2008年03月02日

勝っちゃった。

日本が誇るスターシステムの新たなる餌食内田篤人きゅんが、苦言を呈しておられます。

●内田篤人選手(ウマ鹿島)
「負けたという意識はあまりない。普通に試合をしたかった。
中国戦みたいだった。まあしょうがないんじゃないですかね」


ビッグフラッグをアウェー側まではみ出させたり、

00031182-B





セレモニーでブーイングしたり、


iso



ピッチになだれ込んだりした磯のことかあぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!





しかし、昨日の試合のMOMは文句なしで木寺です。


●岩政大樹選手(バ鹿島):
2枚目のイエローの場面は1枚出ていたし、絶対に退場しないように球際の部分も気をつけようと思っていた。
でも相手GKにスキがあって、あまりにビッグチャンスだと思ってしまった。
あの場面は相手も僕に気づかない様子だったし、自分も相手GKがボールを保持していないと思ってしまった。
自分もファウルをしているとは思っていなかった。あの時点ではうまくボールが取れたと思ったけど…。
でも結果は結果。退場したのは自分に責任がある。レフリーを含めて試合をコントロールしなければいけなかった。
GKがモーションに入ったとも思っていなかった。片手でボールをさらしている状況でチャンスだと思った。
それでヒザあたりでヒットした感じだった。


スキを見せることによって相手のキーマンを退場に追い込むとはな!

相手FWの間を縫う絶妙なキックを見せたり、決してハーフウェイラインを超えることのな、受け手にやさしいゴールキックを連発したり。SGGK木寺ぷりを遺憾なく発揮してましたね。



組長のハイライトはPK戦。


『やべえ。PKだよ・・・』
2b40334afb2e2f0542c204d96e2dd68b









まったく止めるオーラのない組長は悩みます。

『どうすりゃいいんじゃ』
7a0e9a9f34d52da7771c4801b99ab765







反面、ンガハタは動物的な反射神経で止める雰囲気プンプン。
しかしながら、知能まで動物的なので、


『PKのルール、よくわかんねえよ』
00031186-B










それを見た組長はひらめくのです。


『飛ばんかったらええんじゃ』
acb41e2ff6259de20c3905244fc1b07c






動かざること木寺の如し。



さあさあシモさん。ピッチ上げてくださいよ!

baystars_intel at 12:03│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by cfr   2008年03月02日 17:30
すごいですね。最後の写真。
ただの疲れてる人みたいです。
2. Posted by 金   2008年03月07日 18:21
すいません。コメントチェック怠ってましたm(_ _)m

敷島で木寺マジックを再び。
スペースのない現代サッカーでファンタジスタになれるのはゴールキーパーだけです(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字