March 10, 2013

夫、いちおう復帰。

日本はPM2.5で大変なようですね。
こちらでもニュースになってます。

イギリスは春まだ遠し。梅や水仙は咲き始めたけれど、まだまだ寒いです

またもごぶさたしてしまいました(汗
さぼりまくりにもかかわらず、ブログに来てくれた方々、ありがとうございますm(__)m

わたしは元気にしてますが、昨年暮れから夫が手術を2回受けたりで、ばたばたしてました。

悪性ではないのですが、膿瘍(おできみたいなもの)です。1回目は2〜3日でかなり大きくなって膿を持ってきたので、QAで手術。ドクターもびっくりするくらい大きかったので、傷口がなかなかおさまらず、結局3日ほど入院。手術は全身麻酔だったので、その後2週間自宅療養でした。

再発は先月。前回と同じように痛みが出てきたりしたので、抗生物質を処方してもらって2週間様子をみたけど、また痛みが出てきてQAて手術。膿瘍は小さめだけど場所は深めでした。手術は夕方終わったのに、当日のうちに退院できますよ〜、と言いながら書類が揃うのを延々待たされて、やっと自宅に戻れたのは真夜中過ぎ
わたしは会社の帰りに寄って6時間もいたから、もうへとへと。パーキングに10ポンド近くかかったし。翌日の仕事はたいそうきつかったぞ。で、やっぱり手術は全身麻酔だったので、2週間自宅療養しました。

ドクターによると、よくある病気で再発もよく起こるとか。予防策は特にないのが困りものですが、3度目は起きないといいなあ。今は元気に仕事してますので、安心してくださいね。

では、短いですが今日はこの辺で。


bbd_kaori at 22:56|PermalinkComments(0)

November 05, 2012

半年遅れの術後3か月検診

前回更新してから2か月余り経ってしまいました

すっかり秋ですねぇ
イギリスではもうクリスマス商戦も始まって、朝晩冷えてきました。
日本も寒くなってきたようですが、風邪など引かれていませんか?

私はと言うといろいろありまして、何から書いたらいいんでしょう・・・
ちょっと箇条書きにしてみますね。

9月初旬: 事故に遭う
  • うちのPeugeot 406に4WDが一方的に衝突。幸い運転していた夫にけがはなく、過失は全面的に先方にあるものの、保険会社には車前面の損傷具合から運転はしないようにとアドバイスされ、しばらく私は代車で通勤する羽目に。後日廃車となり、査定者に提示された金額で合意。

9月中旬: 里帰り
  • 社員として採用される前にフライトを予約していたので、特別に許可をもらって4週間里帰り。夫も1週間後に合流。今回は病院通いがメインだったかも。詳細はまた後日。

10月中旬: 普段の生活に戻る
  • 再び代車をもらって、車探し開始。ローンは嫌いなので、中古で。メインドライバーは私なので、状態が良くてあんまり大きくなくてそこそこパワーのあるディーゼル車希望。
  • QAで半年遅れの術後3か月検診を受ける。執刀医の先生に診てもらい、ほぼ正常とのこと。半年後に最後の検診をする予定。
  • 携帯をスマホに換える。番号は以前と変わらず。手続きのためカスタマーサービスに電話したら、45分くらい保留で待たされてコードレスホンの充電が切れそうになったけど何とか無事に終了。
  • 仕事ではつかみかけていたコツをすっかり忘れてしまい、まるで勤務初日にリセットされた感じ。しばらく苦戦する。

11月初旬:
  • はRenaultのClio Dynamique 1500ccに決定。2年落ちだけど予算内に収まり、有り金はたいて全額お支払い。 ←今ここ


車は受け渡しのあとに観に行った映画Skyfallにちなみ、ダニエルと命名 今日初めて会社に乗っていったんですが、なかなかいい感じ。エンストもしなかったし

Skyfallは日本では来月公開ですね。007シリーズは今年50周年ということで、ロンドンのロイヤルプレミアもにぎやかだったみたいです。個人的にはとても楽しめた映画でした。特にオープニングが見ごたえあったのに、うちの夫は居眠りしてて、ゆさゆさしても起きやしない 他の映画の予告編やらCMやらを30分くらい観てたからだなんて、後で言い訳してたけど。あり得ない。

というわけで、ようやく時間に余裕が出てきたのですが、もうすぐクリスマスの準備を始めないと
また後日里帰りについてUPしますね。

それでは今日はこの辺で。
読んでいただいてありがとうございました♪
続きを読む

bbd_kaori at 21:39|PermalinkComments(0)

August 28, 2012

雑記。

今日はバンクホリデーでお休み♪
お休みが3日あるといろいろできると思ったのに、案外できなかったかも。
でもしっかり寝たのでまた明日からがんばれそうです

例によってなかなか更新できていませんでしたが、皆さんアクセスしてくださっていたようでありがとうございますm(__)m

アクセス解析を見ると、網膜剥離の予後のことで検索して来て下さっている人が多い様子なので、今日はその後の報告など。

就業2日目くらいまでは、目がちょっと疲れるときがありましたが、もう平気です。ラップトップで仕事していたからかも。忙しくてすっかり剥離のことを忘れてました(笑)

6月はQAで検診の予定でしたが、その後依然連絡はありません。7月に一度問い合わせましたが、

You'll be hearing from us in a few weeks.
(数週間以内にはご連絡します)

と言われたきり、音沙汰なし。

まあ、来月日本に帰ったら大きな病院できちんと見てもらうつもりだし。忙しいのでほおってます。
右目は依然として変視が少し残っていますが、車の運転や仕事に支障はありません。

そういえば、先月いつもサプリを買っているところの無料栄養相談に相談してみました。
網膜剥離の予後に良いサプリがあれば教えてもらおうと思って。

普段はfish oil(肝油みたいなの)とマルチビタミンを摂っているので、ルテインがいいのかなと思ったんですが、意外にもantioxidants(抗酸化物質)を勧められました。

サプリのリンクはこちら(英語。配送はUK国内のみ)

