【エンゲル係数はなぜ上昇しだしたのか?】

 【日本社会に浸透する貧困問題】



 ①「エンゲル係数急伸 29年ぶり水準 介護・共働き,総菜購入増」(『朝日新聞』2017年3月30日朝刊)
『朝日新聞』2017年4月5日朝刊9面エンゲル係数
 消費支出のうち食費が占める割合を示す「エンゲル係数」が急伸している。総務省の家計調査によると,2016年(2人以上世帯)は25.8%と前年から0.8ポイント上昇し,29年ぶりの高水準になった。かつて学校で,低下することが「豊かさを測る尺度の一つ」と教わった係数がなぜいま,上昇しているのか。

 東京都江戸川区のスーパー「いなげや」の総菜売り場で,近所の女性(74歳)が和洋とりどりのおかずの品定めをしていた。

 「夫の介護で疲れているときはお総菜にしています。手作りするのと半々ぐらい」。女性は要介護2の夫(73歳)と2人暮らし。介護費がかさみ,年金だけでは足りず月10万円ほど貯金を取り崩して生活する。それでも「食費はかかるけど,そうもいっていられない」。

 「時間がなくて,ついついお世話になっています」と話すのは会社員の女性(44歳)。夫と共働きしながら2人の子育て中。「割高だけど,時間を買うと思って週に3回ぐらいは買っています」。

 高齢化や共働き世帯が増えるなか,家計の「食」の中身は,かつてと様変わりしている。なかでも総菜など「調理食品」が消費支出に占める割合は2016年に3.4%と,30年前(1.8%)の倍近くに増加。外食や,ペットボトルで買うことも増えた飲料などが伸びているのも特徴だ。

 ※ 円安,輸入食品が高騰 ※
 経済成長とともに下降の一途をたどってきたエンゲル係数は,2005年を境に上昇傾向に転換した。総務省が2014~2016年の上昇幅1.8ポイント分について分析した結果,その半分の0.9ポイントを占めたのが食品価格の上昇。

 円安で輸入食品の価格が上がっているのにくわえ,世界的な食料需要の高まりなどが背景にある。そこに,調理食品や外食の増加などライフスタイルの変化(0.2ポイント)や,将来不安から貯蓄に回す節約志向などで消費支出そのものが減った影響(0.7ポイント)が加わった。
 補注)以上のようにエンゲル係数を上昇させている要因のうち,食品価格の上昇が一番高く,0.9ポイントだというが,これに「消費支出そのものが減った影響」も関連要因として結びつけて考えれば,結局,あのアベノミクス(その実体はアホノミクス)のおかげだ〔が主要因になっている〕という結果にならざるをえない。

 アホノミクスに関してはすでに相手にもされない主張となっているが,トリクルダウン理論(trickle-down effect)があった。
それは「富める者が富めば,貧しい者にも自然に富が滴り落ちる(トリクルダウンする)」とする経済理論または経済思想であた。
トリクルダウン妄想画像
 だが,こんなものは安倍晋三君1人でみていた白日夢であった。より正確にいえば「富める者が富めば,貧しい者に滴り落ちる余計な富はない」と表現すべきであった。冗談でいっていたのであれば判らなくもなっていなかったが,庶民の生活トリクルダウン現実画像を少しも楽には「しなかった」アホノミクスの正体がどこにあったか歴然である。
 出所)左右の画像は,

http://freedom-7.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-212a.html
 補注の補注)左側画像(「幻想」だと記入されている)は,このように図解される理解は間違いだ=「妄想だ」といっている。しかし,このピラミッドの下層のほうにいる貧困層の人びとからみれば,右側画像(「現実」)のほうこそが,実は「妄想」でしかない。なぜなら,そのトリクルダウンなど一滴も降りていなかったからである。このことがらは「現実に帯する理解」というよりは「事実そのものの認識」の問題といえる。

 〔記事引用に戻る→〕 「生活にゆとりのないばあい,他の生活費は減らせても,食料費だけは減らすことが難しいので,一般的には,エンゲル係数が大きくなる」。30年前の中学「公民」の教科書でこう説明されていたエンゲル係数だが,最近の上昇は貧困の予兆なのか。

 岐阜大学の大藪千穂教授は「かつてと違い,高齢化や為替変動,食文化の変化などさまざまな要因が全部混ざってエンゲル係数が上がっており,『上昇したから貧困』と直結はできなくなっている」と指摘。一方で,「とくに低所得者層にとってはいまでも生活の大変さを表わす指標のひとつとして重要な意味をもと,中身を分析して影響を考えていく必要がある」と話す。

