道を抜けていくと、そこは色づいた木々の見事な紅葉の世界でした。偶然にも遭遇した満開の紅葉、カメラを持っていかなかったので、記録する事が出来なかったのが残念。でもそういえば携帯にカメラあったっけと思い、夕方の旧軽と中軽をパチリ。













お腹が空いた

















お腹が空いたので中軽まで足を伸ばし、「かぎもとや」で天そばを・・・。
珍しいなあ。マッチ。






















帰りに横川インターに寄って、釜飯を買って帰りました。
ぶらりと立ち寄った雨に濡れる秋の世界、なんかちょっと得した気分でした。

  
Posted by baydream01 at 23:45Comments(1)TrackBack(0)ぶらりとパチリ☆

2006年10月21日

【献血と骨髄バンクドナー登録会を終えて】

10/15に開催した「第一回幕張ベイタウン献血と骨髄バンクドナー登録会」、沢山の方々の参加とご協力を得て、無事に終了する事が出来ました。ありがとうございました。

実際にこのようなイベントをやってみて、色々と喜びや反省がありました。
全てが人々の善意のお陰。これを無駄にする事は出来ないですね。今後も見据えて自分なりの反省を専用サイトに掲載しました。
http://www.geocities.co.jp/baydream01/donor01.htm

これからも更に善意の輪が広がる事を節に願います。
そしてそれは沢山の方々の協力があって実現できる事、胸に刻んで。

ありがとうございました。

  
Posted by baydream01 at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2006年10月14日

【大長令・感動!】

チャングム♪






















NHK総合で今、毎週土曜の深夜に再放送されている韓国ドラマ「チャングムの誓い」、僕はこの再放送から見始めたのだが、毎週楽しみに観ている。でも色々と用事などがあったりして観れない事もしばしばだったので、TUTAYAでDVDを借りて、一気に最終回まで観てしまった。

当時の政治や身分、女性という立場にも負けず、自らの願いを叶える為に常に誠実で向上心に溢れる主人公に、ただただ感動の一言でした。そして、人間として見習うべき事が沢山あり、自分自身にとって非常に刺激を与えられました。果たしてどういう結末になるのか、はらはらどきどきのストーリー。涙と感動のドラマは、僕にとって今まで観たドラマで一番だと感じさせられました。こんな人が実在していた事にもっとびっくり。人間、信念と情熱を絶やさず心に抱き歩んで行けば達成出来る!、チャングムからとても勇気を貰ったように感じました。少しでもチャングムのような人間に近づきたい!と思うようなそんな感動と学ばされたドラマでした。
大長令♪ 













v(^^)v Fight Tsubami♪  
Posted by baydream01 at 02:44Comments(0)TrackBack(0)感動

2006年10月10日

【第一回幕張ベイタウン献血と骨髄バンクドナー登録会】

ベイタウン献血とドナー登録会バナー02






★第一回幕張ベイタウン献血と骨髄バンクドナー登録会が開催されます♪
詳細をこちらで↓紹介しています。
 http://www.geocities.co.jp/baydream01/donor01.htm

あなたの善意が人の命を救います!
献血と骨髄バンクドナー登録を是非 v(^^)v

自治会連合会定例会にて












幕張ベイタウン自治会連合会定例会にて、概要説明とポスターの配布をさせて頂きました。とても好意的に対応して下さり、大感謝です♪ありがとうございました。。。

デイリーさんも協力してくれた♪





















6番街のデイリーヤマザキさん。好意的にポスターを掲示させて下さいました。
ありがとうございました。。。
その他にも快くポスターの掲示を引き受けて下さったベイタウンのお店さん、↑の詳細ページで紹介させて頂いてます。大感謝です。ありがとうございました。。。

★Tsubami fight! v(^^)v ★

  

2006年10月08日

【こんな画像があったんだ♪(PCを整理していて…)vol.1】

スタッフ&KRONIZCK打上げ集合写真


















先日、ベイタウンでプロの写真家さんと出会うきっかけがあり、そういえば自分の溜めに溜まった画像ファイル、一度綺麗に整理してみようという気持ちが沸き起こり、整理をしていたら懐かしい写真が沢山出てきました。

これはベイタウンで2002年に、コア(打瀬公民館)の開館を記念して開催した、第一回ベイタウン・ミュージック・フェスタのスタッフ打上げの際に記念に撮影した一枚。。。
2日間に及ぶ壮絶な一大音楽イベントの成功に、皆満面の笑みでした。

