BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

2005年04月

イメージ 1

写真は、ベランダに鎮座する、私のハム用のアンテナ AMA-10Dです。
周波数で7MHzから22MHzまでに同調し、250Wまで送信出力を出すことができます。
同調はモーターを使って機械的にループ内の大型バリコンを回して取ります。
自宅内のコントローラーでモーターを回すことが出来ます。
アルミ製の極太ループ(直径1.2m)で構成されています。
ドイツ製のアンテナです。

ちなみにBCLアンテナとしても、極めて優秀なアンテナです。ハイバンドに限って言えば
このアンテナで大抵のDXは不満なく聴けると思います。とはいえ、いかんん、7MHz以下の
ローバンドには同調しないため、実際にはDX500を使うほうが圧倒的に多く、また同調操作が
面倒なので、BCL用としては、あまり使うことはありません。ただハイバンドで信号が弱くて
了解度が低い場合、たまにこのアンテナを使うことがあります。大抵Sメーターで目盛2ぐらい
こちらのアンテナの方が強く聞こえます。

イメージ 1

現在のアンテナシステムの概要は図の通りです。

DX500をメインにしています。

DC500は前長40cm程度なので、非常にコンパクトです。

アースがアンテナ以上に重要です。

費用も、アンテナと同じぐらいアースに費やしています。

徹底的にノイズ低減を心がけました。

スペースの無い場合でも、このようにすればある程度の

受信環境は整えられます。

イメージ 1

これが極太アーシングライン(Audio Technica TPC4)の外皮に巻きつけた

銅箔と、その上に嵌めた熱収縮チューブです。

銅箔を床にまっすぐにひいて、その上にアーシングラインを置き、

その後、銅箔を、巻きつけてゆき、それをセロハンテープなどで

仮留めしたあと、熱圧縮チューブの中に通していき、それをバーナーで

こげない程度にあぶると、黒光りする最強アーシングラインが完成。

片方の銅箔を極太アーシングラインの片端に半田付けすると、

アースラインをシールドすることができます。

アースラインにノイズが入ってきても、そのノイズは外皮を通る方向と、内側の

アーシングラインを通る方向とが、互いに逆方向になり打ち消しあうため

ノイズが消えるのです。この結果、アーシングラインに混入するノイズの影響は

アーシングラインが長くなっても理論上は打ち消すことができます。

イメージ 1

自分は、この周波数帯一覧をつかって短波サーフィングを楽しんでます。

特に、22mbや19mbは遠方の放送局が日中聞こえていますので、土日の休日に

ゆっくり楽しむには最適です。

31mbは、多くの近隣局が聞こえます。

90mbや75mbは、深夜になると東南アジアの放送がよく聞こえます。

イメージ 1

BCLをはじめて最初に買ったのが、プロシード2600だった。

買ったのは、ベスト電器で、43000円ぐらいに値引きしてもらった。

当時、電気店にはBCLのブースがあり、その中に、ソニーのCRF-1やCRF-320も

あった。

プロシード2600を家に持って帰るときの、ときめきを忘れない。

雨の日だった。

家で、机の上に、ラジオを置いて、アンテナをのばして、スイッチをつけた。

あまり聞こえない。

アンテナの線を、窓の外に出して、裏の家の庭から、さらに隣の家の木まで

伸ばしたり、今考えると違法行為だったと思うが、いろいろした。

だんだんと、聞こえる放送が増えてきた。

そのうちにアンテナチューナーを買って、混変調を減らしたり、

一時期は、オーディオフィルターまでつけて、混信を減らそうとしたりした。

すべては、あの雨の日に始まった。

↑このページのトップヘ