2007年12月11日

親権問題の相談にのりますよ!

知ってる限り、経験した法律論、個人ですが裁判等の相談にできる限りアドバイスしますよ。^^

beachjbeach at 00:39|PermalinkComments(14)TrackBack(0)裁判 | 新聞記者

2006年08月31日

元妻の面接交渉の申立について。

もう少し子供達の立場に立って考えて欲しい・・・。

俺が面接交渉を受け入れていても、子供達の心情をよくよく考えて行動をとって欲しい!

子供達には、母親を嫌っているままでいて欲しくない・・・。

beachjbeach at 20:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年08月13日

面接交渉の申立て。

元妻から、面接交渉の申立てがあり、来月、第一回調停の呼び出しが着ました。

以前から、俺は面接交渉には応じる旨を伝えていました。

ですが、子供達3人に、その事を伝えると「今は、会いたくない」と言う回答でした。

これまで一年間余りの、紛争に巻き込まれた子供達3人は、「またか」と言う心情であると思います。

俺としては、子供達3人が一年間余りの紛争に巻き込まれ、やっと不安から解放されたばかりなので、しばらく子供達3人の気持ちを、尊重してあげたいと思っています。

beachjbeach at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月07日

これまで嘘やデタラメな陳述書を提出していた元妻。

元妻は、子供達3人との面接交渉を申立てるのだろうか?

俺は、子供達3人の福祉を考え同意するつもりだが・・・。

元妻は、嘘やデタラメな陳述書を家庭裁判所へ提出しておきながら、どんな顔で子供達3人と会うのだろうか・・・?

beachjbeach at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月06日

許可抗告と特別抗告をするのだろうか。

いずれも高等裁判所の決定を不服として最高裁判所に申し立てる抗告。
抗告ができるのは、高裁の決定などが出た翌日から数えて5日間以内になっている。
 「特別抗告」は高裁決定に対し、憲法解釈の誤りや憲法違反を理由に最高裁に不服申し立てを行う。
「許可抗告」は憲法違反ではないが、判例違反や法令解釈上の重要な問題が含まれていると高裁が認めた場合に抗告が許される。


beachjbeach at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月02日

まだ油断はできない。

元妻は、デタラメの陳述書で、親権者の変更を求めていた。

嫌がらせのように、特別抗告をするかもしれない・・・。



beachjbeach at 22:25|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2006年08月01日

親権者の変更審判に対し即時抗告の決定。

本日、平成18年8月1日付、高等裁判所への即時抗告の決定判決がでました!

1、原審判を取り消す

2、本件申立てを却下する

子供達3人の利益、福祉を司法により俺は守れました。





beachjbeach at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月31日

親権変更の審判に対し即時抗告。

3月30日付、親権者の変更が相当である審判に対し即時抗告をして、約4ヶ月がたっている・・・。

確かに、家庭裁判所の審判は、男女差別をしており、また安易な変更の判断だった。

子供達3人は、夏休みになり子供会や秋祭りの練習で、友達と毎日楽しんでいる状況だ・・・。

子供達も即時抗告のときに、「今のまま、お父さんやばぁちゃんと住みたい。」と自分達の手記を提出しており、家庭裁判所の親権者の変更審判により、転居などさせられる事を嫌がっている。

子供達は親権を変更させられても、同住居へ帰宅すると訴えている。

家庭裁判所の裁判官、もっと常識で物事を考え、よくよく子供達3人の立場から利益、福祉、心情を理解して判断して欲しかった。

子供達3人を、更なる紛争に巻き込んだのは、まぎれもなく家庭裁判所の裁判官だ!

過去に無実の罪を有罪と判断した、冤罪をおかした裁判官。

以下の中に実名が記載されている裁判官だ。

http://www.rikkyo.ne.jp/~araki/chikanenzai/saiban.htm

beachjbeach at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月28日

昨日、仕事上の営業接待があった。

離婚一ヵ月後に、親権変更を申立てられ、裁判と仕事と子供達との生活に一生懸命だった・・・。

昨日、営業接待中に突然、思い出した事があった。

家庭裁判所への元妻の陳述書の中に「父親は、毎週飲み歩き、ブランド物を買いあさり、子供達には興味をもっていない。」と言う内容があった事を思い出した。

司法の上において、嘘の陳述をして子供達の親権者になったとして、本当に幸せなのだろうか?

そんな陳述をして、喜べるのだろうか?

元妻は、つじつまの合わない嘘の陳述書を提出している。

両当事者の陳述書は、謄写され全て残っているのに・・・。

もし将来、元妻の嘘ばかり書きつらねている陳述書を、子供達が見るような事があれば、どれほど辛く悲しい思いをするのだろう・・・。

子供達も当事者であり、全て真実を知っているのに。


beachjbeach at 22:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年07月26日

皆さんの意見を聞きたい。

現在、家庭裁判所では、このような理不尽な裁判が繰り返し行われています。

子供達の人権も踏みにじられています。

意見&アドバイスなど、宜しくお願いします。


beachjbeach at 20:43|PermalinkComments(3)TrackBack(0)