ホールの音響設備・備品機材関係一切をまとめて提案した仲間、ホールの音響の品質とふさわしい楽器と管理方法などを、あらゆる角度から調査議論提案した仲間、それを直接企業庁に提案し、実現へと結び付けるという地道で根気の要る交渉をした会長さん、僕等の趣旨に賛同してくれて参加していただいたプロミュージシャンさん、プロのイベント監督さん、音楽プロデューサーさん、コア完成まで何年も企業庁を交えて、規格品では無いベイタウンオリジナルを提案議論に参加してきた仲間と共に杯を交わした打上げでした。そんな仲間達の数年に及んだ苦労が報われて達成した充実感も滲み出た疲労と快感のこもった貴重な一枚です。
第一回ベイタウン・ミュージック・フェスタ03







































記念音楽イベント開催の呼掛けには、信じられないくらい沢山の音楽大好きさん達がベイタウン、そして幕張周辺から名乗りを上げ、二度と出来ないと言っても過言では無い、多種多様な音楽大好きさん達が見事なパフォーマンスを披露!

第一回ベイタウン・ミュージック・フェスタ02








































注目のFAZIOLI初お披露目!



ベイタウンオリジナルのホール完成に素晴らしい華を添えていただきました。
第一回ベイタウン・ミュージック・フェスタ01








































そして、色々な方々の参加が多目的にホールを活用出来る事を証明してくれました。
第一回ベイタウン・ミュージック・フェスタ04





























そんな写真のほんの一部です。それにしても二日間・連日朝から夜までに及ぶ壮大な音楽イベント『第一回・Baytown Music Festa』。よくあんな事が実現できたなあと未だに信じられない、幕張ベイタウンの住民パワーは本当に凄いんです!

ふう〜。。。まだ色んな画像が沢山あるなあ。。。きちんと整理しておこう〜。

★つばみさ〜〜ん!!頑張れ〜〜!俺はブログを出来るだけ更新していく形でしか今応援出来ないけど、気分転換に少しだけでも役に立って貰えればという願いを込めて更新していきますよ〜!
v(^^)v Fight Tsubami♪
  
Posted by baydream01 at 09:24Comments(0)TrackBack(0)音楽

2006年10月06日

【2000年の作品だけど『SPACE COWBOYS』を観た】

SPACE COWBOYS








そんなの古いよ!って言われてしまうかも知れないけど、クリント・イーストウッド監督2000年の作品『SPACE COWBOYS』を観た。
人類初の宇宙旅行を猿に奪われて40年、昔の空の精鋭達がNASAに終結した。
COWBOYS参上!














本当に彼等は宇宙へ行けるのか?まずそこからスリリングなストーリー展開になっている。コンピューターなんて関係無し!昔馴らした腕と感でスペースシャトルを操っちゃう!痛快なストリーで、とても楽しい映画だった。
いざ!出陣!












旧ソ連の通信衛星を修理して、正しい軌道に復帰させるのかと思いきや、そこにサプライズが!夢とロマンが現実となった老兵であってもそこは熟練者のつわもの揃い!どんな困難にも立ち向かい、不可能なんて言葉は彼等には通用しない!
旧ソ連の冷戦の遺物…















痛快で、そしてロマンに満ちた、スペースカウボーイ達の活躍に、NASAのコントロールセンターも涙ありそして歓喜あり。。。
月を見上げて…















ほ〜ら、のんきな老兵は月を枕に夢の中。。。
僕は初めて観た映画だけど、とても痛快でロマンに満ちた楽しい作品でした。
んん〜、リピートしてもう一回観たいな♪ははは。。。
月でぐっすり夢の中  
Posted by baydream01 at 11:56Comments(0)TrackBack(0)映画

【国境を越えた素敵な笑顔と歌をありがとう!ダカール!】



カトマンズで会おうぜ!




ダカールは韓国経由で帰って行きました。。。



















10月3日火曜日、午後5時成田発の大韓航空機で、ダカールは韓国4泊経由で天空の王国NEPALへと日本から旅立っていった。君の明るい笑顔、心のこもった歌はとても素敵だったよ。。。
さあ!次回は僕達と11月にカトマンズで再会しよう!それまでとても楽しみだよ。。。
ネパールの友人達みんなにも会える事、とても楽しみにしてるよ!くれぐれも帰国するまでの道中安全である事をお祈りしてるからねダカール♪
成田へ。そして別れの時が刻一刻と。。。





























君の純真な心、素敵な笑顔と歌。君はまさに天空の王国から舞い降りた天使のようだったよ。。。
君の笑顔に触れ、歌声を耳にした多くの人達は、君の事を永遠に忘れたりしないからね。また、いつでも日本に来ておくれ。俺がいつでも君のサポートをするからね♪
See you at Katmandu !
税関の前から最後の笑顔!  
Posted by baydream01 at 06:54Comments(1)TrackBack(0)NEPAL大好き!

