August 22, 2015

救援物資

先々週のコト、邪悪氏から


じゃ:『例のブツ、今日発想したぞ。たぶん税関には押さえられないから楽しみにまってろや。』
さう:『家族の前で開封しても大丈夫なモノなのでしょうか
じゃ:『子供じゃねーんだからよ。暗がりで開けろや
さう:『はっ、ははぁ〜。』


で、数日後、EMSの追跡システムで検索すると、 氏の郵送手続き後1日で出国しており、当地にはとっくに入国しているハズが、数日待っても届かない・・・


これは税関に差し押さえられたに違いない・・・


と思っていたら、本日到着したよ。

BlogPaint

(意外にもキレイな字です)


しかし、内容物が”Used Toy” 1setって・・・ 使用済みのオ◯ホールでも入っていた日には、家族が卒倒するだけでなく、外交問題にもなりかねません。


夜中コソっと開けようと思いましたが、カミさんの怪しむ眼差しに負け、邪悪氏の言葉を微かながら信じ、リビングで同等と開梱。


すると・・・





!!

























image

おおお!素晴らしい!!


私が大好きなZOOM(ZBC)のスワンプクローラ(カラーもバッチリ!)も含め、カトテ5インチやセンコーなど重宝しそうなモノがザクザクで出来ます!!



邪悪氏、かたじけない。最高の救援物資です。



ところで、開梱中にワームのパッケージに紛れて気づかなかったのですが、何やら重量感のある物体がテーブルにゴンッと落下・・・



むむむ、この重量感からして、ジョイクロでもオマケに入れておいてくれたのか・・・




邪悪氏ったら、その名の通り、極悪非道な顔をしていますが、根は優しい男なんだから・・ 









おっ!


















image

ふ、フランス書院かよっ!!




奇跡的に目の前にいたカミさんと娘には見つかりませんでしたが・・・



しかし、エロ小説とは策ですな。
日本語なので税関に分かりっこない・・・



週末は釣りに行こうか、読書にいそしもうか悩ましくなりました。
 

bazuzu at 06:20コメント(2)トラックバック(0)バス(欧州編)  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by おに   August 22, 2015 18:44
彼岸も過ぎてそろそろ読書の秋ですからね〜

小日向先生の作品が読めるのはフランス書院だけ!

バリバリ釣ってちょうだい。
2. Posted by south   August 22, 2015 19:53
おにさん、
文学青年、いや、性年だったのですね...
知りませんでした。。。
フランス書院といえば、本の中に数ページ分、実写のページがあったのですが、最近は無いんですねぇ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Author

south

ランキング参加中です。
面白いと思ったり、このヘボっ!と思った方は、ポチっとしていただければ狂喜します。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