赤っぽい部屋

 広島東洋カープの試合レポとデータコラムっぽいものによるBLOG。カープ戦は十何年連続全試合フルイニング観戦中。衣笠にはまだまだ遠い。  アーケードゲームのベースボールヒーローズ(BBH)日記もちょいちょいと。緒方入りのカープ使い。現在大監督らしい。

交流戦休みのカープネタメモ

 交流戦を終え、カープは36勝30敗の貯金6。9勝15敗だった交流戦は85得点に対し123失点と、24試合でマイナス38を計上し、シーズンの得失点はプラス2まで目減りした。数字的には貯金が6も残っているのは幸運な部類だろう。

 6月25日現在でカープの平均得点は4.24でリーグ5位。ただし2位巨人の4.36とは僅差でシリアスな問題には至っていない(セリーグ平均4.38、1位ヤクルト5.30、6位DeNA3.77)。

 チーム防御率3.73は3.69の巨人に次ぐリーグ2位(セ平均4.11)。ただしこれが失点率となると4.35となりリーグ3位。同3.94の巨人だけでなく4.30の中日よりも下となる(セ平均4.53)。下降気味だった投手陣の状態に加え、24試合で18失策と守備が乱れたことも要因である。

 総じて交流戦で各種数字は落ち込んだものの、シーズン通してはまだ5割ラインより上で戦える数字に踏みとどまっている。攻守の数字をもう少し細かく見ていきたい。


■先発防御率
140625 チーム先発成績


 先発防御率3.79はリーグ2位。被本塁打率が高めではあるが全体的に悪くない数字。ただしこれが失点率となると4.57に跳ねあがってリーグ4位。数字の印象としては収束しそうではあるが、各所で言われたとおりエラーから崩れた試合が多かったことを表している。

 QS率が上位陣では低めな点もやや気になる点。マエケン66.7%、バリントン64.3%、大瀬良、野村、九里は50%台。バリントンは去年の57.1%よりも高く、野村も同等程度だが、マエケンは76.9%から低下。68%だった大竹も抜けている。QS数は投球イニングの一つの目安でもあり、例えばマエケンは6回未満降板がすでに3試合(昨年4試合)。コンディションはずっと懸念されている部分であり、首脳陣が打ち出している中5日プランは不安が残るし、影響はリリーフ陣にも及ぶ。

 ただし交流戦の最後でマエケン、野村、バリントンは好投を見せ、大瀬良も久々の白星がついた。内転筋の張りで復帰は遅れそうなものの、篠田も二軍で好投を見せている。今井の状態が上がってこないのは誤算ではあるが、九里、戸田、中崎と若手にしのぎを削ってもらいたい。ただ全体的にコンディションは悪いので、鞭は入れて欲しくないところ。


■リリーフ防御率
140625 チームリリーフ成績


 リリーフ防御率3.62は3.54のDeNAに次ぐリーグ2位。失点率3.93はリーグトップで各種優秀な数字が並んでいる。一岡や中田のコンディションは心配だが、久本、今村も好投を見せ始めている。夏場の苦しい時に横山や永川らの力が加われば更に心強い。二軍で好投を続けているフィリップスを使えないのは贅沢な悩みではあるが。


■打順別成績
140625 カープ打順別成績

140625 カープ打順別成績詳細(詳細)


 4番エルドレッドを中心に、2-7番はOPS0.800超えの流線型の理想的な形。7番も0.790と優秀。ネックは1番と8番だ。

 壊滅的な8番捕手の打撃成績は倉や復帰待ちの石原に期待するしかないが、1番は選択肢が多い分ポイントとなる(打撃なら会澤だが、打ち勝つ野球にシフトした場合の選択肢か)。

 1番打者の出塁率.331はまずまず(リーグ全体平均.332)であるが、打率.240で盗塁長打も多くなく、模索中の段階。今年は1番打者というよりはフリースインガーの意味合いで堂林やロサリオも起用している(下位打線に組み込んで状況に応じた打撃、というよりは走者なしで自由に打たせる)。

 対右に関しては4試合ながら結果を残している天谷や調子を上げてきた木村、田中などいい選択肢がまだあるものの、対左はネック。

 1番梵は球数を稼げる貴重さはあるものの、打率.220など状態は上がっていない。1番堂林は打率.260ながら出塁率.349。状態や守備面の問題はあるものの、同様に1番起用がまずは無難なところだろう。


