本日(2017年10月1日)
武蔵國一之宮 小野神社にて
天麻那舞を奉納させていただきました
19893802_1532658080125743_13028703_o
このご縁 この流れ。。。ありがたいことばかりです
22046586_1532729000118651_6015096675209936695_n
総代をはじめとして8名の氏子さんに
参道を浄めていただきながら拝殿へ

16名の生徒さんとともに6曲の奉納
22140459_853233071516781_145706495_o
四柱の舞

22140310_1500859096698799_234436216_o
三相女神の舞

22171929_853233331516755_721704939_o
花の風~コノハナサクヤヒメの舞~

22140680_1532717180119833_549022811_o
きみがよの舞

22140459_1500860103365365_54221570_o
大地への祈り~籠目のとびらひらき~

22140556_1532717580119793_1289696123_o
織姫の舞~むすひ~

わたし個人にとっても
こちらの小野神社さんはとてもとても重要な場所だったので
感慨深いものがありました。

☆∴:.。

。。。不思議なことに
2009年夢で
『瀬織津姫さま』の神社である小野神社に行きなさい と言われ、
お参りに出かけてから
私の舞のお仕事がどんどん広がって加速したのでした

いわいる”夢のお告げ”です(笑)


「瀬織津姫さま・・・???」

まったく耳にしたことのない女神の名前なのに
ものすごく重要なことのように直観し
居ても立ってもいられなくなったことを
今でも覚えています(笑)

8年経って
そんなご縁あるところに天麻那舞を奉納した本日

それにはまだ続きがありまして。。。

旺季志ずかさん脚本の
瀬織津姫さまのミュージカル『天の河伝説』に
主演の女優さんたちの舞の指導として
天麻那舞をお伝えするお役目をいただき
DSC_0542
10/1が役者さんや制作スタッフ初顔合わせということで
奉納終えて、そちらの会場に足を運んできました。
22069558_433124920422729_5789256138482515968_n
https://ameblo.jp/rila214/entry-12315735890.html
旺季志ずかさんのブログより。。。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚

。。。ということで
今回は「瀬織津姫さま」について

感謝をこめてもう一度 
2009年ブログに書いたお話をこちらに
まとめてアップさせてください(*^。^*)
 

皆さんは
「瀬織津姫」さまキラキラをご存じですか

・・・たぶん2006年ころから
急激に知る人が増えてきた女神さまだと思いますが
日本最古の歴史書「古事記」
国家によって
公式に編纂された伝存最古の歴史書「日本書記」など

・・・簡単にいっちゃえば
日本の神々の系統を記された歴史書で
しかも大まじめに天皇が神さまの直系として
実際にあったことを書いたとされている書物で

(こういう分野を調べて話しはじめると、 
 何か危険な宗教にハマっているんじゃないか?
 この人おかしいんじゃないか?
 と、引かれたり、危ぶまれる現代日本の風潮の方がむしろヘンで
 私たち日本人はずいぶん自分たちの精神の柱【スピリット】を
 盗まれているんだなと悲しくなりますが・・・

意図的にその存在や名前を抹消されてしまった女神さまが
瀬織津姫さま


今では
天照大御神(あまてらすおおみかみ)は女性神と説明されて
伊勢神宮でまつられていますが、
本当は
天照大御神(あまてらすおおみかみ)は男性♂で
その奥さまが瀬織津姫さま
なのです。


2006年・・・始めて伊勢神宮に舞を奉納させていただいた時
すごく素晴らしい場所で 
素晴らしい氣に満ちた場所だったけれど

直感的に 
・・・隠されている ・・・ウソついてるって
わけわからずも何だか感じてしまって
深いところでなじめなかった場所でした。


どうしてそんな感覚になってしまったのか
ずっとずっとひっかかっていましたが・・・(・。・;

やっと意味がわかった


日本神話では、
天の岩戸は開いた・・・ということになっていても

本当は

そこから出てこられたのは 
天照大御神さま(男性)だけで

瀬織津姫さま(女性)は
閉じ込められたままだったんだ・・・ 


その出来事は 
たくさんの次元で
現実にも深く深く影響している

☆∴:.。★.‥゛°°

・・・私たち女性は、
もうその始まりがいつのことだかわからないくらいに
ずっと長い間 社会に閉じ込められている。

この現代社会は、
女性が”本来の女性”としてあるがままではいられない

そして私たち女性たちも
”女性が本来の女性としてあるがまま”が何なのかわからない。 

もう~ 話したらキリがないくらい
女性であることを盗まれ、すり替えられている出来事は
精神はもちろんのこと
日常生活・衣食住すべてから
女性のカラダのこと etc
たっくさんある!!

