EntameNext「BABYMETAL『Metal Resistance』に全米が震撼した理由『成熟したアルバム作り』」

ff2fe4a8d0e491608c97cacf0bc4b58b

前回




BABYMETAL『Metal Resistance』に全米が震撼した理由 その2「成熟したアルバム作り」  

2ndアルバム『Metal Resistance』が全米ビルボードチャートにランクインするなど、快進撃を続けるBABYMETAL。彼女たちが海外でウケる理由をガチメタラーのボクが解説します。今回はその第2弾!!

前回からBABYMETALの2nd『Metal Resistance』が全米でウケている理由を説明していますが、これを忘れちゃいけない。『Metal Resistance』は、本当に素晴らしいアルバムですよね。各曲はもちろん、アルバム全体のプロダクトも含め、カンペキなんですよ。  

たとえばCD発売前にMVが公開されたM2『KARATE』。この重たいドラム、重たいギターリフ……その音は海外のA級のメタルと並べても全然引けを取らない。なのにサビが完全にJ-POP!
海外のヘヴィロック・シーンでは、こういうメロディは絶対にありえないし、こういうコード進行も絶対にない。ボクは慣れているけど、これを聞いた外国人の多くは「な、なんだこれは?」って絶対に思うでしょう。  

〜略〜(NRNR)

さらにM11『Tales Of The Destinies』。これはとんでもない! 転調やテンポチェンジが激しくて複雑過ぎる。ドリーム・シアターかと思いました(ドリーム・シアターはアメリカのプログレッシブメタルの有名バンド)。この複雑さは、3年かけてずっと作り直してやっと出来た、そんな感じがしますね。  実は近年のポピュラーミュージックって製作期間が長くなっているんです。昔のロックのアーティストみたいに勢いで曲を作って「これでいいじゃん! さあ、ツアーに出よう!」じゃなくて、一度作ったら何度も聴き直して、いらない部分をどんどん切って、磨き上げていくようなスタイルが増えてきている。日本ではそれが顕著で、ももクロやジャニーズの音源も長い製作期間で作られているらしい。  

ちなみにBABYMETAL『Metal Resistance』の収録曲の半数はすでにツアーで披露されていたらしいじゃん? つまり制作陣はこの2ndアルバムに向けて、相当前から曲を作り、ツアーでトライを続け、最終的にこのアルバムの形にまとめたんだと思う。メンバーはもちろんだけど、スタッフの汗と努力の結晶でもあるんですよ、この『Metal Resistance』は。

全文はこちら
http://www.entamenext.com/news/detail/id=1786


https://twitter.com/