走塁・盗塁 : 竜速(りゅうそく)

    カテゴリ:野球ネタ > 走塁・盗塁

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1527851800/

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/01(金)20:16:40 ID:bPD
    お願いします

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1521523407/

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/20(火)14:23:27 ID:K1c
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000040-kyt-spo

     打者走者の一塁到達は、ヘッドスライディングより駆け抜けた方が速い-。
    野球界で定説とされる考え方を覆す研究結果を、立命館大スポーツ健康科学部の岡本直輝教授らが学会で発表した。
    立命大野球部員を対象に動作分析を行い、ヘッドスライディングする方が速いという結論を導き出した。
    「パフォーマンスを高めるだけなら器械体操の飛び込み前転のようなトレーニングをするのが効果的」と語る。
     一昨年、岡本教授が立命大の野球部員ら選手57人と京都・滋賀の高校野球指導者24人にアンケート調査を行ったところ、
    選手の80%、指導者の85%と大半が駆け抜けた方が速いと答えた。
    ヘッドスライディングは大けがにつながるリスクもあり、「駆け抜け」を優先して指導するケースが多い。
     岡本教授とゼミ生の4年山岡涼也さん(22)は昨年6月から、高校、大学時代にヘッドスライディングを経験したことがある立命大準硬式野球部の部員15人を対象に調査。
    本塁から一塁までを走り、トップスピードになる一塁の7メートル手前から、ベースに触れるまでのタイムを光電管装置と240分の1秒まで撮影できるハイスピードカメラで測定した。
     1人3回の平均値を比べた結果、ヘッドスライディングの方が速かった選手は12人、駆け抜けた方が速かったのは3人だけだった。
    統計全体でもヘッドスライディングの方が0・04秒ほど早く、距離に換算して30~40センチの差になるという。
    またスライディング動作を解析すると、ヘッドスライディングする方が速い選手ほど、手を着く場所がベースに近く、踏み切りの足よりも頭が大きく前に出る傾向が分かった。
     一塁へのヘッドスライディングは、塁審へのアピールや味方の士気向上など非科学的な面で利点を語られることが多かったが、技術があれば有利になることが一定裏付けられた。
     3月上旬の京都滋賀体育学会で公表した岡本教授は「けがのリスクとは別に、高校野球では(無意識に)ヘッドスライディングをしてしまう選手がいる。
    指導者はそのための準備をしておくことも必要では」と新たなトレーニングの導入に言及する。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517487903/

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/01(木)21:25:04 ID:B1I
    誰?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1514984919/

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)22:08:39 ID:IjO
    脚の速さと打撃成績(盗塁以外)が同じならどっちがいい?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/10(日)22:18:05 ID:m73
    江越をワイは推す

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1512911885/

    続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング