BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

カテゴリ: BCL Mannual

送信機(FMトランスミッター)と信号強度を測ることができるラジオ(ICF-2010)を使って
電波の伝播(直接波)について実験をしてみました。

以下
送信機を①
ラジオを②とします。

実験は次の7種類で行いました。(結果はそれぞれの番号について記載)

1 ②を鉄でできたエレベーターの中、①をエレベーターの外(窓ガラス無し)に置く
2 ①と②の間に鉄筋コンクリート(距離は近い)
3 ①と②の間にガラス
4 ①と②の間に木
5 ①と②の間に鉄筋コンクリートで距離を離す
6 ①をアルミ箱に入れ、人が触れている場合と触れていない場合
7 公園で①と②の間を2倍、3倍にしていく。

結果

1 メーター3個
2 メーター10個
3 メーター10個
4 メーター10個
5 メーター7個
6 人に当たっていない場合
  メーター2個
  人に当たっている場合
  メーター5個
7 ①と②の間10m
  メーター9個
  ①と②の間20m
  メーター2個
  ①と②の間30m
  メーター1個

これらの結果から次のことが言えます。

電波はガラスと木には良く通り、鉄と鉄筋コンクリートでは通るが弱くなる。
鉄の遮蔽が2重になっている場合ほとんど通らない。アルミの遮蔽では
ほとんど通らないが、遮蔽物に人が触れると多少通るようになる。
(人がアンテナ代わりになる)
距離が2倍、3倍になると電波の強さは4分の1 9分の1と分母が距離の
2乗分だけ弱くなっていく。(距離が離れると急激に弱くなっていく)
(ただしこれは電離層による伝播ではないので一概には言えない)

実際の受信について上記から次のようなことが言えます。

鉄筋コンクリートの家と木造の家で室内で受信すると木造の方がよく聞こえる。
鉄筋コンクリートの家でも窓際だと、よく聞こえる。
ノイズ(=電波の一種)を発生する機械が室内にあるときは、出来る限り離したほうが良い。
アンテナの材料は鉄よりもアルミの方が良い。(鉄よりアルミの方が遮蔽
効果がある→アルミの方が電波を捉えやすい)
※アンテナのエレメントにはアルミを使うことが多いですが、銅の方が
 本当は良好です。
アンテナから室内に取り入れるコードは同軸ケーブルの方がノイズを拾いにくい。
(2重シールドの方がノイズを拾いにくい)※ただし外皮は高周波的に接地されている必要あり。
ノイズ源に人が触れるとノイズが強くなることがある。
(逆にロッドアンテナ等に人が触れると信号が強くなることがある)

室内外でのラジオの設置やアンテナについては上記のようなことが影響します。



















短波の周波数リストでペルセウスのUSERLISTに使えるものに
青木OMの青木リストがあります。
この中の左上にあります。
クリックすると周波数リストが出ます。
そこで右クリックして、名前を付けて保存。
それでペルセウス内のUSERLISTに上書きすれば
最新の周波数リストをペルセウス上に
表示出来るようになります。
青木OMのご尽力には感謝です。

さてさて、BCLってなにか、ってことからはじましょう。

BCLっていうのは簡単にいうとラジオを聴くってことです。
えーそれじゃータクシーの運転手もそうじゃない?ってことでしょうね。

うん、まあ、まちがっちゃいないけど。(BCLとは単にラジオ聴取者という
意味なんで、、、Broad Casting Listnerの頭文字)
でも、どっちかっていうと、私たちがBCLというと、もうちょっと、
違うイメージです。たとえば、通信機型というラジオを使ったり、
BCLラジオっていうものを使うんです.