回答をざっと訳すと、

「このサプリは大変有益な抗酸化物質で知られる菜種やビルベリーの抽出物で、毛細血管に見られるような、人体の結合組織のコラーゲンの損傷を保護して修復します。目は毛細系を通じて供給される栄養素に依存しているため、Colladeenを現在摂られているサプリに加えていただくと、お客様の現在の状況の改善に役立つかと思います。」

とのことでした。もし網膜剥離の予後にいいサプリを探している方の参考になればうれしいです。

今、2週間分のサンプルをいただいたので試しているところです。それほど高くないし、しばらく続けてみようと思います。

そうそう。わたしのボス(日本人)に「剥離の手術日帰りだったんですよ〜」と愚痴ったら、思いっきり笑われました。彼女のご主人もがんが見つかって、全身麻酔で摘出手術を受けたとき、日帰りだったんですって。他の友だちのお子さんも、全身麻酔で開腹手術だったのに、日帰りだったとか。上には上がいるもんですね。というか、これがイギリスのスタンダードなのかも・・・

bbd_kaori at 00:54|PermalinkComments(0)英国での生活 

August 07, 2012

2週目。

就職して早1週間。
なんとかやってますのでご安心ください

仕事の内容よりも、朝早いことと車の運転の方が心配だったりしますが(笑)
朝6時前に起きて7時すぎに出発。車で30分くらいかな
勤務時間は8:00〜16:30。残業はほとんどないので、17時すぎには家に着きます。土日はお休み。

先週は、初日は人事でいろいろな書類にサインしたり、会社のあちこちを見学したり。さすがスポーツ用品メーカーらしく、自転車通勤を奨励していて、社員割引で自転車とか買えるし、セキュリティのかかった自転車置き場が2つ、シャワールームが3つもあったのにはびっくり。

金曜日にはやっとデスクトップPCが設置されて、仕事がしやすくなりました
それまで部長のラップトップを借りていて、タッチパッドが反応してカーソルが飛びまくってひっそりキレてたので

あとはセキュリティのキーを待つのみ。建物入り口や2Fの社員食堂に行くときに必要なのだけど、担当者が休暇中なので、いつも他の人に頼まないといけなくて面倒なのです。

仕事はまだまだ慣れないなあ・・・マーケティング部門なのでかなりスピーディな感じ。
わたしのいる部屋には翻訳者が15人くらい? 9か国語をカバーしています。近い将来もう1つ言語が増えるとか。

共通言語はもちろん英語だけど、いろいろな言語が飛び交ってけっこうおもしろい職場です。みんなフレンドリーで、仕事の合間にちょっとした会話で気晴らしできるし。

わたしのボスは翻訳チームのリーダーでもあるので、会議やら何やらかなりお忙しそう。なので、たまりにたまっている翻訳をわたしがこつこつやっているところです。翻訳するのは、プレスリリースやウィークリーニュースレター、社のブログの記事、Webサイトに載せる製品情報などなど、盛り沢山。

というわけで、毎日があっという間に過ぎていってます。家にいるときよりも間食が減ってちょっと痩せてきたし

里帰りも近づいてきたことだし、このままがんばって試用期間を乗り切ります

bbd_kaori at 04:19|PermalinkComments(0)

July 27, 2012

とんとん拍子。

突然ですが。

ひょんなことから、フルタイムの英日翻訳者で採用されました
来週月曜からスタートです。


事の起こりは先週末。近くのスーパーで友人のYさん(日本人)にばったり。
目の検診の話から、QA(ポーツマスの病院)の近くの会社で日本人の翻訳者募集してるんだって、という話に。
興味あるなら、友人のMさんがその会社に勤めているから、話をしてくれるとのことで、じゃあお願いしますとお返事しました。パートタイムでもお仕事が増えればいいかなというくらいの気持ちで。

今週月曜日にMさんからメールが来て、もう面接中とのこと。
急ぎ教えてもらった担当者あてにCV(履歴書)を送るとすぐに募集要項が送られてきて、あっさり木曜日に面接とテストを受けることに。なんとフルタイムの募集でした。

会社はポーツマスにあり、家からは車で20分くらい。火曜日に作業中の案件を大急ぎで片付け、ためしに夫と試し運転に出かけたけれど、カーナビはしゃべるわ、夫はいろいろ指示を出すわでパニクったわたし 結局無事にたどりついたけど、当日は面接とテストに集中したいので電車とタクシーで向かいました。

採用担当者は直接の上司となる日本人女性。こちらの大学院を卒業された聡明そうな方でした。
英日翻訳のほか、極東の翻訳部門(ロシアと中国と日本)の統括業務もされていて、アシスタントが必要とのこと。
会社は結構大きい建物が3つ。ウェアハウスやオフィスなどに分かれているようです。
中に入れてもらうと当たり前だけどほとんどの人がイギリス人。雰囲気は以前日本で勤めたことのある外資系をもっとカジュアルにしたような感じ。
インタビューというより世間話の延長みたいな感じでお話ししたあと、会社のWebサイトに実際にある素材を使って英日翻訳のテスト。ちょっと手こずったけれど何とか完成させて提出しました。

その後、雇用条件などについて説明。この会社のWebサイトは、日本語を含む9ヶ国語対応で、翻訳チームは16名とか。待遇はわたしには過分に思えたけど、翻訳者にしては低めらしく、勤務時間外にフリーランスで翻訳をしている人もいるので、これまでのクライアントとも引き続きお付き合いできるかも。
基本的に残業なし。週末は休み。有給休暇は年間25日(バンクホリデー除く)。あらかじめ分かっていれば長期の休みもOK。9月から4週間の一時帰国を予定しているのですが、問題ないとのことでひと安心。

その他こまごまと業務の説明を受けて、この日は終了。結果は明日メールで知らせますとのことでした。

このエリアでは滅多にないポジションだし、他にも応募者がたくさんいたみたいだし、あまり期待しないようにしてたんですが、夫はもう決まったかのように大盛り上がり
「車を小さめのものに買い替えなきゃ、やっぱ日本車がいいかな? これなんてどう?」とかうるさいうるさい。
「もし不採用だったらよけいショックだからさ〜。それは明日まで待ってよ」と言っても、数分後には「お弁当作んなきゃね」とか言い出すし。

で、今日金曜日。
朝4時に目が覚めて、面接やテストであれしくじったなあとか悶々と考えていたらそれから眠れなかったので、夫を送り出してちょっと二度寝したら、その間にメールが来てました。

おそるおそる開けてみると

I am pleased to offer you a job as a in-house Japanese translator.
喜んでインハウス英日翻訳者として採用させていただきます

との文字が

とんとん拍子に話は進み、来週月曜スタートすることになりましたが、まだ半信半疑です。
イギリスでは初めてのインタビューだったし、できすぎじゃない?

