軍事ニュースまとめない

まとめず最小限の情報を更新。

ボーイング、インド海軍に4機目のP-8I哨戒機を引き渡し

ボーイング、インド海軍に4機目のP-8I哨戒機を引き渡し


ボーイングは2014年5月23日、インド海軍向けP-8Iの4号機「IN323」を引き渡したと発表しました。P-8Iは737をベースに、アメリカ海軍P-8Aポセイドンのインド海軍向け哨戒機としたものです。

初号機の2013年5月引き渡しに続き、2013年11月に2号機と3号機を引き渡ししています。4号機もインド海軍ラジャリ航空基地に配備され、4機体制となりました。

30ミリ車輪型対空砲 18年までに開発へ=韓国軍

30ミリ車輪型対空砲 18年までに開発へ=韓国軍

 
【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は19日の防衛事業推進委員会で30ミリ車輪型対空砲を2018年までに開発することを決定した。

 陸軍と空軍、海兵隊が長期にわたり運用している旧型バルカン砲に代わるもので、北朝鮮による低高度奇襲攻撃への対応能力が大きく向上すると期待される。 

中国解放軍の戦闘機、高速道路での発着に成功

中国解放軍の戦闘機、高速道路での発着に成功


25日11時35分、中国解放軍の戦闘機、運輸機、ヘリコプターが初めて中原のある高速道路での発着に成功した。同高速道路は代替滑走路として非常時に3世代戦闘機と中小型運輸機の発着に使用できる。(写真は解放軍報の短文投稿サイトより)


空自パイロットOBを予備自衛官に…有事に招集

空自パイロットOBを予備自衛官に…有事に招集

 
 防衛省は、民間航空会社に再就職した航空自衛隊のパイロットを、予備自衛官として採用を始める。

 中国の東シナ海や南シナ海での海洋進出や、北朝鮮の核・ミサイル開発などでアジア太平洋地域が不安定化し、有事となれば、現役の空自パイロットだけでは対応できない恐れがあるためだ。予備自衛官に採用することで、パイロットの技能を持つ元自衛官をいつでも招集できる態勢を整える。

イラン陸軍のミサイル訓練がスタート

イラン陸軍のミサイル訓練がスタート

イラン陸軍のミサイル訓練が、イラン中部のイスファハーンで始まりました。

 
このミサイル訓練は、5月24日のホッラムシャフル解放記念日に合わせて計画されています。

メフル通信によりますと、イラン陸軍は、23日に行われたこの演習の第一段階で、イラン陸軍のプールダスターン司令官の命令により、ミサイル「ファジル」と「ナーズアート」を標的に向けて発射しました。


アメリカ空軍B-1B爆撃機、30時間無着陸攻撃訓練を実施

アメリカ空軍B-1B爆撃機、30時間無着陸攻撃訓練を実施


アメリカ空軍は、2014年5月13日から5月14日にかけて、2機のB-1Bランサーを使用して、30時間の長距離精密攻撃訓練を実施しました。

2機のB-1Bは、サウスダコタ州エルスワース空軍基地(AFB)からグアム島近くの訓練場まで飛行して訓練爆弾を投下し、エルスワースAFBへ帰還しました。約1万3,200マイル(2万1,240キロ)を約30時間かけて無着陸で飛行しました。

イタリア人ジャーナリスト死亡=ウクライナ東部で迫撃砲

イタリア人ジャーナリスト死亡=ウクライナ東部で迫撃砲



 【ローマAFP=時事】イタリア外務省は25日、ウクライナ東部ドネツク州スラビャンスク近郊で24日、迫撃砲によりイタリア人ジャーナリストが死亡したと発表した。
 イタリアのメディアによると、死亡したのはアンドレア・ロッチェリ氏(30)で、写真通信社の創設者という。死亡時の正確な状況は明らかになっていない。遺体は身元確認のためスラビャンスク近くの病院に搬送された。(2014/05/25-21:00)

【タイ軍クーデター】 米国防総省が合同演習中止、高官訪問も中止に

【タイ軍クーデター】 米国防総省が合同演習中止、高官訪問も中止に


 米国防総省のカービー報道官は24日、声明を発表し、タイ軍によるクーデターへの対応として、実施中の合同軍事演習や6月に予定していた軍高官の相互訪問を中止することを明らかにした。

 また、米国務省のハーフ副報道官も24日の声明で、タイ警察を対象に26日から行う予定にしていた火器取り扱い訓練を中止すると発表した。

中国軍戦闘機が自衛隊機に異常接近

中国軍戦闘機が自衛隊機に異常接近


防衛省によりますと、24日午前11時ごろ海上自衛隊のOP3C画像データ収集機が東シナ海の日中中間線付近で監視飛行していたところ、中国軍の戦闘機が後ろから追い抜くように接近したということです。
さらに正午ごろには、ほぼ同じ空域で監視飛行していた航空自衛隊のYS11電子測定機に対しても、中国軍の戦闘機が追い抜くように接近したということです。
接近したのは中国軍のSu27戦闘機で、OP3Cに対してはおよそ50メートル、YS11に対してはおよそ30メートルまで近づいたということです。
防衛省によりますと、中国機が100メートルを切る異常な近さで自衛隊機に接近するのは初めてだということです。

アルカイダ系組織が政府機関襲撃、23人死亡 イエメン

アルカイダ系組織が政府機関襲撃、23人死亡 イエメン


(CNN)
 中東イエメンの国防省は25日までに、同国南部のハドラマウト州で国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力が政府機関の施設多数に大規模攻撃を仕掛け、少なくとも23人が死亡したと発表した。

死者は軍兵士が12人、武装勢力11人となっている。兵士11人が負傷し、うち4人は重体。襲撃があったのは23日夜で、アルカイダ系はトラック20台以上に分乗し、攻撃してきたという。死亡した戦闘員にはサウジアラビア人2人が含まれるとの情報もある。
ギャラリー
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