2006年10月05日

【映画『DEEP BLUE』を観た】

やっと映画『DEEP BLUE』を観る事が出来ました。
いわゆる海のドキュメンタリー映画なのですが、その映像とバックに流れる音楽もとても美しく、あっという間に時間が過ぎていきました。
タイトル




海の中には、地上とはまた違う食物連鎖があり、また過酷な生存競争の一面も丁寧に描写されていて、海へ海へと吸い込まれて行きます。
海中の食物連鎖














深海にも、沢山の生物が生息していて、光の存在しないその環境適応したその独特な性格には『光』を巧みに操り自らを守り、またそれを武器として操るさまには圧倒されました。
深海にて煌きの生物












映画『DEEP BLUE』は家族で観ても心癒される素敵な映画だと思います。
まだ観ていない方には、お薦めします★

  
Posted by baydream01 at 22:09Comments(0)TrackBack(0)映画

【★10/1から献血がより便利になりました★】

時間が無かったので200ml献血








時間が少しあったので、献血をしてきました。本当は成分献血が希望だったのですが、時間が掛かってしまうので、今回は200mlの献血をしました。

今回、驚いたのは、献血手帳が『カード』になって、とても使い易くなった事です。これは10/1からの新サービスだそうです。今まで、あの紙の二つ折りに、少々の不安を持っていましたが、今回からは、プラスチックのカードになって、財布やカードケースにもすっきり収まり、とても保管も容易になりました。雨に濡れても、これなら安心です。↓
新しい献血カード
















新しい献血カードの裏面




































直近の履歴と、次回献血が可能な日も記載されていて、とても便利に変身しました。財布もかさばらないし、これなら使い勝手もよさそうです。  

2006年09月28日

【ダカールを迎えて秋の素敵なコンサート♪】


秋の夜長はコンサート♪







熱唱ダカール君♪


















九州でライブやテレビ、FMで大注目を集め、幕張に凱旋したダカールのコンサートがありました。予約だけで60人というお店満席状態で、ダカールは新曲や「上を向いて歩こう」、レッサムフィリリ等をロイヤルボイスで熱唱して大盛況の夜でした。

美音親子鷹



















応援に大正琴、バイオリン、ピアノの音楽天使達も加わって、彩を鮮やかに添えた素敵なコンサートでした。

大正琴と共に『上を向いて歩こう♪』 



















ダカール君、今回で3回目の来日となり、これからは日本語の歌をもっと沢山覚えて、より一層日本の人たちと交流を深めて、ネパールを知って欲しいとの事でした。僕も同感。彼のような本物のネパールの大スターだからこそ出来る事が有る!と思いました。
僕達も今後彼の来日が有れば、事前にプレスリリース配信や地元FM局、テレビ局へ積極的に彼を紹介していこうと思いました。今回の九州での成功の影にはそんな準備が花開いたそうです。

『ラム・クリシュナダカール』、ネパールNo.1のシンガーソングライター。本物のネパールを是非憶えておいて下さい。
そして時間が許せば、地球の歩き方や、その他メディアを是非ちょこっとでも覗いて見て下さい。そうすればもっとあなたにとって、ネパールという国が身近になってくるはずです。。。とっても素敵な国だから、とっても心の暖かい人達が暮らしているから、そして世界遺産がどっさりの魅力ある国だから、僕はネパールが大好きです。。。
天空の王国ネパール、是非一度触れてみて下さい。。。素敵だよ!

ありがとう!”音楽の天使達♪”




















We love Ramkrishna Dhakal and NEPAL!






















黒ベイドリームファクトリー

  
Posted by baydream01 at 06:36Comments(0)TrackBack(0)音楽

2006年09月27日

【今日という日と映画『皇帝ペンギン』】

水彩画展

















今日は、雨風が共に強く外を歩きにくい天気でしたね。傘をさしていても、風に煽られ雨に酷く濡れてしまいました。
そんな今日の夕刻、叔母に誘われて築地にある聖路加病院内のミニギャラリーで開催されている、画家:YAMAZAKI MIEKOさんの水彩画を観覧に行ってきました。もうすぐ冬も間近ということもあって、素敵なクリマスカードも多数展示してありました。その中から、僕は秋らしいと感じた、『ぶどう』の絵葉書を選んで購入してきました。山崎さんの作風はとても優しいそれでいて色合いのバランスに優れた作品が多く、とても素敵な水彩画ばかりでした。
僕は是非とも欲しいと密かに思っている水彩画の作品があるのですが、6万円と今の僕にはとても高価なので、その作品を目に焼き付けて帰ってきました。
帰りがけに築地に寄り、美味しいお寿司を久しぶりに贅沢に食べてきました。

