2019年01月19日

ヨーコさんたちの「カタストロフと美術のちから」展にいってきましたヨ

森美術館の
「カタストロフと美術のちから」展にいってきました
IMG_4028
ヨーコさん「色を加えるペインティング(難民船)」
IMG_4033
IMG_4030
(わたしも「PEACE」と書かせていただきました
IMG_4031

この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際」ライセンスでライセンスされています。
IMG_4036
IMG_4037
IMG_4039
ヨーコ・オノ(Yoko Ono)さんのツイッターのQ&A

Q: どんな夢でも夢は叶いますか?
A: 夢の叶いにはいろいろな作法があって、ちゃんと作法に従ったことをしていなければ、夢が叶う前にあなたが死んでいるというようなことにもなります。人を深く傷つけるような夢を叶わせようとしたら、一生どころか、何生も苦しむことになります。そういう夢は邪魔が入って叶わないか、必ず何かの形であなたのところに跳ね返ってきます。ヨーコ

2019年01月18日

続・TOTO「Rosanna」



TOTO(とと)の
「Rosanna」です。

TOTOは
スティーヴ・ルカサー(Steve Lukather)らによる
アメリカのバンドです。
公式サイトは⇒こちら
steve3

「Rosanna」は「ロザーナ(女性の名前)」ですね。

I didn't know you were looking for more than I could ever be

 

Not quite a year since she went away, Rosanna

Now she's gone and I have to say

 

Meet you all the way, meet you all the way, Rosanna

Meet you all the way, meet you all the way, Rosanna


1行目「look for …」は「…をさがす、期待(予期)する」、
「more than ~」は「~する以上」、

2行目「not quite a year since ~」は「~して以来1年とまではいかないで」、
「go away」は「立ち去る、出かける」、

3行目「gone」は「出かけている、去る」、
「have to 動詞」は「~しなければならない」、

4、5行目「all the way」は「ずっと、とことん、全面的に」です。

俺があげた以上のものをお前が求めてたなんて…
彼女が出て行ってから、まだ一年にもならない
ロザーナ
俺はこう言わずにいられない

いつもお前といたい
いつもお前といたい
ロザーナ、yeah

いつもお前といたい
いつもお前といたい
ロザーナ、yeah
(CD歌詞カード 訳)


「Rosanna」は、TOTOのアルバム「グレイテスト・ヒッツ(Past To Present 1977-1999)」に収録されています。

パイナップルをいただきましたよ
IMG_3944
ヨーコ・オノ(Yoko Ono)さんのツイッターのQ&A

Q: 私は挑戦したい事や、やってみたい事が沢山ありますが、実際、体がついてこないので虚しく感じる時があります 食べ物などにも気をつけていますが、若い頃の様には行かず、ヨーコさんはそんな時どうしますか?
A: 私は、若いときはまだ考えが浅くって、今のような仕事はできませんでした。私たちは体で仕事を決めていくのではなく、精神の焦点がどんなに合っているかで、よい人生が送れるのです。あなたも工夫をして、いろいろしてください。今のあなたの挑戦は、人に迷惑をかけないで暮らすことです。そしてあなたの知っているまだ若くて頭が混乱している人たちに、あなたが人生で習ったいろいろな話をしてあげることです。また、あなたの知っているかわいそうな、孤独で年を取っていくことを怖がっている高年の人たちに声をかけてあげることです。みんなあなたに感謝するでしょう。あなたはまだまだやれる人間です。ヨーコ

beatlesjapan at 03:00|PermalinkComments(0)他(PQR) 

2019年01月17日

Average White Band「What'cha Gonna Do for Me」



アヴェレージ・ホワイト・バンド(Average White Band)の
「What'cha Gonna Do for Me」です。

アヴェレージ・ホワイト・バンドは
ヘイミッシュ・スチュアート(Hamish Stuart)らによる
イギリスのバンドです。
公式サイトは⇒こちら
hamish

「What'cha Gonna Do for Me」の
What'cha」は、「What are you」の略、
「be going to 動詞」は「~するつもりだ、予定だ」です。

Whatcha gonna do for me

What are you gonna do for me

Whatcha gonna do for me, when

The chips are down

 

In the cool of the night, when nothing seems right


3~4行目「when ~」は「~とき」、
「chip」は「(ポーカー、ルーレットの)数取り札、お金」、
「down」は「下がって、落ちて、不足して」、

5行目「cool」は「冷気、涼しい時(所)」、
「when ~」は「~とき」、
「nothing」は「何も~ない」、
seem right」は「正しい(望みどおりである、うまくいっている)と思われる」です。

いざという時にあなたは私のために何をしてくれるの?

 

このまま放っておく気?

