March 17, 2006

逃げ

シングルRからのメール

自分から逃げれば逃げるほど、何もかもがつまらなくなるんすよね。この頃は自分と、仲間と「真剣に向き合う」楽しさ、喜びを体感できてます。その反面、表面だけ良い子ぶると違和感を受け、気持ち悪いんだよな〜。


Rへのレス

そういう事だね。

A:
「逃げる事」は、それがどんな事であろうと、逃げた事をどんなに無視しても、そのまま自分の心の奥に「係わってくれたみんなに悪い」という周りに対する罪悪感、「自分が情け無い、カッコ悪い」という自責の念を生む事になるし、歪んだ心なら自分に言い訳したり、相手のせいにして更に自分で自分を傷つける。また逃げると「周りから責められる恐れ」も生まれ、四六時中ビクビクする癖が付くし、実際どこかのタイミングで周りからも責められる事が癖にもなり、自分の責めからも逃げ、周りの責めからも逃げると引き篭もるか、逃亡生活を送る人生となる。

B:
「逃げなければ」みんなが応援してくれるし、成功すればみんなが誉め称えてくれるし、自分の価値も上がる。仮に失敗してもみんながそのチャレンジ精神と勇気を誉め、同時に慰めてくれるから、より頑張ろうと心が元気になる。同時に更に目標に向かって学び、考え、行動し、工夫、努力する事が出来、それが結果的に自分をどんどん成長させる事に繋がる。「逃げない」は、その成功も失敗も人との繋がりを深くしてくれるし、結果がどうであろうと自分を成長させる事が出来る。


Aのタイプは何やってもどんな結果であろうと自分を成長に導けず、「本物の実力」が身に付かず、何やっても誰にも認められないし、何やっても失敗に終わる。Bのタイプは何やってもどんな結果であろうと自分を成長させることが出来るから、失敗も成功も何もかもが「本物の実力」に繋がり、何やっても人に認められ「失敗」が無くなる。人に、社会に、現実に、自分の人生に、生きる事に、何もかもにおいて「逃げる」か「逃げない」か、がその人間の人生の天国と地獄の分かれ目となる。


ちなみに「道(タオ)に君臨する者」「真の王と呼ばれる者」とは「常に成長する者」であり、だから「道(タオ)に君臨する者」「真の王と呼ばれる者」に「逃げ」はない。失敗も敗北も失望も諦めも無く、トラブルも悲劇も苦しみも辛さも、何もかもが「成長の肥やし」となるからだ。「逃げ」が無いから失敗も敗北も失望も諦めも無く、トラブルも悲劇も苦しみも辛さも無い。その全てを己の成長のための肥やし、栄養、生きるための体験、経験と出来、楽しめるからだ。それは「道(タオ)に君臨する者」「真の王と呼ばれる者」「常に成長する者」には何時如何なる時も「常にただ覚悟あるのみ」だからだ。



bbpro at 00:01コメント(0)トラックバック(0)日記 | 日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

酋長

Categories
訪問者数

最新記事
Recent Comments
Recent TrackBacks
あなたにも実感してほしいんです・・・ (【アトピー地獄からの脱出!】)
治療
【参加】FUJI ROCK FES公式発表【Appearance】 (FLOWER TRAVELLIN' BAND is Rockin' Treasure.)
Joe Yamanaka
  • ライブドアブログ