BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

カテゴリ: ANTI NOISE/ノイズ

今日、ワッチしていてローバンドでS=9ぐらいのノイズが
出ていることに気がつきました。

またプラズマTVノイズかと目の前が真っ黒になりました。

MWは全滅。3~5MHzもS=9ぐらいのノイズフロア。

どこがノイズ源か調べるためにAMポータブルラジオで
アンテナ周辺を当たってみた。

ノイズが一番大きいのはなぜかアマチュア無線用のマグネチック
ループアンテナでした。それ以外の場所では強いノイズは
感じられません。

近隣の家から出ているノイズではなく自宅から出ている
ノイズのようです。

いつもリビングルームで聞いているのですが、久しぶりに
シャックのラジオを付けて、ローバンドを聴いてみたところ
やはりローバンドのノイズフロアが高いレベルです。
ラジオ日経の3925kHzでさえ聴きにくいレベルです。

まずは電源系のノイズを疑いました。
ICF-2010を電池駆動にして、ノイズフロアの変化を見てみました。
そうすると、ほとんどノイズフロアに差がありません。
どうも電源系から入っているノイズでは無いようです。

次はアンテナ系から入ったノイズかどうか確かめるために
ループアンテナの室内モジュールのアンテナ側の同軸コネクタを
外してみました。

すると、どうでしょう。ノイズフロアが変わらないではありませんか。
つまりこのノイズが屋外から室内モジュールの間では発生していない
(外からのノイズではない)ことになります。

次は室内モジュール自体がノイズを発生していないかどうか
確かめるため、室内モジュールからラジオ側に繋いでいる同軸を
室内モジュール側で外したところ、やはりノイズフロアに変化は
ありません。

普通なら、ここでほとんどノイズフロアは0になるはずです。
どうしたことでしょう。
訳が分かりません。

室内モジュールより先でノイズが発生しているようです。

しょうがないので、ラジオをポンと叩いたところ、ノイズが
がくっと減り、S=0になり、静かになりました。
アンテナ側への同軸を再び接続しても、ローバンドでS=3程度で
通常のノイズフロアになりました。

思わず万歳をしたくなりました。

しかし、この現象、何が原因なのでしょう。
叩いたラジオは特に電源を付けていなかったので、これが
ノイズを発生していたとは思えません。

同軸か、分配器が、シャック内のノイズを拾っていた可能性が
高いです。

原因を探るため、再現しないか、いろいろ後ろの配線をいじって
みましたが、再現しませんでした。

再現してくれば原因もわかって、対策が打てるのですが。


今日、リビングのエアコンを買い換えました。
買ったのは東芝の大清快です。
インバーターノイズが一番心配でしたが、
幸いノイズは出ませんでした。

自分のシャックの部屋にある「ダイキン」製の
エアコンは盛大にノイズをまき散らすので、東芝や
日立ならきっとノイズ対策もされているだろうと
思い、東芝にしたのですが、やはり大正解でした。

とりあえずラジオを聴くのはリビングでペルセウスを
遠隔操作して聴けるので、ノイズ問題は解決しそうです。

(ただ通信機型ラジオはシャック内なのでシャックが
 暑くなる(寒くなる)時期はエアコンをつけて聴けません。
 あと、アマチュア無線も同様です。)

いずれシャック内のエアコンも東芝製にしようと思います。

東芝製 Good!!

自宅でワッチしていると中波帯からローバンドにかけてS=9のノイズが
時々出ていることに半年前ぐらいから気づきました。

上は9MHzぐらいまでノイズが出ています。
これまでは出ていなかったノイズです。

ただノイズが出たかと思うと数分後にはノイズが消えたりして
出るときと出ないときがあるのが不思議でした。

ノイズが出ている時、ペルセウスで帯域を見るとのこぎり状の
ノイズがバンド一面に出ています。

出たり消えたりするのが良く分かりませんでした。
その時はついに我が家もPLCノイズの被害を受けるようになったかと
絶望しました。

そこで、せめてどこの家からノイズが出ているのか確認しようと
ポータブルラジオを手に周辺を探してみました。

マンションの一階ではそれほどノイズが無いことから
マンション外からのノイズでは無いことが分かりました。

その後、各階を探してみましたが、私の階が一番強い状況でした。

まさかと思い部屋中をラジオでチェックして回ると
寝室用エアコン(ダ●●ンエアコン)の室外機からのノイズでした。

試しにエアコンを消してみると見事にノイズが消えました。

エアコンの点け始めや室内温度が高くなって急速冷房になるときに
ノイズが出るようです。
慣らしの時はノイズが出ないこともわかりました。

ラジオを聴くときはエアコンを消すことが唯一の対策のようです。

老朽化でノイズが出てきたものと思いますが、他にも同じ時期に購入した
3メーカーのエアコンを持っていますが、どれもそんなに酷いノイズは
出ていません。

みなさんこのメーカーのエアコンノイズには注意してください。シ●ープも出やすいそうです。

こちらに色々書いているようです。私もいろいろ試していますが
輻射ノイズらしく、決定的な対策にはなっていません。
(とりあえずインバーター基盤から出ている全ての配線にフェライトコアを
入れた他、アルミホイルで包んだ。またインバーター基盤ケースがプラスチック
だったので銅箔でシールドした。)
中波はまだノイズレベルが高いですが、短波帯(6MHz以上)ではノイズレベルが
かなり減ったような気がしますが、ほんの少し減ったか?と思う程度です。