 個人的に短期的ではあるが注目したいのは田中。ライナー系の打球が多く綺麗に打とうとし過ぎている感はあるが、センスがある。交流戦ラスト2試合では固め打ちをし、出塁率も.337まで上げてきた。適正打順はまだ分からないが、交流戦明けのスタート次第では面白い存在だ。


 というわけで全体をざっと眺め、次回は選手個人成績にもう少し目を向けてみようと思いつつ。

対中日1回戦 C 3-2 D 開幕戦競り勝つ

 開幕戦の緊張感、中日応援団不在による鳴り物なしの応援、序盤から動いた試合と中日ベテランバッテリーのしたたかさ。独特な空気の中でカープは劣勢を強いられたが、4番のひと振りと若手の活躍でタフなゲームをモノにした。まずはいい船出である。

 いざ蓋を開けてみると、試合にうまく入りこめなかった選手、序盤から波に乗った選手、試合中に修できた選手、それぞれがくっきりと出た試合だったように思える。

 先発のマエケンは状態は悪くなかったが、1、2回は不用意なボールが何球かあり、それが平田のタイムリー内野安打と和田の一発に繋がった。和田の一発以降は目が覚めたようにも思えたが、降板直前の6回裏はピンチを招き、丸の好返球と石原の好ブロックに助けられたという内容。次回は中五日、心配はしていないが。

 中日打線で目立ったのは3安打1盗塁の1番大島と、初球の失投をドンピシャで振り抜いた6番和田。ルナの内容が良くなかったので繋がらなかったが、大島が元気だと上位はいやらしい。新戦力である両打ちのエルナンデスは、今日の左打席に関しては合わせるようなスイングで対応は出来ていなかった。

 先発川上はギアの入れ具合と、勝負所で失投をしなかったあたりは流石だった。カープは初回の二死満塁のチャンスを逃すとその後苦戦。6回の松山のヒット、キラの2ランで一気に追いついた攻撃は見事だったが、流石に百戦錬磨のバッテリーは難敵だった。

 カープ打線は9回まで4安打ともう一つ元気がなく、やや大ぶりも目立った。開幕戦の緊張感もあったのだろうが、もう少し早く試合を動かせるチャンスはあった。ポイントとなったのは3番松山と7番堂林。松山は6回に有利なカウントを作ってからのヒットは内容があったが、もう一つ狙い球も含めて中途半端なスイングが目立ち、特に相手投手田島が制球に苦しんでいた8回一死からの併殺打は減点対象。OP最後から調子を崩していた堂林はバットが下から出て差し込まれており、修正には時間がかかりそうである。

 カープの今日一番の収穫は、リリーフとして7回8回を無失点の中田。横山と今村不在の中、好調を買われて開幕ベンチ入り。7回は腕がやや振れず、2四球とヒットで二死満塁、打席に森野を迎えるピンチを背負った。河内と久本がブルペンにいたので交代する手はあったが、しかし続投してピンチを切り抜け、次の回も無失点。成長を期待しての続投と残した結果は長いシーズンの糧となる。シーズン序盤にこの中田と一岡をどう使っていくかは注目点だ。

 さて、試合は両軍凌ぎ合いを続けたまま延長戦へ。ここでいい仕事をしたのは代打小窪だった。一死走者なしから登場し、岩瀬からセンター右へのツーベースヒット。更に丸のヒットで一死1,3塁とチャンスを広げると、打席には菊池。初球のセーフティスクイズは失敗したものの、0-2と追い込まれてから高めの直球をライト線へ流し打ち。勝ち越しのタイムリーツーベースで試合を決めた。

 カープは6回2失点のマエケンの後、中田、永川、ミコライオのリリーフ陣が無失点で繋いで逆転勝ち。課題も多く出たものの、派手な一発、好守、好リリーフ、そして若手の活躍と上々の滑り出し。このまま勢いをつけていきたい。

 永川が1勝目、ミコライオが1S。明日はルーキー九里と大野の予告先発。対左オーダーをどうするかも注目点だ。


ザック・フィリップスの成績を眺めてみる

 カープが新規契約したザック・フィリップス。183cm86km、27歳のリリーフ左腕。タイプをおおまかに分類するならば変化球投手という事になるのだろうが、成績の数字に特徴的な項目が多く、興味深い投手だ。