じゃあ、どこがタクシーの運ちゃんのラジオと違うかっていうと、
これらのラジオは、短波が聴けるんですね。

短波って何かっていうと
いつも聴いてるAMっていうのより、もう少し周波数が高くて、
海外に電波が飛んで行ってくれるわけです。

SWともいいます。Short Wave の頭文字。つまり 短波。

で、じゃあ、なにが面白くって短波を聴くのっていうと、それは、、、、
 
ここからは結構ジャンルが分かれるんで、私の独断と偏見で書かせて
いただきます(済みません)

①ロマン
遠くの放送が聞こえるっていうのは、もうそれだけでドキドキですよ。
インターネットだったり衛星放送だったりすると、聞こえて当たり前の世界ですけど
短波っていうのは、空間をふわふわと伝わってくるものなんですね。
 
だから何?っていう声が聞こえてきますね~。(笑)

でも、昔糸電話をして不思議だなと感じたのと同じで、小さな
アンテナで、遠くの空から(実際は電離層ですけど)届く声や音楽を
電波から変換(検波)して受信するのって、とっても不思議なことです。

そして、毎日必ず聞こえるわけじゃない、その日の太陽風や、地球の電磁環境
そして電離層の状態によって、届いたり、届かなかったり、ときには え~うそーというような
とっても小さな放送所からの音楽が聞こえたり、いろいろあるわけでして
そういうことを、ワイワイがやがやと、仲間たちで、インターネットやペディションで
フェースツーフェースで話合いながら、または部屋で独り想いにふけりながら
遠い国の不思議な音楽を雑音の中で聴くっていうのがまた楽しいものなのです。
 
こういう独特の世界って惹かれませんか?

釣りとか好きな方だったら、イメージわくと思うんです。

「アンテナというつりざお」で、大物(珍しい局)がひっかかるのを
ずーと待っているっていう感じなんですね。

もちろん雑魚もたくさんいますが、それもまた楽しからずやです。

音楽が楽しかったり、英語の勉強になったり(フランス語とか韓国語、
中国語とかもあり)、語学の勉強になったりするわけです。
 
そして、もちろん電気に詳しくもなりますし、なにより仲間が増えるのが
一番だと思います。
 
②収集癖を満たす

受信報告書を書いて出すと、(必ずもらえるわけではないのですが)
べリカードという受信したことの証明書を放送局から貰えて、その手紙の切手とか
感謝の手紙とか、そういうのって、釣りでいえば「魚拓」みたいなもんで、珍局だったりすると
「どんなもんだい、えっへん」 と仲間に誇らしげに見せたり、ネットに
アップしたり、中にはオークションで売る人もいて、かなり高値で落札されたりすることがあります。
 (これは実際にあります。ただ魚拓を取引するのはどうかと私は思います。)

あと一方でラジオや通信機型受信機を集めるという楽しさもあります。
今は通信機型受信機やBCLラジオを生産しているメーカーもあまり無くなりましたので
主にオークション等で購入することになりますが、自分が欲しい受信機をまさに釣りを
楽しむ感覚で、待ち、獲物が現れたら狙い落とす、または見送る(あまりにも高くなったとき)
という面白さがあります。また欲しいラジオや通信機型受信機が有る場合、購入資金を
ねん出するため、手持ちのラジオや通信機型受信機をオークションに出すといった
カードのトレードのような楽しみもあります。ラジオや通信機型受信機自体に流通性の
ある価値があるので、決してお金の無駄遣いにもならないということも大きいです。
(供給が少ないのでリセールバリューが比較的大きい)

③アンテナの工夫

BCLでアンテナは非常に重要です。
BCLでは本当はアンテナにお金をかけるほうが、受信機にお金をかけるより、
受信環境を良くするには効果があります。
たとえどんなに高価なラジオや通信機型受信機を使っていても、アンテナが良くなければ
1万円のラジオと良いアンテナの組み合わせで聞こえる局が聞こえなかったりもします。

なぜこのようなことが起きるかというと、電波をキャッチするうえで、
アンテナの差は大きいものの、受信機による差は実はさほどでもないためです。
受信機の差は、機能性の差、釣りでいうと「リールの良し悪し」
耐久性の差、釣りで言うと「ウェアの差」
取った電波を正しく取り出す(難しい言葉ですがダイナミックレンジの高さ)
釣りでいうと(取った魚を保存する)「クーラーの差」のようなものです。
たしかにこれは、良ければ、それにこしたことはありません。

一方で、アンテナの差は、電波の入り口の差なので、釣りで言うと釣り竿、ルアーの差のようなもので、電波を受信する(魚を釣る)には決定的な差が生じます。
アンテナの種類=釣りでいうと釣り竿やルアーの差のようなものです。
そのためアンテナの差は大きいのです。

