捕手 : 竜速(りゅうそく)

    タグ:捕手

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    12球団正捕手の打撃成績がこちら
    162727

    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1633608972/

    1: 風吹けば名無し 2021/10/07(木) 21:16:12.73 ID:sML7UM6nd
    ヤク 中村 打率.289 出塁率.379 OPS.749
    阪神 梅野 打率.228 出塁率.305 OPS.609
    巨人 小林 打率.096 出塁率.125 OPS.296
    中日 木下 打率.277 出塁率.340 OPS.765
    横浜 伊藤 打率.213 出塁率.294 OPS.582
    広島 坂倉 打率.311 出塁率.382 OPS.841
    オリ 伏見 打率.226 出塁率.270 OPS.596
    ロッ 加藤 打率.099 出塁率.123 OPS.288
    楽天 炭谷 打率.244 出塁率.298 OPS.682
    ソフ 甲斐 打率.218 出塁率.296 OPS.640
    西武 森友 打率.312 出塁率.424 OPS.906
    ハム 清水 打率.212 出塁率.304 OPS.600

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    キャッチャー「ストレート2球で追い込んだ!次のボールはもちろん!」
    162727


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1633048635/

    1: 風吹けば名無し 2021/10/01(金) 09:37:15.19 ID:Q61UU+rf0
    キャッチャー「ストレートや!」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2ストライクまで捕手って球受ける必要ないん?
    images

    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1628647595/

    1: 風吹けば名無し 2021/08/11(水) 11:06:35.34 ID:Gpr/As4C0
    2ストライクまで内野を守らせることはできる?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1627361322/

    1: 名無しさん@おーぷん 21/07/27(火)13:48:42 ID:XHys
    好きなサインを出して、バッターを応援する
    時には自慢の肩でランナーの盗塁を防ぐ

    楽しそうに見えるんやが!

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    谷繁元信「みんなフレーミングを誤解している。正直、今の捕手は『みっともない』と思うこともある」
    162727


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1626408917/

    1: 風吹けば名無し 2021/07/16(金) 13:15:17.60 ID:sKvuvKe10
    谷繁氏が指摘する「フレーミング」の誤解。いまの捕手には「みっともないと思うことも…」

    キャッチャーとして、プロ野球史上最多となる2963試合の出場数を誇り、ゴールデングラブ賞を6度受賞した谷繁元信さん。
    プロ野球の審判からは、「谷繁選手のキャッチングが一番見やすかった」という声が出てくるほど、高い捕球技術を備え、ピッチャーとの信頼関係を築き上げてきた。
    ピッチャーを生かすには、キャッチャーの力が絶対に必要となる。キャッチングやワンバウンドストップについて、プロならではの考えを明かしてくれた。(前編)

    ボールをストライクに見せるのは技術ではない
    ──ここ数年、メジャーリーグの影響もあってか、「フレーミング」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。
    高等技術と見られる一方で、ミットを動かしすぎているキャッチャーもいて、賛否があるようですが、谷繁さんはどのように捉えていますか。

    谷繁 本当によく耳にするようになりましたね。以前、古田敦也さんとこの話題になったのですが、一致した考えは「『ストライク』の球を『ボール』とコールされないためのキャッチング技術」でした。
    もう少し言えば、『ストライク』か『ボール』かどちらにも取れるギリギリのコースを、『ストライク!』と言ってもらうためのキャッチング。
    決して、ボール球をストライクに見せるキャッチングではありません。高校生にも、ここは勘違いしてほしくないところですね。ボール球はボール球ですから。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7986ef9536501accaf2c3ec01d241973c4771aea

    続きを読む