2017年04月24日

ウイングス「San Ferry Anne」



Paulさん、
昨日、羽田にご到着されましたネ
001

ウイングス(Wings)の
「San Ferry Anne」です。

ウイングス(1971-1981)は
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)が、The Beatles解散後につくったバンドです。
ポールは
「ギネス・ワールド・レコーズ(Guinness World Records)」に
「これまでで最も成功した作曲家&レコーディング・アーティスト(the most successful composer and recording artist of all time)」
として認定されています。
公式サイトは⇒こちら
250px-Paul_McCartney_black_and_white_2010[1]

「San Ferry Anne」は「サン・フェリー・アン」(名前)ですネ

So go, be gay
Let your feelings leap away into the laughter
San Ferry Anne
And the world keeps turning happy ever after

1行目「gay」は「陽気な、快活な、明るい」、

2行目「let A 動詞の原形」は「Aに~させる」、
「feelings」は「感情、気持ち」です。
「leap away into the laughter」は「笑い始める」なのかな?

4行目「keep 動詞-ing」は「~し続ける」、
「turn happy ever after」は「末永く(その後いつまでも)幸せになる(変わる)」です。

大きな事はしちゃいけない
笑うような気持を残して
サン・フェリー・アン
そうすれば世界はずっと幸福に回り続ける
(吉成伸幸 訳)

「San Ferry Anne」は、ウイングスのアルバム「スピード・オブ・サウンド(Wings At The Speed Of Sound)」に収録されています。

たいやきをいただきました
IMG_8567
「たいやき」は、英語で「fish-shaped cake filled with red bean paste」だそデス

ヨーコ・オノ(Yoko Ono)さんのツイッターのQ&A

Q: はじめまして!高校時代からレノンさんの人間味溢れる音楽が大好きな47歳(男)です。突然で失礼ですが、ヨーコさんは今でもジョンさんがそばにいるのを感じますか?それはどんな時ですか?

A: それはプライベートのことですから、お返事しません。ヨーコ



2017年04月23日

ポール・マッカートニー「Mistress And Maid」



ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の
「Mistress And Maid」です。

ポールは
1942年6月18日生まれ(74歳)の
The Beatlesのメンバーです。
「ギネス・ワールド・レコーズ(Guinness World Records)」に
「これまでで最も成功した作曲家&レコーディング・アーティスト(the most successful composer and recording artist of all time)」
として認定されています。
公式サイトは⇒こちら
_SX350_BO1,204,203,200_

「Mistress And Maid」の
「mistress」は「情婦、めかけ、恋人」、
「maid」は「お手伝い、女中、メイド」です。

In her bed
she wants to shout at the back of his head
Look at me, look at me, look at me
I'm afraid
See what it's come to,
I'm just your mistress and maid

2行目「want to 動詞」は「~したい」、
「shout at …」は「…をどなりつける、…に大声で呼びかける」、
「back of one's head」は「頭の後ろ、後頭(部)」、

4行目「afraid」は「こわがって、いやがって、心配して」、

5行目「See what it's come to」は、?です。

ベッドの中で
彼女は男の背中に向かって叫びたい衝動に駆られる
「あたしを見て! 恐いのよ
何でこうなるの?
これじゃまるであたし
あなたの愛人兼メイドじゃないの」
(斉藤真紀子 訳)

「Mistress And Maid」は、ポールのアルバム「オフ・ザ・グラウンド(Off The Ground)」に収録されています。

ハムのSEANさんのお気に入りのごはん「グルメゼリー」
IMG_8564
ヨーコ・オノ(Yoko Ono)さんのツイッターのQ&A

Q: Yesの反対は何ですか?
A: Yesの反対はありません!ヨーコ


2017年04月22日

続々々・「Ticket To Ride」



PAULさん、
25日・武道館
27、29、30日・東京ドーム
ですね
どきどき
公式ホームページGOODS情報はこちら

The Beatlesの
「Ticket To Ride」です。


The Beatlesは
ジョン・レノン(John Lennon)(1940・10・9-1980・12・8)
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)(1942・6・18-)
ジョージ・ハリスン(George Harrison)(1943・2・25-2001・11・29)
リンゴ・スター(Ringo Starr)(1940・7・7-)
のイギリスのリヴァプール(Liverpool)出身の4人組のバンドです。
公式サイトは⇒こちら
bowing

「Ticket To Ride」は「乗車券(切符)」と言う意味です。

「涙の乗車券」という邦題がつけられています。

She said that living with me

Is bringing her down, yeah

For she would never be free

When I was around


She's got a ticket ti ride

She's got a ticket to ride

She's got a ticket to ride

But she don't care

2行目「bring down」は「…を撃ち倒す、堕落させる」、

3行目「for ~」は「というわけは~だから」、

4行目「when ~」は「~するときはいつも、~ならば」、
「around」は「近くに、やってきて」、

5、6、7行目「She's」は「She has」の略、
「have got …」は「…を手に入れた(買った)、…をもっている、」、

8行目「not care」は「気にかけない、関心がない、かまわない」です。

僕と一緒に暮らすのはつらいと

彼女は言った

僕がそばにいると

息がつまりそうだって


彼女は乗車券を買った

彼女は乗車券を買ってしまった

彼女は乗車券を買ったんだ

僕のことなどおかまいなしに

(深川ぼたん 訳)


