野口貴史

2008年03月02日

渚(海岸)保護

4ef2a66a.jpg鹿児島
写真は漁協で小さな魚はリリースしようという決まりを告知した看板です。これも海を守る為には絶対必要なことですよね!!

僕らは2月に鹿児島にウインドサーフィンの大会に行きました。我々ウインドサーフィンのプロ選手は地元の方たちに親睦会を開いていただき近くの公民館で夕食をご馳走になった!私の席は鹿児島の江口浜、吹上浜のある海域の漁協の組合長さんの目の前であったことから色々なお話を聞かせていただくことができた、漁業は、本当に海があってこそ、生活が成り立つという業種である。海に対しての愛情は誰よりも強いのである!!そのせいもあり説得力が本当にある! 組合長さんが言ったセリフの中に「渚があってこそ、渚があるから海水は浄化される!」砂浜を渚と言ってくれるところが、これまた胸にこみ上げる熱い気持ちをもらえたような気がする。あまり考えなかったが砂浜がないと海水が汚れる、砂浜で濾過(ろか)されるということになるのだろう!!海水が砂を通ることで大きなごみは確実に濾過されることには違いない。そんな効果も浜にはあるのだなーと改めて思いました。この組合長さんをはじめとする江口のたたら浜の人々も皆、真剣に海岸保護を考えているということを実感。今後、江口浜では大掛かりな養浜が行われるがこの後も海岸侵食は一生涯の問題となる、何をするのが正しいのだろうか!海を愛するもので力を合わせて考えていかなければ我々の孫の代には砂浜で遊ぶ場所もなくなってしまうのではないのだろうか、、、、些細な事でも、できることからやり続けよう!
そう思いました。    J39野口貴史

bcc1 at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月29日

掛川市のボランティアは密かに規模がでかくなっている2


F−Waveで加盟している掛川美化推進ボランティアの集まりに先日参加してきました。創設3年ですが加盟団体が70も集まったようです、市町村レベルのボランティア団体では国内でも最大規模!なかなか関心が高いと思われます。いろんな話を聞いていると最大の問題は不法投棄との戦い!
我々は自然に流れ着いてくるごみの処分がメインだが不法投棄は完全にモラルの問題です、、、、特に多いのが高速入り口付近で投げ捨てられるコンビニなどで買った弁当の食べ終わった後のごみの投げ捨て、、、いい加減にしましょうといいたいですね、、、、また徐々にいろんなねたを仕入れてきます!それではまた次回!!10046625933_s

bcc1 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
BCCメンバー
野口家
野口ファミリー・・・ 静岡県在住 プロウインドサーファーの父、アマチュアクィーンにもなった母 海が大好きな4歳の風香でオーシャンライフを楽しんでいる。


アトム
アトム・・・神奈川県在住。中古カー用品を取扱う会社を切り盛り、相模川にある通称・猿が島をベースに、すっかりとWaveの虜となり、海へ頻繁に通う。


naga
アップル・・・長野県在住 スキー、スノーボードインストラクター 野尻 湖でウインドを覚え夏場には海にも通う 。


かな
かな・・・東京都在住 高校生 世界で活躍できるプロウインドサーファーになるべく活動中


TAKI
た-・・・静岡県在住 バイク関係の職人 静波海岸付近をメインに活動中


mizo
MIZO・・・東京都在住 デザイナー ビーチクリーンクリューのロゴを作ったのもこの方です。


KUGI
KUGI・・・滋賀県在住 パソコン関連の仕事をしています 琵琶湖のそばに住み コンディションに合わせて海に通います。 12/03〜04/01、御前崎移住..御前崎発kugiの波風予想やってます。 kugiの波風予想
Paricon・・・仙台在住。医療関係。 石巻市長浜を中心に宮城県大畑浜、福島県烏崎、山形県西浜でウィンド、カイ ト、ロングボードを楽しんでいます。
Archives