引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1514937661/

1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)09:01:01 ID:qpA
何やろ?
今でも中日の練習はきついと聞くけど中々強くならん
毎年夏には失速しとる
落合時代は夏から勝ち始めてた印象あるんやが







2: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)09:23:26 ID:68u
割りとマジで選手の意識

3: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)09:26:19 ID:mlw
質と言いたいがあの頃とコーチあんまり変わってないんだよな

4: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)09:28:50 ID:9or
オッチの一言やろ

5: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)10:10:37 ID:m6x
だらだら長いだけで身になってないんやろなあ

6: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)10:11:42 ID:XcP
まあ練習のきついカープも長らく暗黒やったから

8: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)10:12:32 ID:epc
選手が勝ち方を知らなくなった
どこで力を入れるべきか分からないみたい

9: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)10:14:36 ID:mlw
>>8
荒木や岩瀬がコーチになって上手く伝えられるといいけど。。

21: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)10:30:14 ID:qpA
>>8
これ深刻やな 大野は優勝経験あるけど多少は効果あるかな

22: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)10:31:11 ID:epc
>>21
大島もあるんやで
若い選手引っ張って貰わな

24: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)10:32:40 ID:mlw
>>22
2010年11年の主力って岩瀬浅尾吉見荒木か 大島は出始めやな

25: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)10:33:54 ID:qpA
あと山井
平田や藤井もおるけど主力とは言えない

26: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)12:08:54 ID:G8O
プロ2年目のオフに、同期のひとりが自由契約となった。これはかなりのショックだった。
次は順番から行ったら自分の番だ。大卒で入って三年で一軍に定着できなかったら、先があるとは思えない。
猛烈にあせったが、そのうち開き直ってあと1年しか野球ができないなら、それを目一杯やってやろうという気持ちになれたのだ。

僕がまず考えたのは自分の長所を生かすことだった。二年間のプロ生活で、自分のような選手がいくつか欠点を減らしたところで、
すぐに1軍で使ってもらえる訳ではないということは理解できていた。僕がすぐに他の人と勝負できそうなのは守備だった。
もちろんレギュラークラスとは差があることは判っていたが、その差は打撃よりは小さい。
守備を徹底的に鍛えて、ある水準まで行けば、あとは打撃の強化に専念できる。ともかく、今は守備1本だ。

プロ3年目、2000年のキャンプ、僕は徹底的にノックを受けることにした。毎日、早出、居残りで守備練習に明け暮れた。
もちろん打撃などの練習もしなかったわけはないのだが、その記憶は全く無い。ひたすら泥まみれになってボールを追いかけた。
当時の守備走塁コーチは、球界有数のノックの名手である高代延博さん。これは僕にとって物凄く幸運だったと思う。
当時ショートで起用されていた福留と一緒に、高代コーチのノックを受けた。コイツだけには負けられない。少なくとも守備では絶対に上をいってやる。
無表情を装いながら、ノックに食らいついていった。また、高代さんは若い選手のやる気を引き出すのも上手かった。
守備ではおまえの方が福留よりも上だ。守備をアピールすれば、1軍で試合に出るチャンスはあるぞ。そう言われれば悪い気はしない。

27: 名無しさん@おーぷん 2018/01/03(水)12:30:40 ID:Ja9
>>26
井端?