病院で乳がん検査

女性の敵である乳がんと検査について

乳がん検査の方法

30代後半から50代にかけて高い確率で発症してしまう乳がんの発症には、十二分に注意しておいてほしいと思います。

乳がんの検査は現在、あらゆる病院でとてもかんたんに受けていくことができますから、ぜひ気軽に受けていってください。

よく乳がんの検査は強い痛みを伴うとして知られていますが、胸の感覚は人によってその感度が違ってくるものですから、一度も検査を受けていないうちにあまりに心配しすぎてしまうのは無駄なことだと言えます。

ですから、ともかく乳がんの検査は定期的に気楽な気持ちで受けていくといいでしょう。

女性は基本的に歳を重ねていくと必ず受けておくべきものが乳がん検査ですから、抵抗があっても義務と考えて検査は受けておくべきだと思います。

乳がんの転移とその場所

そのほかのがんと同じ様に、乳がんも転移する可能性があります。
乳がんの転移は乳がんが文字通りがんであるためにどうしても起こる危険性のある、やむをえないものです。

この乳がんの転移はいったい身体のどの部分に転移しやすいものなのかというと、
ほとんどの場合は胸のすぐそばにある腋の下などに発生するようです。

腋のすぐ下にはリンパ節があるため、ここにがん細胞が流れ着いて、新たながん細胞の塊を形成しやすいようです。

乳がんの治療中には、腋の下やそのほかの場所に、なにかしこりのようなものができていないか常々注意しておくと良いでしょう。

乳がん再発の危険性

手術などで再発または転移してしまった乳がんの治療には抗がん剤の治療が中心となりますが、

症状緩和の主な目的を知っておく事が必要なのではないでしょうか。

初診で他の臓器などへの転移の可能性のある進行がんの場合は手術適用とならないようです。

こお場合も抗がん剤治療やホルモン治療が中心となっていくのですが、

長期にわたり病状進行を抑えていくことは困難なのが現実なのです。

このサイト(http://www.minnano-clinic.com/sc/)で詳しく解説しているので、必要な方はどうぞ。

喫煙者は気をつけよう

タバコの煙の中に含まれる物質だけではなく
それが不完全燃焼することによって生じる化合物も含まれ
その種類はとんでもない数といわれます。

発癌物質の多くは体内の酵素で活性化されてしまい
遺伝子と結合をして遺伝子複製の際に遺伝子の変異を引き起こします。

こうした遺伝子の変異が癌遺伝子や癌抑制遺伝子などに
いくつか蓄積してしまい細胞が癌化するのでは?
といわれています。

乳がんのホルモン療法

乳がんには女性ホルモンの受容体を持つタイプがあります。

このタイプの乳がんは、女性ホルモンの受容体に女性ホルモンが合体することで細胞の増殖が激しくなるのです。

そのため、この乳がんの女性ホルモン受容体に女性ホルモンが多く合体することを防ぐために、
女性ホルモン自体の分泌量を抑えようとすることが、ホルモン療法の基本的な考えであるとされています。

このホルモン療法にはさまざまな副作用も起こるため、治療を行う際は医師に十分相談して行う必要があるでしょう。
記事検索
人気リンク
  • SEO
  • loading
  • 病院で乳がん検査
  • SEOブログパーツ
女性の性病の症状がわかります↓
女性の性病~種類・症状~

性病に関する情報を探すなら↓
海ダンス
  • ライブドアブログ