2005年08月22日

先延ばし・・・

昨日は彼と会いませんでした

どんな顔して会えばいいのか分からなかったんです。


先延ばしにしているだけだというのは分かっています。分かってるんですが




母が彼に挨拶をしに
上京してきます

電話口での母のうれしそうな声を聞くと
期待に応えなければと思うのです

それが私の本心ではなくても・・・



私のでたアダルトビデオです>>
8/21リンク

【タイトル『 磔と浣腸の濁流〜SMショーパブ調教〜 門村敦子』】

このサイトに私は出演しました…











私の事を紹介していただいたブログです


宮田紗江のSMビデオ制作現場レポート



  
Posted by beautone at 01:23TrackBack(1798)彼とのこと

2005年08月20日

ご主人様とあえなくなってわかったこと

ご主人様とはもう会えません


私はご主人様にされる行為に
耐えられないと思ったことも
何度もあります


この人は

なぜ私にこんなことをするのだろう
なぜこんなにも私を責め立てるのだろうって

でももう会えなくなってしまった

わかったことがひとつだけあります

私にはそうされることが必要だったんです



私にはご主人様が必要だった

気づいたのが遅すぎました

愛じゃないのかもしれません
きっと誰も認めてくれないような関係です

そしてもう二度と手に入らない・・・


明日彼と会います

こんな私を必要としてくれた
彼になんていえばいいのかわからないです

婚約指輪・・・
彼にもらった指輪
もらったときにはこれで幸せになれると思っていました

いまはその指輪が重いです





私のでたアダルトビデオです>>
8/20リンク

【タイトル『 磔と浣腸の濁流〜SMショーパブ調教〜 門村敦子』】

このサイトに私は出演しました…











私の事を紹介していただいたブログです


宮田紗江のSMビデオ制作現場レポート







  
Posted by beautone at 23:25TrackBack(160)AV

2005年08月19日

何度も何度もいきました。

スイッチを付けると

そこには
見たこともない
自分がいました



DVD







様々な浣腸器で責められ

汚物を撒き散らしている私
確かに嫌がっています
でもその奥にあったのは
限りない快楽でした


DVD画像





やめて、やめて
と声を上げながらも
求めている欲深さが
画面から伝わってきて
正視できませんでした

自分の中の
いやらしい部分を無理やり
見させられているようで

ご主人様はきっと
私の根本にある部分を見抜かれていたのでしょう


ご主人様に頂いた服だからこそ自分で見てみろといったんです

目を反らせなくて、

もうどうしていいのか分からなくて

陰部に指や
ご主人様に頂いたバイブをめちゃくちゃに突っ込んでいました



自分はこんな女です
どうしようもなく浅ましく快楽だけを追い求めている



自分で縛りましたご主人様から頂いた服を着て

ご主人様がしてくれたみたいに

自分で縛って




何度も何度もいきました。
ご主人様を思いながら、自分の貪欲なまでの嫌らしさを見た羞恥から




結局私はご主人様の言いつけを守っていました


明日から私に命令をしてくれる人はいません




私のでたアダルトビデオです>>
動画

【タイトル『 磔と浣腸の濁流〜SMショーパブ調教〜 門村敦子』】

このサイトに私は出演しました…











私の事を紹介していただいたブログです


宮田紗江のSMビデオ制作現場レポート


  
Posted by beautone at 22:04TrackBack(204)AVにでること

私の出た作品が発売されました

先ほどmiracleに行ってDVDを買って
来ました

これから、
ご主人様に命令されたとおり
鑑賞しながら、自分で慰めるつもりです


ご主人様の最後の命令どおりに


従いたくない気持ちもあります
だって、もしこれが終わったらもう命令されることは
ないから

いま、画面を眺めてどうしようか迷っています




私のでたアダルトビデオです>>
出演したビデオ

【タイトル『 磔と浣腸の濁流〜SMショーパブ調教〜 門村敦子』】

このサイトに私は出演しました…










私の事を紹介していただいたブログです


宮田紗江のSMビデオ制作現場レポート









  
Posted by beautone at 12:29TrackBack(40)AVにでること

2005年08月18日

最高のお仕置き

最高のお仕置きの意味が分かりました

