道具と材料

December 13, 2011

この記事を書くにあたり、前置きとして過去にメモとして残していたものを加筆・修正して公開しました。
  ⇒「このハサミの名称はバネバサミ?」

本文中にまとめようかとも思ったのですが、時系列を合わせたかったので、いつもと違う書き方です。

愛用のバネバサミの切れ味が悪いので、この2年間「フィスカース ソフタッチ」でずっと探してきました。
今回はその研究レポートです。
「フィスカース ソフタッチ」でも、「先丸はさみ」という刃先が丸いものもあるんですね。安全だけれど、細かい作業には鋭い刃先が必要なので、こちらは対象外となります。

いろいろ調べて、そこそこ手ごろな値段のお店が見つかりました。

 ・色工房VOICEさん

  フィスカース(Fiskars) ソフタッチ マイクロチップ はさみ
フィスカース(Fiskars) ソフタッチ マイクロチップ はさみ

   2515円
   まさにこのハサミです。楽天で買えるのも便利ですね。

時々、在庫切れになるのですが、Amazonでも売っています。
 ・Amazon

Fiskars フィスカース 9921 花切鋏 155mm
Fiskars フィスカース 9921 花切鋏 155mm
クチコミを見る

   2640円
   花切鋏? 布用じゃなくて、園芸用のハサミなの?
   でも、この画像は求めているものと同じように見えます。
   ちなみに「芽切り鋏」という名で園芸店でも扱っていました。

「フィスカース 花切鋏」で検索すると、他にも出てきます。

 ・十兵衛さん
フィスカース FISKARS 9921 花切鋏 155mm (W)
フィスカース FISKARS 9921 花切鋏 155mm (W)

   1840円
   安いです。しかもキャップがついてる。

この値段なら買ってもいいかも、と思いながら、花切鋏として売っているので、もしかして違うハサミだと嫌だなぁと思い、結局、海外のショップで買いました。16$です。

20111213
このお店も欠品の時もあったのですが、在庫があり、1ドル約78円だったのが決め手となりました。

ただし、送料がかかりますし、注文してから到着まで20日もかかったので、気長に待てる場合に限ると思います。私はこのお店では他に注文したいものがあったので、ハサミはついでに買いました。

こちらのAmazonでは10.98$なのですが、どうやって買えばいいのかわかりません。

調べてみると、同じハサミでも値段がピンからキリまでなのがよくわかりました。

一般的なベア作りの道具が全部揃っているテディベアショップは、特に初心者の方には大変便利です。
でも、高いと思ったら、他に調べてみるのもいいと思いますよ。


※2011年12月24日更新


■関連エントリー
 ・バネバサミと堺の包丁研ぎ(前編)(2009/6/6)
 ・バネバサミと堺の包丁研ぎ(後編)(2009/6/7)
 ・このハサミの名称はバネバサミ?(2009/7/20)
 ・キャップつきバネバサミ発見(2009/8/25)

beardrop at 01:11コメント(0)トラックバック(0) 

July 22, 2011

aebb2372.jpgグラスアイをつけるのに、アイフロスを使ってみました。

アイフロスはテディベアの目をつけるための、丈夫で切れにくい糸です。

存在は知っていたのですが、「ベア作り初心者の段階で専門の道具をいろいろ買って、趣味が続かなかったらもったいない」と思い、我慢すること5年以上…。

その後、キットでアイフロスを使ってみて、しっかり糸を引けるなとは思ったのですが、糸のベタベタした手触りが好きになれませんでした。

パッチワーク用の糸「デュアルデューティ」の4本どりで何年も作っているし、なくても十分。そう思っていたはずなのに、数年前に結局買ってしまいました…。

なかなか大きいベアを作る機会がなかったので放置していましたが、使ってみるとすごく糸が引きやすく、目のくぼみもできます。

今まで目のくぼみをつけるために、目付け以外にもいろんな方向で糸引きをしていたけれど、アイフロスなら要らないかも? さすが専門道具。

感心しつつも、やっぱりあのベタベタ感は好きになれません。
玉止めするとき、針がベタつくのも欠点かな。

どなたかアイフロスで作る玉止めのいいアイデアをご存知なら、お知えてくださ〜い。

beardrop at 00:47コメント(0)トラックバック(0) 

