1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:12:19 ID:Yde
当時の選手達の証言や残された映像から導き出された球速などが殆ど噛み合わない模様

引用元 おーぷん2ちゃんねる

:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1423656739/"


2: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:13:08 ID:XuU
言いたい放題だからしゃーない

3: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:18:19 ID:GPX
???「ワシは180キロ投げてた」

5: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:20:13 ID:Us8
沢村は160とか言われとったな

6: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:24:03 ID:Yde
村山実「ワイの球速?一番良い時で150行くかどうかぐらいとちゃうか?」
TV番組「当時の長嶋との対戦映像を解析した結果村山さんは155キロほど出ています!」
田淵幸一「晩年でも村山さんの球は絶対150以上ありましたよ」
村山実「ええ…(困惑)」

こんなケースもあった模様

9: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:28:54 ID:El9
>>6
村山かっこいいな

7: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:27:47 ID:6DY
でも村山の球は映像見たら凄かった
ホンマに炎でんちゃうか思うわ

8: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:28:20 ID:xW2
スピードガン導入されて40歳目前の村田兆治が150km出したんやから若い頃はもっと出てたのは間違いないやろ
昔でも本当のトップクラスなら今の速球派と同じくらいには速かったと思うで

10: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:29:10 ID:tC7
>>8
すごE

11: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:31:06 ID:C1V
>>8
それは村田がトレーニングを続けていて凄いねっていうだけでは

12: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:44:58 ID:ttC
昔に比べて明らかに球速い投手が増えてる
140後半投げるピッチャーで速いなーって印象だったのに今じゃゴロゴロいる

13: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:54:59 ID:Yde
かねやんの180キロは流石に本人もネタ発言だと思ってるやろうけど実際に150以上は出ていたのは確実とちゃうか?
活躍したのが今よりレベルが低かった時代だとはいえ幾ら何でも140そこそこの球ではあの奪三振数は無理やろ

14: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:56:18 ID:mSA
映像でも速度映像自体の速度がわからんしな

16: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)21:58:42 ID:lJ9
解析とか野暮な事せんで浪漫は浪漫で残しておけばええやん

17: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)22:03:08 ID:Yde
いつかタイムマシンが発明されたら真っ先に調べに行ってほしいわ

18: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)22:03:32 ID:zH0
奪三振率が7を超えているピッチャーは150程度は投げていたと考えておけばええと思う

40~50年代のピッチャーは概して奪三振率が低いからな
それでも金田・稲尾・杉浦・あたりは全盛期には奪三振率が8を超えるシーズンが殆どや

やっぱ一流どころは145以上はポンポン出していたと考えるべきやろ

22: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)22:16:33 ID:Yde
>>18
ワイも稲尾和久の直球は最低でも150あるやろうな思っていたんやけど本人の回顧録で
自分は周りと比べて球が遅かったから制球と変化球で勝負するしかなかったという記述を見つけて大混乱に陥った模様

21: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)22:06:36 ID:xTE
奪三振率とかから球速を求めるには、打者のレベルも今と変わらんっていう前提が必要になるよな

23: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)22:19:02 ID:zH0
>>21
戦前~戦後しばらくまでは体格の問題から強振よりも、とにかくミート重視の打撃が奨励されていたと聞くで
ボルチモア・チョップみたいに当てて転がせばグラウンドの質も悪いし出塁が見込めた時代やからな

そう考えると打者のレベル以前に三振を取りづらいバッターが並んでいたと考えてええやろ

そういうバッターから三振を取るには一定以上の速球がなければ無理よ
実際、スピードがない軟投派の代名詞の若林の通算奪三振率は2・5やで

24: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)22:23:32 ID:zH0
ちな戦前に150出していたと言われる沢村とスタルヒンが一番奪三振率の高かったシーズン

沢村 1937秋 140回 129奪三振 奪三振率8・3

スタルヒン 1938秋 197.2回 146奪三振 奪三振率6・6

25: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)22:30:54 ID:Yde
伝説の豪速球投手と言われた山口高志の奪三振率は普通なんだよな
ノーコンだから全力のストレートばかりだと四球ばっかだからそこそこ抑えて投げていたという話もあるが

26: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)22:41:19 ID:fPo
40~50年あたりは打たせて取るのがベストで、それほど奪三振が重要視されてなかったみたいやな。
なにせ野口次郎とか500イニング投げてた時代やし、ラビット期を除けば、今と違ってボールも飛ばへんかった。
戦前は平均防御率が一点台なんてシーズンもあったくらいやし・・・

27: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)22:57:03 ID:Yde
戦前はボールもバットも粗悪品の上でまともに飛ばないし
戦時中はこれに加えて徴兵があって本当に目が当てられないぐらいの打低だったんだよな
なおこれはいかんでしょと1949年に飛ぶボールを導入したら3割30本がアホみたいに量産された模様

28: 名無しさん@おーぷん 2015/02/11(水)23:09:25 ID:zH0
>>27
当時(1949)の「野球少年」いう雑誌でサンフランシスコ・シールズ来日特集号組んでるんやけど全日本チームの平均身長が171cmやからな
いくら当時の後楽園が両翼80メートルしかなかったいうても、ボールを変えなホームランなんて出ませんわ

29: 名無しさん@おーぷん 2015/02/12(木)11:43:31 ID:LfV
昔江夏が、自分のボールが新幹線の半分も出てないことを知って落胆したって言ってた
「俺のボールに比べたら、新幹線はちんたら走ってるように見えるだろ?」って