・・・とにかく今週末は運転の特訓です


bbd_kaori at 15:03|PermalinkComments(2)

July 23, 2012

聖火リレー。

少し前になりますが、7/16に聖火リレーがこの街を通っていきました。

この日はPortsmouthを出発して、8:40ごろに街を通るとか。
リレーに合わせて学校は午前中休みらしく、人が多いんだろうとは思っていましたが・・・

DSCF1629 DSCF1630

8:30ごろにハイストリートに行くともうこの人だかり。
そうだった・・・ほとんどの人はわたしよりも背が高いんだったわ。
夫が脚立持って行ったら? なんて言うのを一笑に付してしまったけど、その方が良かったかも。
トーチの前にスポンサーの2階建てバスやパトカーが通りましたが、てっぺんだけしか見えないし。
仕事で来れなかった夫に写真撮ってあげたいんだけどなあ。

DSCF1632

肝心のトーチはこのありさま。炎のてっぺんしか撮れなかった
しょうがないので、ルートを先回りして別のストリートに移動。

DSCF1633おっ。こっちはよく見える♪

DSCF1636先導のパトカー。なかなか気さくです。

となりに居合わせた人と世間話していたら、「あと1分!」と自転車に乗ったスタッフさんが声をかけて行きました。

DSCF1637来た! 手前の人の手がじゃまなんだけど・・・

DSCF1638伴走の方もお疲れさまです。

DSCF1640その後は他の聖火ランナーや関係者の乗ったバスが続きます。

あいにくの雨の中すごい人出で、パメラによると15,000人とか。この街にこんなにたくさんの人がいたとは。

あっという間だったけど、楽しかったなあ。この日はその後Brightonまで移動したようです。
70日間のリレーもあと5日。今はもうロンドンに入っていますね。

全日程やこれまでの映像など、聖火リレーの詳細はこちらで見れます。

オリンピックもいよいよ近づいてきましたね。先日ロンドンに行ったら、地下鉄や電車の駅もきれいになっていたり、観光地やオリンピック会場へのサインがたくさんあったり。にぎやかになりそうです。
お天気が良くなるといいな。

bbd_kaori at 05:11|PermalinkComments(0)

July 22, 2012

トルコ滞在記 (2)

ずーっと梅雨みたいにどんよりしていて、7月だというのにブーツやコートが要る日もあったのですが、今日はひさびさのよいお天気
ようやく冬用のキングサイズのデュベをランドリーでお洗濯してきました。ああすっきり。


すっかり間が空いてしまいましたが、トルコ滞在記(1)の続きです。

最寄りのスーパーやお店には歩いて15分くらい。この日はランチと買い出しを兼ねて出かけましたが、かなり暑い。お昼ごろで38℃だったかな。

DSCF1531

レストランのパラソルの下で涼みつつ、パニーニやサンドイッチで腹ごしらえ。地元のビールはEFESというらしい。パメラは何を飲んでたっけ?

DSCF1535

レストランの庭で亀の親子発見。ちょうどえさの時間でした。

DSCF1537

食後に歩いて数分の商店街へ。ランチ用に野菜やハムを調達。

ディナーは街で1軒しかないシーフードレストランに行ってきました
地元で獲れた新鮮なシーフードが食べれるとかで、わくわく。

DSCF1545

わたしはイカフライ。なぜかパセリが山盛り。新鮮でおいしかったです。たしか23リラ(約1000円)。

DSCF1546

これは夫の鯛のグリル(約780円)。サラダとフライドポテトつき。

イギリスからの観光客が多いのか、どのレストランでも「Chips?」(フライドポテトはいかがですか)と聞かれました。デブになるので家ではほとんど食べないのだけど、トルコのじゃがいもは品種が違うのか、甘みがあっておいしかったです。

DSCF1550レストランからの夕日。

DSCF1554

ビーチ沿いにはエクササイズ用の遊具がいろいろ。夕食後の腹ごなしに夫がチャレンジ。

4日目くらいには、バスに乗ってアルティンクム(Altinkum)へ。ロイはハマムに一人で出かけ、残りのわたしたちはその間ビーチで過ごしました。ハマムにはサウナがあってあかすりやマッサージをしてもらえるらしく、楽しみにしてたのだけど、この暑さではさすがにちょっとね。帰るまでに涼しくなったらまた来ようね〜と言ってたんですが、残念ながら結局実現せず。

DSCF1518 DSCF1514

少し散策した後ビーチに面したレストランでランチ。サービスでかちかちに凍らせた水のペットボトルをもらってうれしかったなあ。すぐに溶けてぬるくなったけど。

結局、これが唯一のお出かけになってしまいました。イギリスの冷夏に慣れてしまっているわたしたちには、35℃以上は暑過ぎて。もう少し過ごしやすかったら、レンタカー借りて(1日20リラとか)ドライブしたり、遊覧船であちこちめぐったり、遺跡めぐりもいいのだけど。


ということで、あとはほとんど食べ物の写真ばっかりですが 興味のある方は引き続きどうぞ。

再びディナーでまずは冷たい前菜(meze)。右はナンみたいなパン。ガーリックとごま風味でおいしかった。

DSCF1523DSCF1524

この日はヴィラのオーナー夫妻も一緒だったので、メインはグリル盛り合わせ。これで4人分です。

DSCF1563

ラムやチキンのグリルや、スパイシーなラムとピスタチオナッツをトリティーヤのようなものに巻いたもの、ナスの挽き肉のせに、ローストしたお野菜つき。食べきれなくて残りはお持ち帰り。翌日のランチになりました。

これもディナー。前菜は店長おすすめのガーリックブレッド(左下)。ピザみたいでおいしかった。あとはサービスで、マッシュルームのトマトソース煮込みと、ナンみたいなパン。