「Ticket To Ride」は、The Beatlesのアルバム「ヘルプ!(HELP!)」に収録されています。

フランクル「それでも人生にイエスと言う」が
届きました
IMG_8550
ヨーコ・オノ(Yoko Ono)さんのツイッターのQ&A

Q: 私は憲法9条を愛すべき宝と思っています。ヨーコさんは?
A: 憲法は人間の力でその時にあわせて作ったものです。そういう事情で作られたものにあんまり頼らない方がよいでしょう。ヨーコ



2017年04月21日

続々々・ポール・マッカートニー&ウイングス「Band On The Run」

ポール・マッカートニー&ウイングス(Paul McCartney & Wings)の

「Band On The Run」です。

ウイングス(1971-1981)は

ポールが

The Beatles解散後につくったバンドです。

ポールの公式サイトは⇒こちら
main

「Band On The Run」の

「band」は「バンド」、

「on the run」は「走って、逃げて、警察に追われて」です。

If I ever get out of here
Thought of giving it all away
To a registered charity.
All I need is a pint a day
If I ever get out of here
(if we ever get out of here)

1、5、6行目「if ~」は「もし~なら」、
「get out of …」は「…から出る、逃げる」、、

2行目「give away」は「贈る、人にやる」、

3行目「registered」は「登録された、公式登録の、公認の」、
「charity」は「慈善施設(団体・基金)」、

4行目「All I need is …」は「私が必要なのは…だけです」、
「a pint」は「1パイントのビール(ミルク)、ビールを1杯やること」、
「… a day」は「1日につき…」です。

もしもここから出られたら
すべて寄付しようと思うんだ
ちゃんとした慈善団体に
もしもここから出られたら1日1杯のビールでじゅうぶんさ
(もしもここから出られたら)
(ブラックバード・シンギング 訳)

「Band On The Run」は、ポール・マッカートニー&ウイングスのアルバム「バンド・オン・ザ・ラン」に収録されています。

森祐理のCD「ありがとう」が届きましたヨ
IMG_8548
ヨーコ・オノ(Yoko Ono)さんのツイッターのQ&A

Q: 自分の何もかもが嫌になった時、どう考えればいいですか?何かを変えてみたらいいですか?
A: それでもあなたは息をしているでしょう。息をしているということは、まだまだ生きる必要があるということです。ありがたいことだと思って一生懸命息をしてください。朝起きたときに、また、寝る前に数えながら息をするのも一手です。ヨーコ



2017年04月20日

ポール・マッカートニー「Struggle」



Paulさんの
「ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017」
秒ヨミですね

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の
「Struggle」です。

ポールは
1942年6月18日生まれ(74歳)の
The Beatlesのメンバーです。
「ギネス・ワールド・レコーズ(Guinness World Records)」に
「これまでで最も成功した作曲家&レコーディング・アーティスト(the most successful composer and recording artist of all time)」
として認定されています。
公式サイトは⇒こちら
_RobGavin_Twitter

「Struggle」は「もがき、苦闘、戦い」という意味です。

現在のポールのバンドのメンバーは
ラスティ・アンダーソン(Rusty Anderson)(1959・1・20-、58歳)
RustyHS
ブライアン・レイ(Brian Ray)(1955・1・4-、62歳)
4d589f6d
エイブ・ラボリエル・ジュニア(Abe Laboriel, Jr.)(1971・3・23-、46歳)
db8ab907ffbf9fea178601d61ab15339
ポール・ウィックス・ウィッケンズ(Paul "Wix" Wickens)(1956・3・27-、61歳)
Wicks
です

It's the same old song
Being sung in the background, being sung up front
But if you wanna get it right, you gotta listen
Heed my words, listen to me!

1行目「the same old」は「昔からよくある、相変わらずの」、

2行目「sung」は、「sing」(歌う)の過去分詞、
「background」は「目立たないところ、裏面、バック」、
「up front」は「前部で」、

3行目「if ~」は「もし~なら」、
「wanna」は「want to」、
「want to 動詞」は「~したい」、
「get it right」は「正しく理解する」、
「gotta」は「got to」、
「got to 動詞」は「~しなければならない」、

4行目「heed」は「心にとめる、気をつける」です。

また同じ歌だ
後ろで歌われている
前で歌われている
でもそれを正しく理解したいのなら
聞かないとだめだ
僕の言葉に耳を傾けろ
僕の話を聞け
(ザ・ビートルズ・クラブ翻訳室 訳)

「Struggle」は、ポールのアルバム「NEW」に収録されています。

大佛次郎記念館にいってきました
IMG_8535
ヨーコ・オノ(Yoko Ono)さんのツイッターのQ&A

Q: 自分の心に正直になれません。どうしたら自分が声が聞こえますか?
A: 正直になれないと言っているその境地は正直なのです。自分の声が「自分は自分の心に正直になれないのでは」と正直に言っているのです。そういう自分を大事にして、育んであげてください。そのうちに「ああ、声が聞こえた」と思う時がきます。だから、あんまり自分に辛く当たらないことです。立派に聞こえているのですから。ヨーコ