荷物







あて先人不明の小包が届きました
中には一枚の手紙と
無記名のCD-ROM
そして茶色の封筒

一枚目の手紙には
CDには明日発売されるビデオの画像が
入れてある。これをブログに説明しながら
自分でオナニーをしろという
ご主人様の命令が書いてありました

自分が出ている画像を直視することすら
恥ずかしいのに、解説をするなんて


でも私はご主人様のものである以上逆らえない

CD-ROMをパソコンに入れると
私のあられもない姿を映した画像が大量に入っていました




写真1
私がご主人様とであったお店の中で
私は緊縛されました、目隠しをされ、私の恥ずかしい場所や乳房をじられ

私は目の見えない恐怖に怯えながら
写真2
触れられるたびに感じてしまい声を上げてしまいました

そして次から次へとイチジク浣腸が
私の中に注ぎ込まれました

浣腸・・・
必死でこらえました、もし出てしてしまったら・・・

でも結局駄目だった。


写真
私は大勢の人の前でなすすべもなく

汚らしい液体を出していました







写真4
そして台に立たされガラスの浣腸器で私は身体の中に
大量の水を入れられ

私はすぐにでも溢れそうになる体液をこらえられず
あたり一面に汚液を撒き散らしてしまったんです。

写真3
その場にいたすべての人たちから
私は軽蔑されていたでしょう。
そしてそうされて感じている自分がいました


写真
あまりの恥ずかしさで
どうしていいのか分からなくて

あたしは突き出された男の人のあそこを
必死で嘗めてい最後には熱い精液を顔面に掛けられました




器具
その後、磔にされて

何度も何度も浣腸器を挿入されて


医療用の器具なのでしょうか
もう私はその頃には何がなんだか分からなくなって


器具2
イルリガードルという道具で責めたてられて







写真6
最後はご主人様の目の前で私は
犯されました。ただ快楽を求めるだけの
浅ましい姿をさらして私はいってしまったんです




私は画像をみながら
いつの間にか自分でしていました
取りつかれた様に

そこにあるご主人様の存在を感じながら
ご主人様に今までされた行為を思い出しながら

気が付くと私は何度も絶頂を迎え部屋中を汚していました




手紙を見ると
2枚目がある事に気が付きました


そこには一言だけ

君とはこれで終わりだ

とだけ書いててありました


頭が真っ白になりました
昨日の言葉の意味はこれだったんだ・・・


考えてもいなかった

お前は私の奴隷だって、
私の奴隷だって事を忘れるなって言ったのに





いつの間にか私は涙を流していました
もう二度とご主人様には責めていただけない
ご主人様にも会えない

初めてどれだけご主人様を
必要としていたのか分かったんです

これが最高のお仕置きだったんだ

とめどなく流れててくる涙で画面が見えなく
なって


この気持ちは何なのでしょうか
ご主人様とは契約という
関係だったはずなのに

こんなにも求めている自分がいる

私はこんな気持ちは彼にももてるんでしょうか
これは愛なのでしょうか、単なる快楽を求めているだけなのでしょうか


私は初めてご主人様に対する自分の気持ちに気づきました



残っていた茶封筒を除くと一万円が入っていました

封筒







最後の命令
明日この金で
お前がでたDVDを買いなさい
ミラクルへ行けば
買えるようにしてある

そして自分で慰めるんだ


手切れ金のようなものでしょうか
そんなお金で自分の出ているDVDを買って
自分で慰める
こんな惨めなことがあるでしょうか?


そして私はこの気持ちを永遠にご主人様にはぶつけられないのです


それでも私は明日発売されるDVDを買うでしょう
ご主人様のもたらす快楽なしではもう生きられないから



  
Posted by beautone at 23:18TrackBack(9)御主人様の調教

2005年08月17日

ウェディングドレスを着たままの・・・

ドレス1
ウェディングドレスを持って
ご主人様の元へ行きました


結婚前の最後の調教…

私はご主人様の前で
裸になり
ドレスを纏いました


お願いだから汚さないで…

泣きながら懇願しました


ドレス2
ご主人様は私に口かせを嵌めて

しゃべれなくすると

撮影のときに使ったような

大きなガラスの浣腸器を取り出しました




暴れる度に縄が喰い込み
力ずくで抑え付けられ


冷たい器具を挿入されました

ドレス3






私は汚液を噴出し
そしてそんなことに
背筋が続々とくるほど
快楽を感じ
ご主人様に罵られ弄ばれるほど
私は盛りの付いたメス犬のように
自ら求め
夥しい量の愛液を漏らしました



