生理前に豆乳を飲むと生理後に痩せる理由をご存知ですか?
soymilk_p01








生理前は太りやすくて、痩せにくいのが常識です。
さて、それはなぜでしょうか?
排卵期を過ぎると「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンが減少し、「母ホルモン」と呼ばれるブロゲステロンが増加するため、とにかく体に栄養や水分を取り込もうとします。
そのため、食欲が湧き、脂肪は燃えにくく、老廃物や水分が排出されないため、痩せにくくむくみやすくなるのです。
おまけに…精神的に不安定になるため、食欲を抑えられないで太ってしまうんですね。

でも、生理前に1週間「豆乳」を飲むだけで…

生理前は「最大のやせチャンス」になる!

600c-_1033979





生理前1week豆乳ダイエット」のやり方をご紹介しちゃいます☆彡

生理予定日の7~10日前から毎日、 朝食前に1パック(200ml)の豆乳を飲む。
P1080404







それだけでOKなんです!

昼食前や夕食前でもOKだけど、朝ご飯前に水分を摂ると腸が動いて便通がよくなるので、理想は朝。
食後ではなく食前に。なぜなら豆乳はGI値が低く、食事による急激な血糖値上昇を防いでくれるから。(血糖値が上がると体は「エネルギーが余っている」と判断し、脂肪を蓄えてしまう)
1日200ml程度にしてください。理由は後ほど。

生理前の「溜め込み」を抑えるのがカギ!

本来であれば、
生理前に余分なものを溜め込み(プラス)、
生理後に徐々に排出するため(マイナス)、
→普段はプラマイゼロになる。

生理後は「美人ホルモン」と呼ばれるエストロゲンが優位になるため、脂肪は燃焼、老廃物は排出されやすくなる。
「ダイエットするなら生理後1周間」とよく言うのはそのため。


つまり、「いかに脂肪や老廃物を溜め込まずに生理を迎えるか」が鍵。
shuuki
女性ホルモン落差を利用して一気に体重ダウン!
女子にしかできないダイエット
です。

豆乳で「溜め込み」を抑えられる理由とは?

豆乳には、生理前の溜め込みを防ぐ栄養素がぎっしり!
まさに、「生理前のためにある」食材。
hpc_lecithin_ap02









大豆サポニン

1.小腸での脂肪吸収を抑えてくれる
2.血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を洗い流してくれる
3.便を柔らかくしてお通じをよくしてくれる

お気に入り詳細を見る 小腸の絨毛(じゅうもう)が太くなると脂肪をたくさん吸収してしまうのですが、サポニンが絨毛を正常な大きさに戻してくれるので、小腸からの脂肪の吸収を抑えることができます。
さらに、脂肪を体外に流す働きもあるのです。


大豆イソフラボン

1.エストロゲン(美人ホルモン)と似た働きをする
2.エストロゲンが足りなければ補い、多すぎるときには減少させようと働く


大豆たんぱく

1.動物性食品に比べて低カロリーで基礎代謝を活発にする
2.体内での吸収・分解に時間がかかり、満腹感を得やすい


レシチン、ビタミンB群、マグネシウム

レシチン…脳の神経伝達物質を生成する
ビタミンB群…脳機能を維持する
マグネシウム…神経やホルモン分泌臓器などの働きを調整する
→イライラなどの精神的不安定を予防し、食欲コントロールに効果的


カリウム

むくみの原因となる過剰なナトリウムを排出


ビタミンE

毛細血管の血流を促し、血管に弾力をつけ、広げて、抹消まで血行をよくするはたらきがある


オリゴ糖

腸内環境を整えてくれるビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となる。
善玉菌を増やし、免疫力を高めて腸壁を刺激し便通をよくする

