BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

2008年02月

05時27分 
6250KHz:Radio Nacional-Malabo Equatorial Guineaの首都Malaboから今日は良好なアフリカン
   ミュージックが堪能できますね。スペイン語が公用語なのでトークだけだと南米かと
   思ってしまいます。(マラボという地名も)しかし音楽はモロ アフリカです。こちらは
   業務無線が混信しているためLSBで受信しております。
   LSBにて、SINPO=24332です。しかし周波数Vしてますね(笑)

05時53分
4904.97KHzUSB:Chad アフリカン音楽がずっとかかっています。5時頃にcheckしたのですが、
その時は聞こえてませんでした。SINPO=33333です。下から混信があります。

05時56分
6240KHz:FAMILY RADIO 近隣ノイズなのかQRMなのか分かりませんが、それが出ているため
聴きにくくなっております。SINPO=22242です。

06時39分
6080kHz VOA(STP Pinheira)も強く良好です SINPO=44433 ラップ系音楽番組がかかっています。

06時41分
6290kHz R.Cairo こちらでもSINPO=35433で聞こえています。私も初受信です。ラジオ劇のようですね。
変調がやや浅めです。

06時41分
6005kHz & 7430kHz R.Tirana
  6005kHzの方がFB。ただ6000KHzの中国から汚いスプリアスの被りあります。
  なんとか7430KHz双方聞こえています。

06時51分
4965KHz CVC International (ザンビアの首都 Lusaka)が良好です。SINPO=34443。軽音楽が掛かって  ます

07時09分
9705KHz ORTN (Voix du Sahel-Niamey フランス語プロ)7時からのコンディションの復活,本当うれし
いです。当地もSINPO44444で良好に来ています。いま男性の歌と小刻みな打楽器の音楽を堪能して
  います。アナウンサーとマイクの音がなんかアマチュアぽくって良いですね。

07時27分
9675kHz R.Cancao Nova はこちらではカスカスで入ってます。(涙)

16時01分
9564.9kHz Radio Tupi SINPO=23432 USBにて受信中。

16時50分
13715kHz R. Slovakia Int. 34333

17時08分
9790kHz R.Vlaanderen Int. 弱いですね。SINPO=33333

17時15分
12020kHz RDP SINPO=35333です。日曜の教会のミサ曲が掛かっております。
15555kHzでも同程度で受信出来ます。

17時32分
6180KHz RN da Amazonia 数分前から聞こえてきました。現時点ではまだSINPO=22322です。

17時36分
6185KHz CVC INTERNATIONAL (スペイン語 Santiago)
SINPO=34333です。男性トーク。

20:47
3290kHz Radio Central (インドネシア)
大変良好です。音楽すばらしい。SINPO=44444

今日の一言

最近気が付いたのですが、近接局をΔLoop7の同調を少しずらすことで混信を軽減できるようです。
(下からの混信時はチューニングを少し上にする)本当にシャープなんですね。

05時08分 6080KHz VOA(STP Pinheira)良好です。
06時15分 6240KHz Family Radio via Moldova 良好です。 SINPO=34433
06時47分 3965kHz Radio Taiwan Int. via France 43433
06時47分 3975kHz Radio Budapest 24332
06時47分 3985kHz Glas Hrvatske 34433 良好に聞こえてます。Glas Hrvatske 音楽いいですね。
06時55分 9580kHz Africa No.1 おアフリカンポップスがかかってます。SINPO=34333 いい感じです~~
07時03分 9700KHz R.Burgaria 良好。SINPO=34433 スペイン語で、一瞬LAと誤解しました。
07時07分 7255kHz VO.Nigeria 本当に強い。SINPO=43333 下からかぶり、USBで聴いてます。
07時11分 4965KHz Radio Christian Voiceも良好です。SINPO=34333
07時15分 9760kHz CyBC Cyprus Broadcasting Corporation 軽快な音楽とともにいい朝。SINPO=34333
16時50分 6070kHz CVC La Voz (Espanol) SINPO=44333 。6050KHzのほうはわずかに弱いです。
17時05分 9790kHz R.Vlaanderen Int.Radio Franceの17:00のS/OFF後すぐにON/AIR。美しい譲り合い。
18時36分 3987.04kHz RRI-Manokwari マノクワリ良い感じの音楽ですね。
18時58分 3185kHz WWRBはなんとか聞こえるようです。
19時22分 3385kHz R.East New Britain SINPO=34333。音楽とても快適。南国の風景が想われます。
20時54分 5910KHz DW ドイツ語プログラム 無茶苦茶強いです。雰囲気が良い.
21時30分 5860KHz クウェートのR.FARDAも良好です。音楽番組系ばかり。
23時12分 2485kHz ABC-Katherine S7程度でノイズフロアはS0です。
23時53分 9970kHz 不明局(23:00から24:00までクラシックをかけ続ける局)ずっとかけ続けてほしい.