ドレス4






母が作ってくれた純白のドレス
私は自ら汚しました

あの人の元に行くためのドレス
私は自ら汚しました



ぐしょぐしょになったドレス
もう着れないかもしれない



ビデオに出た時もうこれ以上の
辱めはないと思っていました


でもそうじゃなかった
女としての幸せを
踏みにじられるような
この行為こそが
今まで生きてきた中で
最高の恥辱…




放心する私にご主人様はこういいました

明日は今まで生きてきた中で最高の恥辱を味あわせてやると




  
Posted by beautone at 21:41TrackBack(18)御主人様の調教

2005年08月16日

1通のメール

彼の実家です










彼の実家です









彼のご両親に結婚の挨拶をしてきました


彼が殆ど話をしてくれて
私は緊張して口も聞けませんでした。

でもご両親は優しくしてくれました
彼からある程度の事情は聞いていたのか、
暖かい声を掛けてくれて・・・


これからは息子のことをよろしく頼む
そう言われた時、

ああ、この家に本当に私はお嫁に行くんだ

自分が認められたような気がして
うれしくて泣きそうでした


食事をしてお話をして
少し打ち解けれたと思ったときに
ご主人様からメールが入りました


そのメールには撮影のときの写真が添付されていました




撮影1











撮影2








私は声を上げて
隣にいたお母様が不振がられて


慌てて家の外に出ました
逃げ出すように走って
心臓がバクバクと鳴って

がたがた震えてました



私のいる場所はこの一通のメールで
壊れてしまう場所なんだ



忘れることなんてできない


すべてはご主人様次第


自覚したときに
恐怖だけではない
何か他のまったく別の喜びのような思いが
強く混じった自分がいます




  
Posted by beautone at 21:45TrackBack(17)彼とのこと

2005年08月15日

撮影

ご主人様が忘れられないようにしてやる
といった意味がはっきりと分かりました




歌舞伎町3










今日撮影をしてきました
もう潰れていたけど
ご主人様と出会った場所で

私は前回の出演の時にもう
これ以上恥ずかしい事は無い
というところまで追いつめられました


もうこれ以上の恥ずかしい事はない


でもそうじゃなかった
私は人間として
根本的に間違っていたのだ
そう思うぐらい
徹底的に責められました


磔にされ
そして大勢の人の前で・・・


撮影が終わったあと
ご主人様の車に
逃げるように乗って


気がつくと家の前で
言葉も交わさずに
ベッドに逃げ込んでいました



  
Posted by beautone at 23:40TrackBack(12)AV

2005年08月14日

生活の準備

不動産屋さん







彼と住むための部屋を探してきました

ようやく結婚するんだって実感が
沸いてきました

普段の生活をしていると
正直本当に彼と結婚をするのか

夢だったんじゃないかなんて
思ってましたけど


何軒か不動産屋を回ったけど
なかなかいいところは
見つかりませんでした

ここから新しい生活が始まる
そう思うと
なかなか決められなくて

最後に入った小さな不動産屋で
小さな一軒屋を紹介されて
そこに決めました

二人ですむには
ちょっと狭いかもしれないけど・・・
小さな庭があってなんだかいいなって思って
彼にお願いをして決めてもらいました


ここでどんな毎日を過ごすんだろう
幸せな毎日を過ごせるのかな




帰り際
ご主人様から
連絡がありました
明日、撮影だそうです

彼と新しい生活を始めようとしている私
ご主人様の命令でアダルトビデオに出る私

どちらが本当なのでしょうか?

以前は否定していた
ご主人様との関係を受け入れている自分がいます。

  
Posted by beautone at 23:00TrackBack(19)彼とのこと

もう一度ビデオに出ろ

もう一度ビデオに出ろ
場所はあの場所だ

電話越しにご主人様は
そういわれました



ご主人様が何を思ってそういわれたのかは
わかりません・・・


私の心を、
忠誠心を試しているのか


でもご主人様が何を思っていても
私はもう従うしかないのです



ご主人様が
言われている場所は
私たちがはじめてであった
場所のことだと思います

思い出したくない、
でも忘れられない場所



私がはじめてSMに触れた場所




歌舞伎町1






  
Posted by beautone at 14:17TrackBack(15)【御主人様の命令】

2005年08月12日

ご主人様にいいました

1









結婚してもいい、だが忘れられるのか

お前は私の奴隷だそのことを忘れるな



そうご主人様は言いました




ご主人様にプロポーズをされたこと
そして、それを受けたということ
すべてを話しました。

なんていってほしかったのでしょうか?
どんなつもりで私はいったんでしょうか?


