December 26, 2007

死に方を決めろ!

酋長

我が子が生まれたなら、その子の父として、母として、まずはじめにしなければいけない事、毎年しなければいけない事は、「生まれたばかりの我が子の死に方を決める事」である。

この子がどういう死に方をするのか、臨終の時は誰に看取られてるのか、この子はどういう人と出会い、どういう仕事をして、どういう経験をし、どういう人生を生きたのか…。

親はまず父として、母として、それぞれに「生まれたばかりの我が子の死に方」を決め、我が子が「そういう死に方が出来る人生を作ってあげる決意」をしなければいけない。


「親に成る」ならば常にその「我が子の死に方」を見つめ、常にそれを目標において、いつもそこからスタートしなければ、親も子も生き方に悩み、苦しみ、先が見えない人生となってしまう。

もちろん子はいつかは離れていくし、どの子も親の決めた人生を生きる事は無いだろう。だが親に「我が子への愛情」があるなら、その親心は子の人生の中で、生きていく上での土台となるはずだ。

また「我が子の死に方を決める事」は「出来たから産んだだけ」の無責任な親には決して決められない親の責任の証、決意となり、また親にとっても「我が子を育てる方向性の基本」ともなる。


我が子が生まれたなら、その子の父として、母として、まずはじめにしなければいけない事、毎年しなければいけない事は、「生まれたばかりの我が子の死に方を決める事」である。

この子がどういう死に方をするのか、臨終の時は誰に看取られてるのか、この子はどういう人と出会い、どういう仕事をして、どういう経験をし、どういう人生を生きたのか…。

親はまず父として、母として、それぞれに「生まれたばかりの我が子の死に方」を決め、我が子が「そういう死に方が出来る人生を作ってあげる決意」をしなければいけない。


その親に子に対する愛情が在るならば、その「我が子の死に方」さえ忘れなければどんな状況、どんな人生、どんな道を歩こうとも、父として、母としての自分を見失う事は無い。




bbpro at 12:18コメント(0)トラックバック(0)アーテイスト  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

酋長

Categories
訪問者数

最新記事
Recent Comments
Recent TrackBacks
あなたにも実感してほしいんです・・・ (【アトピー地獄からの脱出!】)
治療
【参加】FUJI ROCK FES公式発表【Appearance】 (FLOWER TRAVELLIN' BAND is Rockin' Treasure.)
Joe Yamanaka
  • ライブドアブログ