2010年10月20日

ラーメンのスープの作り方

ラーメンのスープの作り方について勉強してみると、ラーメンとは本当に奥深いものだということがわかります。

お店の味に勝てるくらいというのはさすがにむずかしいのですが、自分なりにラーメンのスープの作り方を考えてみてはいかがでしょうか。

味という点ではどこまでいけるかわかりませんが、完全に自分の好みに合わせたものを作ってみるというのも楽しいですよ。

ラーメンのスープの作り方は、それこそ無限にあると言っても良いくらいです。

さすがにそこまで考えるのは面倒なので、ここでは一般的なラーメンのスープの作り方を紹介します。用意するのは豚骨2本、鳥がら1羽相当、長ネギ1本、ショウガ1かけら、水3.5Lです。

もっと沢山のものを入れると味に深みが出てきますが、本当のベースになるものはこれだけあれば充分です。

まず豚骨・鶏がらを熱湯に入れて2~3分煮ます。ここで使ったお湯はもったいない気がしますが捨ててください。

これで余分なものがスープに入らなくなります。

煮た豚骨と鶏がらを水で洗い、血合いなどをこすり落としてください。

その後骨を金槌で割り、中の成分がスープに出やすくなるようにします。

後は残った材料をひたすら煮詰めるだけです。

最初に用意した水が2Lくらいになるまで煮詰めて、最後にキッチンペーパーでこせば、ラーメンスープの完成です。

ラーメンのスープの作り方は、実はとてもシンプルです。

しかしそれだけに、どういう材料を用意するのかで、全てが決まるのです。

bcfdm641 at 22:22コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字