今日の一言 

今日は、クラシック不明局が一番印象に残りました。こういうミステリアスな(どこから、誰が、何のために放送しているのかが分からない放送、だけど番組が美しい)放送は心に残りますね。
あとは、時間になると直ぐ軽快な音楽とともに突然始まるCyBCの放送も気が効いていておしゃれです。
それから、R.Vlaanderen IntとRadio Franceの17:00の美しい譲り合いもマジシャンに綺麗なトランプ技を見せられているようです。

06時37分 9580kHz Africa No.1
本当に微かですが混信がないので聞えます。
07時31分 4755kHz UnID(LA)
本当に微かですが音楽が7時ぐらいから聞えてますね。
07時48分 9590KHz R.NEDERLAND (Indonesian) Talata-Volondry madagascar
FBに聞えてます。SINPO=45444 トークと音楽です。
07時54分 11670kHz Radio Nacional de Venezuela
厳しいですが、微かに男性の声が低い帯域で入感しています。
少し遅延エコーがありますね
07時57分 11645KHz ALL INDIA RADIO
08時07分 13680KHz Radio Nacional de Venezuela
状態は比較的良いようですね。S=8ですが、ノイズが少なく、聴きやすい状態
08時20分 13730KHz R.CANADA INT (Spanish) Sackville Canada
弱いながらも入ってます。S=7です。
18時39分 5019.87kHz Solomon Islands BC (難局)
いい感じで入りますね。トーク番組ですね。音楽がもう少しかかるといいのですが。
SINPO=34333です。東京でも良好です。18時43分
19時01分 3935.07kHz R. Reading Service (難局)
キャリアは強くきているんですが。。変調本当に浅いですね。
LSBにしてPBSを-0.1にして漸くトークが分かる程度です。
なんか業務無線のような雰囲気ですね。
でも自宅で確認できたのは始めてです。
22:32 2959.98kHz RPDT2
今日も入ってますね。

今日のひとこと

コンディションが悪いなりに、強大局などを取り混ぜて聴いてみました。
やはりコンスタントに聴くのが、DXを探すためには必要だと感じたしだいです。

06時28分  6250kHz  R.Malabo
06時47分  6080kHz   VOA(STP Pinheira)良好です。6:45 ID確認しました。
SINPO=33343 男性トーク。6:54 ラップ音楽です。7:02 S/OFF確認。
07時00分 6240kHz Family Radio
ID 6:58 ID確認しました。 こちらはあまり感度なくSINPO=25432です。7:00 S/off
07時13分 4965kHz Radio Christian Voice
7時からこちらでも強くなってきました。もう外はお日様さんさんです。
07時14分 6050kHz Polskie Radio
07時17分 4994.56KHz R.Andina ??
15時32分 9565kHz Radio Tupi (6060KHzとパラで確認)
16時57分  6060KHz Radio Tupi
17時03分  5910kHz Marfil Estereo こちらでも入ってきました。やったー
17時16分 15555kHz R.Portugal Int. SINPO=35333
12020kHz 同上      SINPO=24322
21時24分  5850KHz   WEWN
22時09分  3205kHz   Radio Sandaun
22時49分  2959.98kHz RPDT2(出力300W!) 23:06 終了の音楽、キャリアのみとなる。
       終盤はSINPO=34443です。強い。

今日は、コンディションが良かった。
楽しいDXが味わえました。

途中、ΔLoop7のロッドアンテナが折れるトラブルがありましたが、無事復旧しました。
TUPIも 録音できました。

昨夜からΔLoop7の調整をしておりました。
まずは、ヌル調整からと、ヌル調整用に作った5m長のアンテナをΔLoop7に付けて
NHK(JOAK)を聴きながら、Sメーターが一番小さくなるように調整しました。
さあ、と期待しながらループアンテナを付けると、どうでしょう!
バンド中がお化けだらけです。

感度は低くしたつもりなのですが(半分ぐらい)かえってノイジーになりました。

そこで、どうしたものか?

25%減ぐらいのところが一番お化けが無くなりました。
そこからは、根性によって(笑)
シャックと外との間を100回ぐらい往復しながら調整しました。

しかし調整によって、大分ノイジーさが無くなり、微弱局が取れるように
なった気(笑)がする。。
しかし、どうしてこんなにお化けが(感度を低くする設定をしたら)出るのかが
謎です。
感度を低くするなら、お化けは減るのではないかなと疑問です。

しかしゲインを高くしたほうがかえって、静かになるというのは
悪い話ではないです。

しかしながら、ロッドアンテナの部分を少し横幅をつけてやろうと、ぐいぐいしていたら
「ぽき」と折れちゃいました。

うわー!

折れる前は1.2mのロッドアンテナを2本使っているのですが、
1mのロッドアンテナの予備が2本あったので、それを使ってみたのですが、
どうしたことでしょう!

またノイジーになりました。
お化けもいっぱい。

やはりロッドアンテナが短くなると、全体の感度が落ち、それでお化けが出る
ようです。

自転車を走らせて秋葉原にGOしたのはいうまでもありません。
時は夕暮れのDXタイム。

通常は30分片道かかるところを、はあはあ言いながら12分(!)で到着。
いつものラジオセンターの2Fのおじいさんのところへ。2本ロッドアンテナをオーダー。

おじいさんは、何に使うんだいと言ってくれました。

私が「アンテナに使うんです」というと「??」とした顔をしてました。
無線のアンテナというと少し分かってくれたみたいですが、いっそのこと
ΔLoop7といったほうが良かったかもしれませんね。

さて、また自宅に付いたら、早速取りつけです。

そうしたらどうでしょう。

今度はきちんと聞えます。
ノイジーさも無くなりました。

なんで、こんな風になるのでしょうか。
不思議でなりません。

ただ、結果的には満足しているので、まあ良かったです。

調整は、本当に1mm以下の単位で相当微妙な調整になりますが、相当
ノイズが変わります。

ソフトに触れるような調整になります。

↑このページのトップヘ