DSCF1586

メインはお魚のグリル。今日獲れたての鯛か鱸ということでしたが、鯛でした。サラダとフライドポテト付き。18リラ(約780円)なり。

 DSCF1587

これは夫のメイン。キャセロールだったかな?スパイシーなトマトソースのラムの煮込みです。

DSCF1588

これは最終日、空港に出発する前の食事。
海老のグリルのサラダ添え。たしかこれも18リラ(約780円)。
殻むくのに痛かったから新鮮なのでしょう。大変おいしゅうございました。

DSCF1598

ホリデイ前は食事が合うかなあとちょっと心配で、レンジでチンするご飯パックと海苔とインスタントのお味噌汁を持って行ったんですが、シーフードが堪能できたので結局出番なし。

それと物価が安いのはうれしかった。4人で外食してたっぷり食べて飲んでも150リラ(6,500円)を超えたことはなかったなあ。しかもおいしいし。夏休み旅行の行き先として人気が高い理由が分かったような気がしました。お店とかの人たちもとても親切だし。

最後の最後、空港でチェックインするときにひと悶着あったのだけど、それは続きに書きますね。
続きを読む

bbd_kaori at 17:14|PermalinkComments(0)

July 04, 2012

トルコ滞在記 (1)

ウィンブルドンも終盤に入ったし、ツールドフランスも始まって、いつもなら夏! って感じなんですが、あいかわらずぐずぐずしたお天気が続いてます
いつになったら夏らしいお天気になるのかしら。このまま肌寒くなるのだけはいやだなあ。


それはさておき。

先月1週間ほどトルコに行ってきたので、ちょっと記録に残しておこうと思います。

滞在先はトルコの南西部、エーゲ海に面した小さな町のAkbuk。義家族ぐるみの友人が経営しているヴィラを1週間借りました。メンバーは義姉パメラとそのパートナーのロイ、従姉のローズ、わたしと夫の5人。わたしと夫以外は3回目の滞在です。

フライトはGatwickからBodrumまで4時間。夕方の便だったので外の景色を見ながら。

DSCF1481これはどのあたりか、雪をかぶった山々。

Bodrum空港からさらにタクシーで1時間。ようやくヴィラに到着したのは0時近くでした(イギリスとの時差は+2時間)。それぞれベッドルームに直行

暑くてエアコンつけっぱなしだったので、あんまりよく眠れなかった。何やら聞こえてきたお祈りの声と外の明るさに目を覚ますと・・・雲ひとつない真っ青な空
昨夜は暗くてよく見えなかったけれど、ヴィラの外観はこんな感じ。

DSCF1488

DSCF1487DSCF1509

敷地内にはプールのほかたっぷりのくつろぎスペースがあり、日よけの下にテーブルセットやブランコが。

ヴィラの中は

B1F: 予備の冷蔵庫とアイロン、掃除機。他はプライベートスペース
1F: ラウンジ、ダイニング、キッチン、シャワーブースとトイレ
2F: バスルーム付きマスターベッドルーム、スペアベッドルーム(ダブルとツイン各1)、バスルーム(ジャグジーとシャワーブース付き)
屋上: 物干し場。エーゲ海が望めます

ラウンジにはソファ兼ベッドが2台。8人まで宿泊可能です。

DSCF1507

この日の午前中は近くの市場に買い出しに。
写真撮り忘れたけれど、途中にモスクがありました。そういえばトルコってイスラム教徒の国だっけ。さっき聞こえてきたお祈りの声はここからのようです。お祈りは1日5回。スピーカーを通して聞こえてきてました。

それにしても暑いのでついゆっくり歩いてしまう空気は乾燥しているし、近くの海からの風で多少しのげるけど、30℃は絶対超えてるぞ。まだ朝なんですけど。

たっぷり30分ほど歩いて市場に到着。

DSCF1490DSCF1491

DSCF1496DSCF1497

目新しいものもあって、見ていて楽しかった。スイカが無性に食べたくなって買っちゃいました。たしか5〜6リラ(2ポンドくらい)。物価はかなり安いみたい。

この日は市場で仕入れたサーモン、サバ、チキンをオーブンで焼いて夜ごはんにしました。キッチンには調味料系がストックされてないし、外食しても安いらしいので、翌日から夜ごはんはレストランに行くことに。


DSCF1610ヴィラ近くの電光掲示板。

時刻と気温が交互に表示され、この時は38℃。
毎日快晴でそれは気持ちいいのだけど、どうも例年にない暑さのようで、毎日昼間は38〜40℃。イギリスでは15℃くらいだったから、みんなバテバテ。昼間はヴィラでプールに入ったり読書したりして、夕方から食事がてらお出かけすることが多かったです。

ヴィラから10分ほど歩くと海辺。

DSCF1520DSCF1530

必ず誰かが泳いでるし。木の下の部分には、害虫防止の薬が塗布してあるらしい。

DSCF1525この日はパメラたちお気に入りのレストランへ。

まずは冷たい前菜(Meze)をいただきました。カラフルなサラダやマッシュルームのオイル炒めなど、10種類くらいから好きなものを選べます。それに右端にちょっとだけ写ってるナンのようなパン付き。これが大きくて1mくらいありました。写真を撮り忘れたけど、メインはラムのキャセロール。スパイシーでおいしかった。

DSCF1526海からの風が気持ちいい。

夕日をながめつつ、5人でたらふく食べて飲んだけどたしか150リラくらい。約50ポンド(6,000円強)かな。安いわあ。


長くなるので(2)に続きます・・・


bbd_kaori at 16:41|PermalinkComments(0)英国での生活 

June 08, 2012

フライト解禁。

日本はそろそろ梅雨入りでしょうか。
こちらは今日は曇りですが台風のような大風。
ゴーゴーいってます。
ここのところ気温が低めで、パンのふくらみが悪いんですよね

さて。先週末はDiamond Jubilee Weekendで、土曜日から火曜日まで4連休でした。
ダービーの競馬レースに始まり、テムズ ページェント(船舶レース)、バッキンガム宮殿前でのコンサート、セント ポール聖堂での礼拝、そして馬車でのパレードと、クイーンの在位60周年記念祝典が目白押しでした。