知れば知るほど悲しく
腹立たしいくらいにたっくさんある・・・

一番一番何より悲しいのは 
私たち女性自身が忘れてしまってる ってこと
ハートブレイク


女性たちも同じように 
天の岩戸に閉じ込められて・・・

別の視点でみると

人間ひとりの中には

男性性のエネルギーと女性性のエネルギー両方を内包していて

もちろん男の人の中にも 
女性性 というものがあるんだけど

その『女性性』がどこにも活躍する場がない。
社会は男性性のエネルギー全開で
何かしらチカラあるものが優遇される権力社会
優劣という評価がつきまとうタテ社会
効率性や早い結果を追求されて優しい感情を切り捨てられた社会
目に見えること・データ・理論が正しくて、直感は間違ってると疑われてしまう社会

社会全体も 
女性性が天の岩戸に閉じ込められている。



☆∴:.。★.‥゛°°

それが

2009年7/22の皆既日食で 
岩戸が完全に開いたドンッ


瀬織津姫さまがちゃんと出てきた


と直感している。
(よかったら 皆さんも
 2009年7/22~のご自身の出来事など
 振り返ってみてくださいヽ(゚◇゚ )ノ)


スピリチュアルな業界(?笑)では
もうずいぶん前から 
天の岩戸が開いた って言っていたけれど
そこには時差があって

開き始めて
敏感な人たちから目覚めがはじまり

扉がゆっくりゆっくり開いてゆくようにドアキラキラ

それはやがて 
波のように 全体へと広がって波

7/22の皆既日食で完全全開キラキラしたんじゃないかなーって。


これはただのわたしの感覚だけでごめんなさい。
だけど 
深く深く そう感じている


やっと 開いてよかったな~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ラブラブって
よかった 女性が自由になれる

女性性が解き放たれて 
もっと外にあらわれやすいようになる

そしたらもっと現実の
すでに古くなって馬鹿馬鹿しいとみんなが心の奥で思っている
政治的なこと・慣習的なことも壊れてなくなってリセットできる爆弾 

ただ見ていることをやめて
自分たちが実践していくしかないんだと気付いていける

☆∴:.。★.‥゛°°

知ることが 
まずは深い意識にノックしてくれる

頭で理解することに時差があっても
目にすれば 耳にすれば カラダでうけとって
やがて必要な時にストンと落ちる キラキラ

ひとりが知れば 
ひとりが誰かに話せば

そこに関わりあうたくさんの人たちの深い意識にノックする 

ノックされた深い意識(集合意識)は貯金されて
完全に 現実の出来事へとひっくりかえる

☆∴:.。★.‥゛°°

日本の本当の神さまも
政治的な要素で
いろいろ歴史がすり替えられているから

ちょっとよかったら興味を持ってみてくださいまし☆彡


意識を向けると
本当に神さまが作動していきます。
同時に皆さんの中の神聖な部分も作動していきますビックリマーク

自分の直感の中でその糸をたぐると
「ああっ! そういうことだったんだ・・・っ
と自分の中での確信も
現実に起こる事象もおもしろいのです

51u1A-kGG6L__SX330_BO1,204,203,200_
エミシの国の女神 
http://furindo.webcrow.jp/emishi.html
「エミシの国の女神」での瀬織津姫の多彩な姿~
水源神・滝神・川神

*アマテラスの祖型神
*オシラ神(オシラさま)・ザシキワラシと習合する神
*不動尊・十一面観音と習合する神
*大祓の神(祓戸大神)
*三河地方においては、天白神
*ヤマトの中央権力側は、祟り神、禍津日神(悪神)とみなしていた
*桜の神であり、桜谷明神の異名をもつ
*白山、立山ほかの地神・元神(全国にわたる祭祀がみられる)
*神宮においては、「アラハバキ姫」とも呼ばれる神
*下鴨神社(京都)では、「糺の弁天さん」と呼ばれる神
*日本文学の発生と根源に関わる神

