型紙を使わないテディベア

January 17, 2010

20100116
画像が暗くてごめんなさい。あれから何回か作り直して、モールベアができました。今回はちゃんと毛をカットできましたよ。

ペップの目も物足りなくなり、虫ピンで作ろうかとも思いましたが、いつも使っているオニキスビーズを糸で縫いつけました。

残念だったのは腕が短かかったこと。に書いてある寸法でモールをカットしたのですが、ねじり過ぎたようです。全体のバランスを常に確認するクセをつけたいものですね。

フサフサのモールで作ったベアは、私の好きなロングナップのミニチュアファーで作ったベアと雰囲気が似てていい感じ。

爪の刺繍も貼って、ビンテージのレースとパールビーズで仕上げました。

最後にモールベアを2体作ってみて、私なりに気づいたことのメモです。

ミニチュアファーで作ったベアと比較して良いところ
  • 材料が入手しやすく、安価(1袋250円くらいで手芸店で入手できる)
  • カッターキーのような特殊な道具が要らないので、手軽に始められる
  • 縫わなくていいので、仕上がりまでが早い
  • 手足のパッドや爪もボンドで貼るので、縫うのが苦手な人でも工作的に楽しめる

ポイント
  • モールは毛足の長いものを使う。
  • 顔はできるだけ小顔に、きつめに編む。
  • 鼻先など足りないところは余ったモールを貼る。
  • 腕や足になるモールは、ねじり過ぎると手足が短くなるので要注意。顔の大きさに合わせて、手足の長さを修正する。
  • 材料も安いし、失敗したら何度でもやり直す。


2010年は簡単に作れるベアを中心に、何か形にできたらなぁと思います。


■関連エントリー
 ・モールで作るミニチュアベアの本(2010/1/6)
 ・はじめてでもモールベアは作れるの?(2010/1/9)
 ・フサフサモールでリベンジ(2010/1/11)

beardrop at 01:19コメント(6)トラックバック(0) 

January 11, 2010

20100111_1
毛足1〜2mmのモールで作ったベアはとても痩せっぽちだったので、ベストを着せてあげました。以前にドールハウス展で買ったブレードがこんなところで役立ちました。

それでもやっぱり、フサフサのモールでベアを作り直したいので、今日買ってきたモールで再チャレンジ。
今度は毛足が3mmくらいあります。

20100111_2
本の雰囲気には似てきたけれど、背が4センチになってます。もっときつく巻かないといけないのかも。今度はどうなるのかな。


■関連エントリー
 ・モールで作るミニチュアベアの本(2010/1/6)
 ・はじめてでもモールベアは作れるの?(2010/1/9)
 ・やっぱり瞳はオニキス(2010/1/17)

beardrop at 01:23コメント(2)トラックバック(0) 

January 09, 2010

モールベアの本を見ながら、ジョイントなしのタイプのベアを作ってみることにしました。

◆1日目:頭部

鼻先や耳をすべて手で形作っていきます。感性だけが頼り。
完成した頭は何だかヘンな形だったので、もう一回作ると、少しマシになりました。何事も慣れです。

◆2日目:胴体

手足はモールをこよりのようにねじって作ります。
ボンドで接着するのでここで一晩置いて、翌日、手足と頭部をボンドで貼りながら、モールをぐるぐる巻いてベアの形にしていきます。

形ができたけど…


痩せすぎ〜〜〜!


モールの毛足が短すぎて、モールを胴体にぐるぐる巻いているのが丸わかり。
それに手足の貧弱なこと。
本には毛をカットして仕上げると書いているのに、カットのしようがないじゃないですか。


モールベアで検索してみると、Yahoo!知恵袋にこんな質問がありました。
モールベア(国本雅之)という本を買いました。100均で購入したモールだと写真のような雰囲気になりません・・(泣) どんなモールを使えば写真のようにできるのか、教えてください。
あ、私と同じ人がいた。

小さいベアだから毛足の短いモールを買ったけど、もっと毛足が長くて、密なモールを買わないといけなかったんです。

◆3日目:顔の表情

本では虫ピンの頭にラッカーで黒目を描いて、目玉を手作りしていました。
ですが、私は虫ピンを持っていないので、手持ちのもので代用できないか考えてみました。

造花に使うペップ(花芯)をカットして目玉代わりにしてみました。

ペップを短くカットして目の位置に刺そうとしたら、モールの針金部分には刺さらないので、「ここがベストな位置なのに刺せない〜」というジレンマに陥っていました。

何回も目を刺していると、くしゃおじさんみたいになってきたので途中で妥協したけれど。
むつかしいぞ、モールベア。

そして、この小ささになると刺繍ができないので、口は糸を、鼻は薄い皮をボンドで貼るんです。
息が止まりそう。
鼻を切り抜くのは、先の細い刺繍バサミを使いました。
手のひらや足の裏も皮を貼って、完成。


20100107
で、悪戦苦闘して完成したのがこの子です。
練習用なので、めずらしくオレンジのベア。

タイトルに「はじめてでも作れる」って書いてありますが、本と同じような可愛い子が作れると思わない方がいいです。
何体も作って練習しないといけませんね〜

ご覧の通りとっても痩せているので、洋服を作りました。次回に続きます。


■関連エントリー
 ・モールで作るミニチュアベアの本(2010/1/6)
 ・フサフサモールでリベンジ(2010/1/11)
 ・やっぱり瞳はオニキス(2010/1/17)

beardrop at 01:37コメント(2)トラックバック(0) 
ひとこと
9月22日
ブログネタが貯まってきたけど、書く時間が…。
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集
このブログを書いている人

 子供の頃から縫うこと・作ることが好きなので、ハンドルネームをソーイングと創作の"そう"としました。
 可愛い布やビーズをついついコレクションしてしまう悪い癖がありますが、在庫で終わらないよう、形に変えていきたいです。

おしらせ
人気ブログランキングを退会しました。今までクリックの応援、ありがとうございました。(2008/4/24)

アダルト・出会い系・宗教・勧誘等のトラックバックは予告なしに削除することがあります。ご了承ください。(2005/8/5)

コメント大歓迎です。メルアド・URLを入力しなくてもOKです。古い日記でもお気軽に感想いただけると嬉しいです。(2005/7/16)
ギャラリー
  • The Eastern Blue-eyed Grass Fairy
  • The Japanese Morning Glory Fairy
  • The Dog-Violet Fairy
  • ハリー・ポッターベア、完成!
  • Lipton × PIERRE HERME × Ispahan bear
  • つくしとつくしベア
Recent Comments
Links(素材を借りています)
  • ライブドアブログ