わたしたちの住む街でも、ストリートパーティとかイベントがちらほらあったらしいです。
夫は興味ないみたいでゴルフに行ったり、わたしは仕事があったので、中継をTVで観たくらい。

お天気はいまいちよくなかったのだけど、日曜の午後はまあまあだったので、急遽夕食はメアリ宅に集まってバーベキューをごちになることに

その日の夕食用に買っておいたムール貝はワイン蒸しにしました。
夫はゴルフに出かけたきり1時を過ぎても帰ってこないし、空腹にたえかねて(笑)昨日焼いたパンをお伴にひとりランチ。

DSCF1476


前日のスズキもおいしかったけど、これもなかなか。

昨日は買ってきたむき海老と残りのムール貝&ソースでシーフードカレーに。日本から持ってきたルーが残り少ないのもあって、ルーから作るカレー発酵なしのナンを作ったら、これが意外と好評でした(速攻で平らげたので写真なしです。ごめんなさい)。

カレーをルーから作るのは大変そうだし、材料の多さに一瞬ひるんだけれど、材料のほとんどは家にあったし、たまねぎを20分ほど炒めるほかは意外と簡単。炒めてる間に他の材料を計ったりできるし。ナンも材料をまぜてのばすだけ。

夫はこちらで一般的なインドカレーよりも日本のカレーを好むのだけど、これが一番おいしいとのこと。ナンもいろいろなレシピを試してきたなかで一番とかで、うれしい発見でした。カレールーにはトランス脂肪酸が入っているし、ここでは手に入りにくいので、このレシピがうちの定番になりそうです。

あと最近のヒットはこれかな?

DSCF1477

シェリー酒です。最近日本酒がえらく値上がりしているので、料理酒の代わりにこれを使うようになりました。透明タイプでたしか1ℓで6ポンドくらい。約720円ですかね。お米を炊くときにちょっと入れたりしますが、味に違いはなさそうです。これで豚の角煮も心おきなく作れるかも。

明日で網膜剥離の手術からちょうど3か月。やっとフライト解禁です。
14日からは1週間、トルコに行ってきます
義姉や従妹といっしょに、彼女たちが常宿にしている貸別荘でのんびりする予定。といっても仕事が入るかもしれないのでラップトップ持参ですが。そろそろ荷造りしなきゃ。


bbd_kaori at 13:29|PermalinkComments(0)英国での生活 

May 16, 2012

復帰しました♪

いろいろと事が多くてごぶさたしてました

今日はめずらしくよいお天気
あいかわらず気温は低めですが、晴れているとやる気が出るので大歓迎。昨日だったか、TVのニュースでもお天気に気分が左右されやすい人が多いとか言ってたような。ここではこれが普通なのかも?


さて。やっと仕事を再開しました。
先週は1日だけの和訳を無事終え、今週は来週半ばまでの和訳が入ってます。その後は2週間英訳の予定。

まだ目が疲れやすいし、変視も少し残っていますが大分気にならないようになってきました(というより慣れたのかも)。ボリュームを少なめにしてもらって、画面を見やすいように少し拡大したり休憩しながらぼちぼちやってます。

発症以来メールなどでお見舞いのメッセージをいただいて、うれしかったです。
遅ればせながら、ありがとうございましたm(__)m
ご心配をおかけましたが、何とか仕事ができる状態になったので、安心してくださいね。


それから、発症以来たくさんの方が「網膜剥離」のキーワード検索でアクセスしてくださっているようです。ありがとうございます。他にもたくさんの方がこの病気で不安になったり悩んでおられるんだなあ、とびっくりしました。私もそうですが、こういうとき実際に経験された方の体験記はとても参考になるんですよね。私の場合はイギリスでの治療なので事情が違うでしょうけど、少しでも誰かの役に立ったらうれしいです。

そういえば、術式にもよりますが、日本だと網膜剥離の術後は1〜2週間入院とか。看護婦さんが見回って姿勢をチェックしてくれるらしいし、他の方のブログを見てうらやましかったです。とくに病院の食事は輝いてみえました(笑)

ここだと全身麻酔の開腹手術でも日帰りだったとか、恐ろしい話を聞くし。病院食もフィッシュアンドチップスとかラザニアとかヘビーな食事が出てきそう 元気なときでもきついのに、病気のときは絶対無理。
今回は緊急だったので仕方がなかったけれど、今度病気になったら日本で治療してもらいたい(切実)


ではそろそろ仕事に戻りますね
お時間のある方は続きをどうぞ。
続きを読む

bbd_kaori at 14:03|PermalinkComments(0)英国での生活 

April 26, 2012

病院に行ってきました。

お天気は今日もを繰り返しています。かれこれ半月くらい?
あまりにも残念なお天気なので、ホリデイに海外脱出する人も多いとか。

イングランドの2/3くらい、とくに私の住む南部は、ひどい干ばつ(地図はこちら)だそうなので、雨は大歓迎だけども。結構降ってる感じですが、まだまだ水不足解消にはほど遠いらしいです。ちなみに各水道会社からはhosepipe ban(洗車やガーデニングでのホース使用禁止)が出てます。

---

さて。術後2回目の検診に行ってきました。結果から言うと、経過は順調でした。

今回は瞳孔を開く目薬を入れられるので運転禁止。を乗り継いで1時間あまりかけて行ってきました。車だと30分もあれば余裕なのにね。バスはあいかわらず次の停留所の案内がないので、どきどきしながらも何とか無事病院に到着。

外来の受付は混んでいたけど、アポのレターを渡して10分くらいで呼ばれて、まずはコンタクトを入れたままで視力検査(日本では丸の切れ目を言いますが、こちらではアルファベットを読み上げます)。右目はまだ少しぼやけながらも大きめの字は見えたのでまあまあかな。

次にコンタクトをはずして目薬を両目に入れてもらい、待合で待つこと30分くらい。診察は執刀医のYang先生ではなく、Moulton先生(女医さん。たぶんかなり年下)。まずは顕微鏡みたいなやつで両目とも見てもらいましたが、これがまぶしくて長くてちょっとつらかった あまりに念入りなのでマズいことになっているのかと思ったら、終わって一言。


It's all flat.


