Bear Time FX 評判検証

【独自特典配布中】FXスキャレーダーがあなたの期待通りのパフォーマンスを出してくれるのか?知りたくありませんか?

Bear Time FXについて検証をしている私のブログに興味を持っていただいてありがとうございます!
このブログでは、Bear Time FXがあなたの期待したパフォーマンスを発揮してくれるのか?使い勝手は本当に良いのか?などなどを詳しく検証した結果をまとめています。

ちなみ、これまで実際に入手して検証してきたFX商材の一部を紹介するとこんな感じです。

fxsyouzai


最後のほうでこのブログだけの独自特典の紹介もしているのでぜひ、楽しんでいただけたらと思ってます。



■Bear Time FX

Bear Time FXのような自動売買システム(EA)は従来からもいろんな種類がありましたが、他のEAに比べてどんな点が優れているのか特徴を2つ上げると、


・1度に大量のポジションを持つ心配がない

・トレンドに左右されない


という2点が上げられます。


まず、自動売買というのはシステムに任せていれば、最適なタイミングで売買をしてくれるというメリットがあります。裁量判断を加えなくて良いのがうれしいですよね。

※一部の自動売買では、システムを動かすかどうか?を自分で判断しなければいけないという、完全自動ではなく半自動のケースもありますが、Bear Time FXでは完全自動売買が可能です。



そのため、運用に慣れてくれば来るほど、システムが動いているかどうか?の確認をするのが面倒になってきてしまうんですが、ここで気を付けなければいけないのはポジション量です。

EAのタイプによっては、一度にいくつものポジションを持つケースがあります。トラップリピート(トラリピ)や、ナンピンロジックが組み込まれているような場合です。




こういったEAでは、気づかずに放置をしていると、口座の余剰資金を食いつぶすようにどんどんポジションが増えてしまい、無用なロスカットを繰り返す危険があります。

本来であれば、不必要なはずの損失が無駄に増えてしまうことがあるので、自動売買ではポジションコントロールも重要な要素になります。



Bear Time FXはその点、トレードは1回ずつで完結します。同時に5個も10個もポジションを複数所有することはないし、ロット数も勝手に増やされることがありません。

自分の口座資金量に合わせて、安全な水準でトレードができるのがBear Time FXが安心して運用できるメリットの一つです。




2つ目のポイントは「トレンドに左右されない」という点です。どんなに熟練した裁量トレーダーであっても、トレンドを完ぺきにとらえることはできません。

ましてや、システム的にトレンドを把握することなんて、ほぼ不可能な話です。仮にトレンドを利用するとなると、トレンドが発生するかどうかで大きく収益が上下することになります。



しかも相場状況によっては、トレンドが発生しそうで発生しない、といったケースも十分に起こり得ます。そんな時に、トレンド型のシステムだと負けトレードを繰り返してうんざりさせられることになります。

Bear Time FXではそもそも、「日本企業が海外の売り上げをドルから円に換金する」タイミングを狙っていきますから、トレンドに全く左右されることはありません。



相場すら見る必要がないですし、極端な言い方をするならば、日本の経済成長が完全に停滞するような非常事態が起きることがない限り、これまで通りの成績が続く可能性が極めて高いシステムとなっています。

もちろん、相場には「絶対に勝てる」なんて断言できる根拠は1つもありますが、Bear Time FXは極端に大負けすることもなければ、大勝ちするような、リスクの高いシステムではありません。



60%台という利益を出すにはぎりぎりの水準で、月利数%という極めて堅実な成績を上げていることから、テクニカル分析を下手に組み合わせたシステムに比べて、今後もロジックが破たんせず、勝ち続ける可能性は極めて高いものがありますよ。



最後に、Bear Time FXをこのブログを経由して申し込んでいただいた場合の特典について紹介をさせてください。







当ブログ限定特典付きでBear Time FXを試してみるにはこちら










Bear Time FXはほったらかしで運用ができます。ある意味、優秀なファンドにお金を預けるような感覚で離職ができてしまうわけですが、だからと言って完全に放置するのは危険です。
基本的にパソコンが動いていなければいけませんから、何らかの影響(たとえばOSのバージョンアップによる再起動)などによって、システムが止まってしまうことがあります。

もしくは、Bear Time FXの自動売買プログラムでは正常に注文されたにもかかわらず、FX会社側のシステムのエラーで注文が正しく反映されないこともあります。
こうしたシステムエラーはさすがに目視で確認をしなければいけないので、Bear Time FXを動かしている間は、注文がきちんと入っているか?想定した通りに動いているか?に目を光らせるようにしてください。

といっても、1日たった数分の手間をかけるだけです。裁量トレードで、いつやってくるのかわからないエントリーチャンスを待つよりも、トレードしている実感を持てますよ。



↑このページのトップヘ