BCL日記

釣りのように、「遠距離放送局」という魚を「アンテナ」という釣り竿と「ラジオ」というリールで釣る趣味がBCLです。

カテゴリ: 受信日記_2006年春

850KHz KICYが非常に今日はよく聞こえています。

2次伝播で、ほとんどリスニングモードでゆったりとした
音楽が楽しめます。
次第に状態はよくなっていきます。
空電ノイズも少なく、
音楽ばかりかかっています。

今夜中の1時ですが、女性アナウンサーが KICYと言って、ID取りました。

SINPO 44444

今日は、ゆっくりこれをBGMにして眠ります。

BCL横丁さんのブログで知ったばかりなのですが、
HCJBの尾崎一夫様の奥様がお亡くなりになられたそうです。
なんと言っていいか言葉がありません。

HCJBの日本語放送が再開したのが2006年6月3日。エクアドルの首都キトーからでなく、オーストラリアのクヌヌラ送信所経由の送信になったとはいえ、アンデスの声当時からの尾崎夫妻が行われていました。
ご家族に見守られて、ご主人に手を握られての旅立ちだったそうです。
なにか泣けてきますね。前日まではご家族の方と歓談されていたそうですが、8月の末ごろから
ご体調を崩されていたそうです。
本当に、心よりご冥福をお祈りします・・。

イメージ 1

夕方6時頃から推定KICY が入感しています。
DX500なので、ノイズレベルすれすれです。

18:35 お、ちょっと上がってきたぞ。ロシア語だあ。

18:40 来たー すごい強い

18:41 超録で録音してますが、10分前からレベルが上がっているのが
    レベル履歴欄で見てとれます。

18:42  あれーもう落ちてきたよ。また上がってクレー

18:45 あれー大分弱くなって、もう聞き取れません。

わずか10分の出会いでした。。。。

今日は、きっちり
ブラジルが夕方6時前半ごろ、
南米チリが6時後半と、
地球の回転(グレーラインの移動)に合わせて
聞こえてきているようです。

面白い。

といってもAmazonia 6180KHz
Voz Crisitina 5960KHz

といった常連での話しですが、、(涙)

イメージ 1

今日は中波でDXを楽しんでます。アラスカのアメリカ局が780KHzで受信できています。
こんな低い周波数でアメリカのラジオ局が聞こえるなんて信じられますか。
春と秋は、このようにTP(Trans Pacific 太平洋横断)の局がよく聞こえます。
おんぼろDX500でも聞こえるのですから、きっとALA1530とかをお使いの方は
リスニングモードで聞こえるのでしょうね。
日時 22:25
SINPO 33322

↑このページのトップヘ