ん?剥がれてた網膜が全部くっついているってことね?と解釈。左目は剥離の心配はないか、右目の見え方にゆがみや重複が残っているが普通か、など、事前に用意していた質問をちょっとしてみた。

答えはぜんぜん心配ない。次の検診は2か月後だけど、それまでにはほぼ元通りになるでしょう、と言われてほっと安心。これから眼底の画像診断をして、結果はそのあとでまた、とのことでナースに案内されてretinal imaging suiteへ。

こちらは患者がひとりもおらず、まもなく入ってきた技師さんによりものの数分で終了。また待合室に移動して待つこと10分あまり。

また先生に呼ばれて、眼底の写真などを見せてもらいながら、お忙しいだろうにこちらから質問する隙もないほど説明を受けました。網膜の正常な部分は平坦に見え、穴が開いていた部分はふさがっていました。剥離していた部分はまだぎざぎざしていて、見え方が変なのもこのせいかと。この部分はまた2か月後に調べるそう。左目の状態は良いので心配ないとのことでした。

それから、網膜の中心部(黄斑部:物を見るために最も重要な部分)に剥離が及んでいないかもチェックしてくれたのですが、it's not affected. とのことで大丈夫でした。黄斑部にまで剥離が及ぶと視力の回復の可能性がかなり低いらしくかなり心配だったので、これはすごくうれしかった

飛蚊症が残っていて、日によって1〜2個の黒い点が見えたり、次の日は見えなかったりするのだけど、と聞くとそれは心配ないとのこと。ただ、あまりにもひどいときや異常を感じたときはすぐにEye Emergencyに来るように。再剥離したり、もう片方の目の網膜も剥離して戻ってくる人もいるからね、とのことでした。

思わずoh god、と言うと(青くなってたかも)、めったにないけど、念のために最悪のケースをお話ししているだけですよ、と笑っておられました。

というわけで、1時間半あまりで診察終了。いろいろな疑問も解消されたし、回復も期待できそうだし、すっきりした気分で外に出ると・・・


ま、まぶしい


そういえば両目とも散瞳薬を入れられたんだった。運転するなと言うのも納得。サングラスをしてもまともに目を開けていられない。おまけにバス停が広い構内にいくつもあって、しかもそのバス停には止まらない路線バスのタイムテーブルまで貼ってあったりで、結局病院の総合受付で聞くはめに。

帰りの下調べは適当だったからなあ。さすがイギリス。うっかりしてたよ。


bbd_kaori at 14:28|PermalinkComments(0)英国での生活 

April 12, 2012

術後ひと月。

ここ何日か、1日のうちにのサイクルを何度か繰り返す変なお天気。昨日なんか雹が降ってたし。
気温も低めで何を着たらいいのかよくわかりません。
皆さんのところはいかがですか?

網膜剥離の手術から早ひと月。
右目はあいかわらず回復途中のようです。重複やゆがみもまだあるし、日によって見え方が違ったり、光がまぶしかったり、目が疲れやすい気が・・・。日本語を読むのは少し楽になったけど、英語はまだちょっとつらい。全角と半角の違いでしょうか。

そろそろ納期に余裕のある仕事から始めようかな、と気持ちは焦るのだけど。
再剥離や、もう片方の目の剥離のリスクがあるらしいので、あまり無理したくないしなあ。視力の安定までの期間には諸説あるようで、3か月、半年、1年とさまざま。症状や術式(私のは硝子体手術だったみたいです)によるのでしょう。

次の検診は来週20日。それまではおとなしく大掃除でもしてますか

網膜剥離になる人は10,000人にひとりだそうですが、偶然にも、知人に私とほぼ同時期に網膜剥離になり、同じような手術を受けた人がいました。彼(同じく40代)の場合、突然片目が全く見えなくなったそうです。

先日ちょっと電話で話す機会があったのですが、彼の場合は裂孔は5〜6個(私は1個)、術後も飛蚊症や視野欠損、痛みがあるそうで(私はなし)、かなり不安そうでした。


---

ところで。遠近感はだいぶん分かるようになったので、昨秋以来忙しくて行けてなかったヘアカットと日本食調達のため、久しぶりにロンドンに行ってきました

電車はまた値上がりしてて、往復で35.60ポンド也(日本円で約4,700円)。オフピーク(ラッシュアワー外)で地下鉄にも乗れるチケットでしたが、それにしても高い

まずはFinchley Road駅近くでヘアカット この美容師さん(日本人)にはもう数年以上お世話になってるかしらん。日本語でおしゃべりしている間にちゃっちゃと終了。

さっぱりしてPiccadilly Circusに移動したところでそろそろお昼。お天気もまずまずだったので、いつものところでひと口巻き寿司を買って近くの公園でひとりランチ。ここのカレーもなかなか美味←以前試食を頼まれたけれど日本風でおいしかった♪

次に買い物。この辺りの日本食材店をはしごしたけれど、ますます値上がりしているような気が・・・。ちょうど安売りしていた日本製の(ここ重要)お醤油をゲット。1リットル2.49ポンド(約330円)。ほんとは減塩orうす口が欲しかったけど、お値段2倍以上だし。これと塩で調節すればいいかな。その他お米やこんにゃく、あられ、和菓子、あと今日の夜ごはん用にデリで天ぷら各種も調達。料理酒やお餅も欲しかったけど、重くなるので目のために大事をとって見送り。天つゆ用の大根おろしはラディッシュで代用すればいいし。

最後にお刺身買いにBond Street駅近くのいつものところに。半年ぶりのお刺身♪堪能しました

このあたりはおしゃれなお店も多いのだけど、いつも食材を買った後=大荷物で素通りしてしまって残念。いつかゆったりショッピングしてみたいな

bbd_kaori at 16:35|PermalinkComments(0)英国での生活 

March 27, 2012

その後。

3月27日。

今日もよいお天気です
気温も20℃近く。春ですねえ。
夏時間になって7時過ぎまで明るいし。この時期が一番好きかも。

さて。手術からはや2週間あまり。
おかげさまで少しずつ快方に向かっております

先週は執刀医の診察を受けてきました。眼圧と眼の状態をチェックし、特に異状なし。
手術では網膜を元の位置に戻すためにガスを注入したので、向こう3か月は飛行機に乗れませんが、それ以外は何をしてもよいとのことでした。

