9/6の朝。。。
星野先達の勤行のあとの朝食時
10418205_1032423090136214_3547502520499710176_n

皆さんと
”なぜ舞うか”についてシェアしました

ともに舞った まやこちゃんのブログにも書かれていましたが。。。

http://ameblo.jp/kamacho7/entry-12070459253.html

本当に本当に
みんなの心が繋がって響き合って
ともに震える素晴らしい時間でした


「舞」というのは、
まずは心が先にあって
それに動きがついてきたものを言います。
http://blog.livedoor.jp/beautiful_mai_body/archives/1038536540.html
(そのことについてはのブログにも書いています)

だから

『舞う心』が何よりも大事。

そんな響き合う心を皆で持って
出羽三山開祖の蜂子皇子が降りたという”由良の浜辺”へ
無題
星野先達の法螺貝で始まりの音

無題
地元の女性たちの八乙女踊り

お互いの舞で会話し合う。。。舞で語り合う。
無題
【天空への祈り】
”大地への祈りの舞”と呼応する舞。
出羽三山という山で祈り
そして由良の浜辺・・・海で祈る

無題
【お鈴の舞~四柱の清め~】

11949297_928041767254047_5346615134165670067_n
八乙女たちの【大麻祓い清めの舞】

時空を超えて 由良の浜辺で八乙女たちがむすばれていきます。

そもそも。。。
八乙女(やおとめ)という言葉の意味を紐解くと
八乙女とは、主に神楽(いわゆる巫女神楽巫女舞)をもって奉仕する8人の巫女のことを指しますが、
人数が8人と定まったのは後世の事であり、
古くは「八」の字は複数あるいは多くという意味で使われていたもので、
神霊を扱う神聖な処女の意味があったと言われている。。。そうです
11225160_882322035189350_1339558491806340140_n
全員で【きみがよの舞】
浜辺に豊かに舞いました。
11987196_882321895189364_992515154470728432_n
通常の「君が代」は、ドレミの「レ」から始まりますが、
雅楽での君が代は「ラ」から始まります。

その音のちがい・・・

それはとても大きな違いです。

なぜなら 本当の音魂のチカラがあるからです。

一音、一音、ゆっくり声に出して歌う。。。

ただただゆだねる

不思議な響きに
舞う皆さんの目にも涙が自然に伝いました。

海に向かいながら唄って舞う・・・

古代もずっとそうしていた氣がします。

私も舞う側でしたけど


空と海と乙女


あの時の
あの場はそれはそれは美しかっただろうとわかりました。
11150777_1655689648002745_1525711084311881581_n
【女神舞~花の風~】

開花の体験

舞を奉納する生徒さん全員がそれぞれ
本当に魂をふるわせ開花されました。

舞終えた後の皆さんのお顔。。。きらっきらっっ
感無量

o0480027213419450531
星野先達の法螺貝で送りだしていただいて
奉納はすべて修了いたしました。

11960097_882321558522731_3603841677682510524_n
舞終えた心は軽く。。。

地元の八乙女の皆さんと
天麻那舞の八乙女のみんなで大笑い

11988717_882321451856075_4990636745000315204_n
八乙女の像の前でもパチリ

素晴らしい時間を
本当にありがとうございました。

出羽三山奉納のすべてを創ってくださった星野先達
そして泊めていただいた「大聖坊」の皆さま
舞う心を持ってともに舞った仙台八乙女(敦子さん 恵理さん 仁美さん 香織さん 佐枝子さん 静さん 博子さん 恵美子さん)&東京八乙女(みお まやこちゃん リーヤちゃん まどかちゃん)&龍笛奏者 山さん
八乙女たちを支えた家族の皆さん
たくさんのサポートをくださった(一社)日本燦々 本間先生と事務局ゆりこさん
応援に観に来てくださった方々
etc etc
すべてに感謝です

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
無限の無限のありがとうございます

『天麻那舞』を学びたい方・ご興味ある方
お問合せはこちらです

hm369_13moon20sun★yahoo.co.jp
(★を@に変えてご連絡ください)
フェイスブックからも大丈夫です
 https://www.facebook.com/hiroe.murakami.18
  ∽
。(^^)。村上 舞那(むらかみ まな)