・被本塁打率が低い
 マイナー通算319試合、9イニング平均0.37本と抜群に低い。
 先発からリリーフに転向した09年からは、5年連続で50試合前後にリリーフ登板。毎年3被本塁打以下と安定している。

・ゴロ率が高い
 GO/AOはマイナー通算1.52。低かった昨年でも1.22とゴロアウトがフライ、ライナーアウトを上回っている。ゴロピッチャーと言っていいだろう。


 長身で角度があるわけではないが、ゴロが多い。変化球が低めに集まるタイプと期待できる。ただしメジャーでは上記2つの数字が悪化して跳ね返され、通算19試合しか登板していない。マイナーリーガーである。


・奪三振率が高い
 元々イニングと同程度の三振を取れていたが、今年は59イニングで74三振と約1.4倍に良化。

・与四球が多い
 投球イニングの半分程度と非常に多い。良化した今年でさえ59イニングで24四球。暴投も多いので、低めには集まるがストライクゾーンで勝負するタイプではないという所だろうか。

・WHIPが悪い
 マイナー通算被打率.261と特別良くはなく、加えて上記の非常に多い四球数。当然WHIPは悪く通算1.41。この投手は今年大きく数字を伸ばして獲得に至ったが、それでも今年のWHIP1.24と目を見張るほどではない。


 最近の被本塁打率の低いゴロピッチャーと言えば、シュルツやブラウワーが思い浮かぶ。シュルツも制球がいいわけでは無かったが、ストライクゾーンで勝負できる球威と角度があったため、2年間HRを打たれないなど活躍した。

 ブラウワーは低めで勝負してゴロを多く打たせたものの、タイミングが取りやすかったのか強いゴロを多く打たれ、ヒットになるケースが多かった。ちなみにブラウワーは03年にマイナー51試合でGO/AO 2.24を記録するなどした典型的なゴロピッチャーだった(ただし三振を取るタイプでは無かった)。

 これまでの傾向で行くと、WHIP、与四球率の項目で期待値は低くなる。三振を取れるにしても圧倒できる球威が無ければピッチングにならないからだ。ただしフィリップスの場合はゴロアウトと被本塁打率という武器がある。

 円安のため4000万という年俸はカープとしてはいつものクラス。ただし日本シリーズ中という異例の早期契約。スタートとしては5人目の外国人という位置づけではあるが、この投手が日本球界でどのようにフィットするのか今後の参考としても面白い。


シーズンオフのカープドラフトメモ

 最近のくじ運の悪さ、含みを持たせていた1位候補という前提があり、まさか超目玉の大瀬良の交渉権を獲得できるとは思っていなかった。昨年のオール野手指名から一転、喜びもひとしおである。

 カープ二桁勝利の4本柱は強力な反面、5枚目以降は合計4勝19敗。中村や中崎が伸び悩み、現実的な所ではまず5勝クラスの投手が欲しいという台所事情だったが、これで一気に状況が変わった。長身で馬力のあるパワーピッチャー、同じ右ではあるが、コンビネーションで勝負する先発陣の中に三振の取れる大瀬良が加われば、非常に面白い。昨年と比べ構想を練るだけでも楽しみだ。

 即戦力と言っても、プロで一年間コンスタントに投げ続けられるかは未知数。福井や野村は登板間隔に気を使いながら起用したものの、後半に疲れが見えた。ただトップクラスといわれる大瀬良のエンジンが心強い。

 数字で気になる点と言えば、成長曲線として三振と共に四球が増えた点。低めのボールの球質を課題に挙げる記事も目にする。リリーフで無く先発として活躍するにはまず四球と低めのボールが注目点か。

 また、ライバルの今村や、伸び悩む福井、中崎ら若手投手への相乗効果にも期待したい。

 ドラフト2位の九里も即戦力候補。こちらも186cmと大瀬良同様長身だが、今年の印象は技巧派。まだまだ変化しろはあるが、タイプの違う二人の獲得は層が厚くなる。九里は変化球、制球に優れ、課題はスタミナか。

 ドラフト3位の田中は即戦力内野手。膝次第だが梵のフル出場は難しく、昨年指名した投手転向組はまだ守備に不安がある。別次元の菊池、好守の上本と木村、堅実な安部はいるが、まず守備で計算できる田中はいい補強。三拍子タイプではあるが、プロ入り後にさらにスケール感をアップしてもらいたい。

