2012年03月23日

2012年ベルギービールクラブ総会

 ベルギービールクラブの会が2001年の発足以来11周年を迎えた。その総会が2012年2月19日(日)12時から中区のレストラン・ツキダテにて行われた。
 11時40分には到着することができ、既に会長ほか数名がこられていた。
 ウエルカムドリンクはレフブラウンの生樽、初めての味に美味く3杯飲んでしまう。参加者は51名と、この時期では盛会な催しとなった。総会では西脇会長が昨年の総会後に起こった東日本大震災をうけて「絆」を強調して話された。

1


 伊藤さんから昨年5月のオークションの収益金6万円を寄付された話や今後1年間の行事、会計報告があり総会はスムーズに終了。
 レフブラウンの生(6.5%)は初めてでしたが、口当たりがよく飲みすぎそうなビール。前菜には知多半島 豊浜の漁醤を用いたとのこと。

2


 50名を越える参加者、新しい人が増えていますがコミニケーションは良いようです。

3


4


 話の間に、1月7日フランス・バスク地方の菌を用いた熟成豚に佐賀のアスパラガス、など今回は発酵、熟成がテーマでした。あとは、お馴染みのシメイブルー、オルヴァル、それに特徴的なカンティオン・グースを試飲する。初めての人にカンティオン・グースの感想を聞いてみたが、通の人が多いので嫌いではないとのこと。

5



 こうして、14時過ぎにはお開きとなり伊藤さんの閉会の挨拶で無事終了。

6


 ツキダテさんの皆さん、スタッフの皆さんお疲れ様でした。また今回もアサヒビール株式会社様、小西酒造株式会社様、三井食品株式会社様からビールを協賛いただき、ありがとうございました。
Y.N



この記事へのトラックバックURL