*テディベア* 全般

November 26, 2011

大丸京都店で開催中の「テディベアとイルミネーションの世界」に行ってきました。


デパートのテディベアイベントって、小さなコーナーの一角だったりすることもあるのですが、これは期待以上でよかったです。

入り口にはシュタイフの「MASAKO」や「アルフォンゾ」など、有名なベアがずらり。

これだけでも見る価値あるのですが、中に入ると、メーカーの着せ替えベア(京都らしい着物が可愛かった)が並んでいて、もうちょっと入ると、作家さんのベアが沢山ありました。

ケースに入っていないし、一度にいろんな作家さんのベアが比較できるので、購入を考えている方にはとても見やすいと思います。

通路が広くてゆったりしているし、「イルミネーションの世界」の名前どおり、照明も少し暗くしてあって、ベアフェスの明るい会場の雰囲気とはまた違って、いい感じでした。

R.ジョンライトさんのピーターラビットやパディントンベアがかわいくって。
パディントンは黄色いレインコートも青いコートも、両方欲しくなる可愛らしさでした。
(レインコートだけで売っていたけれど、5000円もしました

ベア材料はモヘア、ウルトラスェード、フェルトなどのファブリックや、ジョイント、刺繍糸、工具などがありました。
グラスアイがバーゲンで100円台だったり、5種類以上のモヘアがパックで5000円だったり、モヘアのハギレが500円で売られていたり、見ているとついつい欲しくなります。

11時から四条に行かなければなかなかったため、ベアにも触れず、何も購入せずにほんの一瞬で会場を出ました。
すきま時間のベアイベント見学でしたが、とても楽しかったです。

29日(火)までなので、興味のある方はぜひどうぞ。
作家さんの実演もありますよ。

大丸京都店 6階
会期:2011年11月23日(水・祝)〜29日(火)
時間:10:00〜18:00(最終日15:00閉場)
入場料:無料

beardrop at 23:35コメント(9) 

November 22, 2011

宝島社から出ているブランドムックのシリーズ。

ブランドバッグのおまけがついている、あの本を一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。


私は気になりながらも、まだ一度も買ったことがありませんでした。
おまけはおまけ、ブランドとはいっても値段に見合う質のものだろうと。


それが先週、本屋で見つけてしまいました。シュタイフのムック本!




かわい〜
アイボリーとグリーンがあるんだ、へぇ。

それでも一度は、我慢、我慢。


でも、翌週にまた本屋を覗いてみると、2冊しかありません。しかもグリーンのみ。
不思議なもので、残り2冊になると急に欲しくなってきました。

シュタイフなら本の部分も楽しめるし(←言い訳)。


気になる本のおまけは…

20111121_1
窓からのぞいている感じがかわいいです。


20111122_2底のマチもしっかりあって、お弁当箱が入るくらいの大きさです。

内側は生成りで、内ポケットはありません。裏側は「Steiff」のステッチが入っています。

布地はコットンです。







20111122_3ベアがモコモコの生地でアップリケしてあって、雰囲気出ています。

モヘアのハギレでこんなふうにアップリケしたら可愛いだろうなと思いながら、目の部分はどうしようかで実現してませんが、刺繍もいい感じですね。

本の方も、シュタイフの限定ベアやエピソードが載ってて、いい刺激になりました。


私の初ムック本はやっぱりテディベアなのでした。

beardrop at 00:44コメント(0)トラックバック(0) 

February 14, 2011

このブログで時々、「捨てる」をテーマに記事を書いていましたが、先週、ついに、テディベアを捨てました。

自分で作ったものはなかなか捨てにくいものですが、趣味が長く続けばそれなりに作品も貯まってきて、場所を取ります。

それゆえに、テディベア作りを続けているうちに「作ったものを売る」ようになるのは、合理的だし、自然な流れのように思います。


知り合いにあげたり、実家に置いたりしていた私ですが、初期の作品はあげるにもどうかと思うくらい、出来が悪く、見るたびに嫌な気分になっていました。


  「いっそのこと、捨ててしまおう」


こう決めてから、少しずつジョイントを解体していたのですが、あまり進まないうちにちょうど1年が経過していました。

  「とにかく、捨てよう」

20110214
バラせるところだけバラしました。

詰め物も取り出してみると、だんごになっているので迷わず捨てます。

断捨離とは、

 断=入ってくる不要なモノを断つ
 捨=家にずっとある不要なモノを捨てる
 離=物への執着から離れる

のことですが、家にずっとある「気に入らないベア」を捨てることで、長年の嫌な気持ちから開放されました。もっと早く捨てればよかったです。


自分の中でのベストなものだけ残していこう。

フラワーフェアリーのベアも型紙や材料を変えて作り直したいな…と思い始めました。

beardrop at 00:50コメント(4)トラックバック(0) 