ぼんやりとする意識の中で
思いました。


鞭で叩かれながら
問い詰められたとき

私は泣きながら
何度も何度も首を
振っていました



2







忘れられません
忘れられるはずがない



結婚を心に誓いながらもご主人様に縛られ、

濡れている自分がいます



  
Posted by beautone at 23:58TrackBack(19)御主人様の調教

プロポーズの返事

こんな私でも普通に幸せになれるかも知れない…
そう思うのはいけないのかもしれないけど…



彼と会って来ました
先日のプロポーズの返事を言いに…


1






一言二言話をして
ずっと黙っていました


彼が口を開きました
俺じゃ駄目かって


いいよ


って自然とそういってました

なんだかそういうのが
自然な気がして



いろんな話をして

妹や母の事も言って
彼はうなずきながら
何も言わずに聞いてくれて


ただ幸せになろうって一言だけ言ってくれて

彼と結婚しようと思います…


明日
ご主人様にこのことをいいます
今の気持ちをすべて伝えよう
と思っています

裏切りといわれてもしょうがない行為です
どんな仕打ちでも受け入れようと思っています


でも私は昨日のご主人様の調教の後
きっとあの快楽を忘れられないのだと
実感しました

2










虫がよすぎるのは分かっています
そしてすべてはご主人様しだいであることも分かっています

でも恋愛とも違うSMという関係のなかで
ご主人様についていきたい

そう思うのは罪でしょうか…






  
Posted by beautone at 00:03TrackBack(22)彼とのこと

2005年08月11日

どうすればいいんだろう

どうすればいいんだろう


帰り際にご主人様にかけられた言葉
彼から言われた言葉

いろんな言葉が頭の中を
めぐっていました



妹の夢を見ました
私がお嫁さんになりたいと
言った時の夢



写真









やりたいこともやれずに
死んでしまった
妹はどう思うのかなって

目を覚ました時に思ったんです


これから彼と待ち合わせした場所へ向かいます

いってきます
  
Posted by beautone at 21:49TrackBack(8)彼とのこと

2005年08月10日

プロポーズをされた後

1








ご主人様に呼び出され調教室に
行ってきました。

きっとご主人様はブログを見ているはず
彼との事について言われるのだろうと
覚悟をして行きました。

でも調教室のドアを開けると
ご主人様はいつもと変わらない様子で
私を迎えてくれました。

そして私のことをいつものように
調教し始めたのですが…


ご主人様に縛られ、
言葉で責められ鞭打たれても、
私は彼との事を考えてしまい
集中できませんでした、
2









その後、私は
きつく身体を縛られ初めて宙吊りをされました、
私の骨は軋み、身体の奥深く抉り込んで来るように
縄が喰い込みました。

私は息をする事もつらくなりご主人様におろして
頂けるように泣きそうになりながら懇願しましたが
ご主人様はその姿勢のまま
スパンキング、蝋燭責め、
ディルドーなどで私を
何も言葉を発せられないままを責め続けました

そうされている内に私の身体は反応しだしていきました
激しい苦痛を受けているはずなのに内股は熱を持ち
やがて淫らしい液体が溢れてきました
ご主人様が何も言わずに私の顔の前に濡れた手を
翳した時には顔から火が出るぐらい恥ずかしくて…