 ②「エンゲル係数の上昇を考える」(櫨 浩一[はじ・こういち]ニッセイ基礎研究所経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー,引用は『ZUU online』2017/4/4(火) 19:40 配信から)

 この記述は長文なので,以下の3段落(冒頭2段落と末尾1段落)のみ参照する。要点はエンゲル係数の概念説明と,そして最近における日本の事情をどう理解するかである。

 a)「要 旨」 2016年の家計のエンゲル係数は25.8%に上昇し,1987年の26.1%以来の水準になった。長年低下を続けてきたエンゲル係数は2005年を底に上昇に転じている。その大きな原因は,人口構造の高齢化でエンゲル係数が高い無職の高齢者世帯が増加したことだ。

 共働き世帯の増加や食生活の変化はエンゲル係数を上昇させた大きな原因とは考えがたい。近年のエンゲル係数の急上昇は食料価格の上昇によるところが大きく,デフレ脱却の過程では賃金上昇が伴わないと消費の抑制要因になる恐れがある。

 b)「エンゲルの法則」〔説明:その1〕(注目集めるエンゲル係数の上昇) エンゲルの法則は,家計の所得が増えると生活費(消費支出)に占める食費(食料)の割合が低下するというものだ。19世紀のドイツの統計学者,エルンスト・エンゲルがベルギーの家計支出を調べてみつけ出した。

 消費支出に占める食費の割合は,この法則の発見者にちなんでエンゲル係数と呼ばれているが,普段統計に接することが少ない人達にとっても馴染みのある経済指標の代表だろう。全国消費実態調査の2人以上世帯(全世帯)について年間収入別にエンゲル係数をみてみると,所得の増加とともにエンゲル係数が低下するという傾向がはっきりみてとれる。

 生命を維持するためには食事をとらないというわけにはいかないし,仕事のために体力をつけ,体調を維持するためには,一定以上の栄養を摂取する必要がある。所得水準が低くても健康を保つための食品への支出は不可欠で削減が困難だ。このため所得水準の低い層では食費が生活費の大きな割合を占めてしまい,他の消費をする余裕が小さくなってしまう。

 一方所得が増えた場合には,栄養を摂取するという目的だけではなく,高額なレストランで食事をするなどおいしいものを食べたり,無農薬・有機野菜など食材にこだわったりするなどの食事の高級化が起こり,食費は増加する。しかし,耐久消費財への支出や教養・娯楽への支出などの増加の方が大きく,エンゲル係数が低下するのが普通だ。エンゲルの法則は発見以来長い年月が経っているが,依然として意味のあるものである。

 c)「おわりに」〔説明:その2〕(最近日本の事情) エンゲル係数は,家計の余裕度をみるには便利な指標だが,本来は同じ時点で類似の世帯を比較するためのものである。このため,世帯構成が変化していくなかで日本の家計全体の変化を判断する指標として利用するためには,注意が必要である。

 長期的に日本の家計全体のエンゲル係数が低下から上昇に転じたことには,実質所得の伸びが鈍化するなかで,高齢化によってエンゲル係数の高い高齢者の世帯が増加したことが大きな原因だ。日本の人口高齢化は今後も続くため,世帯主年齢の高い世帯の割合はさらに上昇すると予想され,エンゲル係数には上昇圧力がくわわり続けることになるはずだ。こうした変化は必らずしも,家計の余裕度低下と考えるべきものではないだろう。

 一方,最近の短期的なエンゲル係数の上昇は,食料と消費支出全体の物価上昇速度の差によるものだ。日本経済がデフレから脱却する過程で,賃金上昇よりも先に食料などの生活必需品の価格上昇が起こる場合には,エンゲル係数の上昇が続く可能性が高い。過去はこうした状況は長期間は続かずエンゲル係数の持続的上昇の要因にはならなかったが,今後賃金上昇率が高まらなければ消費の足かせとなる恐れがあるだろう。
 註記)引用は,https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000025-zuuonline-bus_all

 以上,日本におけるエンゲル係数,最近におけるその指数の動きをどのように解釈してみればいいのか解説がなされている。つぎの ③ ではそのあたりを,さらにくわしく論及してみたい。

 ③「エンゲル係数の推移をグラフ化してみる-家計調査報告・家計収支編,2017年最新」『ガベージニュース』2017/03/13 05:06)