皇帝ペンギン親子の風景
















自宅に帰ってからは、昨日借りてきた映画『皇帝ペンギン』を観ました。あんな過酷な気象条件の中で生活する、皇帝ペンギン、そして繁殖の為に行われる100kmにも及ぶ大行進には圧倒されました。そして僕がとても驚いたのは、彼らが水の中に入ると、まるでマグロのごとく、海の中をもの凄いスピードで自由に泳ぎまわる事でした。
それにしても自然界の厳しい現実も描写されており、生物の生命の維持にはとても厳しい物がある事にもとても感慨深いものがありました。
この映画はお子様と一緒に観ても楽しめる、魅力ある映画だと思いました。次はディープ・ブルーを観てみたいのですが、いつもレンタル中。いつ観れるかなあ。。。まっ、楽しみにその時を待っています。  
Posted by baydream01 at 04:02Comments(2)TrackBack(0)映画

2006年09月26日

【映画『トータル・フィアーズ』を観た】

緊急会議












僕は、トム・クランシーの小説は好きではない。いつも本屋に行くとデーンと数々の作品が陳列されていて、あまりにもメジャーすぎるからかも知れない。でもスパイ小説は大好きだ。僕のお気に入りは、ロバート・ラドラム、フレデリック・フォーサイス、そしてクライブ・カッスラーだ。特にカッスラーのダーク・ピットシリーズは、痛快でスリル満点で大好きだ。ラドラムもしかり。歴史や宗教、人権、陰謀などを巧みに織り交ぜて、いったいどういう結末になるのか、読みながらわくわくさせられる。

今回観た『トータル・フィアーズ』はクランシーの原作だ。いや、クランシーには度肝を抜かれた。アメリカにきのこ雲を炸裂させてしまうのだから。

アメリカの空にきのこ雲














これは全く予想も出来ないアメリカの危機だ。それをどうラストへ導いていくのか、とても興味を持ってこの映画を観た。
そしてもうひとつ、モーガン・フリーマンの存在もこの映画にスパイスを効かせてる。彼は本当に今回は名脇役だ。モーガン・フリーマンの存在は僕にとってはどの映画においてもとても魅了させられてしまう。

大統領の決断はいかに?













アメリカとロシアの大統領とその側近達を巻き込んでの駆け引き。そこに介在するCIAのエージェント。一触即発の緊張の中で、互いの腹を探り合い、狂気へと引き込まれていく2大大国。

爆殺!












2003年の作品だが、最後までとても目を離す事の出来ない、面白い傑作作品だった。でも、僕はクランシーは読みません。。。
ダーク・ピット、復活してくれないかなあ。。。  
Posted by baydream01 at 06:21Comments(0)TrackBack(0)映画

2006年09月25日

【映画『プロミス』を観た】

promise01















日・中・韓のトップスターが競演し、壮大なスケールで描かれているという映画『プロミス』を観た。
真田宏之とチャン・ドンゴンの競演にとても興味があったのだが、今一つ自分が描いていたイメージとは異なり、私としては面白さに欠けた映画に感じてしまった。
中国映画特有の空を簡単に舞ってしまうシーンなのか、はたまた人間業とは思えない主人公達の動きのせいなのか、リアル感に欠けてしまう部分がそう思わせてるのかもしれない。
これならまだNHKの大河ドラマ「功名が辻」の方が面白いとも思った。

しかしながら、壮大なスケールと美しい彩りと映像はとても素晴らしいと思った。

  
Posted by baydream01 at 05:32Comments(0)TrackBack(0)映画

【日本ネパール国交樹立50周年記念イベント】

日ネ50周年ボダナート


















日本とネパールの国交樹立50周年記念イベントに、高輪にあるネパールレストラン「レッサムフィリリ」のお手伝いで参加してきました。
当日は在日のネパール関係者や山好きの方、またネパールを支援している団体や、ネパールの民芸品や特産物を販売するお店も多数出店して大賑わいでした。
最終日にはレセプションがあり、日本ネパール協会元会長の故橋本竜太郎元総理大臣の奥様とご子息も参加され、とても意義深いイベントでした。私もご子息と一緒に記念撮影させて頂いたり、ネパール大使館の観光局担当の方と仲良くなったりと、少しではありますが楽しむ事ができました。
また何か手伝える事があれば、是非お手伝いをしたいと思います。  
Posted by baydream01 at 04:43Comments(0)TrackBack(0)NEPAL大好き!

