あなたは媚薬とは何かについて知っていますか?

女性媚薬は大きく2種類に分けられます。飲むタイプと塗るタイプです。

飲むタイプはほとんど無色、無臭なので、相手は知らずに飲み物にこっそり混入することなど絶対にしないでください。必ずパートナー理解の後で使ってください。

塗るタイプ女性媚薬は効性があり、あそこを潤くさせて、乾燥や性交痛に効果的です。

SR6xlxpx9z


初心者にも使いやすい媚薬を紹介します。それは極品高潮液です。1杯の飲み物又は水は更に女性の激情を呼び覚ますことでしょう。

見た目は全く普通の媚薬。お湯に溶かして入れるだけ、他の媚薬と違い何かに溶かして飲む必要が無くありません。

コーヒーさえ飲める女性なら抵抗感無く手軽にお使い頂けます。絶大な人気を誇る女性用媚薬の大ヒット商品です!!

まず、違法なものの代表や覚せい剤などの大麻や麻薬もの、いくらパートナー「SEX気が???」などを促されても絶対に使用できない。

もう一つは成分自体は違法でなくても、医師の診断と処方の薬が不審なルートを使用したこと。媚薬を使用した場合、法律禁止薬物(成分)が入っていない選択を楽しみましょう。

多くの女性は避妊長期のために媚薬を服用して、この女性の身体は健康的に非常に不利です。それでは媚薬は女性に全てどんな危害がありますか?どのようにやっとこの類危害を避けることができますか?ちょっと起きて少し理解します。

みんなが知っていて、媚薬は女性の身体に対して絶大な副作用があって、さらに言うまでもなく避妊長期が服用するため。だから、やっとどんなに媚薬を食べる危害を避けることができますか?下のこの8種は媚薬危害の紹介を食べて、みんなに援助することができることを願います。

食用の媚薬の危害:

1、女性は経をクローズします

媚薬の物対句宮内の膜機能は同様に同様で抑制効果、長期の媚薬の応用、子宮内の膜機能が存在して手ひどく抑制されて、正常な濃さに成長することができなくて、ことの正常な周期的規律を返すことは外れて、子宮内の膜腺体発育を引き起こして不健全で、すると容易に経ることをクローズすることを引き起こします。

2、内分泌は均衡を失います

薬物を妊娠して卵巣機能の長期に抑制して、容易に卵巣自身機能の低下を引き起こして、内分泌機能の均衡を失うことを引き起こして、ホルモンは水準の乱れを平衡させてそれで経ることをクローズすることを引き起こします。

3、類のつわり

服薬初期的小人数に軽度の類のつわりが現われて、吐き気、めまい、無力さ、食欲不振、疲れ、嘔吐などのように。

4、こしけは多くなります

どれだけか効媚薬を服用することを生やすことから引き起こします。この類卵胞ホルモン含有量を投薬するため高くて、過多の卵胞ホルモンは子宮頸内の膜分泌細胞に影響して、それに旺盛さを分泌されるようにしてそれでこしけを引き起こして多くなります。

5、乳房は痛苦を膨らします

原因は卵胞ホルモンの対乳房の刺激です。

6、生理は調整しません

経てあるいは減少してはかる経ることをクローズします;突破性が出血。期間は出血薬すれば、どれだけか服薬の後を漏らしていることが発生します。小人数はしかし薬して同様に膣出血が発生します;多くなることをはかることを通過して、月経期間は延長する落とまだ。

7、膣出血

少なからず女性であり薬している期間は、持続的のわずかな出血が発生することができて、あるいは生理の量の突破性と同様に出血する。これと漏らした服、遅は媚薬または媚薬薬効に感服して未満で関連します。

8、体重は増えます

部分的女性が媚薬後体重を服用して増えることができて、これは人気媚薬の通販情報中のある成分によって体重を引き起こすことができて増えます。特に媚薬の的の前を服用することを服用して3カ月内、卵胞ホルモン水準は高く上がって水を引き起こして、ナトリウムの潴は居残って、そのため生理後半の週を引き起こして体重を期待して増えます;ホルモンを妊娠することは代謝することを合成することを促進して、体重を引き起こして増える。

長期は媚薬の注意事項を服用することは何ですか?

長期は媚薬の女性を服用してカルシウムの補充に注意しなければいけなくて、カルシウムは個体で違うことを吸収することを質入れして、なによりも骨密度、血中カルシウムなどの検査後を仕上げて、医者適当なカルシウムに与え出すことから量に入ることを摂取します。媚薬の女性を服用してどれだけか牛乳を飲むと提案して、それぞれの100グラムの牛乳のため105ミリグラムのカルシウムを含んで、もし毎日1斤の牛乳を飲んで520ミリグラムのカルシウムに入ることを摂取すれば、更にまた、ほかには飲食して、基本的に身体を満足してカルシウムの質の需要に対します。

証明することを実践して、短い効果媚薬は確かに安全で、有効で、大半女性は後を服用して非常に何反応;ただ少数女性が薬していて期間は腟のわずかな形あるいは生理の形流血が発生して、この種の反映した原因を生じることは以下の何カ所かの方面がある;

  (1) 媚薬は漏らして感服してあるいは感服し止む。媚薬は血液中卵胞ホルモン水準に服後に下がらせ落として、子宮内の膜にホルモンの支持を失わせることはすでにひどく、腟流血を欠落壊れ現われることが発生します。資料の統計によると、1回に感服し落として、出血率は15%とします;2回に感服し落として、出血率は20%-60%とします;3回に感服し落として、出血率は60%-100%に達することができる。

  (2) 錠剤含有量は手薄です。錠剤の受けることによって濡れていて、糖衣は脱ぐことを剥いで、体内のが未満で同様に上述の病理学的変化を引き起こすことができることをはかることを投薬する状態に至ります。

  (3) おのおのの体質は違って、服薬後に体内のホルモン水準は平衡がとれません。女性媚薬販売中が含む卵胞ホルモンと妊娠ホルモンの比率とある服薬者体内の卵胞ホルモンと妊娠ホルモンのバランスは互いに合わないことを要求して、体内のあるを引き起こしてホルモンは不足に対して、従って宮内の膜を維持することができなく成長して、それに出血を欠落させ引き起こす。

  膣出血を予防治療する方法はで:

  (1) 少量出血者は、毎晩は炔の雌のアルコールの1枚に感服することを加えて、22枚の媚薬後に感服し終わるに至るまでいっしょに薬物の中断。卵胞ホルモン増加以後は、子宮内の膜をするように促して成長して、従って血止めの役割があります。

  (2) 出血比較的に多い者は、毎晩は炔の雌のアルコールの2枚と、媚薬に感服する時を加えて22日の薬物の中断に感服します。

  (3) 腟は流血して生理の量の時と同様に多くはかって、あるいは出血時間がすでに月経期間に接近する時は、薬することを停止することができて、すぐ今回に出血して生理が潮が満ちて来ることを計算させて、ともに薬物の中断後にある第5日は開始して、来月に感服して周期の媚薬を経験し続ける。

  (4) 炔の雌のアルコール防止した出血した方法に感服することを加えることを使用したくなくて、薬品を交換することができて、即ち媚薬のIの号出血者を採用して、媚薬のIIの号に感服することを変えることができるよう;原感服した媚薬のIIの号出血者は、媚薬のIの号に感服することを変えることができる。

  もし腟出血時間は比較的に成長すれば、数カ月さえは依然として好転を見なくて、すぐに病院まで検査して器量と性質性の煩いを排除することによって、ともに他の避妊方法を使うことを変えることが当然です。

このページのトップヘ