February 2011

February 28, 2011

20110228
ブルーのミニチュアベアが完成しました。

大好きな素材なのに顔の表情が作りにくくて、表情をつけるところまで終わってたのに、ほどいて綿詰めからやり直しました。

やりにくいのはフサフサのファーで目玉のオニキスビーズが隠れるからでしょうか。初め仮目を使っていなかったけれど、小さいベアでも仮目を使わないとと学習しました。

出来上がりも今ひとつで、昔作った方がまだよかったような…。

ベアも困った顔をしています。

beardrop at 01:03コメント(4)トラックバック(0)*テディベア* お教室課題 

February 23, 2011

先週はめずらしく神戸でも雪が降り、クルマで帰宅できなくなって結構大変でした。
天気予報で雪だとわかっていたのに、クルマだと思ってマフラーや手袋の備えもなく、完全に油断していました。次からは気をつけよう。


さて、毛足の長いミニチュアファーを探している割には、集めたファーをちっとも使ってなかったので、使うことにしました。

このコはお教室課題のキットです。材料をケチケチに使ったら、もう1体余分に作れたので、型紙だけ写して保存していたものを復活させました。

鼻の刺繍には先日買った花糸を使ってみました。
扱いにくいこともなかったですよ。

20110222表情を作るのに何回もやり直しました。

同じ型紙でとどれだけ違うものが出来るか、楽しみです。

beardrop at 01:28コメント(0)トラックバック(0)*テディベア* お教室課題 

February 14, 2011

このブログで時々、「捨てる」をテーマに記事を書いていましたが、先週、ついに、テディベアを捨てました。

自分で作ったものはなかなか捨てにくいものですが、趣味が長く続けばそれなりに作品も貯まってきて、場所を取ります。

それゆえに、テディベア作りを続けているうちに「作ったものを売る」ようになるのは、合理的だし、自然な流れのように思います。


知り合いにあげたり、実家に置いたりしていた私ですが、初期の作品はあげるにもどうかと思うくらい、出来が悪く、見るたびに嫌な気分になっていました。


  「いっそのこと、捨ててしまおう」


こう決めてから、少しずつジョイントを解体していたのですが、あまり進まないうちにちょうど1年が経過していました。

  「とにかく、捨てよう」

20110214
バラせるところだけバラしました。

詰め物も取り出してみると、だんごになっているので迷わず捨てます。

断捨離とは、

 断=入ってくる不要なモノを断つ
 捨=家にずっとある不要なモノを捨てる
 離=物への執着から離れる

のことですが、家にずっとある「気に入らないベア」を捨てることで、長年の嫌な気持ちから開放されました。もっと早く捨てればよかったです。


自分の中でのベストなものだけ残していこう。

フラワーフェアリーのベアも型紙や材料を変えて作り直したいな…と思い始めました。

beardrop at 00:50コメント(4)トラックバック(0)捨てる!*テディベア* 全般 

February 13, 2011

テディベアの鼻の刺繍に使う刺繍糸(パールコットン)は
 3番>5番>8番>12番
の順に細くなっていき、ベアの大きさに合わせて刺繍糸の太さを選んでいきます。

私の作るベアのサイズはかなり小さいので、最近はもっぱらAnchor社の12番を愛用しています。

12番の刺繍糸は実店舗ではあまり取り扱いがないようで、黒の糸しか持っていませんでした。

茶色も欲しいけれど、通信販売だと色のイメージ違いが心配でした。

神戸のドヰ手芸さんで12番の取り扱いがあると知り、行ってみるといろんな色が揃っていました。

あんなに探してもなかったのに、と感動しつつも、買いだめした8番の刺繍糸での経験上、黒と茶色しか使わないに違いないし、薄い茶色は使いにくいので、結局、使えそうなのは一色だけ。

もう少し他の茶色もあればいいのに、と刺繍糸をいろいろ見ていると、デンマーク刺繍(クロスステッチ)に使う「花糸」というのが、パールコットンの12番と同じくらいの太さです。

20110213_1
花糸は木綿の糸でパールコットンのような艶はなく、マットな質感。
あるサイトでは草木染と書かれており、きれいな色が揃っていました。

20110213_2
糸の太さ比較はこんな感じ。

多少のケバはありますが、気になるようならビーズワックスをかけてもいいし、素朴な感じのベアができそう。
DANSK BLOMSTERGARNの216番とOOEの605番を買いました。

刺しやすさは使ったときにレポートしたいと思います。



花糸もマイナーな糸だけど、
 「鼻の刺繍には鼻糸ではなく、花糸」
って覚えたら絶対忘れなさそう。

beardrop at 01:50コメント(0)トラックバック(0)道具と材料 

February 05, 2011

20110202_1
ちょっと前に完成していたお財布ベアです。

このコは小柳英美先生の著書「テディベアが好きだから。」を見て作りました。

一般的(?)なお財布ベアは背中のラインががま口になっているのですが、このベアは肩のラインでがま口になっているので、ちょっと変わっています。

もっと小さいサイズで作ってバッグチャームみたいでできたら、と考えていた私ですが、このサイズでも口金をつけるのが精一杯。

20110202_2



キャンデーくらいなら入ります。
がま口の取り付け方はもっと練習が必要に感じました。次は縫い付けないタイプにチャレンジしたいです。






20110202_3




1枚はぎのお顔を初めて作りました。
通常は3枚はぎなので、自分じゃ、まずできないパターンです。1枚はぎでも意外と表情が作れますね。

足と胴体がくっついているので、ひっくり返しにくかったです。





20110202_4



しっぽもついてます^^

beardrop at 01:07コメント(4)トラックバック(0)*テディベア* 本・キット 
ひとこと
9月22日
ブログネタが貯まってきたけど、書く時間が…。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
このブログを書いている人

 子供の頃から縫うこと・作ることが好きなので、ハンドルネームをソーイングと創作の"そう"としました。
 可愛い布やビーズをついついコレクションしてしまう悪い癖がありますが、在庫で終わらないよう、形に変えていきたいです。

おしらせ
人気ブログランキングを退会しました。今までクリックの応援、ありがとうございました。(2008/4/24)

アダルト・出会い系・宗教・勧誘等のトラックバックは予告なしに削除することがあります。ご了承ください。(2005/8/5)

コメント大歓迎です。メルアド・URLを入力しなくてもOKです。古い日記でもお気軽に感想いただけると嬉しいです。(2005/7/16)
ギャラリー
  • The Eastern Blue-eyed Grass Fairy
  • The Japanese Morning Glory Fairy
  • The Dog-Violet Fairy
  • ハリー・ポッターベア、完成!
  • Lipton × PIERRE HERME × Ispahan bear
  • つくしとつくしベア
Recent Comments
Links(素材を借りています)
  • ライブドアブログ