2006年09月15日

【献血と骨髄バンクドナー登録会開催決定!】

献血とドナー登録案内












































感謝です。赤十字千葉さん、千葉骨髄バンク推進連絡会さん、骨髄移植推進財団さんの協力があって、ようやく幕張ベイタウンでの献血と骨髄バンクドナー登録会開催のメドがつきました。幕張ベイタウン自治会連合会さんへもイベント概要説明書を送り、10/8にイベント説明に赴く予定です。あと幕張ベイタウン商店会さん、MaMaさんへも概要説明書をお渡ししました。幕張ベイタウンの看板ホームページ「俺達のホームページ」のウエッブマスターさんにも広報の協力をお願いしました。まだ事前にお知らせしなければならない団体さんがあるので、これから連絡をしようと思います。

身近かな場所で、気軽に健康管理と善意のボランティアの出来る環境を定期的に提供出来るように、今回のイベントの実績結果を反芻してから検討したいと思います。
是非10/15日曜日には「コア/打瀬公民館」へ献血とドナー登録に皆様お気軽にお越し下さいませ。

お子様連れの方へのプレゼントの準備も出来ました。千葉骨髄バンク推進連絡会さんからはお子様達にペンシルバルーンのプレゼントもあるそうですよ♪私はイベントの広報周知徹底に努めます。
さあ〜!もう一踏ん張り、引き締めて頑張ろう〜っと。。。

ポスターページへGO〜!

  

2006年09月11日

【ネパールの貴公子ダカール来日!】

ダカール君来日!到着直後成田にて。。。



















NEPALのトップスター、ラムクリシュナ・ダカールが来日した。今回は九州を中心にコンサートの依頼があるということでの来日だ。ここの所日々の仕事が忙しく朝夜と寝る暇も無い毎日だか、彼の来日は僕にとっても特別でとても嬉しい事!早朝の成田空港に時間の合間を縫って、彼の来日を歓迎に行った。
いつもと変わらぬROYAL SMAIL!とても元気そうで何よりだった。彼から素敵なシャツのプレゼントも頂いてしまった。。。ありがとうダカール!これから日本にいる間は出来る限り君のサポートをするからね♪コンサート、頑張ってね!僕も幕張ベイタウンで開かれる君のライブにはサポートスタッフとして応援に行くね♪あ〜♪やっぱダカールに会うととても元気になるなあ。。。彼って持って生まれた明るさと人々を幸せな気持ちに包み込むオーラがあるね♪
僕は今とても忙しくて色々とやらなくてはいけない事の山済みで、片付けない事が一杯だけど、君だけは特別だよ。ネパールの親友だからね。
日本で沢山のネパール人達を幸せな歌で包み込んであげてね!応援してるよ!ダカール!  
Posted by baydream01 at 12:06Comments(0)TrackBack(0)NEPAL大好き!

2006年09月01日

【GIVE and TAKE】

成分献血01





















僕は母と叔母の血液による病気での死をきっかけに、骨髄バンク・ドナー登録促進活動に力を入れている。10月15日には、僕個人が千葉の日赤に提案して具体的になった献血とドナー登録のイベントも控えている。
ドナー登録には赤十字の協力は不可欠だ。だから僕はただドナー登録を呼掛けるだけでは無く、そのパートナーでもある赤十字に対して何らかの貢献をしなければいけないとも思っている。今、赤十字に対して僕が出来る事。それは献血だ。今回でドナー登録促進活動を始めてから3回目の献血になる。今回は成分献血というのにチャレンジしてみた。血液の中から、赤血球と血小板を抽出するというものだ。血の固まり難い人などに利用されるとても大切な成分なんだそうだ。

成分献血02












成分献血の場合、僕の年齢では事前に健康状態の確認が必要ということで、心電図の検査も行った。
成分献血、僕の場合、およそ45分かかった。腕の静脈に刺す針は、通常の献血よりも太いものだった。今、献血してから数日経つが、まだそこのふさがった穴を触ると痛みが走る。でも次回も成分献血に協力しようと思う。一番それが次回献血までの期間が短いからだ。
僕は、骨髄バンクドナー登録促進の為なら何でもするつもりだ。もう皆さんは街中や電車内で本田美奈子さんのポスターを見ましたか?彼女も急性白血病で亡くなった人の一人。その彼女の力強いこぶしの写真に強烈な何かを感じてならない。先日、高校の友人と話をして僕がこういう活動をしている事を話すと彼は、本田美奈子のポスターを見て強烈なメッセージを感じたと、同世代の人間として協力したい気持ちにさせられたと話していた。

『あなたの善意が人の命を救います!』
骨髄バンク・ドナー登録を是非!

