コントロールをアップさせる構え方は? « トップページへ » バッティング上達に効果があった練習方法[追記]

お父さんのための目次

2005年10月18日

バッティング上達に効果があった練習方法

管理人が中学生時代にバッティングが急に上達した練習方法です。

先日何気なくテレビを見ていた時のこと。スポーツ番組には千葉ロッテマリーンズのサブロー選手。そのバッティング理論、取り組みが特集されていました。


昨年まで結果がなかなか出なかったサブロー選手が、今年開花した要因となったバッティング理論とは(サブロー選手は右打者)、右肘をたたんだ状態でスイングし打つことでした。


サブロー選手いわく、大きな打球を飛ばすことが出来る打者を見ていると右肘をたたんだ状態でバットを振っているのに気づいたそうです。


その後、ソフトバンクの城島選手も「とにかく小さく振ろうとすればするほど打球が飛んでいく」と言っていました。


試しに肘をたたんだ状態でスイングして見ましたが、ボールがバットに当たってからのフォローが通常のスイングよりもしやすく、大きく出来ることが分りました。


また、サブロー選手は目もぶれないとも言っています。このスイングの形を作るための管理人の中学時代の練習をご紹介します。



■小さな素振り


壁際50cm位の位置に立って、壁にバットが当たらないようにスイングします。スイングと言うよりもバットを壁に当たらないように抜いてくる様なイメージです。


最初は思い切ったスイングは出来ません。段々その形が出来てくると少し早くスイングが出来る様になって来ます。


スイングが早くなってきたなと感じたら、気づいて欲しいことは、フォローが大きいスイングが出来ているということ。


そして、50cmが出来てくれば40cmという様に体と壁の距離を縮めます。この時に気をつけたいのは決して肘を上げてスイングしないと言うこと。そして体開いてスイングしないと言うことです。


肘をたたんでスイングさせましょう。また壁と体の距離も限度があるのでご注意を。25〜30cm位が妥当な距離だと考えます。


ぜひ一度お試しください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
blogrank


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bb_easy_consultant/50155922
この記事へのトラックバック
ヤクルトスワローズ、古田敦也プレイングマネジャーの誕生です! 何故だか「じ〜ん」ときました。 断然応援しちゃうのだ!! 先日このブログで、楽天ゴールデンイーグルスの野村監督就任について、批判的な意見を書きましたが、やっぱり見てみたいですよね、師弟対決。 ....
「じ〜ん」ときました【モノが売れるには理由(ワケ)がある 立ち上げ屋の異名を持つ男のBlog】at 2005年10月20日 11:31
バッティングについて考えてみました。 昔からですが、私はミートはそこそこできるのですが、 飛距離が出ないと思っていました。 そんの..
バッティング上達 その1【いつものダラダラ日記】at 2009年08月12日 22:46
この記事へのコメント
この練習は聞いたことありますよ。
その時は 「そんな練習もあるのか」 という程度で
聞き流していましたが、そんなに効果があるとは思っていませんでした。
試してみる価値がありそうですね。
Posted by Skyboys広報 at 2005年10月19日 07:17
一つ質問です。バットの長さはどの位が良いのでしょうか?
身長に対して何センチとかあるのでしょうか?
小学校では、中学校ではと理想的な長さがあるのでしょうか?
Posted by とく at 2005年10月19日 09:29
一つ質問です。バットの長さはどの位が良いのでしょうか?
身長に対して何センチとかあるのでしょうか?
小学校では、中学校ではと理想的な長さがあるのでしょうか?
Posted by ごん at 2005年10月19日 09:29
はじめまして。
いつも拝見させていただいておりました。突然で申し訳ありませんが、質問させていただきます。よろしければ教えてください。

以前、うちの息子(小3〈132cm/27kg〉)にも同じような練習を試みたことがあります。
その時は、壁とお腹の間はバットの長さ(75cm)でやりました。

しかし、息子がやると腰が引けてしまうのです。バットが壁に当るのが怖いのです。
なんとか振りぬけた時のフォームも、“なんとかボールに当ったけど、振り遅れでファール”っていう感じになってしまいます。
肘をたための感覚が上手く伝えることが出来ません。
そこで、この練習はやめさせてしまいました。