よって釣りで釣り竿や、ルアーに凝るのと同じようにアンテナに凝るのもBCLの
楽しさの一つです。

ラジオなどは自作が困難または非常に難易度が高いものですが、アンテナは自作が
比較的に可能なので、電子工作の楽しみもあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BCLを始めようとするといろいろ大変なんですが、BCL日記にも
そのあたりが書いてますので(手前味噌ですみません)よろしければご覧ください。
 
多くの若い方がBCLを始めていただければ嬉しいなと思います。
 
イメージ 1
NRD-545 by JRC


イメージ 2
R-1000 by TRIO (KENWOOD)

イメージ 3
AR-7030+ (by AOR) & Perseus (by Microtelecom)

イメージ 4
Proceed RF-2600 by National(Panasonic)

イメージ 5
Skysensor 5900 by SONY

イメージ 1

私は短波の愛好家です。

短波は、Strangeでexcitingなsoundでいっぱいです。

ぜひ一度本当に短波を聴いてみてください。
今日は安価で高性能な中国製のDE1103、DE1123(またはDE1125)についてご紹介します。

■DE1103(検索するとたくさんヒットして、そのままインターネットで購入できるようです)
実売価格8000円程度で入手でき、海岸や広い公園などの屋外なら、
比較的簡単に短波の良好なサウンドが聴けます。
アンテナも付属のロッドアンテナで十分のようです。
反面、長いアンテナをつないだり、近くに送信所がある地域では
混変調という現象で、実際にはナイ局が聞こえたりします。
DE1103についてはDSPではなく、ダブルコンバージョンのラジオですが
各種部品は日本製のものを多く使っているようで、同期検波がなかったり
操作性が落ちる点を除くと、ソニーのICF-7600GRという受信機に匹敵していると
いわれています。もちろんソニーのほうが品質は上ですが、価格差が相当あります。
(ICF-7600は希望小売価格42000円)
DE1103は主観ですがペディでは、私が持っているICF-2010と比べてもそれほど性能差は
ありませんでした。ブラジルも聴けていました。
非常に魅力的、本格的なラジオと思います。

■DE1123(またはDE1125)
安くてもDSP受信機で、使用しているモジュールは原理的にはPerseusなどに通じるものがあります。前段のバンドパスフィルターが無いのでダイナミックレンジは控えめですが、
それでも安定度は抜群で往年のBCL受信機を軽く凌駕する性能は確保しています。
録音ができるというのもうれしいですね。
DE1123(またはDE1125)は、DSPラジオなので、純粋なソフト技術に依拠していますので、
あまり部品の差は生じないと思います。DSPというブラックボックスのモジュールは日本も中国も基本的には一緒のアメリカ発祥の技術を使っているので。

DE1125の方は、ICF-2010と同じように、マニュアルのダイヤルが付いていて選局が出来ます。横から見るとかっこいいですね。薄型ですし、胸ポケットにも入りそうです。
値段も8000円程度と安いですね。
MP3レコーダーとして、会議の録音なんかも出来るそうです。

ただアンテナからの信号をより分けるバンドパスフィルターというのが無かったりします。
便利さはありますが、ラジオ単体としての魅力は劣ります。

太さんのDX BBSで長谷川/愛知OMからの情報ですが、大変有意義な情報ですので、防忘録として記載します。

中波でNHK-2の占有チャンネルで中国の地方局やCNR-1が0200/0235/0300でOFFし、それ以降NHK2が出てくる午前5時30〰50分まで月曜日早朝以外ウィークデーもDXができるMW準クリアーチャンネル。
(21ch)

693, 702, 747, 774, 828, 873, 1017, 1035, 1089, 1125, 1152, 1359, 1377, 1386, 1467, 1476, 1512, 1521,1539, 1593, 1602kHz

国内局の出ていないクリアーチャンネル

630, 657, 711, 783, 855, 972, 1043, 1080, 1170, 1206, 1251, 1305, 1548, 1566kHz
(14ch)


近隣諸国局も24時間放送を行っていなかったり、弱いchでDXができるch

630, 1017, 1377, 1476, 1512, 1539, 1548
(7ch)


HLAZが1時間止まる0300-0400の間
(1566kHz)

時々北の放送が止まる
(702kHz)

↑このページのトップヘ