<<<<<骨髄バンクドナー登録と献血促進協会・代表>>>>>

  

2006年08月26日

【大盛況!幕張ベイタウン夏祭り♪】

祭り01


















8月26日土曜日、幕張ベイタウン商店会主催による「ベイタウン夏祭り」がプロムナードを中心に開催された。天気もなんとかもち、沢山の子供達とお父さんお母さん達で埋め尽くされて、大盛況だった。

祭り02



















当日は、地元ロッテマリーンズの美女軍団M★SPLASHとマー君も駆けつけて、昨年紙吹雪の中盛大に行われた優勝パレードを行ったバレンタイン通りで、沢山の子供達の見守る中、ダンスと音楽のショウも行われた。嬉しいですよね。地元にプロ野球の球団があって、お互いに交流を図れるって♪ベイタウンだからこそ出来る、地元冥利に尽きるイベントでした。

祭り03









浴衣を着てお祭りを楽しむ沢山の女の子達、露天に行列を作って色々なお店を楽しむちびっ子達。みんな、この夏祭りをとても楽しそうに過ごしていました。

祭り04

















今年の目玉は、何と意っても「JAZZ!」様々なバンドが、自慢の曲を見事に披露して、お祭りを一層盛上げていました!いやあ〜ホント、見事な演奏でした。今回の企画に脱帽です。

祭り05









焼きそば、おもちゃ、ピザ、ケバブー、金魚すくい、水あめ、くじ、焼き鳥、もつ焼き、カレー、ポテト、ビール、盆踊り、ライブ、他色々な出店やイベントがてんこ盛りの夏祭り!夕方から夜まで、幕張ベイタウンは美味しそうな匂いと音楽、笑顔で溢れていました。

祭り06
















ね!、凄いでしょ。街は歩行者天国になって明るいうちからお祭りを楽しむ人達で溢れかえってました。

祭り07














毎年開催されるこの夏祭り、商店会の方々のアイディアも年々面白くなってきて、大人も子供も時間の経つのも忘れて楽しめるお祭りでした。

祭り08









美味しそうな牛のもつ煮。コラーゲンたっぷりでとっても美味しかったですよ♪商店会からの出店のみならず、一般の方の工夫を凝らした出店や、マリンスタジアムで日頃出店している美味しいお店も駆けつけて、色取り取りなお店を楽しむ事が出来ました。ちなみに僕は商店会のお手伝いで、焼きそば屋さんで、焼きそばを焼いていました。すっげ〜大変でしたが、終わった後のビールの美味かった事!お手伝いして良かったなと思いました。

商店会の皆様、お疲れ様でした!















楽しい夏祭り、こうして商店会の方々が事前にしっかりとした準備と人の手配をしてくれたお陰で大成功したんですよ。感謝です。また来年も楽しいお祭りになると良いですね!
お疲れ様でした。。。  
Posted by baydream01 at 23:45Comments(0)TrackBack(0)祭り

2006年08月23日

【本日のお仕事先】

ヒルズ01

















今日は、ヒルズに朝から夜の7時まで缶詰めでした。前夜の徹夜仕事から休む暇無くヒルズで、あまりに疲れたので、帰り際に地下3階の喫煙スペースに行って、ベンチに寝転んでタバコを吸いながら小一時間休んでから帰りました。
さすが夏休み、商業スペースは夏休みを楽しむ家族連れやグループで溢れていました。地下の駐車場は外車のオンパレード。ベントレー、ベンツ、フェラーリ、BMW、アウディー、ポルシェや名前の分からんでっかい外車が所狭しと駐車してありました。若いカップルがでっかいベントレーから出て来たのを見て、う〜〜むやはりヒルズは違うなあ〜、などと感心したりしてました。
俺も負けちゃいられませんなあ。。。いつかはヒルズにで〜〜〜ん!っと外車で乗り付けてやるぞ〜〜♪ま、無理jか。。。でも頑張ろう〜〜っと!  
Posted by baydream01 at 23:45Comments(0)TrackBack(0)お仕事

