小笠原慎之介 : 竜速(りゅうそく)

    タグ:小笠原慎之介

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)12:46:47 ID:02K
    人生初の手術で不安ばかりの中、大きくなって帰りたいと志す姿が印象的だった。

    取り組みの一例として、翌日の紙面で紹介したのが、寮で始めたミニトマトの栽培。「何か1つ、継続してできることをやりたい」。聞き慣れた言葉だが、トマト栽培という意外すぎる発想がなんとも面白かった。幼少期に父仁さんが育てていた記憶があったから、とのこと。

    選手としての魅力はもちろん、人柄も広く知ってほしい担当記者としては、もし当日紙面のスペースが許せばミニトマトより「余談」の方を書きたかった。実はほかにもう1袋、種を買ってきていた。「スイカ」と聞いて仰天した。

    彼はスイカがなる様子を想像できていなかったようだ。球団関係者に「さすがに無理だろ」とすぐ突っ込まれた。「あはは。植える場所がありませんでした。球場のグラウンドの一部を買い取って、そこで育てようかな」と豪快に笑い、こちらも腹を抱えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-01843737-nksports-base

    かわいい

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1498276007/

    続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/08(月)17:21:06 ID:rSa
    中日の2年目左腕・小笠原慎之介投手(19)が、10日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に今季初先発する。

    昨年11月に左ヒジの遊離軟骨除去手術を受け、6日の巨人戦(ナゴヤドーム)のリリーフで1イニングの復帰登板。そこから満を持しての先発となる。

    8日、ナゴヤドームのブルペンで行った投球練習の際には、森繁和監督(62)が今年初めて足を運んで状態をチェックするなど、期待の高さをうかがわせた。

    自身の状態について問われた左腕は「バッチーグーなんで。いつでもOK牧場です」と、落語家・桂文枝と元ボクシング世界王者でタレントのガッツ石松が使う往年のギャグで調子の良さをアピールした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000029-tospoweb-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1494231666/

    続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング