2006年01月04日

心作りの時代


戦争が終わり平和な時代が始まって
還暦(12支×陰陽5行=60年)を迎えました。
戦後の60年は、モノ作りの時代でした。

特に日本人は、勤勉で高度成長を支え
大量生産によるモノ作りによって
世の中にあらゆるモノが満たされました。

衣食住が豊かになり、ほとんどの人が中流意識になりました。
「衣食足りて礼節を知る」と言う格言がありますが、
モノが有り余る時代の次は、心を豊かにする時代ではないでしょうか?

幼児殺害・耐震偽装マンション・・・・
心を病んだ人が、増えたのではないでしょうか?

モノ作りの次の時代は、
心を豊かにする、心を作る時代に入ってきたのではないでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
全くの素人が、ブログを使って、たったの30日で成果を出した、超簡単ブログ成功法!
ブログもアフィリエイトも知らなかった私は、この商材で目からウロコでした!
初心者にもおすすめです!
▽今すぐクリック▽
■ゼロから始めるブログアフィリエイト成功法



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bdragon1/50401809
この記事へのトラックバック
みなさんこんばんわ!。 大真面目にコンクリートを考察する特集は今回で最終回となりました。 さて前回お伝えした要点をまとますと 1 日本は昭和30年代から建設業界は飛躍的に成長した。 2 数倍になった需要に応えるために新式の生産機械を導入した。 このS...
コンクリートについて考える FIFTH【しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」】at 2006年01月04日 21:55