 この記述からは関連統計を(図表も)引照するが,文章のほうはこちらも全文ではなく,適宜に選択しつつ参照する。議論の対象は,総務省統計局が2017年2月17日に公開値の更新(2016年・年次分反映)をおこなった【家計調査(家計収支編)調査結果】をもとに,この「エンゲル係数の推移」を確認するところにある。① と ② で概念に関する説明もなされているので,ここではまずつぎの解説を借りる。エンゲル係数の計算方法はこうである。

 「(実)収入」……世帯主の収入(月収 + ボーナス臨時収入)+ 配偶者収入など

 「支 出」……消費支出(世帯を維持していくために必要な支出)
         + 非消費支出(税金・社会保険料など)
         + 黒字分(投資や貯金など)
            (※ 可処分所得 = 消費支出 + 黒字分)

 「エンゲル係数」……食料費 ÷ 消費支出

 --つぎは日本の事情に関する説明である。

 a)「光熱費などは2014年半ばをピークとして上昇は止まり,むしろ下落する傾向にある一方,食料品価格は上昇を続けており,これがエンゲル係数の増加にもつながっている」。
エンゲル係数上昇中画像
 補注)なお,電気代・ガス代など光熱費は,2014年後半から原油・LNG価格の急激な下落があった事実と併せて観察すべき現象である。この要因は一方で,アベノミクスとは直接には無縁ではあったが,他方で,このアホノミクスを成立させえない要因を提供していた。しかし,とくに食料品価格がじわじわ上昇している事実は,庶民であれば誰でも実感できている「消費経済の動向」であった。そこにおいては,アベノミクスのマイナス要因が観取され,その無力さが露呈されていた

 b)「2013年または2014年以降の急激な伸びの動きの要因は上記で解説のとおり,『高齢層数の全体比の増加』『中食文化の急速な普及浸透に伴う食へのライフスタイル,金額面への注力増加』,さらには『食料方面の物価の上昇』,そして……実収入の増加に対し非消費支出,とくに社会保険料の圧迫が大きく,可処分所得が減退していることが大きな要因といえる」。
エンゲル係数上昇中2
 補注)外食文化にくわえて中食文化が急速に進展している日本人の食生活における傾向の変化が,エンゲル係数の上昇に影響しているけれども,それ以外では社会保険料の負担が大きく効いている点を忘れてはいけない。 

 c)「2016年に限ると30歳以上はここ数年の流れを継続するかたちで上昇する一方,30歳未満がイレギュラー的な急上昇をみせ,50代をも抜くほどの上げ方(前年比プラス3.8%ポイント)をみせている。……これが若年層の急速な困窮ぶりを示すのならば次年以降も同様の動きを示すことが予想されるが,イレギュラーな動きの可能性もある。いずれにせよ,注意深く見守る必要があるのには違いない」。
エンゲル係数上昇中3
 補注)ここで議論(指摘)されている「若年層の急速な困窮ぶり」については,一定限度,経済学・社会学の研究をもって報告されているはずである。非正規社員の増大(4割にもなっている)も関連しているのは当然であるが,それ以前・以外の問題もある。
    ちなみに「若者の貧困」という語でもって検索してみると,最近作でもつぎのように出てくる。以下はもちろん,その一部の文献である。

 ★-1 藤田孝典『貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち』講談社,2016年3月。

 ★-2  古市憲寿『絶望の国の幸福な若者たち』講談社,2015年10月。

 ★-3 中村淳彦『女子大生風俗嬢 若者貧困大国・日本のリアル』朝日新聞出版,2015年10月。

 ★-4 青砥 恭・さいたまユースサポートネット編『若者の貧困・居場所・セカンドチャンス』太郎次郎社,2015年6月。
 〔記事引用に戻る→〕 ともあれ,今後高齢層全体のエンゲル係数が増加するか否かは未知数だが,少なくとも高齢世帯そのものの増加,全世帯に占める割合は増加するのは確実なことから,全体値としてのエンゲル係数も漸増していくものと考えられる。

 さらに中食の普及浸透は,便宜性の向上や関連食品の技術の進歩,そしてコンビニをはじめとした流通形態のさらなる整備もまた,指標の押し上げには確実に貢献することとなる。

