ブログネタ
再挑戦 に参加中!
昨日投稿した「お客様面談の心構え」の続きで、
今日は、お客様面談で想定される質問事項についてです

お客様面談の心構えは解って頂けましたか
特に当社社員の皆さん、大丈夫ですか

技術力はマッチしているのに、面談で落とされては、
せっかくのチャンスを逃してしまいます
多少技術力がマッチしていなくとも、面談でやる気と根性を
見せれば必ず勝機はあります。頑張りましょうね

では、面談で想定される質問事項へどうぞ・・・

■人気☆blogランキング←ありがとうございますm(__)m
お客様面談の多くは以下のような流れになります。

,完Щ
技術者がスキルシートを説明(途中で質問してくることもある)
お客様から技術者への質問
ぐ瞳鐇睫

では、質問別で見ていきましょう。

■技術的な質問

技術屋ですから技術的な質問がメインとなりますね。

〆まで経験した業務について、何処まで知っているのか
 を聞いてきます。業務とは、銀行業務であったり、
 証券業務であったり、携帯関連であったりです。

 例えば、『銀行業務のどの当たりに詳しいですか?
 などの質問が来た場合、詳しくなくても自分が経験した
 担当業務をきちんと説明する事が大事です。

∈まで経験してきた技術について、何処までしっているのか
 を聞いてきます。技術とは、言語でいえばJavaであったり、
 VBであったり、OSでいえばWindowsであったり、UNIXであったり、
 DBであれば、Oracleであったり、SQLServerであったりです。

 例えば、
 『Javaのプログラミングに自信はありますか?
 自信ないといったらアウトです。多少自信なくても、
 『Javaの経験は浅いですが、吸収力はある方なので、調べたり
  聞いたりして今までの経験を生かせば可能だと思います
 などと前向きな姿勢を見せましょう。

 『データベースのチューニングはできますか?
 出来ない事を無理にできるとはいえませんので、
 チャンスを捕まえられるように言いましょう。
 『SQLでのプログラミングには自信がありますが、
  チューニングはやったことがありません。しかし、
  興味はあるので機会を頂ければ挑戦してみたいと思っています

今まで経験して環境、プロジェクト人数と役割、作業規模なども
 聞いてくる倍が多いです。

 『環境』とは、PCのセッティングやLANの構築など、
 プログラミングをするための環境構築ができるかなど聞かれる
 場合もあります。プログラマーといってもその他のことも
 出来るほうが望ましいですからね。

 『プロジェクト人数と役割』とは、自分が関わったプロジェクト
 のおおよその人数と、その仲のグループの人数、そして、
 あなたの役割、リーダーだったのか、サブリーダーか、それとも
 ただの担当だったのか。リーダー経験があるとないのでは、
 かなり評価が違ってきます。でもうそはいえません。
 そういう場合も将来的に経験したと前向きに言いましょう。
 『まだリーダー経験はありませんが人に教える事が好きなので、
 今後はプロジェクトリーダーになることが目標です

 『作業規模』とは、今までの自分の作ったプログラムの規模です。
 たまに聞いてくる人がいます。例えば、
 『このシステムでは、いくつくらいのクラスを作りましたか?
 『このシステムでは、どのくらいの画面を作成しましたか?
 『このシステムでは、何ステップくらい作成しましたか?
 などです。どれくらい生産性があるのかを知りたいのでしょう。
 イヤな質問ですが、おおよそ答えられるようにしておきましょう。

■一般的な質問

一般的な質問も多々される事ががあります。
就職の面接などにもされる質問ですね。

 あなたの長所は何ですか?
 面接担当者が次の質問をしたくなる答えをすること。
 仕事観、転職観を踏まえ、仕事とプライベートの両面から
 アピールすると良いです。具体的な事例を挙げなければ
 説得力が出ないので注意しましょう。

これだけは誰にも負けない、というものは?
 具体的なエピソードを話し、それが仕事上でどのように
 役立つかで落とします。題材は仕事の実績やスキルに限らず、
 性格、趣味など何でも良いです。短所を聞かれた場合も
 仕事上で役立つこととしてまとめましょう。

技術的な情報収集はどのように行っていますか?
 書籍、インターネット、上司に教えてもらうなど、情報源を
 明確にしておきましょう。「例えばどういうふうに?」と質問
 されても答えられるようにしておく。格好つけて嘘をついても
 すぐに見抜かれるので注意しましょう。

仕事以外で関心があることを教えてください
 他人への伝達能力が問われる質問ですね。題材は、社会情勢
 だけではなく、趣味でもボランティアでも何でも良いです。
 身近な話題を持ってきて、自分なりの切り口で、簡潔かつ
 わかりやすく話すことがコツです。

あなたにとって仕事とは何ですか?
 この質問に正解、不正解はない。ただ仕事観を聞いている
 だけです。要点を押さえつつ、論理的に答えることが重要。
 まず最初に「自分への挑戦です」などと簡潔に答えて、
 その理由を話すと良いでしょう。

Α人間関係を良くするため、気を付けていることは?
 一般論、理想論を並べても、何の興味も持ってもらえず、
 意味がない。自分の経験を踏まえて話すことが重要です。
 失敗談を題材にして学んだこと、以後気を付けていること
 などを答えることで説得力が増します。

А仕事をする上で一番大事にしている事はなんですか?
 チームワーク、コミュニケーション、進捗を守る、等々、
 上げれば色々ありますね。これもΔ汎瑛諭⊆分の経験
 を踏まえて話せばより効果的でしょう。

今までで一番辛かった仕事は?
 自分の経験談を、如何に辛かったか、そしてどれだけ頑張ったか
 を解りやすく簡潔に説明しましょう。大したことない事を
 大変だったように大げさに言うとマイナスですから気をつけて
 ください。また、辛かった仕事はありませんというのは駄目です。
 厳しい経験をした事がないと思われてしまいます。ホントに
 そこまで厳しかった事がない場合は、「今後厳しい仕事を
 経験し成長していきたいと思います」などと前向きに!

自分の一番に武器はなんですか?
 ,猟構蠅汎韻犬茲Δ兵遡笋任垢諭7亳鈎未鯑Г泙┐覆ら
 自分をアピールすると説得力がでるでしょう。

色々と例をあげましたが、想定しておかなければ答えられない
質問も沢山ありますよね。だからこそ、事前準備が必要なのです。
面接するお客様によって、質問内容は違ってきますので、
一概にこれらが全て聞かれるというわけではありませんし、
これ以外にも想定外の質問が来る事もあるでしょう。

臨機応変な対応ができるよう、普段から心がけておく事が
ビジネスマンとして大切なことですね


あなたは最近面談した事がありますか


★人気プログランキングに参加しています★
最後まで読んで頂きありがとうございました
あなたの応援が力になります

Blog Ranking
←Click here