 4位の西原はサイド気味の右投手。不調というか不遇というか、梅津は一軍で活躍できず、林も引退で右のサイドスローは不足。懐を攻められるどちらかというとパワー型の右サイド、これもまたタイプが違って選択肢は増える。課題は四球の多さ。起用法は不明だが、リリーフとしても面白い。大瀬良もリリーフの可能性が無いわけではないが。

 5位の中村祐太は唯一の高校生。直球で押すタイプだが、まずは故障からの完全復活と体づくりか。


 育成ドラフトは指名する構えは見せたものの、他球団に先を越され指名せずに選択終了。右投手4人、左打ちの内野手一人という指名となった。ただ4投手ともにタイプが異なる点は注目点。

 左投手や捕手という補強ポイントはあったものの、まずは即戦力という方針がぶれ無かった今年のドラフト。なかなか満足のいく結果となった。投手王国を目指すにはコンスタントな投手の補強が必要不可欠。またいい投手が出てきたなと毎年言われるような、そんな将来像に期待している。


CS2nd C 1-3 G 静かな敗戦 目標はまだ遠く

 静かな終戦だった。初回こそ梵のタイムリーで先制、更に盗塁と積極的に攻める姿勢は見せたが、走者が出なくては博打も打てない。3回の丸のポテンヒットとなるツーベースが最後の見せ場で、その後は尻上がりに調子を上げた杉内の前になすすべがなかった。

 カープ先発野村は得意のチェンジアップがきれ、順調に立ち上がったが、こちらは尻下がり。追い込むまでの制球が甘くなり、3回には3連打を浴びて同点。4回一死一塁では、カウント振りの状況から苦し紛れに真ん中に投げた直球を痛打されて逆転を許してこの回で降板。不調を引きずったのか消化不良のマウンドだった。

 5回には横山、久本の継投に入るが、ついに阿部に痛打され、リードを2点に広げられる。その後は今井が連夜の好投、永川も無失点で繋ぐが、打線が反撃できない。

 3回一死二塁から杉内の状態は変わった。特に追い込んでからの制球が抜群だった。カープ打線はどこか焦ったような凡打を繰り返す。8回二死から代打天谷がヒットを放ったものの、最後のひと山も作れなかった。

 散発3安打。中盤以降ほとんど外野に打球が飛ばない寂しい敗戦。スコア上は大きな差では無かったが、初戦を落とした後は完敗が続いた。貴重な大舞台、選手たちは何を持ち帰ったか。それが重要だ。

 2013年の戦いは終わり、来年への戦いがまた始まろうとしている。若手の多いカープに落ち込んでいる暇はない。鍛えがいがあると、コーチがうずうずしているくらいでないといけない。

CS2nd C 0-3 G 曲がらなかった伝家の宝刀

 中四日の影響か、血豆の影響か、何にせよマエケンの状態は最悪だった。思えば今年、万全な状態の時があっただろうか。それでも幾度となく修正し、立て直してきたマエケンだったが、力尽きた。

 直球が走らず、制球も本来にのものには遠い。それでも立ち上がりからツーシームとスライダーでごまかしながらピッチングしていたが、3回裏一死1,2塁、寺内を追い込んでからのスライダーが曲がらなかった。レフトスタンド最前列に飛び込む先制3ラン。満身創痍のエース、無念の5回75球3失点。

 それならばなんとか打線が援護したいところだったが、立ち塞がったのは相手先発菅野。今年一番、と言うよりも、こんな投手だったのかと度肝を抜かれるくらいに状態が良かった。上下左右緩急、すべての球種が良く、ボールの走りも制球もいい。狙い球すら絞れず手も足も出ない。

 リリーフは久本-中田-今井が6〜8回を無失点。特に今井が2回を抑え、乗りかけていた巨人打線を止めたのは貴重な働きだったが、流れがなかなか変わらない。

 8回まで無四球11三振、代打天谷の内野安打1本のみと完ぺきに抑えられていたカープ打線。9回表にラストチャンス。一死から丸のレフト前ヒット、菊池の内野安打、キラの四球で一死満塁。しかしエルドレッドが中途半端なスイングでファーストファールフライ、梵もセンターフライに倒れて試合終了。最後の最後に見せ場は作ったが、2時間半を切る早いゲームは完敗だった。