October 25, 2010

NHKテレビに「鑑賞マニュアル 美の壺」という番組があります。

普段使いの器から家具、着物、料理、建築に至るまで、暮らしの中に隠れたさまざまな美を紹介する、新感覚の美術番組(番組ホームページより)。

素人にもわかりやすく3つのツボで「美」の着眼点を紹介しています。
昨年の夏に放送された、「手ぬぐい」は面白かったです。


いよいよ今週は、「テディベア」が登場。


私なりにテディベア鑑賞の3つのツボをあげるなら…

  ・壱のツボ「テディベアは顔が命」

  ・弐のツボ「あなどるなかれ、綿のつまり具合」

  ・参のツボ「意外に大切、重量感」

こんな感じでしょうか(思いつくままに)。


番組ホームページで予告の動画を見たところ、正統派ベアがたくさん出てきそうな感じ。
はてさて、どんなツボを紹介してもらえるのか、新しい発見はあるのか?


見逃しても再放送がいっぱいあるので、ぜひチェックを!



■放送時間
 10月29日(金)22:00〜 NHK教育

 教育 月曜(日曜深夜)0:15〜(再)
 BS2 火曜午後3:25〜(再)
 BShi 土曜午前7:00〜(再)
 総合 土曜午前5:15〜(再)

番組ホームページはこちら

(10月27日、加筆しました)


【2010年10月30日追記】
 番組で紹介された3つのツボは
  1.座っているからこそカワイイ
  2.柔らかさで癒してくれるファーストフレンド
  3.無表情なフォーエバーフレンド
 でした。

 無表情ベア、作ってみたいです。

beardrop at 01:14コメント(0)トラックバック(0) 

August 02, 2010

ミニチュアベア作り時間についてのまとめ記事です。


先日完成したフラワーフェアリーベアの制作時間:16時間30分

これには正直、ちょっと驚きました。

会社が8時間勤務として、2日分の労働時間。

いつも細切れ時間でベアを作っていて、完成まで3ヶ月以上かかっていたのが、理論上は2日で完成できるものだったなんて。

(いえ、現実は2日で作れるほど集中できる環境ではないのですが…)



作業時間の分析

では、その作業時間の内訳はといいますと。

ミニチュアベア作りにかかった時間
型紙写し1時間
縫い作業2時間40分
顔作り1時間40分
ジョイントと綿詰め2時間30分
羽根作り1時間50分
花作り4時間30分
衣装作り2時間20分


グラフ3


圧倒的に花作りに時間がかかっていたのです。


考察


 (1)ベア作りにかかった時間より衣装や花作りにかかった時間の方が長い
   フラワーフェアリーベアの場合は、どうしても小物に時間がかかっています。ベアだけなら8時間以内に完成しているんですけどね。
   ミニチュアベアを気合を入れて作る時の参考データにはなるかな。

 (2)同じ作業が続く場合は、まとめて作った方が効率的
   花1輪にかかった時間:40分
   花5輪にかかった時間:130分

   40分×5=200分かかるところが130分でできているので、まとめて作った方が早いことが確認できました。
   感覚としてわかっていることでも、数字に出すと納得できますね。


蛇足


今のところ売る予定のない私のベアですが、売ると仮定して、価格設定を考えてみます。

時給1000円は欲しいところですが、
  時給1000円×約16時間=16000円

素人のベアがこんな高値で売れるわけありません。

手芸品の場合、よく、材料費×2倍とか3倍とか言いますけど、
そんな値段設定になるんでしょうね。

ある程度納得いく価格にしようと思ったら、
作業のスピードアップは必須ですね。


ベア作りの時間からいろんなことを考えさせられました。

beardrop at 01:08コメント(0)トラックバック(0) 
ひとこと
9月22日
ブログネタが貯まってきたけど、書く時間が…。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
このブログを書いている人

 子供の頃から縫うこと・作ることが好きなので、ハンドルネームをソーイングと創作の"そう"としました。
 可愛い布やビーズをついついコレクションしてしまう悪い癖がありますが、在庫で終わらないよう、形に変えていきたいです。

おしらせ
人気ブログランキングを退会しました。今までクリックの応援、ありがとうございました。(2008/4/24)

アダルト・出会い系・宗教・勧誘等のトラックバックは予告なしに削除することがあります。ご了承ください。(2005/8/5)

コメント大歓迎です。メルアド・URLを入力しなくてもOKです。古い日記でもお気軽に感想いただけると嬉しいです。(2005/7/16)
ギャラリー
  • The Eastern Blue-eyed Grass Fairy
  • The Japanese Morning Glory Fairy
  • The Dog-Violet Fairy
  • ハリー・ポッターベア、完成!
  • Lipton × PIERRE HERME × Ispahan bear
  • つくしとつくしベア
Recent Comments
Links(素材を借りています)
  • ライブドアブログ