今回の記事を読んで、もう一度トライさせようと思いました。
小3の息子に、上手く出来るコツ(アドバイス)を教えたいのですが、何かいい方法はありますでしょうか?
とにかく続けていれば出来るようになるのでしょうか?
Posted by 始動者 at 2005年10月19日 13:03
Skyboys広報さん。コメントありがとうございます。管理人も効果や理論があるとは思わずやっていました。ただ最初にこの練習をやった後の試合で、ものすごく打てた事から縁起担ぎとしてやり始めたのがきっかけでした。サブロー選手ありがとうという感じです。
Posted by 桜井 at 2005年10月19日 21:20
ごんさんととくさんは同じ方かな?はじめましてm(__)m。コメントありがとうございます。身長に対しての適正な長さ、重さと言うのは一概には言えないのが実際のところです。平均して小学生の低学年は75cm前後、高学年で80cm前後、中学生は80cmくらいからという程度です。重さに関してはバットの重さよりも重心の位置を考えた方が良いかと思います。バットの総重量は同じでも重心つまり芯の位置がバットにより微妙に変化させています。重心の位置が根元に近ければ軽く感じます。コンコンとバットを根元から上部にかけて叩いていくと音の変わるポイントが重心(芯)の位置ですよね。小学生なら少し重心が根元に近い方が良いかと思います。管理人は投手出身であまりバットの選び方に関しては知識は乏しいので、現役の社会人野球部の選手に確認中です。分り次第ブログでお知らせしたいと思います。
Posted by 桜井 at 2005年10月19日 21:39
始動者さんコメントありがとうございます。いつもブログ拝見させていただいています。先日の投球フォームの連続写真も見せて頂いてコメントと思いましたが、現在改善中との事なので今後の続報を楽しみにしております。ご質問いただいた内容については本日のブログで書いてみようと思っています。
Posted by 桜井 at 2005年10月19日 21:51
管理人様。ありがとうございます。
キー操作の間違いで、2つ書き込みをしてしまいました。
申し訳ありませんでした。
バットの件よろしくお願いします。
いま、ふと思ったのですが、壁前の素振りですが、図解のような物は無いのでしょうか?
また、ノックバットのような長いバットでも30cm位でしたほうがよいのでしょうか?
Posted by ごん at 2005年10月20日 15:01
ごんさんコメントありがとうございます。バットの適正についてはこれという図り方は現役社会人野球の打者でもないそうです。ですがやはり始動者さんのコメントにも書かせて頂きましたが、重心の位置が重要で持った時のフィーリングによる所が大きいようです。長さにしても同様です。また木製のバットについては同様の種類のバットであっても1本1本感じ方が異なるのでよりフィーリングが重要となって決定しているとの事です。図解についてはあればより分かり易いかと思いますが、申し訳ありませんが現在用意はしていません。ノックバットについてはブログ中でも書きましたが距離の限度もあるので広めに距離をとってから徐々につめていけば良いと思います。距離を小さくするのが目的ではなく肘をたたむ形を覚えると言う事が目的ですね。
Posted by 桜井 at 2005年10月20日 23:46
肘をたたむってどのようにたたむのですか?とゆうか、どの
くらいたためばいいんでしょうか?それと、打つ瞬間もたた
んだままなのでしょうか?質問がたくさんですいません。よ
ろしければ答えてください。
Posted by りょう at 2006年11月30日 21:36
すばらしいブログ見つけました。壁際にたっ
ての素振りは知ってはいましたが、30cm
なんて、こんなに近くでできるんだろうか?
と思ってしまいます。でも、やれるものなん
ですね。うちの息子にやらせてみます。実際
の動画があればわかりやすいのですが・・。
腕をたたむを、どの程度の動きか、教えて頂
けないでしょうか。イメージができません。
我が子のために、よろしくお願いします。
Posted by hisahisa at 2007年04月25日 22:16
肘をたたむ打ち方は、基本的にインコースのみです。理由は
早い球が来るからです。インコースに遅い球はありません。
肘をたたんで、体を早く回転させます。つまり早い体の回転
で打つことです。そうしないと振り遅れます。もっと言えば
難しいインコースは、ファールにすることもあります。真ん
中と外は、肘は、伸ばしたほうがいいでしょう。外の球に踏
み込むとは、どういうことかと言うとスライダーの球を打つ
時です。スライダーは、やまをはって、踏み込まないと絶対
打てません。ただそれだけです。でも、一番大事なことは、
肘の使い方では、ありません。体のねじれで打つことが、一
番重要となります。つまり上半身と下半身のねじれの差が、
パワーになります。
Posted by 野球経験者 at 2007年09月04日 00:17
フォールスローがちゃんと出来てない人でも、この練習をや
っていれば、フォールスローもちゃんとできるようになるん
ですか?
Posted by コーチ at 2007年10月21日 20:12
この練習は、今や、いろいろなところで紹介されています。
私は、野球は、物理学だと思っています。(他のスポーツも
そうですが。)体の回転軸とバットの芯の距離が小から大に
なれば、インサイドアウトのスイングが出来、バットコント
ロールも性格だし、バットの芯と、回転軸が近いので、ボー
ルの運動エネルギーに対抗するトルクも十分に確保できると
思います。野球って、医学者と物理学者と人間工学又は社会
工学の専門家を顧問にして作るとすごく強いチームが安価に
作れると思います。ただし、その専門家へのギャラは、安価
で済むかどうか。
Posted by okui at 2008年06月21日 20:37
参考になりました
がんばりたいと想います
Posted by s at 2010年08月04日 23:10
この練習を始めてからバットにあたると鋭い当たりが多くなって
きました!それにフライもあがらずライナーかゴロしかありませ
ん!僕のチームは上手い人ばっかりですがベンチ入りできました
本当にありがとうございます
Posted by 野球大好き少年 at 2011年09月03日 17:55
はじめまして。サブロー選手が右打者で左肘をたたむと書い
てありますが。右打者の場合右肘をたたむのですよね?
Posted by 野球おじさん at 2012年02月27日 12:37
はじめまして、ご指摘ありがとうございます。さきほど左肘→右肘に訂正いたしました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
Posted by 桜井一 at 2012年02月28日 01:09
 

