ビーバス Vmaxのススメ

Vmaxにハマっている店主のブログ

先日遠方からお越しいただいた方のタイヤを見たら
全体に細かい虫がいっぱい歩いてる

ソレは高速道路を使って走り着いたばかりの時に見ての話
(たとえ溝に隠れていたとしても高温だし、風圧や摩擦もあったろうに・・・)

このタイヤ虫、、 スゲぇーガッツがあるよぇ、
と言いながら何虫かメッチャ気になる・・・

車両全体を見回してみたら主にタイヤに居いるのだが 外装にはまばら。

エアで吹き飛ばしておくよ! とキレイに吹き飛ばす

後日、再度来店されたので
その時にすかさずチェック

なんとー! 
また居るじゃないか!?
む・・・? 不思議ですねー。

画像はうまく撮れなかったんでありません・・・

シリカゴムを使うタイヤが多いですね

今やコンパウンドの違うゴムを合わせたタイヤが多い中、
サイドとセンターの繋ぎ目ならコンパウンドの違いだよね?ソレなら分かるけど
何でタイヤのセンターにもつなぎ目があるの?
との質問を頂きます。

それはシリカゴムが使われるタイヤに必要な「アースをさせるライン」なんです


(参考画像)
タイヤ
うっすらと見えるセンターのラインが確認出来ますか
(タイヤはミシュランのパイロットパワー3)

なぜシリカゴムが使われるタイヤにソレが必要かと言いますと、
シリカゴムは従来のタイヤ材と違って導電率が高くないので静電気が帯電します。
帯電すると静電気による様々な障害が起きますからね、
なので帯電をさせない為の策としてアースをさせるラインが設けられているのです。


余談ですが、
バイクにはタイヤの摩擦以外にもエンジンや吸排気系、サスペンション等々・・
たくさん静電気の発生源があります

静電気は電子機器にも悪影響を及ぼしますし他にも影響出ます。。
トヨタが静電気の帯電は空力にも悪影響があると言う程ですから静電気って影響力がデカいですね。


繰り返しになりますが、
画像の様なシリカゴムタイヤのセンターに入るラインはアースのラインになります。
これは多くのミシュランタイヤに見られますが、他社もシリカゴムを採用してる物があります。

今回の件
もしご存知でなければ一度 自車のタイヤを確認して見てはいかがでしょう

昨日はZRX1200のリアサスを交換

ZRX 29.8

幸いにも滞在が長いので本日はツーリングを楽しみながら
新品サスのナラシを完了して頂けます(^O^)

東京へ戻られるまでに大切なナラシとサスのコンデイションの確認が出来るので私としても安心です

後日、フォークやキャブのメンテが控えてますからまだまだ変化をお楽しみ頂けます🎵

ナラシセッティングながら
オーリンズのファーストインプレッションは良かったので一安心


このページのトップヘ