ある日僕は素敵なゲームに出会った

ビデオゲーム大好き日記

最近シャイニング&ザ・ダクネスを遊びまして、当時からBEメガなどの雑誌記事で知ってはいたのですが、あの頃あんまりRPGやらなかったもんだから...いや素晴らしいねぇこのゲームは。
よく考えたら物語とゲームすべてが主観視点で展開していくって、オブリビオンやスカイリムより圧倒的に先を走ってたんだよな、しかもゲーム機 第四時代だよ、三世代ほど先取りなんてもっと褒めるべき。(十分褒められてるそうです)

あと、マーリンかわいいね。

015マーリン

Shining and the Darkness (Japan)-250

フルネームはね、ピクシブ大百科見て調べました。

ボディコン、ランバダ、嗚呼バブルの残り香...とは言え、ゲームキャラとしては個性が薄いと思うんですよ。2作目以降、露出増やした分アトリビュートが少ないという印象。
なので、好きなゲームだけどイラスト描くには手を出しあぐねてました。

例のごとく折を見て手を加えると思います、おったまげー。

(完了:3/19)
K00_Braz

武者アレスタのアメリア大尉はデモシーンでも顔は出てこない、というか「うああッ!」だけなのが残念、取説には出てるんだけどね。

ゲームに関係ないけど、コスチュームにもあるパトレイバーに出てる様なよく見るアレ、イヅブチ穴って言うのね、最近知ったよ。

009_B



↑このページのトップヘ