 食が「必要不可欠なもの」にくわえ,「生活の上での楽しみ」の色合いが濃くなっている以上(各種甘味の利用性向の高まりが一因であることは容易に想像できるはず),単純に比較のための指標として用いることは難しいのが実情だ。
 註記)http://www.garbagenews.net/archives/2045697.html

 ここでは当然のこと,挙げておかねばならない関連の文献がある。
 
 ◆-1 藤田孝典『下流老人- 一億総老後崩壊の衝撃』朝日新聞出版,2015年6月。

 ◆-2 藤田孝典『続・下流老人- 一億総疲弊社会の到来』朝日新聞出版,2016年12月。

 ◆-3 森 亮太『長寿大国日本と「下流老人」』幻冬舎メディアコンサルティング,2016年9月。

 ◆-4  矢部 武『日本より幸せなアメリカの下流老人』朝日新聞出版,2016年9月。 朝日新書

 このような文献につづいて,最新では, こういう本も公刊されている。 

   ◆-5 雨宮処凛・萱野稔人・赤木智弘・阿部 彩・池上正樹・ほか『下流中年- 一億総貧困化の行方』SBクリエイティブ,2016年4月。

 日本も一部の富裕層とこれ以外の「そうではない」貧困層との「収入面における差:懸隔」が拡大してきたが,後者でも低所得層が,いよいよ社会問題化の様相を深刻させつつある。庶民にとってみれば,アベノミクスなんぞ,なんの特別の因果(プラスの効果)がない。これが日本経済の現状である。関係があるとすればそれは,アホノミクスがもたらすマイナスの効果だけである。

 ちなみに,安倍晋三が第2次内閣を組んだのは2012年12月26日のことであった。いかように経済分析がなされるにせよ,エンゲル係数は,安倍政権のもとでは着実に(!)じわじわと上昇してきた。その内容・実態に対する吟味・解釈は慎重さが要求されるものの,全般的にはそういった動向が確実に進んでいる。

 ④ いまやホームレスも高齢化

 1)「ホームレス,平均年齢60歳超す『路上10年以上』過去最高 厚労省調査」(『朝日新聞』2017年4月5日朝刊7面)
 日本社会全体が高齢化しつつある現状においては,すべての「人間の問題」についても高齢化という減少がまとわりついて来るほかない。引きこもりしかり,非正規社員問題しかりであった。結婚・出産の問題はもちろんそうであった。ここではホームレスの人びとにも当然のごとく高齢化が押し寄せているという報告である。この記事を引用する。

 --厚生労働省によるホームレスの人の実態調査で,平均年齢が初めて60歳を超えたことが〔4月〕4日,分かった。路上生活が10年以上続いている人の割合も過去最高になった。路上生活から抜け出せないまま高齢になる人が増えているとみられ,厚労省はこうした人たちに向けた対策の検討に入る。
ホームレス画像
出所)ホームレス生活の一事例,
https://ima.goo.ne.jp/column/article/2818.html

 調査はおおむね5年に1度実施している。今回は4回目で,昨〔2016〕年10月,河川敷や公園,路上などで生活する約1300人に面接方式で尋ねた。

 平均年齢は61.5歳。前回2012年は59.3歳,前々回の2007年は57.5歳で高齢化が進んでいる。また,10年以上路上生活が続いている人の割合は34,6%。前回26.0%,前々回15.6%から上昇が続く。ホームレスの人数は減っており,毎年おこなわれる概数調査では,2003年の2万5296人から昨〔2016〕年1月時点では6235人になった。
    
 2)もっとも,ホームレスの人びとの数がなぜ減っているのか,この報道は触れていない。
 日本大学の後藤広史准教授は「国は実態を把握できていない」と指摘する。後藤准教授らが参加し,民間団体が今〔2016〕年1月に東京都の渋谷,新宿,豊島3区で調べたところ,厚労省調査の2~5倍のホームレスが確認された。この差は,国が主に日中の公園や駅で調査しているのに対し,民間団体は夜間に調査したためだ。

 厚労省は2007年時点で,ネットカフェなど夜間営業店舗を渡り歩く人が全国に5400人いると推定した。日本福祉大学の山田壮志郎准教授は「当時も実態に近かったか不明だが,その後も減っていない。多様化したホームレスの実態を把握して支える新たな枠組が必要だ」と指摘する。
  註記)THE ASAHI SIMBUN DIGITAL,2016年6月1日12時38分,  http://digital.asahi.com/articles/ASJ613H73J57OIPE00N.html