手術の成否がわかるにはまだ時間がかかるそうです。
手術直後はぼんやりとしか見えないし、動くとガスが眼の中でゆらゆらして船酔い状態でしたが(笑)
ガスも消えて少しずつ焦点があってきている感じ。
まだものが歪んで見えたり、重複して見えるのがちょっと心配ですが、医師によるとこの段階では普通とのこと。これさえクリアしたら仕事も再開できるのになあ。もう少しの辛抱かな。

時間に余裕があったらしたいことはいっぱいあるのに、近くがよく見えなくてほとんどお預けなのがもどかしい
とりあえずスプリングクリーンを少しずつ。あと、夫のラップトップを新調したので、データ移行前に写真の整理を手伝ってもらってます

ではそろそろお掃除に戻ります

網膜剥離の症状や経過は人それぞれみたいですが、自分のための記録としても経過をまとめてみました。興味のある方は続きをご覧くださいね(長いですが、少しずつ書きためたものなのでご心配なく)。
続きを読む

bbd_kaori at 15:36|PermalinkComments(0)英国での生活 

March 15, 2012

休養中。

3月15日。

外はすっかり春の陽気です
みなさんのところはいかがですか?

突然ですが、9日に手術を受けました。ただいま自宅療養中でございます。と言っても、片目が見えにくい以外は元気ですのでご安心くださいね。

医師からはretinal detachmentと言われたので、網膜剥離かな? でも網膜が剥がれて裂けて穴が開いていたそうなので網膜裂孔かも ←ググってたら怖くなってよく調べてないのです。チキンなので。

術後ナースからは、

・重いものを持たない
・かがまない
・とにかく安静に。スプリングクリーンもダメよ(これは心を読まれたようで苦笑いしてしまった)

と言われたので、家事もほとんど夫にまかせてのんびりしておりまする。

思ったよりもかなり不自由そして退屈ですが、ずっと仕事と家事づくめだったので、これ幸いにひたすら食べて寝てます術前に比べると、食欲も戻ったしよく眠れてます。

ネットも控えめにしているので、詳しくはちょっとづつ報告しますね。
では短いですが今日はこの辺で。

bbd_kaori at 15:03|PermalinkComments(0)英国での生活 

February 21, 2012

第1号。

2月21日。

あいかわらず春には程遠い感じですが、みなさんのところはいかがですか。

今日はパンケーキ・デイ。そして義姉の誕生日です。

そういえばこの日に一度もパンケーキしたことない
もうお昼も食べちゃったし、夜ごはんの支度もしたので、お夜食に小さいの焼くかな。

さて。もうすぐ渡英して7年になろうとするわたしに、遅まきながらイギリス人の友だち第1号ができました。
なんせ普段はほぼ引きこもって仕事してるから、出会いもほぼ皆無。
他にも友だちは少ないながらいるけど、小さいお子さんがいたりで本当にたまに連絡するくらいだし。

彼女は近くのちょっと高級なスーパーにお勤めで、結婚後まもなくからの顔なじみ。
いつもにこにこしていて気さくな人で、しばらくお店に行かないと次に会ったときに心配しててくれたり。
1日中話し相手は夫だけのことが多いわたしには、レジでの彼女との会話が結構楽しみだったりして。

昨年暮れにお店に寄ったとき、たまたま他に人がいなくてちょっと長めに立ち話できて、今度お茶でもということになり、先日行ってきました

聞けばダイエット中で日本食に興味があるとかで、話題はつきず、気がついたら2時間近く話し込んでました。
ところどころ聞き取れないところもあったけど ストレス発散できました。彼女も楽しかったみたいでまたお茶しましょうって言ってたし、よかった。

おかげで最近はずいぶん気分が楽です。友だちがいなくて今までさみしかったんだなあ。続きを読む

bbd_kaori at 22:15|PermalinkComments(0)英国での生活 

January 12, 2012

待てど暮らせど。

1月12日。

今日はくもり あいかわらず暖かめです。
お店ではもう水仙やチューリップが売られてます

先日、シャワーヘッドが壊れました

ホースとのつなぎ目が摩耗して、水が漏れ始めたのが先月初め。だんだん水漏れがひどくなってきて、年末に管理会社に連絡したのだけどお正月休みに入っていたらしく、先週に入ってやっと修理の人を手配するとのお返事が。

そうこうしているうちに、夫が直そうとしてさわっていたら、ヘッドがぽっきりと折れてしまって。あ〜あ。まったく余計なことを 不便でしょうがないので、また管理会社に「至急」来てもらえるようにお願いしたのが、先週木曜日。以来アポなしでひたすら待っておりまする。

まあ在宅で仕事してるからいいようなものだけど、毎日今日は来るかな、と待っているのはけっこうストレス。留守中に来られたらと思うと、うっかり出かけられないし。

・・・今日来なかったら催促してみよう。ボイラーとかの定期点検ならアポ取ってから来るからいいけど、修理はいつもこの調子。これがイギリスのスタンダードだろうけど。疲れるので、先週買ったwiiのzumba fitness 2でストレス発散中。まだshort lessonどまりだけど、すでに全身筋肉痛です

bbd_kaori at 23:35|PermalinkComments(0)英国での生活 

January 05, 2012

Happy new year!

