料理研究家yucari VS ひらたあや整形外科クリニックの【美しくなるレシピ】

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨年は大変な一年でしたが今年は心温まる話題の多い一年になりますように心よりお祈り申し上げます。

昨年はわたくしも自分や周りの様々なことを見つめ直す一年となりました。
今年は年女なので龍のように天高く飛躍していける年にしたいと思います
がんばって行きましょう


低脂肪、高たんぱくな鶏の胸肉を使ったから揚げです。
ポイントは下味を二段階につけて短時間で中までしっかり味が付いて、
卵入りの衣と黒酢のソース。冷めてもおいしいジューシー唐揚げです。
唐揚げって男の人も子供も大好きですよね。お安くて低カロリーな胸肉で作りたいけどパサパサなんてことも。。主人に何度もダメ出しされてやっとおいしいって言ってもらえた作り方です。 ビニール袋とフライパンひとつでできて洗い物が少ないのもうれしい。
トマトと玉ねぎの入った甘酸っぱいソースをたっぷりかけて。
お野菜もモリモリ食べれます。

鶏のむね肉のジューシー唐揚げ 
トマトと玉ねぎの黒酢ソース
画像 228

材料(2人分)
 
鶏胸肉 ・・・200グラム

下味1
塩・・・小さじ1/2
黒こしょう・・・少々
酒・・・小さじ1

下味2
しょうゆ・・・小さじ1
みりん・・・大さじ1
きび砂糖・・・小さじ1
しょうがすりおろし・・・1かけ分
卵・・・1/2個

小麦粉、片栗粉・・・各カップ1/4

ソース
トマト、玉ねぎ・・・みじん切り 各中1/2個分
しょうゆ、みりん・・・各小さじ1/2
黒酢・・・大さじ1
水・・・大さじ2

レタス・・・太目の千切り2枚
ねぎ・・・白い部分5センチ(白髪ねぎにして水にさらしておく。)

作り方
1.鶏胸肉は厚めのそぎぎりにする。ビニール袋にお肉を入れ下味1をいれもみ込む。
下味2も入れてさらにもみ込む。
小麦粉片栗粉も入れて混ぜておく。
画像 216
下味を二段階に分けてもみ込むとなかまでしっかり味が付きます。
レタスは太目の千切りにしておきます。

2.180度に熱した油できつね色になるまで揚げます。
揚げている音がカラカラと軽い音になってふらふらと泳ぐようになったら揚げ上がりです

画像 220
画像 221


3.フライパンの油をきり玉ねぎのみじん切りを炒めます。
透き通ってきたらトマトのみじん切りとしょうゆ、みりん、お酢をいれ1分くらい煮ます。
お皿にレタスを敷き、唐揚げをのせてソースをたっぷりかけて白髪ねぎを飾れば出来上がり。

画像 224



お友達とランチに行って来ました
名古屋に引っ越して息子の幼稚園でご一緒してからのお友達ですがいまでは家族ぐるみでおつきあいさせてもらっています

美味しいワインを教えてもらったり、話題のお店にランチに行ったり、とっても情報通で素敵な方です

先日行ったのは名古屋、千種区にあるフレンチのお店、ルクソール。
テーブル席が一つとカウンターのこじんまりとしたお店です。
2人だったのでカウンターでいただきました。オープンキッチンでお料理の手順がよく見えるのでお店の方に質問しながら疑問に思ったこともすぐに答えていただけてとても居心地のいい素敵な時間を過ごせました。

前菜は鴨にしました。
形の楽しい様々なお野菜とともに…
最近よく見るサボテンのような肉厚なお野菜…なんだった?ってお友達と話していたら教えてくださいました
グラパラリーフだそうです。
ちょっと見にくいですが写真左上にあるお野菜です。
すごく栄養価が高いそうですよ。

次はごぼうのスープ。

スープというよりもピューレのようなごぼうをそのまま味わえる香り豊かなスープでした。

メインは鶏です。

鶏の赤ワイン煮がとても柔らかいです。

デザートはモンブランでした。

栗の香りが秋を感じさせますね。
最後に小菓子がでてきて、ゆっくり会話もでき、早めにお迎えに行く私にもお伝えしていた時間通りに食事を終えることもできて楽しい時間を過ごせました。
ごちそうさまでした。

このページのトップヘ