作り方/使い方/How To

May 17, 2011

20110516_1
ネックレスバラバラ事件を経験して以来、ビーズ作品を作る時は切れないことを心がけているのですが、気をつけていても、作ったものがバラけることもあります。

以前に作ったリバティのネックレスもその一つ。

20110516_2ネックレスの中心は布を巻いてあるので切れることはないのですが、引き輪(金具)を取りつける部分が切れてしまいました。

このネックレスの欠点は、一度テグスが切れるとリバティ布をほどくことができないので再生が難しいところです。
中心に使うのはテグスではなく、革紐など切れにくい素材の方が良さそう。

そこで、もうちょっと強度を増して作り直したのがトップ画像のものです。
今度は中心に革紐を使い、リバティもよりそれらしい花柄にしました。


では作り方です。
20110516_3

1.リバティの布(タナローン)を8cm×6cmにカットする(できれば8cmの辺はピンキングバサミでカット)。

20110516_5
2.画像のように短い方を4mmほど内側に折り、6cmの端から1.5cmのところをそれぞれぐし縫いする(画像ではわかりやすいうように糸の色を変えていますが、目立たない色で縫ってください)。

20110516_6
3.50cmにカットした革紐に直径20mmのウッドビーズを通す。

20110516_7
4.リバティ布でウッドビーズをくるんで2.で内側に折り込んだ所が上に重なるようにする。ぐし縫いした糸を引き、リバティ布に巻きつける。

20110516_8
5.糸は目立たないように玉止めする。

20110516_9
6.反対側も同様にぐし縫いの糸を引いて、リバティ布に巻きつける。

20110516_10
7.これを繰り返して好みの長さにし、革紐止めの金具(クリンプ)を平ペンチで取り付ける。クリンプを引き輪・ダルマカンとそれぞれ丸カンでつないで、できあがり。
キャンディをつないだようなこのネックレス、初めは暇なときにキャンディを沢山作ってから、ネックレスに仕立てようと3月頃から作っていたのですが、最後に革紐を通すのが大変で、断念。ウッドビーズを通しながら糸を引いた方が、簡単に出来ました。


■関連エントリー
 ・リバティのネックレス(2010/8/16)

beardrop at 00:53コメント(0)トラックバック(0) 

August 16, 2010

20100815_1
みなさん、お盆休みはいかがでしたか?私はお盆休みにネックレスを完成させました。先月から作っていたものの、なかなかアップできず、いきなりの完成です。


今年になってリバティ柄が目につくようになり、改めて見ると綺麗な配色に惹かれるようになりました。
こんなことなら昔、イギリスを旅行した時に、リバティ本店(何階建てにもなってて、すごく広い)で生地を買っておけばよかったな。

お店でも見かけたリバティのネックレスを自分なりにアレンジして作ってみました。



20100815_2
1.幅6.5センチの布を必要な長さにカットし(足りない時はバイアスでつなぐ)、中表に筒状に縫い、表に返す。
以後、この縫い目を裏側とする。

20100815_3
2.直径1.6センチのウッドビーズをテグス(必要な長さ+ゆとり分両端各10センチ以上)に通し、1.のリバティ生地の中央にくるようにセットする。

ウッドビーズの際を糸できつく巻き、裏側で片結びする(私はビーズを右側に置いた方が巻きやすかったです)。

20100815_420100815_5
糸の始末は写真のようにネックレスの裏側に針を出し、ギリギリでカットする。

20100815_6
ウッドビーズを左右対称にだんだん小さくなるように並べていく。

好みの長さになったら、テグスにつぶし玉を通し、圧縮コイルを通し、再びつぶし玉を通す。

つぶし玉を潰して、テグスを布の中に隠し、ウッドビーズを2、3個通してから目立たないところでカットする。

アジャスターと引き輪を丸カンでつないで、出来上がり。



このネックレスの良いところは、途中でテグスが切れて、バラバラになる心配がないこと(注:追記参照)
欠点は、糸の始末が結構、面倒なこと。
リバティの布ごと真結びにしていく方法もあるようです。その分、布はたくさん必要になりますが、簡単にできそうですね。


リバティのカットクロスセットで幾何学模様のこの生地を見たとき、「やっぱり花柄がいいなー」と今ひとつ気に入らなかったのですが、ネックレスにしてしまうと幾何学模様も気にならなくなりました。

Tシャツやサマーニットに合いそうです。



画像がぼやけていますが、ついにデジカメが故障したようです


【2011年5月8日追記】
 中心に通したテグスが1本では強度が弱く、つぶし玉のところで切れてしまいました。


■関連エントリー
 ・リバティのネックレス・改良版(2011/5/17)

beardrop at 00:33コメント(4)トラックバック(0) 