エアコンの室外機の電源コード取り出し口にフェライトコアを設置(コードが短くて2回巻きしか
出来ませんでした)するとSメーターで1ぐらいノイズが減りました。

短波帯では3MHz帯より下を除いて、大体ワッチ可能となりました。

しかし中波帯域でノイズが高いままです。
こちらにも対策方法がいろいろ書いていますが、インバーターノイズが出ない
エアコンに買い替えるしか無いと思っています。

6畳の部屋なのですが、インバーターノイズが出ないエアコンは何か
調べる方法は無いか検討しているところです。

最近購入された6畳用エアコンでインバーターノイズが出ない
良いエアコンがあれば是非教えてください。

ダ○○ンには下記のような問い合わせをしましたが、インバーター機器は
ノイズが付きもので対策できないという返事でした。

エアコンでも富士●のは、まったくノイズが無いので、メーカーによって
違うのでしょうね。
相談・お問合わせ内容

現在使っている御社のエアコンがAMラジオにノイズを撒き散らしています。このインバーターノイズは貴社エアコンの室外機から出ています。 

当方BCL(ラジオ受信)とアマチュア無線を趣味としており、インバーターノイズがあると趣味が満足に出来ません。 

しかしエアコンを買い換えると費用もかかります。 

インバーターノイズを解消するために貴社で修理出来ないですか。 

他社(富士通)のエアコンの室外機も同じ場所で使っていますが、こちらからはノイズが出ていません。 

ご検討をお願いします。 

先ほど上階から連絡があり、プラズマテレビを買い替えたということです。

ようやくプラズマノイズから解放されました。

先ほどからFBにノイズレスなラジオを楽しんでいます。

これも上階の方とP様のおかげです。感謝しています。

早くプラズマノイズの問題が社会的に認識され、LED液晶ディスプレーに代替されることを

心の底からお祈りしています。

今回はP様のご厚意で上階のプラズマテレビの買い取り交換をしていただき、

今は同じメーカーの液晶のテレビに交換していただき、大変すばらしい受信状態になりました。

本当にありがたいことです。

P様には感謝しております。

はやくP様も、高画質で大型の液晶画面に販売移行することを祈っています。

プラズマノイズの影響
http://www.youtube.com/watch?v=g9h1-kTuzP0&NR=1

先日メールにてプラズマテレビのノイズ被害をメールでPメーカー様に説明したところ
途中で数度のやりとりがありましたが(一度はかなり深刻な議論となりました)
ようやく先週土曜に先方技術者2名の当方へのご来訪がありました。

まず当方のノイズ被害について、ラジオを実際に聞いていただき
ノイズの状況を確認していただきました。

NRD-545をつけたところ、3MHzから9MHzまでびっしりと
S=9のノイズがありました。それもギリギリと頭を押さえつけるような不快なノイズです。
(写真は見やすくするために、ペルセウスで取ったノイズのスペクトラムです)

このようなノイズでは、上の階でテレビをつけたら、私は南米などの弱い局は聞けません。

先方の技術者は、3台の日本無線のラジオを前に、その威容とノイズに圧倒されていたようでした。

たまたま上階にてテレビをつけているようです。

そこで私は、先方の見る前でΔLoop7から確かにS=9のノイズがあることを
Sメーターを指を指して、P様の技術者のお二人にも確認していただきました。

そのあと、当方のアンテナを視察したいとのお話がありましたので、
ベランダに来ていただき、私のΔLoop7と、AMA-10Dの2基の磁界型ループアンテナを
見ていただき私のアンテナが階とかなり近い距離にあることを確認していただきました。

また当方のベランダが小さいため、上階のテレビとの距離を離すことも物理的に
困難であることを確認していただきました。

さらにポータブルラジオ(ICF-SW100)にて、上階の避難用梯子にアンテナを近づけた
とたん、ラジオからも耳を劈く激烈ノイズが出ること、ノイズの発振源が上階だと判断した
これまでのいきさつ(上階に伺ったときにたまたまテレビを消してもらったら、ノイズが
消えたこと)を説明しました。

また当方の自宅で使っているテレビがP様の液晶テレビであるものの、テレビを付けてみても、
至近距離を除いて、全く手元のICD-SW100にはノイズ妨害を与えないことを、確認してもらい
ました。

そのあと、先方技術者様から、念のため当自宅でのテレビON、OFFでNRD-545でのノイズ
レベルが変わらないことを確かめたいということでしたので、その確認をしてもらい、全く
ノイズが変わらないことを確認していただきました。

その後、技術者様は一旦上階に訪問して状況を確認したいとのことで、いったん2名が退出された後、数分後に1名の技術者様が戻って来られて、もう一度ラジオを聞かせてほしいとのことでしたので自宅にまた上がっていただきました。

