男の!!釣魚料理

November 18, 2012

残念ながら、僕じゃないのです


水曜日に花露辺に出撃したTeam Goyokuイトチン総裁の釣果。



あ、それからバスでもないです。ロックフィッシュ。具体的にはアイナメ。



どんな釣りかというと、キツーイ根回りを根がかり覚悟でヘビテキで攻める釣りなのです。(ウィード地帯だったらキャロも)。



MAXで水深30mくらいかな。その水深から魚のレスポンスがあったら、バイトが激しかろうが小さかろうがお構いなしに、渾身のオニフッキングをカマし、アワセと同時に根から引き離す釣り。



小さい魚も混在しているケースがほとんどなので、大空振りすることもしばしばですが、デカいのが乗った時に、ヘビークラスのロッドをブン曲げられるあの感触はたまらんのです。



僕はもう数年やってないなぁ〜。



で、総裁殿は地元漁師さんとタッグを組み、45cm×2を筆頭に釣りも釣ったり22匹。



この方、あまりの釣りウマなために、goyokuという冠が常に付いてくるが、実際は極めて無欲な方。


魚のキープなぞほとんどしない、しても必要最小限。資源保護意識が非常に高い、釣り人の鏡のような男。


そんな総裁がお歳暮にと、釣れたアイナメを2匹送ってきてくれた。



これは心して頂かねば。

4e15c68d.jpg



















ちょと待て。死んだ状態で45cmならキャッチした時は48くらいだったんじゃねーの!?


過少申告も総裁らしい。先日も、どう見ても50アップのバスを49とか言ってたなぁ。


ちなみに、この魚、水曜日にキャッチされたものですが、状態どうですか?ピカピカでしょ!?


ちゃんと締める(釣った瞬間血を抜く)又は内蔵やエラを外して、直接氷や水に当たらないようにすると、こんなに鮮度が保てるのです 


特に水で作った氷や真水に魚当てるとダメですよー。表面がドロドロになりますし、浸透圧が違うので、身がふやけちゃいます。


1e0430e3.jpg














気合入れて出刃と柳葉をキンキンに研いで、さっそく捌きました。(素人仕事で恐縮ですが・・・)



これをどーしよーか♪


295949db.jpg














お刺身。


当然美味いです。


ちゃんと処理された魚なので、身の弾力が凄い。薄めに造って半分はワサビ醤油。半分はポン酢に紅葉おろし で頂きました。



248fa621.jpg














余った刺身はカルパッチョに。



1d89f4d7.jpg














今回初めてトライしたのが、ポアレ。


ニンニクの香りを写したオリーブオイルで長い時間かけて火を入れました。


これ、大正解。


今度からアイナメはこれですな。 


ということで、釣りには行かなかったのですが、スーパー高級魚を堪能できた週末だったのでした。


総裁、ありがとうございました。



こりゃあ、年末はヘビーロッドと重〜いシンカー持って東北に行くしかないなぁ。

bazuzu at 23:54コメント(14)トラックバック(0) 

January 14, 2012

全国4000万のフィッシュ・イータの皆様コンニチハ。


超久しぶりに釣魚料理ネタです。

IMG_0729























年末に釣ったメバル・カサゴ君達ですが、食べごろサイズを数匹キープしてきたのです。


年末・年始に食ってみました。


IMG_0760IMG_0761
















カサゴの煮付け(左)とメバルの煮付け(右)


最も正しいロックフィッシュの食べ方です。


当然ウマーですな



で、これだけだと芸が無いので、

IMG_0758













Mebaru a la meuniere(←でスペル合ってます??)
メバルのムニエル バジル風味。


まぁ、小麦粉まぶしてバターで焼くだけですので、なんてことないのですが、これも美味いです。
バジルソースは市販のもので。



しかし、今回の最大のアタリは、これ⇓。

IMG_0759













昔、大連の星海漁港で食った清蒸石班魚(石班魚:ハタ=ハタの酒蒸し)の味が忘れられず、同じロックフィッシュということでメバルで再現。


見た感じ面倒くさそうですが、至って簡単。


メバルを紹興酒で洗って電子レンジ用の蒸し器でチーンと。


その後、紹興酒と醤油を合わせたタレを魚に掛けーの、白髪ネギを乗せーの・・・


小さなフライパンでゴマ油を煙が出るくらい熱して(これが十分でないとベチャベチャになりますので、これでもかというくらい熱することが重要です)、それを上からジュッと掛けます。


以上ナリ。


白髪ネギは、ネギを開いてフォークでシュシュシュと作れちゃうので、見た目より作るのは簡単っす。


ということで、明日はギルを釣るわよ。


bazuzu at 17:40コメント(6)トラックバック(0) 

December 04, 2011

どーも、コンニチハ。


引き続き地球の裏側の某国におりやす。


釣りブログ的には書くネタないので、食い物ネタで


9ebaaf53.jpg













先日、江戸川放水路でインチキベイトフィネスで釣ったハゼでございます。


これを食ったらビックリの美味さでしたよ。

fb9853ff.jpg












こんな風に開いて・・・

※一見めんどくさそうですが、超簡単です。たぶんググれば開き方を解説したサイトがたくさんでてくると思います。


IMG_0557














このようにカラっと天ぷらにします。


これを塩と好みでレモンでも絞って食えば最高です


子供も美味い美味いと言って食ってました。


大人は当然ビールなのですが、とりわけ最高なのは、

IMG_0615
















ギネスでございます

天ぷらにはギネスというのは、大化の改新以前からさうす家で決められていたようです。


で、これじゃあ足らんという御仁は、麺つゆでも利用して、「天や」風のちょっと甘目のタレを作って・・・

8a0fad1e.jpg













ハゼ丼→ハゼドンです(笑)

これでご飯をガッツリ食ってシメましょう。


ハゼなんか釣ったの子供の頃以来だったのですが、子供と一緒でも楽しめるし、フィッシュイーターのさうす的にも抜群に美味い魚なので、来シーズンも子供連れて何度かやってみたいと思います。


日頃はバサーやシーバサーな皆様も、来期はご一緒にハゼでもどうですか!?

bazuzu at 23:58コメント(8)トラックバック(0) 

May 30, 2010

先日仙台に出張した際に葉夢さんからいただいたサクラマス

何かと機会が無く長らく冷凍庫にしまっておいたが、いよいよ開陳!!