 多少の見るべき所もあったが、しかし状況は引き分けでも今シーズンが終わるという崖っぷち。明日からの杉内、ホールトンとは相性がいいので打線の奮起には期待できるが、東京Dに相性が悪いバリントン、不調の野村、誰が投げるのか分らない5戦目の谷間先発と、ここからの大逆転には奇跡の一つ二つでは足りない。

 底力と、プラスアルファ。もう一度嵐を起こせるか。男の意地見せろよ。

CS2nd C 2-3 G リリーフ勝負競り負け 遠かったホーム

 1stの余勢をかって序盤は優勢。大竹は制球よく巨人打線を封じ、打線は梵の活躍で先制劇。しかしじわりじわりと巨人のプレッシャーに押されていった。一発長打と強力なリリーフ陣、そして要所の守備。流石に、強い。

 2回表、阪神戦で右へ好打していた梵が一転、内角直球を引っ張り、三塁線を破るツーベース。これを足掛かりに小窪の死球、廣瀬のバントで一死2,3塁。いずれも内海の制球ミスとバント処理ミスが絡んでのもので、相手のミスからチャンスを広げた。

 この場面で石原は強いサードゴロ。サードランナー梵はしかし村田の捕球位置を確認すると、ラインの内側へ大きく進路を変えた。基本ではあるが、隠れた好走塁。村田の送球が梵に当たり、ボールが転々としている間にセカンドランナーもホームイン。2点タイムリーエラーで先制する。しかしその後もチャンスを作るカープ打線だったが、ホームが遠い。追加点を奪えない。

 綻びは4回裏、先頭阿部への四球からだった。そして難敵だったのは4番村田。決して大振りせず、コンパクトなスイングで難しいコースを弾き返される。徹底したこのバッティングに最後まで苦しめられた。

 この回突如崩れた大竹は、2四球とヒットで無死満塁のピンチ。坂本は三振に打ち取るも、ロペスに犠牲フライを許す。巨人ベンチはここで早くも動いた。亀井四球で二死満塁となると、内海に早くも代打石井。ここは三振に切り抜けるが、タフなゲームの始まりだった。

 5回からは質、量ともに豊富な巨人の強力リリーフ陣。5回こそ二死から菊池、キラの連打、エルドレッドの四球で満塁とするも、頼みの梵が凡退。

 100球を超えた大竹。6回裏二死までこぎつけるが、今日全くタイミングの合っていなかった坂本に外角スライダーを捉えられた。前に突っ込み気味ではあったが、芯は食っていたのだろう。狭い東京Dの左中間スタンドへ飛び込む痛恨の同点被弾。大竹はこの回を投げ切り6回2失点と好投したものの、ベンチでグラブをたたきつけた。

 このカード、リリーフ勝負は分が悪い。7回山口、8回マシソンに打線が抑え込まれる。一方で7回裏は2番手横山がピンチを背負う。一死から代打橋本の四球、長野のヒットでピンチを背負うと、二死満塁となって村田。大竹のスライダー、シュートをヒットにされており、今日は投げるボールが無かった。アウトローの直球で勝負に行くも好打され、ライト前に勝ち越しタイムリーを許してしまう。

 しかしカープ打線は食い下がった。9回表、守護神西村に対し一死から代打岩本がヒットで出塁。二死後丸が死球を浴び、1,2塁でラッキーボーイ的な活躍を見せる菊池。2球目にフォークに空振りするも、ここから大きな成長を見せた。4球目のボールになるフォークを見逃し、続けた5球目のフォークに食らいつく。サードの右を抜けるヒット。しかし、これをショート坂本が飛び込んでキャッチする。トップスピードに乗っていた代走赤松、慌ててサードコーチの制止するも止まれない。狙っていたという坂本のサードへの送球、赤松帰塁できずにタッチアウトし、ゲームセット。アドバンテージの1勝と併せ、大きなビハインドスタートとなった。

 追い詰めはした。互角に近い戦い、粘りを見せた。しかし勢いむなしく跳ね返された。きっかけとなったのは2つの四球。カープは計5四球を与え、巨人は1四球(2死球だが)。反省するとすればまず、そこだろうか。

 明日はマエケンが有力。勝利と共に、押し返すような戦いを期待したい。
Profile
ついったーでひっそり
Recent Comments
Archives
訪問者数
ffdcc589

Recent TrackBacks
メッセージ
email
たまにしか見ない連絡先:
bbh2008carp あっと
gmail.com

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