2006年08月22日

【SAVE THE CHILDREN IN NEPAL】

ネパール王国カトマンズ・ライオンズクラブ会員証明書


















夜型の生活にシフトしてしまったせいか、日曜日の代休ではあるのですが、こんな時間まで目が冴えて色々と綴っています。
工藤静香の「MUGO・ん…色っぽい」を聴きながら何なんですが、レストラン・ジャイネパールのオーナーご夫妻とネパールへ恵まれない、学校へも行けない子供達の為に、チャリティー基金と衣類や文房具を直接届けるお手伝いにネパールを訪問した際に、「ネパール王国カトマンズ市ライオンズクラブ国際協会」の会員の称号を戴いていました。
もちろん今も「Save The Children in NEPAL」を胸に時間がある度に、ご夫妻のお手伝いをしています。
ネパールの小学生ってとても優秀なんですよ。。。
入学と同時に母国語と英語の両方を教育されるので、高学年のお喋り好きな女の子に捕まったりすると、もう英語で次から次へと質問攻めで、日本人の僕は身振り手振りで四苦八苦でコミュニケーションするはめになっちゃってます。
でも貧しさも混在するネパール。
学校へ行けない貧しい子達も沢山いるんです。とてもけなげです。
学校へ行かず、家族の為に働いています。

ある子は自分で作ったアクセサリーを通りすがりの観光客に勧め、ある子は郊外の石切り場で肉体労働をしたりしています。
でも、みんな素敵な笑顔をしています。
そんな子供達の為に少しでも役に立てればと思いながら、11月に予定しているネパール訪問を、楽しみにしています。
もう使わなくなった子供服や、文房具があれば是非譲って下さい。。。
送り先は「レストラン・JayNEPAL」まで。

JR「海浜幕張駅」から「幕張海浜公園」をお散歩しながら徒歩10分
千葉市美浜区打瀬2-12幕張ベイタウン パティオス5番街1階
Phone/Fax 043-213-1192
OPEN am11:00〜pm11:00(ラストオーダー10:30)
年中無休 お問い合わせは
jaynepal@namche.jpまで
「Save The Children in NEPAL」、こんな活動も世の中にはあります。
どうぞヨロシク。。。


  
Posted by baydream01 at 05:58Comments(0)TrackBack(0)ボランティア

【今宵は沖縄料理♪】

夏!沖縄料理♪









今、BGMに大滝詠一の「A LONG VACATION」を聴いています。なんかとても夏らしい心地良い音色です。
さて、夏らしいと言えば、今宵の夕食は父と共に近所へ沖縄料理を堪能しに行ってきました。
沖縄料理という響きも、なんか夏らしいですよね。。。

定番料理の揃い踏み♪














海ぶどう、ラフテー、ジーマミー豆腐、ミミガー、特産貝のお刺身、そしてゴーヤチャンプル。
海ぶどうの爽やかなプチプチ感、じっくりこってり口の中でとろーりととろけるラフテー。ピリ辛ちょいお酢付きミミガー、スタミナ抜群ゴーヤチャンプル、杏仁豆腐のような滑らか食感ジーマミー豆腐。
ピリ辛酢味噌で頂く特産貝のお刺身。ビールと焼酎でとても美味しく頂きました。。。

夏の夕暮れに食べる沖縄料理、とても夏を感じる美味しさでした。。。
ご馳走様でした♪

  
Posted by baydream01 at 04:32Comments(0)TrackBack(0)グルメ

2006年08月21日

【強烈に夏を感じたなあ。。。】

セミ時雨
















今、僕は仕事が夜から早朝にかけて集中している毎日の為、朝から午後まで寝るという生活スタイルになっています。そのせいか、とても季節感を敏感に感じるようです。
今日の夕方、フラッと自転車で通りかかった「憩いの森」、もの凄いセミ時雨れに強烈に夏を感じました。アブラゼミ、ツクツクホウシ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、セミのオールスター大大合唱に思わず立ち止まってしまいました。
夕方のひと時、ここだけは超強烈な真夏でした。
あ〜〜、そういえば今年はまだ海に一度も行ってないなあ。。。
休みが取れたら、心地良い波の音と潮風に癒されに行こう♪
さすがにセミのオールスター大大合唱には癒されませんわ。。。ははは。  
Posted by baydream01 at 19:30Comments(0)TrackBack(0)春夏秋冬

【ネパールの貴公子ダカール君のアルバム♪】

ダカールジャケット表

























これ、ダカールの大ヒットアルバム。最初の曲「ダイバ テーロ」が一番好きです。日本で言うと演歌に近い曲調の音楽で、とても聴き易く歌い易い曲が多いです。もう何十回も彼の日本での公演の音響をやっていたので、頭にこびりついています。それくらい良い曲だなあ。。。