February 13, 2011

テディベアの鼻の刺繍に使う刺繍糸(パールコットン)は
 3番>5番>8番>12番
の順に細くなっていき、ベアの大きさに合わせて刺繍糸の太さを選んでいきます。

私の作るベアのサイズはかなり小さいので、最近はもっぱらAnchor社の12番を愛用しています。

12番の刺繍糸は実店舗ではあまり取り扱いがないようで、黒の糸しか持っていませんでした。

茶色も欲しいけれど、通信販売だと色のイメージ違いが心配でした。

神戸のドヰ手芸さんで12番の取り扱いがあると知り、行ってみるといろんな色が揃っていました。

あんなに探してもなかったのに、と感動しつつも、買いだめした8番の刺繍糸での経験上、黒と茶色しか使わないに違いないし、薄い茶色は使いにくいので、結局、使えそうなのは一色だけ。

もう少し他の茶色もあればいいのに、と刺繍糸をいろいろ見ていると、デンマーク刺繍(クロスステッチ)に使う「花糸」というのが、パールコットンの12番と同じくらいの太さです。

20110213_1
花糸は木綿の糸でパールコットンのような艶はなく、マットな質感。
あるサイトでは草木染と書かれており、きれいな色が揃っていました。

20110213_2
糸の太さ比較はこんな感じ。

多少のケバはありますが、気になるようならビーズワックスをかけてもいいし、素朴な感じのベアができそう。
DANSK BLOMSTERGARNの216番とOOEの605番を買いました。

刺しやすさは使ったときにレポートしたいと思います。



花糸もマイナーな糸だけど、
 「鼻の刺繍には鼻糸ではなく、花糸」
って覚えたら絶対忘れなさそう。

beardrop at 01:50コメント(0)トラックバック(0) 

December 16, 2010

なにげなく検索していたら、ジャパンテディベアさんの楽天市場を発見。

こちら⇒http://www.rakuten.co.jp/teddybear-online/

ポイント集めているなら、楽天で買った方がお得かも?



beardrop at 01:10コメント(0)トラックバック(0) 

September 16, 2009

最近、とても便利だと思う道具は、copicというペンです。
色数が豊富で、混色できたり、エアーブラシになったりするので、イラストを描く人に人気のようです。

以前にも記事にしたことがありますが、それまでは鼻先や手のひらを染める、どちらかというとベア本体に使っていました。

最近になって、スミレベアの羽根を塗ったら、濃淡が調節できていい感じ。

アサガオの花もcopicで塗りました。塗ることで、白抜きも出来るし、これは便利。


イメージ通りの「色」と「素材」をあわせ持つ布はなかなか見つからないけれど、イメージ通りの白い「素材」だけを用意して、あとは好きな色に染める。

この方がてっとり早いと気づきました。


染めるといっても、私の作るベアはとても小さいので、染料を使うより描いた方が早いんです。

copicには、いろんな種類がありますが、私は「コピックスケッチ」または「コピックチャオ」を使っています。

コピックスケッチは全144色、コピックチャオは全72色なのですが、「チャオ」は「スケッチ」に比べて安価なので、「チャオ」で気に入った色がない時に「スケッチ」を買うようにしています(中身は同じなんだそうです)。


布用のペンは他でも売っているけれど、copicのいいところは、極淡色系の色があること。


本当に薄い色なので、フェアリーの羽根にラインを描いたりもしました。
20090915_1
こちらは描く前の状態です。

20090915_2
ラインを描くと、こんな感じ。
薄く描けましたね。


なんだかcopicの宣伝ばかりになりましたが、他にも便利な道具などがあれば紹介していきたいと思います。


copicのホームページはこちら。取り扱い店舗も載っていますよ。
 http://www.too.com/copic/


■関連エントリー
 ・後ろ姿とcopic(2007/2/18)

beardrop at 00:58コメント(0)トラックバック(0) 
ひとこと
9月22日
ブログネタが貯まってきたけど、書く時間が…。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
このブログを書いている人

 子供の頃から縫うこと・作ることが好きなので、ハンドルネームをソーイングと創作の"そう"としました。
 可愛い布やビーズをついついコレクションしてしまう悪い癖がありますが、在庫で終わらないよう、形に変えていきたいです。

おしらせ
人気ブログランキングを退会しました。今までクリックの応援、ありがとうございました。(2008/4/24)

アダルト・出会い系・宗教・勧誘等のトラックバックは予告なしに削除することがあります。ご了承ください。(2005/8/5)

コメント大歓迎です。メルアド・URLを入力しなくてもOKです。古い日記でもお気軽に感想いただけると嬉しいです。(2005/7/16)
ギャラリー
  • The Eastern Blue-eyed Grass Fairy
  • The Japanese Morning Glory Fairy
  • The Dog-Violet Fairy
  • ハリー・ポッターベア、完成!
  • Lipton × PIERRE HERME × Ispahan bear
  • つくしとつくしベア
Recent Comments
Links(素材を借りています)
  • ライブドアブログ