PAP_0003













サクラマスのソテー スイートマスタードソース。
※写真写りが悪くて恐縮ですが・・・・


いや〜美味いです。

いままで食べてた管釣のサクラマスはありゃあ、なんだったのでしょうか!?

このほかプレーンな塩焼きでもいただきましたが、そちらもGOOD!


葉夢さん、ありがとうございます!!

なお、マスタードソースは、バターと粒マスタードとレモン汁と「みりん」で作ります。

bazuzu at 17:01コメント(1)トラックバック(0) 

May 02, 2010

暴風の中キャッチした内房のメバル君たち。
そこそこ型が良かったのを何匹かもって帰ってきた。

P1010873













内房メバルの煮付け。

写真のピントはズレてるが、マズいはずないよね!

はい。美味かったです。


今年のGWは結構忙しいので、恒例の東北遠征にも行けず、暇をみて地元でバス釣りかなぁ。

bazuzu at 03:36コメント(0)トラックバック(0) 

August 18, 2009

Image12371

 

 

 

 

 

 

 

先日、仙台の無欲氏から届いた三陸は、大槌湾の戦火
その一つ、彼のはじめてのメバリングの成果、クロソイ君は定番の煮付けに。
これが美味いのはご案内のとおりだよね!

Image12401

 

 

 

 

 

 

 

クロソイ君の中には、ずいぶんなチビ(←失礼!)も含まれていたので、彼らはブツ切りにして、オリーブオイルと白ワインで火を入れてからホットプレートでパエリアの具にしてやった!

製作わずか20分、簡単。

しかし、美味しい。



bazuzu at 01:44コメント(0)トラックバック(0) 

August 15, 2009

昨日UPした北のアングラー、フルッチさんとイトチンさんの三陸は唐丹湾のヒラメ釣行の成果が早速自宅に届いた。

Image12221

 

 

 

 

 

 

 

関東のマイワシを餌に釣る房総や大洗のものより、やや小振りなカタクチ餌のヒラメだが、圧巻、素晴らしいヒラメだ。

 

Image12241

 

 

 

 

 

 

 

早速、刺身に。
エンガワもキレイに取れた!

やっぱ、ヒラメは美味い!!


カレイ、マゴチも含めて、フラットフィッシュで最も美味い部位は無眼側の皮を引いた際の白い皮。これを湯引きして紅葉おろしとポン酒で食べる!(写真なし)

先日、無欲氏からいただいた同じく三陸、大槌湾のカレイは煮付けに(煮崩れちゃいましたが。。。)!!

Image12261

 

 

 

 

 

 

 

 

Image12271
ヒラメと飲む酒は、おじさんが大きなヒラメを持ってるラベルのワイン。ブドウはシャルドネらしい。

いずれにしても、イトチン氏、フルッチ氏、それから、無欲おんつあん、ありがたや〜



bazuzu at 10:14コメント(4)トラックバック(0) 

July 19, 2009

今日は土曜の丑の日。 ならば、シーバスを食べねば!ということで、先週木更津沖で釣って冷凍庫で休んでもらってシーバスを料理。

0b14b824.jpg













できたのは、 シーバスのチーズフライ!薄く切ったシーバスの身にチーズとアオジソをクルクル巻いてサッと揚げるだけ。

ff8de414.jpg












(写りが悪いけど)このように、チーズがとりーりと淡白なシーバスの身にマッチするのです。
 シーバスの食べ方としては、これが最も美味しいかもなぁ。


bazuzu at 21:41コメント(0)トラックバック(0) 

July 18, 2009

08a4689e.jpg

 

 

 

 

 

 

 


先日、木更津沖でgetしたシーバス。

旬の魚だし、水がキレイな地域だったので銀ピカのキレイな魚体のヤツを何匹かキープしてきた。

Image1174

 

 

 

 

 

 

 

まずは、エラ洗いのお返しに、洗いにしてやった。
ごく薄く切り出した身を水と酒と大量の氷の中で洗ってやって、身の色が白く変わったところで、取り出して水気を取ればOK。
ワサビ&醤油でももちろん美味いが、裏ごしした梅干&醤油で食べるのも美味い。

Image11791

 

 

 

 

 

 


あまった身は、オリーブオイルとレモン汁などでカルパッチョに。
身が淡白なので、この食べ方がいちばん美味いかも。



bazuzu at 15:28コメント(0)トラックバック(0) 

May 14, 2009

1e2b6251.jpgGWの竜飛崎遠征の戦利品料理。前回のカレイに続く第2弾。

まずは、葉夢さんにいただいたアイナメを揚げ出し風に。
アイナメの食べ方はこれがいちばん美味い!!









Image1123狙って釣った(?)天然ホヤは、ホヤ酢に!

ちなみに白く見えているのは、カレイを刺身にした際に出る引いた皮を軽く湯通ししたもので、これも美味い!







来年の釣行が早くも待ち遠しいですね!!


bazuzu at 13:23コメント(0)トラックバック(0) 
Author

south

ランキング参加中です。
面白いと思ったり、このヘボっ!と思った方は、ポチっとしていただければ狂喜します。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