お父さんのための目次

ライバルに差をつける投球教室
誰も教えてくれない投球の基本動作
レベルアップキャッチボール方法
球にキレを出す効果的な方法
肘が下がるメカニズムと対策
投手の踏出しの基本
肘の怪我予防アーム式投球フォームの矯正
ライバルに差をつける守備教室
失敗しないグラブトス
かっこよく捕球しよう
効果抜群トレーニング教室
インターバルトレーニング1
背伸びで下半身強化
お風呂で下半身強化!?
ウォーミングアップ事例
足首の怪我予防に抜群の効果
パワー伝達トレーニング!?
体幹を鍛えるランニングプログラム1
楽しく練習プログラム1
コンディショニング教室
肩・肘の故障予防
いろいろと考えてみる
集中出来ない子供(指導者)
管理日記のすすめ
ライバルに差をつける打撃教室
まずはヒットを打つ為に
実戦を想定した素振り
脇が開くバッティングを直す方法
視野を広くする方法
球種を見抜くポイント
肘の使い方で変わるバッティング1
肘の使い方で変わるバッティング2
投手が望む捕手講義
気配り上手なキャッチャー
投手を育てるキャッチャー
審判とのかけ引き
投手スピードアップ方法特集
140km台なら努力次第
球速アップフォーム1
球速アップフォーム2
球速アップの為の筋力強化1
球速アップの為の筋力強化2
球速アップの為の筋力強化3
野球お役立ちリンク集
野球ブログランキン グ