今度は上階のテレビを消してみましたが、ノイズはいかがでしょうかとのこと。

NRD-545の電源を付けて、ラジオを聴くとまだノイズがありました。

先方技術者は、あれ?、まだノイズがありますね、これは上階が原因ではないですね。
とおっしゃられます。(う?おかしいぞ)

そこで、すかさず私は、機転を利かして、、いえ、ノイズレベルは今S=7ですね。
ですからやはりノイズはさっきのS=9からは減ってますのでノイズの原因は
やはり上の階のノイズでしょう。近隣にまだプラズマを使っているお宅があるから
こうなっているんでしょう、と切り返しました。
(ここで上の階段に上がられる前にSレベルを双方で確認していなかったら、上の階のテレビが原因ではないので、Pメーカー様から無関係といわれて、協力が得られなくても仕方がない
ところでした!)

さらに、今度は上の階段のプラズマテレビをつけて自宅でのラジオからのノイズの変化を
見るということでした。
目の前で携帯をかけて「今度はテレビをつけてみて」と言われます。
(本当に携帯繋がっているのかな?と思いましたが、、、)

そうすると不思議なことにノイズレベルはほとんど変わりません。(オイオイ・・・)
上の階で、ラジオ持っていったときに確かめたんだから、そんなはずないだろうと、
これは何か罠だな?と思いました。

先方担当者はやはり当方のテレビの原因ではないですねということを遠まわしに
何度も言われます。(おいおい、、、、)

私はおかしいと思いながらも、これは何か理由があると思い、一瞬頭をフルに回転させ
ました。そうすると突然頭に、「先日のテレビのノイズ比較時に気づいた点、たとえば
プラズマテレビは画面の色が変化すると、輻射ノイズの音質が変わることを思い出しました」

とっさの機転で「すみませんが、今上の階では普通のテレビ番組を見てますか?」と
P様の技術者様に問いました。

すると技術者は突然困ったという顔をして、「いや、実はテストパターンで黒にしています」とのこと。
(おいおい、、、)

私は、「「画面の色」でノイズが大きく変わることがあります。そのテストパターンを白に
してください、白になると、プラズマテレビのノイズは最大のはずです」と説明しました。

先方は一瞬しまったという顔をしながらも「おい、テストパターンを白にしてみて」と言いました。

すると、どうでしょう。突然にラジオからはS=9の強烈なノイズが。。。

「どうも搬送波が乗っているようですね」と先方もつい、本当の真実を漏らしてしまいました。

「私はノイズ対策については素人ではないんです、メーカーのイメージが悪くならないように
祈っています。隣家で受信障害が生じてることから、何らかの対策をメーカー様でとっていただきたくお願いします。」と静かに言いました。
(私が画面の色合いでノイズが変わることを知らなければ、危うく単なるクレーマー扱いに
されるところでした、危ない危ない)

この一件により、先方はようやくあきらめたのか、分かりました善処しますということを
確約してくれました。
(実際はこのあと、時間かせぎをされて、危うくどうなることかわからなくなったのですが、そこは粘り強く、交渉をしていきました。もちろん上の階の方には、クリスマスにはお菓子を送り、あいさつも欠かさず、粘りの交渉をした結果があってのことですけど)

そして本日、上階より電話があり、P様のプラズマテレビが近隣住民のラジオ聴取に多大な被害を与えることからプラズマテレビを買い戻す(定価で)。さらに上階の方に液晶テレビに買い替えてもらえれば、ノイズ被害が無くなることを伝えますとの返答がありました。

プラズマテレビは、原理的にノイズ被害が生じることは技術サイドでも理解しており、今般のような短波受信という特殊なケースが想定されていないため、今回のような状況に至ったこと、原理的にノイズアンテナとなりえるのがプラズマテレビなので、原理的に、改善などでノイズ被害は抑えられないとの説明がありました。


私は基本的に、それはメーカーと上階との間の話ではありますが、ラジオ受信時の
ノイズが無くなるのは大変ありがたいので、歓迎すると伝え、この年末にプラズマから
液晶テレビに買い替えるのは上の階の方も大変ご面倒になると思いますので
買い替えは来年でも結構です、P様には大変ご迷惑をおかけしましたと伝え、
感謝の意を伝えました。

上階によると正月はなにかと忙しいため、助かります。
1月9日前後でテレビを買い替える予定なのでそれまでの間
ノイズが出てくるのは御許しくださいとのことでした。

なんとか
こうして私の上階プラズマテレビのノイズとの戦いが終わりそうです。

本当に大変でした。

これまでいろいろな方に励まされたおかげでここまで来ることができました。

そしてメーカーとの戦いも、これまでの研究成果を活かして上手く交渉が出来たと思います。
機転を利かせることができたのは、これは運がよかったのかと思います。
P様もなかなか、ハードな交渉をしてくるなと思いました。
(厳しい)

皆様にもこの私のメーカーと上階との交渉の記録が今後の交渉などの
何かのお役になれば幸いです。

皆様良いお年をお迎えください。

↑このページのトップヘ