1: りゅうそく@管理人 ID:ryusokuD
新年あけましておめでとうございます。
早いもので2018年が始まり、キャンプまであと1ヶ月。


昨年を振り返ると2017年ドラゴンズは59勝79敗、借金20の5位。
最下位は逃れたものの、5年連続Bクラスという厳しい年となりました。

このオフの補強にも注目していましたが、本塁打王のゲレーロはやはり移籍で巨人へ。
ジョーダンもヤクルトに移籍してしまい、外国人補強は現時点でアルモンテ、モヤの両外野手
投手は左のガルシアのみとなっています。
それぞれ年俸は5000万。この中から成功を収める選手が出てくるようだと2018年の浮上も期待が持てますが
もちろんそれには日本人選手のさらなる成長が欠かせません。

新人王京田の2年目は飛躍できるか、このオフはイベント続きで大変だとは思いますが・・
中堅どころだと怪我に悩まされる平田、福田。平田はまずはフルシーズン戦える体を、
福田は昨年は18本塁打とついに開花と思わせるような結果を残してくれました。
サードのポジションを1年守ることができれば20本、30本を残す力はあると思います。
セカンド挑戦中の高橋周平も楽しみな存在ではありますが、そろそろ殻を破ってもらいたいところです。

中々固定できなかった捕手は日ハムから大野のFA移籍で、正捕手候補の筆頭となりそうです。
松井雅人、杉山、木下、ベテラン武山。谷繁監督就任から4年間決めきれなかった捕手がここで固まれば
チームも安定してくる可能性はあると思います。大野がチームにどんな変化をもたらすか、こちらも楽しみです。

投手陣は、昨年それぞれ5勝をあげた小笠原、鈴木翔、そし2016年ドラ1柳に笠原。
二軍で結果を残した阿知羅。力のある若手先発候補が揃ってきました。
今年も大野が軸になってくるとは思いますが、先発志願の又吉の起用方法も気になるところです。
2年連続2ケタ勝利投手すら無い現状、先発の椅子、中継ぎの椅子、たくさん空いています。
今年こそは若手の成長で打破してほしいと思います。

2018年のチームスローガンは「原点回帰 Dragons愛!」
中日は28日、2018年のチームスローガンが「原点回帰 Dragons愛!」に決まったと発表した。

 今季は「原点回帰~ゼロからのスタート~」を掲げて戦った。新スローガンについて、森監督は「『原点回帰』は球団と話し合ってそのままにした。ただ『ゼロ』はもう終わった。(今回の)原点は強いドラゴンズに変えていく」と説明した。


dra17112905010001-p1

引用元  https://www.daily.co.jp/baseball/2017/11/29/0010772886.shtml

さらに指揮官は、来季の具体的な目標を「前半戦の勝率5割ターン」とした。
「5割で戦えればいろいろな目標が出てくる。5割で後半戦にいられれば何かが起きる。その『何か』を起こすために開幕から頑張っていく」と語気を強めた。

引用元  http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171128-OHT1T50089.html


スローガン発表時点でのチーム目標は前半戦5割と控えめではありますが、今のチーム状況からして
簡単な目標ではありません。
まずは自主トレ、キャンプでケガのない体つくり、そして今季シーズンを最後まで楽しむことができるような
チームになってくれることを願います。

本年も実況記事、まとめ記事ともに竜速をどうぞよろしくお願いいたします。