July 02, 2009

なかなか更新できないので、せめて少しは役立つ記事を…ということで今回はミニチュアベアの靴の作り方です。
写真が汚いのですが、ご勘弁ください。

テディベアの足底にちょっと綿を詰めた状態で、靴を作ります。
材料はごく薄手のウルトラスエードです。


【作り方】
20090629_1
1.テディベアの足底の型紙よりもやや大きめに靴底の型紙を書きます。
この型紙でウルトラスエードに2枚写します(ア)。

20090629_2
2.作りたい靴の高さ(今回は5mmです)に縫い代2mmをつけて、靴底の円周+α(5mmくらい)の長さで布を裁ちます(イ)。

靴底の円周と同じ長さに合わせても良いのですが、この小ささなので適当に縫った方が早いですよ。

20090629_3
 3.かかと側から(ア)と(イ)を中表に縫い合わせます(ウ)。

20090629_4
 4.靴底の型紙のつま先部分(上半分)を使って甲の型紙にします。
つま先分2枚をウルトラスエードに写してカットし、中表に(ウ)に縫い合わせます。
ひっくり返した時にゴロゴロしないように、縫い終わってから縫い代の余分をカットします。

20090629_520090629_6













5.表に返し、好みで甲や靴の高さをカットして仕上げます。ウルトラスエードなので、切りっぱなしでも大丈夫です。

6.足に靴を履かせた状態で綿を詰めます。


靴に飾りをつけても可愛いですね。さて、どんなふうに仕上げようかな。
靴のパターンを起こす手間がほとんどないので、割と手軽に作れますよ。

beardrop at 00:22コメント(2)トラックバック(0) 

August 11, 2008

 さて、市販のネクタイをテディベア用に小さくするわけですが、「ユーカのソーイングブログ」さんに「大人のネクタイをキッズサイズにリメイク」という記事がありましたので、参考にさせていただきました。

ネクタイ・試作ネクタイ・切断












 1.フェルトなどで試作品を作り、ベアに結んでみて大きさや形を確認し、全長を測る。
 2.大人用のネクタイを測った長さに切る(少し長めにしておく)。
 3.裏側のまつり縫いをほどき、ネクタイの芯を取り出す。

ネクタイ型紙ネクタイ・まつり縫い












 4.方眼紙などで型紙を作り、型紙とおりに芯をカットする。
 5.先端の部分のグレーの裏地をそのまま利用するように芯を中央に入れ、しっかりアイロンをかけてから、余分な生地をカットする。
 6.布の裏側をすくって、表に響かないようにまつり縫いする。
 7.まつり終わる少し前にベアに結んでみて、長ければ芯をカットし、全てまつり縫いで仕上げる。

ネクタイ・裏側














 8.裏側にサテンリボンを縫い付けて、ループを作る。

ネクタイ・完成














 右側が元のネクタイ、左がベア用にリメイクしたものです。小さいので反対側を利用しました。

beardrop at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

July 15, 2008

7c78e81d.jpg 実山椒の塩漬けの作り方を前編で紹介してから1ヶ月以上経って、ようやくちりめん山椒を作りました。

 つまり、実山椒の塩漬けさえ作っておけば、ちりめん山椒はいつでも好きなときに好きなだけ作れるんです。便利でしょ?

 さて、作り方は簡単です。

 1.ちりめんじゃこを弱火で水分が抜けるまで炒る(無水鍋など厚手の鍋が便利)。
 2.ザルにあげて軽くふるい、くずを除く。
 3.しょうゆ:みりん:酒=1カップ:3/4カップ:3/4カップの割合で煮立たせ、2.のちりめんじゃこと実山椒の塩漬けを適量入れ、弱火で時々、混ぜながら煮汁がなくなるまで煮る。
 4.バットまたはザルに広げて冷ます。

 <参考>
 ちりめんじゃこ1パック(150グラムくらい)なら、しょうゆ:みりん:酒=60cc:45cc:45ccで多いくらいです。合わせ調味料を作っておいて、お好みで加減してください。


【関連エントリー】
 実山椒の塩漬けの作り方はこちら。
 ・一年中手軽に楽しめる、ちりめん山椒の作り方(前編)(2008/5/20)

※7月19日更新



beardrop at 23:59コメント(6)トラックバック(0) 
ひとこと
9月22日
ブログネタが貯まってきたけど、書く時間が…。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
このブログを書いている人

 子供の頃から縫うこと・作ることが好きなので、ハンドルネームをソーイングと創作の"そう"としました。
 可愛い布やビーズをついついコレクションしてしまう悪い癖がありますが、在庫で終わらないよう、形に変えていきたいです。

おしらせ
人気ブログランキングを退会しました。今までクリックの応援、ありがとうございました。(2008/4/24)

アダルト・出会い系・宗教・勧誘等のトラックバックは予告なしに削除することがあります。ご了承ください。(2005/8/5)

コメント大歓迎です。メルアド・URLを入力しなくてもOKです。古い日記でもお気軽に感想いただけると嬉しいです。(2005/7/16)
ギャラリー
  • The Eastern Blue-eyed Grass Fairy
  • The Japanese Morning Glory Fairy
  • The Dog-Violet Fairy
  • ハリー・ポッターベア、完成!
  • Lipton × PIERRE HERME × Ispahan bear
  • つくしとつくしベア
Recent Comments
Links(素材を借りています)
  • ライブドアブログ