 3)「『ホームレス』は減少しているのか-岐路に立たされるホームレス支援の今後」(大西 連 / 自立生活サポートセンター・もやい稿『SYNODOS』2014.05.28)

 この寄稿も「減少する国の定義の『ホームレス』」という項目を立てて,こう説明している。日本で最初に「ホームレス概数調査」がおこなわれたのは2003年で,その時は25,296人であったが,近年は減少傾向にあり,2014年は7,508人と,3分の1位下になっている(前述のように2016年1月時点では6,235人)。
 補注)つぎの図表では一環してホームレスが減少している数値が記入されている。
ホームレス統計図表
 減少した背景にはさまざまな要因が考えられる。ホームレス自立支援法による施策(多くは就労支援)や生活保護制度などの公的な制度によって支えられることになった人はかなり存在すると思うし,民間の支援団体のとり組みによって支えられている人も多いだろう。

 あるいは,場合によってはテントなどで定住していたが,行政機関等によって追い出されて,ホームレス状態であるものの,調査では捕捉されていない状況になった人もいるだろう。しかし,その理由や実態は,正直にいって分かっていないのが現状だ。国の『平成24〔2012〕年度ホームレスの実態に関する全国調査報告書』によれば,ホームレスの数は減少しているものの,その背後には,

 ▼  生活困窮し,居住の不安定さを抱える層が存在すること。

 ▼  これらの層がなんらかの屋根のある場所と路上を行き来している。

と指摘されており,国も「ホームレス概数調査」が「ホームレス状態」の一部しか捕捉していないこと,「ホームレス状態」が多様な拡がりをみせていることを認識している。
 註記)http://synodos.jp/society/8350
= 2017年4月6日補記 =

 ◇「ホームレス,高齢化・長期化『今のままでいい』
最多35% 実態調査」(『朝日新聞』2017年4月6日朝刊7面)◇

 
厚生労働省は〔4月〕5日,2016年のホームレスの人の実態調査を公表した。平均年齢は2012年の前回調査より2.2歳高い61.5歳で,初めて60歳を超えた。路上生活者の数が減る一方で,高齢化や長期化が大きな課題に浮上。残った人には人付き合いが苦手な人も多く,支援が難しくなっているとの指摘もある。
      『朝日新聞』2017年4月6日朝刊7面ホームレス
 調査は昨〔2016〕年10月に約1400人に面接方式で実施。2010年以上路上生活が続いている人の割合は,前回調査より8.6ポイント増の34.6%だった。今後望んでいる生活を聞いたところ,「今のままでいい」がもっとも多い35.3%。「アパートに住み,就職して自活したい」は21.7%だった。

 失業率の低下でホームレスの人は昨〔2016〕年1月の概数調査では6235人。2003年の4分の1だ。支援団体「新宿連絡会」の笠井和明代表によると,残された人は人間関係を築くのが苦手な人が多く,路上生活が長期化しがちという。

 東京・新宿駅の西口広場で十数年暮らす男性(67歳)も人付き合いが苦手だ。ときおり建設現場に住み込みで働き,やめるとまた駅に戻ってくるのを繰り返してきたという。何度か生活保護を勧められたが,気が進まず断っている。「なにもかも心配だけど気にしてもしょうがない」と話す。

 大分大学の垣田裕介准教授(社会政策)は「住まいの確保や就労支援だけでなく,その人に何が必要か,きめ細かくケアする体制作りが必要だ」と指摘する。
 この「ホームレス問題そのもの」とその「高齢化している問題」に関しては,国家側の対策も絡んで現象しているような「不透明化」が気になる。ただし,この問題は,本日のエンゲル係数の問題に対して直接に因果関係を有するとは思われない。もっとも,エンゲル係数はもとより1人世帯は調査対象ではないというから,ホームレスの問題〔など〕の奥底に隠れている困難な要因は,なおさらのことよく透視できないでいる。
ライフサイクル見本画像
出所)実際にこのように人生行路そのものを選択できる人は,
 いまでは絶対的な多数派とはいえない時代である。

http://www5.cao.go.jp/keizai3/keizaiwp/wp-je86/wp-je86bun-3-35z.html

 日本人(日本で生活する人びと)のライフサイクル(一生の生活過程)が,いったいどのように類型化できるのかについても,いまとなっては基本からの疑問を抱くほかない実情が正面に現われている。したがって,エンゲル係数の問題をめぐっては,このさいあらためて再検討されるべき背景が示唆されている。