健康美容よもやま日記

健康・美容に関してあれこれ思いつくまま、よもやま日記

2015年07月

私の経験上の食べても太らない方法です。

それは、食事をする時間に気をつけること。

特に夕食時間は不規則になりがちですが、20時までに食事を済ませることで、脂肪の蓄積を抑えることにつながるため実践しています。

昼間の14時~15時頃の時間帯であれば、脂肪を吸収しょうとする働きが弱まるため、この時間帯に間食します。

また、一日の食事回数を増やしたことで、一回の食事量が少なくなり、夕食の量も抑えてよく噛むことでお腹を満たすことに成功しています。

それに、睡眠時間が短いと脂肪燃焼がされにくいため、7~8時間はしっかり睡眠をとっています。

これが私の食べても太らない方法。

現在も若い頃の体重を維持しています。


食べることが大好きな人、大食いが止められない人にはこんなサプリメントがあります。

食べても太らないサプリ
【CUTE ME】

リポサンウルトラが脂肪を包み込んで体内に吸収されにくくなります。

奥二重でタレ目なので、一重にも見えるし、まぶたが重い感じがして、パッチリとした二重に憧れていました。

一重で悩んでいた友達が持っていたのが、リキッドタイプのアイプチでした。

やり方を教えてもらって、私もチャレンジしたところ、アイプチで簡単にパッチリとした二重ができました。

目の印象が今までと全く違って、嬉しかったです。

まぶたに接着剤のようなものを塗るので、かぶれたり、赤くなったりしないか不安でしたが、問題なく使うことができました。

まぶたがつっぱることもなく、自然な二重に見えます。

アイプチをしていても、お化粧することができるので、とても便利です。

夏場は特に汗で取れやすかったりするので、常に持ち歩いて直したりしたほうが良いと思います。

その後、夜用のアイプチを知って使うようになったのですが、これは今までのアイプチと比べて格段に使いやすいです。

夜塗って、朝起きたら二重になっています。

私が使う夜用アイプチ、おすすめは「ナイトアイボーテ」です 

ナイトアイボーテ通販 
 

私はティーンエイジャーのころは重いまぶたの一重でした。

二十歳を過ぎてからは、日によってはまぶたに薄っすらと線が入っていることが会ったので、そこぞとばかりに毎日必死でアイプチで二重クセ付けをしました。

それが大成功!今では二重がほぼ定着しています。

そのご、夜用のアイプチがあることを知り、毎晩塗って寝るようにしました。

それを契機に一気に二重クセ付けが進んだようです。

今はほぼ完全に二重まぶたになりました。

ここまで来るのに2年かかりました。

まぶたの肉質には個人差が大きいので誰でも二重になれるってわけじゃないけど、私の友達で夜用アイプチを毎日してたら二重になった、って人は他にもいますよ。

 ■ 夜用のアイプチならナイトアイボーテが一番

このページのトップヘ