瀬織津姫は、稀有の秘神といわれ、
最大最後の謎を秘めた神~といわれる。

と、本「エミシの国の女神」に記されていた。



瀬織律姫を祭神とする神社は全国に100社を超えるそうで
東北にかなり集中していて
その昔、もっともっと瀬織律姫をまつる神社はたくさんあったんだけど
天照大神にまつりなおせと
言うことをきかない神社の神官たちはかなり殺されてしまったという話があり・・・
瀬織律姫には別名や別の神に置き換えられて
間接的に祀られているケースが多いそう。


ブーケ2全国の瀬織津姫祭祀を紹介しているブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/tohnofurindo/folder/965073.html 
(よかったら皆さんの地域の瀬織律姫さまを探して
 ご挨拶に行ってみてくださいましぴかぴか(新しい)


他 とってもおもしろかった詳細バッド(下向き矢印)


クローバー瀬織津姫を祀る武蔵国一宮 小野神社
http://plaza.rakuten.co.jp/beautifulgoddess/diary/200802160000/


クローバー瀬織津姫の船団、陸奥国へ
http://plaza.rakuten.co.jp/beautifulgoddess/diary/200802190000/


クローバー消されていった瀬織津姫
http://plaza.rakuten.co.jp/beautifulgoddess/diary/200802230000/


クローバー白山瀬織津姫と男神だった天照大神
http://plaza.rakuten.co.jp/beautifulgoddess/diary/200802240000/


クローバー「糺の弁天さん」瀬織津姫
http://plaza.rakuten.co.jp/beautifulgoddess/diary/200802290000/ 
☆∴:.。★.‥゛°°

日本の女神さまの神話
日本に住む女性たちが知ることは
”日本女性の潜在意識のとびらをひらく”ことに
つながっているんですよ~
ドアキラキラ
(たかが神話ではないのでありますビックリマーク

☆∴:.。★.‥

2009年当時、ものすごく夢中になって
瀬織津姫さまのこと調べました。
そして、一番最初にご挨拶に行った場所が
本日奉納させていただいた小野神社さんでした。。。
22197526_887216341441396_425525459_o
本当に感慨深く
ありがたさが満ち満ちています。。。
22163753_887216321441398_1050882486_o
☆∴:.。★.‥

(一社)日本燦々『天麻那舞』では
ともに舞をし、奉納くださる方 お待ちしております


≪天麻那舞の教室
天麻那舞*東京
amana-mai.blog.jp/archives/1046032824.html

天麻那舞*山形
http://amana-mai.blog.jp/archives/1049655694.html

天麻那舞*栃木
http://amana-mai.blog.jp/archives/1043243432.html

天麻那舞*茨城
http://amana-mai.blog.jp/archives/1063807994.html

天麻那舞*愛知
amana-mai.blog.jp/archives/1054366097.html

天麻那舞*岐阜
http://amana-mai.blog.jp/archives/1060579127.html

天麻那舞*三重 
http://amana-mai.blog.jp/archives/1062059453.html

天麻那舞*北九州 
http://amana-mai.blog.jp/archives/1065706013.html

天麻那舞*新潟 
http://amana-mai.blog.jp/archives/1066633838.html

天麻那舞*関西(大阪・神戸・滋賀) が誕生しました(^^)/

☆∴:.。★.‥

天麻那舞2017年奉納全体スケジュールはこちらです
     
http://blog.livedoor.jp/beautiful_mai_body/archives/1063288142.html


天麻那舞とは。。。
http://amana-mai.blog.jp/archives/cat_1178169.html

天麻那舞レッスンについて。。。
http://amana-mai.blog.jp/archives/1040030307.html

ご希望いただければ 全国各地で「天麻那舞」出張レッスンいたします。。。
http://blog.livedoor.jp/beautiful_mai_body/archives/1050102147.html


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
無限の無限のありがとうございます

(一社)日本燦々
http://www.taima-kazari.com/
  ∽
。(^^)。村上 舞那(むらかみ まな)
 https://www.facebook.com/hiroe.murakami.18
(※)フェイスブックでメッセージなしでの
  いきなりのお友達申請ではなく
  お心遣い・礼儀をお互いに大事にして
  まずはメッセージからお願いいたしますm(__)m