1月5日。

みなさん、今年もどうぞよろしくお願いします。

お正月は楽しく過ごされましたか?
わたしたちは家で静かに過ごしました(単にごろごろしてただけとも言う)。喪中だし義家族がそろって風邪を引いていたし。まあ集まってもまたローストディナーだろうから、わたし的にはこういうお正月もありかなと。

さて。前の記事でも書きましたが、おせちもどきを作ってみました。でも・・・急に思いついたせいもあるのですが、やはり肝心の材料が手に入りにくくて。特に黒豆。夫にこの街のお店のほか、ちょっと遠出して大型スーパー2軒にも連れて行ってもらったけれど、結局見つからず断念しました。大根や里芋も。ロンドン近郊まで行けばきっと見つかるだろうけど、大みそかにばたばたするのも気が進まないし。

そんなこんなで思い描いていたものとはちょっと違ったものができあがりましたおせち初挑戦の夫のために、少し洋風にしたつもり。
手元に重箱がないので、食籠と干菓子盆に盛り付けようかなと思っていたのですが、温めなおしたものもあるので洋皿に。


DSCF1470DSCF1468

左は海老のうま煮、かぶとにんじんの紅白なます、鶏の照り焼き、だし巻き、生ハムとたまねぎとトマトのマリネ、かぼちゃのバター煮、栗きんとん。
右はアボカドとかにかまのカリフォルニアロール。

これに、白みそ仕立てのお雑煮を添えて。

栗きんとんはちょっと誤算でした。Te○coのWhite Sweet Potatoなら日本のと同じで中が白いって聞いたのに、オレンジだし仕方ないので冷凍しておいたオーブン焼きの栗を多めに入れて、茶巾絞りに。

夫には好評。意外とお腹いっぱいになって、おいしかったそうなのでまあいいか。次回は早めに計画しないとね。
続きを読む

bbd_kaori at 19:40|PermalinkComments(0)料理 

December 30, 2011

う〜む。

12月30日。

今年も残すところ2日ですね。
苦手なクリスマスも終わってやれやれ(嬉)
ちまたではセールの真っ最中ですが、わざわざ人ごみに行くのは気が進まないので、家でまったり映画のはしごをしたりして過ごしています。

いつもこの時期はホームシックというか鬱々と過ごすのに、今年はめずらしく心穏やか。
気持ちに余裕があるのか、ひさびさにおせちらしきものが食べたいな〜とか思ったり。

急に思い立ったものの、はて。おせちを買うとしたらロンドン。○越で98ポンドとからしいけど、もちろんすでに売り切れ。それに電車で取りに行ったら30ポンドあまりかかるしね。

ちょうど仕事もブランクができたし、今年は手に入るもので少し作ってみることにしました。
日本では毎年少しは作っていたので、6年ぶり

まずは黒豆。英名はBlack soy beansというそうです。たぶんオーガニックショップとかあちこち探せば、乾燥豆が手に入るかも。

あとはお頭付きの海老をさっとだしで煮て、出し巻き、かぶの酢の物、かぼちゃのきんとん、たたきごぼう、カリフォルニアロールとかなら作れそう。土曜日にはお魚買って塩焼きにしたり、鶏の松風焼きとかもいいかも・・・と夢がふくらんできました。

里芋や大根があったらなあ。大きなスーパーなら置いてあることがあるそうだけど、この街では見たことないし。探索に行ってみようかしらん。

さて、どうなることやら。
できあがったらUPしますね。

今年は更新数えるほどしかできなかったけど、遊びに来て下さってありがとうございました。
みなさん、どうぞよいお年をお迎えください

カメラを忘れたので写真がないんですが、続きにクリスマスのこと書きますね。よかったらどうぞ。続きを読む

bbd_kaori at 10:40|PermalinkComments(0)

December 12, 2011

近況報告。

12月12日。

ああ、もう師走
こちらはすっかりXmasモードです。気ぜわしいったら。

父のことではいろいろご心配おかけしましたm(__)m
その後お知らせしようと思いつつ、ばたばたしてしまって。
10月29日に退院して、今のところ経過も良好のようです。

こちらには11月9日に戻ってきました。ソウルからの帰りのフライトは・・・これまでで一番入りが少なくてびっくり。離陸前に後ろの方を見ると、エコノミー真ん中のギャレーから後ろはほとんど全部空席。CAさんにOKもらって移動して、1人で3シート使ってのんびりできました。

たしか11月からソウル-ロンドン便は毎日運航になったから、そのせいかも。

戻ったら主人は大喜び。よほど家事がこたえた模様 普段はほとんど何もしないからねえ。たまにはいい薬かも。

仕事はますます忙しいです戻った早々、大型プロジェクトが始まって、終了予定は1月末。今2クール目だけど、続々と指示が追加されてどんどん複雑になってきたし、週末も仕事してやっと納期に間に合わせてるので、もうへとへと。ちょっと現実逃避にこれを書いてます。

そうそう。朗報がひとつ。いつも行くファームショップに週2回、ポーツマスのお魚屋さんが出張販売に来るようになりました事前に冷凍されていない、新鮮なお魚がお手頃なお値段で買えます

先日は地元で捕れたクロダイを1尾お買い上げ。たしか5ポンド弱。日本円で600円くらい?おろしてもらって、その日はバター焼きに、次の日はグリルした頭と骨でだしを取った野菜スープと、ほぐした残りの身やお野菜の炊き込みご飯にしました。おいしかった

あとはにしんの卵とか、カレイとか、いわしも美味でした。これからはつみれにしてお鍋もいいかも

素人の私にもわかるくらい、どれも新鮮で目がきれいなので、もしかして sashimi grade (生食可能)のお魚も手に入るかももうちょっと顔なじみになったら、聞いてみようっと。

* おまけ *

先日仕事中に目の端にひらひらするものが見えたので、ふと庭を見ると、子リスがフェンスの上に。お目当てはその先の木にぶらさがっているバードフィーダーの鳥のえさ。しばらく食べまくってました。
写真小さいけど、見えますか?

DSCF1379





bbd_kaori at 22:56|PermalinkComments(0)

October 27, 2011

さむっ。

10月27日。

今日は肌寒いですね。
あっという間に日本滞在11日め。
まだほとんど病院と家の往復だけなんですけど
ラップトップを抱えて行ったり来たりしております。

良いのか悪いのか、今週からの大型案件は参加しないことになって、抱えてた案件もさっき納品したので、明日から一応自由の身になりました。

とりあえずゆっくりお風呂につかって寝たい
あと美容院に行って、お好み焼きも食べたい。
夜面会時間が終わって、お好み焼き屋さんの前を通るといいにおいがするんですよね。鉄板で食べたいぞ。

父はだいぶん元気になりました。食欲もあるし
明日は父のことで主治医や担当医、薬剤師も交えた合同カンファレンスと栄養指導。そろそろ退院だといいなあ。

またゆっくり報告します。


bbd_kaori at 18:55|PermalinkComments(0)