存在すら忘れてた、私のブログ。頑張って始動しようかな。


さて、クリスマスイブ。ボリビアでは家族と過ごすのが常識。

さて、ワタシは、、、 

私は


二日酔いに苦しんでました。

前日、(当日?朝の4時までだったから) に 友人の卒業式のお祝いパーティーがありまして

ビールに、シンガニ、テキーラ、チチャ、とボリビアにあるあらゆるアルコールを飲み、

そして、踊りまくって、いつの間にかベットの上。

しかも、ボリビア初、の寝ゲロ。

職場には、2回目の二日酔い欠勤 (病気での欠勤は1日しかないのに・・・)

自宅に、吐きながらの帰宅。。
 

友人との約束の夕食会には行けず・・・・

大家の誘いの電話にもでる気力なく・・・

電話がかかっても、スペイン語を理解する気力なくでられない。


激しい二日酔いのたびに、もう絶対お酒はたくさんのみませんと、心から誓うのですが毎回失敗する私。

人間って反省しない生き物なんですかね〜。 だから戦争がしょっちゅう起こるのかな〜

な〜んて考えながらベットのうえで悶えてながら、成長しない自分に自己嫌悪に落ちながら、

無駄な1日を過ごしてましたさ。


いや、でも人生に無駄な日はないさと、強制的に+思考。


たくさん寝たので、次の日は2:00に目が覚めネットサーフィン。


たくさんのいい記事に出会えましたさ。

二日酔い万歳!!!


ここから「記事を抜粋」

ねえ、ねえ、知ってた?
日本では人を励ます時に、「頑張って」って言うけれど、
アメリカでは「頑張りすぎないでね!」(Don't work too hard!)っていうんだよ。


ねえ、ねえ、知ってた?
インドのトイレなし人口は6億人以上で、携帯電話よりトイレ普及率の方が低いんだよ(ユニセフ2011)
だからこそ、朝のインドはとても開放的。
青空のもと、野原が共同トイレなのでありまーす。


ねえ、ねえ、知ってた?
インカ文明の地上絵に「四本指」の絵があって、
それは何を表しているかというと、「神様」の手なんだよ。
その理由は、神様が人間の姿で現れるときには必ず何か障害をもった姿で現れるからと。
この地域では、いまでも障害をもった子どもが生まれると、
神様の化身として、ものすごく大切に育てる習慣があるんだ。

ねえ、ねえ、知ってた?
インドでの「イエス」のジェスチャーは、日本の「ノー」のように首を振って、
インドでの「ノー」のジェスチャーは、日本の「イエス」のように首を頷けるんだよ。
もう、わけわかんなくなるーー(笑)

ねえ、ねえ知ってた?
インドのあるレストランでオムライスを注文したら、
注文してからお店の人が買い出しにいくんだよ(笑)
卵を買いに出かけて、野菜を買いに出かけて、
ようやく3時間後にオムライスが出てきた。
でも3時間待ったオムライスはとっても絶品。
電車が数分遅れるだけで新聞記事になっちゃう日本だけど、
時間がのんびり流れるインドが少し憎らしくも好きになった日でした。
時間の流れすら人によって、国によって違うんだよ。

ねえ、ねえ、知ってた?
あなたの常識は、ほかの国では非常識だって。

いやな感情に押しつぶされそうなときは、こう自分に質問してみてね。

「わたしはどんな思い込み(常識)をにぎりしめてるから、この感情がでてくるんだろう?」って。

苦しさは、自分の無意識の思い込みに気づく大チャンスなんだ。

気づいてしまえば、手放すのもそう難しいことじゃない。

だって、その常識(おもいこみ)を握りしてるのは

他の誰でもない。

自分だから。

ねえ、ねえ知ってた?
トルコでは
子供が寝るときは
「イイうんこダール(ぐっすりお休み〜)」っていうんだ。

デコボコ道を行きかう人々は
「デカイケツ(気をつけて〜)」。
あとね、「ちゃらんぽらん」ってイランで言っても同じ意味なんだよーー。


ねえ、ねえ知ってた?

つらいとき、
ちゃらん、ぽらーん♪
ちゃらん、ぽらーん♪
ちゃらん、ぽらーん♪

って3回言うと、なんだか楽しい気持ちがでてくるよ。

ちゃらん、ぽらーん♪


ひすいこたろう
http://archive.mag2.com/0000145862/20121220103950000.html

面白いねですね、ひすいこたろう。

ボリビアで 日本の常識で、押しつぶされまくりだけど、捨てていきますばい。
でもいい常識は伝えなきゃね。

しかし、夢ができました。

トルコとイランに

「イイうんこダール(ぐっすりお休み〜)」
「デカイケツ(気をつけて〜)」。
「ちゃらんぽらん」

って言いに行きたいな。