注意点

※あくまで「生理後に痩せる」ための下準備
飲んですぐ結果が出なくても焦らないこと。

※1日200ml飲めば十分。摂り過ぎは禁物。
エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを大量に摂りすぎるのは好ましくない。他の栄養素同様、適量の摂取にとどめること。
食品安全委員会は、毎日欠かさず長期間摂取する場合の平均摂取量の上限値目安を「70~75 mg/日」としている。(
http://www.fsc.go.jp/sonota/daizu_isoflavone.html
無調整豆乳200mlに含まれるイソフラボンはだいたい50~60mlくらい。
日本人は、お味噌やお醤油など日常的に大豆を摂取する習慣があるから、豆乳を飲む量は200mlくらいがベスト。

※生理が始まったら飲むのをやめること
健康上悪いわけではないけど、ダイエットしたいなら注意。
人間には、いかなる環境にも適応しようとする恒常性(ホメオスタシス)があるため、普段から豆乳を摂取すると、やがて体が吸収抑制に慣れてきてしまうと考えられる。
毎日集中的に豆乳を飲むのは生理前1週間にしたほうが、効率的なダイエットができる。


さらに、「バナナ」をプラスするともっと最強
に!
20120619_2998439



生理前の「豆乳×バナナ」の最強コンビ

b0102217_21144990










豆乳とバナナを組み合わせた「豆乳バナナ」には、互いに有効成分を高め合う、じつに相性のいい驚きのダイエットパワーが隠されているのです。

豆乳に組み合わせるのは、食物繊維が多く、栄養豊富なバナナ。
バナナに多く含まれるビタミンEは、大豆タンパクの分解、代謝を促進する働きがあります。
つまり、豆の燃焼を促す大豆タンパクをより効果的に使うことができるのです。
豆乳とバナナを組み合わせた「豆乳バナナ」には、互いに有効成分を高め合う、
じつに相性のいい驚きのダイエットパワーが隠されているのです


豆乳とバナナをミキサーにかけると、ふんわりとしたドリンクになります。これだけでもおなかがふくらんで、十分に満腹感を得ることができます。豆特有の臭みも、バナナと合わせることでほとんど消えてしまうので、豆乳嫌いでもおいしく飲めます。


生理前の不調改善に「バナナ」が効く理由【豆乳と相性

index_pic001













・バナナにはトリプトファンという、心を安定させるホルモンであるセロトニンの材料が含まれています。

・セロトニンは、バナナに多く含まれていますが、他の果物にはほとんど含まれていません。

・実はトリプトファンは、それだけではセロトニンにはならないんです。ビタミンB6と合成して初めて有効なセロトニンが生成される。

・ビタミンB6までが豊富に含まれている
・ビタミンB6はマグネシウムの働きを高める働きもあります。

・バナナのビタミンB6含有量

image01









・マグネシウム不足とPMSの関連性が報告されています。マグネシウム不足は、痛みや炎症に関係する物質の作用に影響するといわれています。数ヶ月に渡って、十分なマグネシウムを摂取することによって、むくみ、胸の張り、気分の不安定が改善されるといわれています。

・こころを安定させてくれるマグネシウムもたっぷり
・バナナのマグネシウム含有料

image012









・むくみを撃退してくれる成分は「カリウム」。

・カリウムは調理によって失われやすい成分です。例えば、野菜をゆでると約30%も減ってしまいます。
バナナは生で食べられるのでそのような心配をする必要はありません。


実践した人の声

「生理前に豆乳飲むだけでマジで体重落ちた。もちろん、体脂肪も。不思議。」

「このサイトのやつ参考にして、生理前に毎朝豆乳飲んでたら現時点で2キロくらい痩せた。運動とか特にしてないけどヽ(・∀・)ノみなさんもレッツトライ。 」

「生理前に豆乳飲むと良いって書いてあって半信半疑で試したら、-2kg痩せた/肌荒れニキビ出ない/立てない位酷かった生理痛がめっちゃ軽くなってて豆乳様のパワーすごい(∵)」
img_a671466f6feaeab89bcfce22f12180b670941









生理前の豆乳バナナダイエットなら美味しくキレイになれる要素がいっぱい☆彡
でも無理のないようにご自身の体調に合わせてやること!
次回の生理前にチャレンジしてみてはいかがですか?