ダカールジャケット裏






















普段は甘えん坊、でも公演となるとビシッと雰囲気の良いスーツを着こなして、とてもダンディーな奴でもあります。ネパール人は歌い出したら止まらない!1時間半の予定が毎度毎度アンコールのオンパレードで1時間以上オーバーする事はざらなんです。歌が大好きな国民性なんでしょうねえ。。。幕間から覗くお客さんも本当に楽しそうにリズムを取って、一緒に歌っています。
何てったって奴はネパールのレコード大賞、歌謡大賞、男性ボーカル大賞等等毎年獲得している大スターさんなんです。

ネパールの歌謡曲、とても聞き易くて、ちょっとした異国情緒も味わえますよ♪気分転換や彼女や彼氏へのプレゼントにお薦めです。海浜幕張の幕張ベイタウンにある「レストラン・ジャイネパール」でアルバム各種取り揃えて販売してます。宜しかったら是非どうぞ。電話043-213-1192です。ホームページはリンク欄に掲載してあります。併せて美味しいネパール料理もぜひご堪能あれ。。。とても食べ易いですよ。ヒマラヤの岩塩と体に良いスパイスたっぷりと、明るいスタッフの笑顔で見違えるほど元気になれます。。。お店の中はネパールで一杯!デートにも最高です。ぜひどうぞ♪

  
Posted by baydream01 at 13:02Comments(0)TrackBack(0)音楽

2006年08月20日

【MY FAMILY おばあちゃん米寿のお祝い!】

MY FAMILY 集合写真













僕のおばあちゃんは八十九歳だ。今日、家族だけが集まっておばあちゃんの米寿のお祝いをした。今も僕が生まれた時のおばあちゃんと全然変わらない、とても明るく優しいおばあちゃんだ。
今や、従妹・はとこ・お腹の中のはとこを含めると何人いるのか分からないくらいの大家族になった。とても明るくいつも楽しい自慢の家族だ。今やタバコを吸うのは僕と義従弟2人と肩身の狭い思いを少々しているが、それはそれで楽しみながら喫煙仲間同士寄り添って楽しんでいる。
今日のおばあちゃんはとても楽しそうだった。嬉しい。良かった。次回こうして家族全員が集まるのは正月頃だろうか。。。また皆に会えるのがとても楽しみだ。
おばあちゃん、これからも長生きして僕達に明るい笑顔を、そして優しいおばあちゃんでいて下さいね♪おばあちゃん、米寿、おめでとう!  
Posted by baydream01 at 02:21Comments(2)TrackBack(0)

2006年08月19日

【映画「火火 ひびを観た】

火火 HIBI ひび

















映画「火火」を観た。骨髄バンクでボランティアをしていて、ボランティアの先輩に教えて貰った作品だ。現在骨髄バンク宛てに届く問合せの説明資料にこの映画のパンフレットも同封されて紹介されている。
この映画は「骨髄バンク」が発足する大きな役割を果たした物語だ。現在バンクドナー登録者は25万人。最低でも30万人のドナーが必要な状況だ。あなたの善意が人の命を救います。是非ドナー登録を宜しくお願いします。  

2006年08月17日

【本田美奈子.追悼展に行ってきた】

追悼展ポスター





































僕は本田美奈子さんとは、元アイドル、そしてミュージカルスターで「ミス・サイゴン」の熱演という印象しか持っていませんでした。しかし会場に行って追悼展を見て、数々のミュージカルで活躍し、それぞれの作品に対して彼女が想像を超える精神力と作品への思い入れで臨んでいた事、またもの凄く多くの人達に支えられ愛されていた事、彼女がとても暖かくそして誇りを持って生きていた事を知りました。

電車広告案内






ドナー登録呼びかけ電車広告


















彼女の努力の結晶でもある数々のトロフィーや盾、賞状や、何とも美しい衣装や彼女の等身大の写真、プライベートな可愛らしい側面などが沢山紹介されていて時間のたつのも忘れて食い入るように僕の知らなかった「本田美奈子」にいつしか吸い込まれていました。同世代という事もあってか、彼女が病室で彼女を支え愛してくれている人向けに綴った手紙には思わずグッとこみ上げるものを感じもしました。彼女は38年間という短い人生ではあったかも知れませんが、悔いなく精一杯人生を歩んでいたのだなあと羨ましくも感じました。
本日13日が最終日ではありますが、どうぞお時間あれば足を運んで見て下さい。素晴らしい追悼展でした。
↓ ここにポスターを貼ってあります。 ↓素敵な笑顔ですよ♪では。

http://www.geocities.co.jp/Outdoors/1775/minako_honda.htm

■会場正面にて■
追悼展会場にて