 

涼しい夜

何もかも気に入らない時

(zzt様 訳)

「What'cha Gonna Do for Me」は、アヴェレージ・ホワイト・バンドのアルバム「シャイン(Shine)」に収録されています。

HAM AND EGGS
IMG_3826
ヨーコ・オノ(Yoko Ono)さんのツイッターのQ&A

Q: オノヨーコさんの、人生の目標や、座右の銘はなんですか?
A: 「Thank you. I love you」です。「どうもありがとう、愛しています」です。ヨーコ


beatlesjapan at 03:00|PermalinkComments(0)他(VWX) 

2019年01月16日

続・Santana「Evil Ways」



サンタナ(Santana)の
「Evil Ways」です。

サンタナは
カルロス・サンタナ(Carlos Santana)を中心とする
アメリカのバンドです。
公式サイトは⇒こちら
gregg2

「Evil Ways」の
「evil」は「悪い、有害な」、
「way」は「(いつもの)やり方、方法、習慣」です。

You've got to change your evil ways, baby
Before I stop lovin' you
You've got to change, baby
And every word that I say is true
You got me runnin' and hidin' all over town
You got me sneakin' and a-peepin' and runnin' you down
This can't go on, lord knows you got to change, baby

1、3、7行目「have got to 動詞」は「~しなければならない」、

2行目「stop 動詞-ing」は「~するのをやめる」、

4行目「every word that I say」は「私が言うすべての言葉」です。
「that」、関係代名詞です。

5、6行目「get A 動詞-ing」は「Aを~させる」、

5行目「hide」は「隠れる」、
「all over town」は「町中で」、

6行目「sneak」は「こそこそとはいる(出る)、うろうろする、潜む」、
「a-peep」の「a-」には、特に意味はありません。
「peep」は「のぞき見する、こっそり見る」、
「run down」は「追いかけてつかまえる、さがし出す」、

7行目「go on」は「続く」、
「lord」は「神さま」です。

僕が君に愛想を尽かす前に 変わってくれなきゃ
君は変わらなきゃ
僕の言ってることは全部本当だよ
僕は君のせいで町中を走り回ったり隠れたり
コソコソ君のことを嗅ぎ回ったりのぞき見したり
君を疲れされてるよね
こんなことは続けられないよ
神様だって知ってるはずさ 君が変わらなきゃ
いけないことを
(echobor様 訳)

「Evil Ways」は、サンタナのアルバム「ザ・ベスト・オブ・サンタナ(The Best Of Santana)」に収録されています。

STRAWBERRY
IMG_3824
ヨーコ・オノ(Yoko Ono)さんのツイッターのQ&A

Q: ヨーコさんは、ご自身を愛してますか?自分のどういうところが好きですか??
A: まだまだ失敗したり、その度に新しいことを習ったりしていることです。それが生きている証拠のようなもので、あんまり自慢になる話ではありませんし、そんなときは自慢もできないけれど、それでも、何かを習う度にそれは生きている証拠だと感じて、ありがたいと思っています。私の人生はありがたい人生です。あなたの人生もそうなのです。ヨーコ

beatlesjapan at 03:00|PermalinkComments(0)他(DEF) 

2019年01月15日

ジョージ・ハリスン「Try Some Buy Some」



ジョージ・ハリスン(George Harrison)の
「Try Some Buy Some」です。

ジョージ(1943・2・25-2001・11・29)は
The Beatlesのメンバーです。
インドの宗教・哲学・音楽などにたいへんふかく傾倒しています。
公式サイトは⇒こちら
imemineexpanded

「Try Some Buy Some」の
「try」は「…を試す、試用する」、
「buy」は「…を買う」デスネ

Way back in time

Someone said try some

I tried some

Now buy some - I bought some . . .

Oh Oh Oh

After a while

when I had tried them

denied them

I opened my eyes and

I saw you . . .


1行目「way back in time」は「ずっと昔」、

6行目「after a while」は「しばらくして(から)」、

7行目「when ~」は「~とき」、

8行目「deny」は「…を(自分は)持たないと言う、拒否する、認めない」です。

ずっと昔
試してみろと言われたので 試してみた
今度は買えと言うので 買ってみた
ああ、ああ、ああ
その後
さんざん試したあげく やめたとき
目を開けてみたら あなたがいた
(山川真理 訳)

「Try Some Buy Some」は、のアルバム「リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド(Living In The Material World)」に収録されています。

ちくわぶをいただきました
IMG_3810
YUM, YUM

ヨーコ・オノ(Yoko Ono)さんのツイッターのQ&A

Q: 私は「愛してる」が一番好きな言葉です。ヨーコさんは、いつも「愛」のことをおっしゃっていますが、一番好きな言葉はなんですか?
A: 生きるです。ヨーコ