気がつくと喉からは自分でさえも
聞いたことがないような声を出していました

私はあまりの痛みと快楽にいつしか意識を失い
気が付くと私はベッドに横たわっていました



3









10 4








片づけをした後
部屋を出るときに
ご主人様は一言だけこういいました
「敦子、結婚するのか?」と…




私は今日会うまで、
もうご主人様との関係を終わりにしようとやめようと
思っていました。

でも家に戻る途中で思ったんです
私はこの快楽を忘れられるのかって…
頭では関係を終わりにしようと思っているけど
私のこの卑しい身体はきっとこの快楽を覚えている…



このままご主人様との関係を続けていっていいのか
まだ分かりません

まだ今後どうするかは決まっていませんが
明日には彼と会う約束をしています
何かしらの返事をしなければ…








  
Posted by beautone at 19:28TrackBack(19)御主人様の調教

「・・・プロポーズをされました」

8/9





仕事の後に彼に呼び出されて
近所のファミレスで会ってきました。
私があいまいな態度を取り続けていたから
きっとそのことを責められるのだろう
と思っていました。

しばらく、取り留めのない話をしながら食事をして
テーブルを立とうとすると
彼は私の手を握り、引き止めました
そして緊張した顔をしてこういいました

結婚をしないかって

私はそんなことを言われるなんて
思っていなかったから驚いてしまって
呆然としました

なんだか体に力が入らなくて
席に座ったんですが。

どう答えていいのか
分からなくて
黙っていました。

そんな私を見つめながら
彼も何も言わずただ私の手を
握り締めてくれました



本当はずっとそういわれたかった気がします
誰にも、いえ妹だけには言っていたけど
昔からお嫁さんになりたかった。

いつか素敵な人にプロポーズをされて
結婚をして二人で暮らして…

でもいつの間にかいろいろな
ことが起こるうちに自分は
そんなことを求めてはいけないんだって
思い込むようになって…



しばらく二人で黙り込んでいると
彼はごそごそと自分のウエストポーチみたいなカバンから
指輪を出しました




指輪1






指輪2





指輪3






私の指にはめようとして
でも二人とも震えてたから
なかなか入らなくて

そのうちに二人で顔を見合わせて
噴出してしまって

そのときにいいなって思えたんです
こうやって笑いあっていけたらいいなって。
ひょっとしたら幸せになれるのかもしれない
そう思いました



でも、少しだけ落ち着いて考えたくて、
ちっとだけ待ってもらうことにして
今日は別れてきました。


ご主人様には明日いおうと思っています
ただなんて言えばいいのか分からなくて…



  
Posted by beautone at 00:21TrackBack(10)彼とのこと

2005年08月04日

彼のこと

彼のこと

御主人様に知ってもらう為にも
少しずつ書いていきます  
Posted by beautone at 04:04TrackBack(47)毎日のこと

2005年08月01日

御主人様への裏切り?

自分でも分からないんです

御主人様ではなく
なぜ違う人に
心を惹かれているのか…

知り合ったきっかけは
どこにでもあるようなものです。
私が働いているお店に彼が
お客としてきたんです

かれは私がいつもお世話になっている
バイトの人の知り合い。
たまたま店に来たときに
私のことをそして私のことを紹介したのがきっかけです

私にはだれか他の人となんて考えは
なかったんです

御主人様にはどんなことをされても
返しきれないぐらいの恩、そして色々な気持ちがあります

だから、今みたいに悩んでいること
自体が自分でも驚きで…


彼は普通の人です
ブログのこともビデオのことも
知りません。

だから?なのかも知れません
きっと彼といたら普通になれるのかなって…

あれから、まだ何も決めていません。
一番ずるいって分かってるけど…  
Posted by beautone at 23:00TrackBack(57)毎日のこと

2005年07月26日

話し合いの結果

調教室にいくと御主人様が待っていました、

二人とも、ずっと押し黙っていました

何もいえなかったんです
私のブログを見てくれたから、
呼ばれたということは分かっていました…

しばらくそうしていると
御主人様は、好きにしろ
とだけ言って。

部屋を出られました、

そんな言葉を掛けられるとは
思っていなかったので
どうこたえていいのか?
どうしたらいいのかわからないです。

自分の気持ちも今はよく分からないです…  
Posted by beautone at 21:13TrackBack(58)御主人様の調教

話し合いの結果・・・

御主人様にあってきました…

心の整理が付きません。
御主人様のおっしゃっておられることが
私にはわかりませんでした。

もうすこし落ち着いて考えてみます…  
Posted by beautone at 01:32TrackBack(22)毎日のこと

2005年07月22日

これから御主人様に会いに行きます

ついさっき御主人様から連絡がありました

いまから調教室へ来いと・・・
なんの話をされるのかは分かっています


じぶんでもなんといえばいいのか分からないんです
でも、会わなければなにも始まらないきがするんです

いってきます


  
Posted by beautone at 00:16TrackBack(71)毎日のこと