June 2009

June 20, 2009

edd35e21.jpg2日前に頭がやっと完成しました。

前作のスミレベアと同じ型紙・色違いで作っているのですが、全く同じ型紙なのがワクワク感に欠けるのか、進み方がイマイチです。スミレちゃんに似せたつもりでも同じ顔にはなりませんね。さて、この子はどんな子になるのかな?


beardrop at 00:39コメント(2)トラックバック(0)  フラワーフェアリーベア 

June 13, 2009

先月の新型インフルエンザの発生で、神戸は大きな影響を受けました。
神戸祭りが中止になったり、観光客が減ったり。

今、神戸では「行こう!神戸」プレキャンペーン「神戸元気宣言!!みんなで神戸に行こう!」というキャンペーンが行われています。

6月30日までは、市内の主要観光施設で、無料開放や入場料の半額割引などのサービスがあるのです。

テディベア好きな方には、北野異人館近辺にある、「アメリカンテディーベアミュージアム」が6月8日(月)〜30日(火)まで無料です(中学生以下のみ、水曜休)。

「神戸ドールミュージアム」も6月8・14・15・22・28・29日は半額ですよ。

北野のテディベアミュージアムはずっと昔、リニューアルする前に一度行ったきりですが、内容が変わってそうですね。大人も無料にして欲しかったなぁ。


その他、北野異人館では、風見鶏の館と萌黄の館が6月13・14日、20・21日、27・28日無料(全異人館で中学生以下は無料)だし、神戸布引ハーブ園、神戸ポートタワー、神戸海洋博物館、ミュージックグルメ船「コンチェルト」、神戸ポートタワー、神戸花鳥園、王子動物園、六甲山牧場などなどでも割引やサービスを受けられます。

詳しくは神戸市のホームページをご覧下さい。

週末に無料のところをめぐるのがいいかも♪


■関連エントリー
 私が過去に書いた神戸関係のエントリーです。
 ・ベアに似合う風景
 ・六甲山牧場にて
 ・須磨海づり公園
 ・灘の酒蔵探訪
 ・ホール・オブ・ホールズ六甲
 
 美味しいお店情報は「神戸」カテゴリからどうぞ。

beardrop at 00:51コメント(2)トラックバック(0)神戸 

June 07, 2009

スーパーに来ていた包丁研ぎでハサミも研いでもらえるというので、テディベアのモヘアカットに使っていたバネバサミを出してみました。


「これも出来ますか?」と職人さんに尋ねると、


職人さんはじ〜〜っと見て、

「これはじきに使えなくなるよ。」

ショック!

「いくらで買ったの?」

2800円だったけど、言えませーん…

「研いでもいいけど、またすぐにダメになるよ。それは言っとく。」

多くのテディベア作家さんも愛用しているバネバサミが、堺包丁の職人さんにかかると、けちょんけちょんです。

見ただけでそう言い切るなんて、インチキ占い師が「あなたの余命はあと○年」って言うのと似ているような気もするけれど、やはり職人さんの言葉には重みがあります。

職人さんのお勧めは裁ちばさみ。
それもステンレス刃はあまりお好みではないようで…
でも、堺包丁の裁ちばさみは10000円以上してて、とても高価です。


「どうしてこれを買ったの?」と聞かれたので

「このハサミの刃の細いのが欲しかったんです」と答えると、

「そういう時は、こういう裁ちばさみを買って、その先端を細く取ってしまうという方法もあるよ」

ハサミを特注するという発想はなかったので、目からウロコでした。
目的の物がなければそれに合わせて作るという考えがいかにも職人さんらしくて、私も共感できました。

治らないなら、バネバサミを研ぐのはやめよう。
結局、家の包丁と糸切りはさみだけ、研いでもらうことにしました。

裁ちばさみを特注したら研いでもらえるし、長持ちするんだろうな。
高いけど。

そして、職人さんにもう一つ教わったことは、

「はさみの支点のところには物を乗せてはいけないよ」

ということです。当然だけれど、ここに力がかかると、刃がずれますね。

私はハサミに物を乗せてはいなかったけれど、ベア教室への持ち歩きの時はカバンの中で押されていたかもしれません。

ハサミケースが欲しいです。


■関連エントリー
 ・バネバサミと堺の包丁研ぎ(前編)
 ・このハサミの名称はバネバサミ?(2009/7/20)
 ・キャップつきバネバサミ発見(2009/8/25)
 ・安いバネバサミはどこにある?(2011/12/13)

beardrop at 01:49コメント(4)トラックバック(0)道具と材料 

June 06, 2009

バネバサミ
テディベアを作る道具の中で、私の一番の愛用品はこのバネバサミです。


「握り式なので長時間使っても手が疲れない」という特長があるのですが、私はミニチュアベアを中心に作っているので、そんなに長い間モヘアを切ることはないんです。

それでも、買ってすぐにその良さを実感したのは、モヘアの毛を削ぎやすいことでした。
普通の手芸用ハサミでは開いた刃が作業中に閉じてくるのですが、このハサミはバネのお陰で刃が開いたままなので、とっても使いやすいのです。
切れ味もいいし、このハサミを買ってから鼻先の毛をカットするのが上達した気がします。


この細い刃先はミニチュアベアの細かいカットにも向いているし、握るだけで簡単に切れるので、糸切りにまで使っていたら、いつのまにか刃先が悪くなっていました。

買い換えようかと思っていたところに、堺の包丁屋さんがスーパーに包丁研ぎに来ていることを知りました。

家の包丁も切れ味が鈍ってきたし、また包丁研ぎをお願いするついでに、バネバサミも出してみたらどうだろう?(続く)。


■関連エントリー
 ・バネバサミと堺の包丁研ぎ(後編)(2009/6/7)
 ・このハサミの名称はバネバサミ?(2009/7/20)
 ・キャップつきバネバサミ発見(2009/8/25)
 ・安いバネバサミはどこにある?(2011/12/13)

beardrop at 01:35コメント(0)トラックバック(0)道具と材料 
ひとこと
9月22日
ブログネタが貯まってきたけど、書く時間が…。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
このブログを書いている人

 子供の頃から縫うこと・作ることが好きなので、ハンドルネームをソーイングと創作の"そう"としました。
 可愛い布やビーズをついついコレクションしてしまう悪い癖がありますが、在庫で終わらないよう、形に変えていきたいです。

おしらせ
人気ブログランキングを退会しました。今までクリックの応援、ありがとうございました。(2008/4/24)

アダルト・出会い系・宗教・勧誘等のトラックバックは予告なしに削除することがあります。ご了承ください。(2005/8/5)

コメント大歓迎です。メルアド・URLを入力しなくてもOKです。古い日記でもお気軽に感想いただけると嬉しいです。(2005/7/16)
ギャラリー
  • The Eastern Blue-eyed Grass Fairy
  • The Japanese Morning Glory Fairy
  • The Dog-Violet Fairy
  • ハリー・ポッターベア、完成!
  • Lipton × PIERRE HERME × Ispahan bear
  • つくしとつくしベア
Recent Comments
Links(素材を借りています)
  • ライブドアブログ