ビーバス Vmaxのススメ

Vmaxにハマっている店主のブログ

タグ:エンジン

先日は中川までトライクの出張修理

14 トライク
分解中~

車輌はVmaxのトライクで、そのメニューは・・・

水周りのオーバーホール一式、ステムベアリング交換、フロントフォークオーバーホール、
バッテリー交換、プラグ・プラグコード交換、フロントブレーキマスターシリンダー交換、
クラッチマスターシリンダー交換、アーシング装着、ミラー交換、エンジンオイル交換、
エアクリーナー交換 などなど。

メンテ一式です


インシュレーターも交換の予定だったのでエアクリーナーボックスを外したついでにキャブレターのスロットルバルブの作動を確認した所・・・

ウッ (゚ロ゚;)


スロットルバルブのダイヤフラム部が破損してるじゃないか

こんなの持って出て無いし・・・


しかも、翌日は諏訪方面で行われるイベントに参加らしい。


ん~ ~ ~ (´・ω・`) 


  
まっ、先に進めるか

ちゅー事で、作業 作業


キャブのトラブル以外の修理を終え、試運転


結果的には・・・
オーナーさんにビーバスまで足を運んでもらい残りのキャブの修理する事で決定っす♪


その翌日、
無事イベントに参加された様でホッとしてますー







    mixiチェック

昨日はトライクのフォークオイル交換やゼファーのメンテなど
ちょっとそのトライクの話を。

トライクはKさんのVmax
最初に依頼を受けた仕事はフロントフォークのオーバーホール
それを行ってから一年数ヶ月経ちます。

彼の乗るトライクメーカーの車輌を扱うのはその時が初。
その初来店の時、休憩だったのか たまたま店の外に居てね、遠くから走って来るその姿を見た時の事は忘れんね

何がって
その件はまたいつか。


当初、二輪とは姿勢などが全く異なるトライクに対して適切なフォークオイルの量や粘度、バネの硬さに悩みました。


彼はトライクのエリートぉ!?
4輪バギーからスクーターのトライク、次にVmaxのトライクへと着実にステップアップされたタイプの乗り手です。
そうと、そうで無いのとではトライクへの理解力が異なりますね。

4輪バキーは自分も良く知ってます
以前、楽かと思って整形外科までの通院用に買ったら余計に体を悪くするんじゃないのか!
と思う程の大変な乗り物だった事は身を持って感じている。

次のスクーターのトライクはそれより随分快適らしく、
Vmaxのトライクは更に快適だとか・・・

なのにハンドルがプルプルとブレている・・・

彼曰く、それはトライクだから問題ないとの話。


問題がナイと言うのにおせっかいにも、もっと良い方法を見つけたい俺。
だからKさんからは希望の方向性が聞ける訳がない。
それが最初の壁だった。

だがオーバーホールの序に行った最初のセッティングは良かった様だ。

運送の仕事を営む彼は改造と言うことよりベストなコンディションを求める。
今回の作業はメンテの序に行う特性変更(セッティング)によるカスタマイズは気に入って頂けた。

それからノーマルベストに近づけるメンテを繰り返し、そして日々の彼の献身的な磨きっぷりで見違える程にマシンは若返って行った。


何ヶ月かすると乗り方も変ったりしたので、そろそろ動きに変化を付けないとなんのかなと思っていた頃だったかな・・・
最初は俺も嫌がっていたトライクの試乗をうまくさせられてしまっていた・・・
ま、私自身が乗って感じた事、彼らの動きを見る事や話して理解した事で次のステップに進めた訳です。

それで途中仕様変更を行ってみたり

今回もオイル交換の序に設定変更を行いました
良い仕上がりとの意見を頂き嬉しい限りです~



BlogPaint







コレはKさんの三輪車
ホントはピッカピッカなんだけど画像では分からんね。








今ではKさんのお仲間のVmaxトライクさん達にもお越し頂いております。
Vmaxのトライクってそれぞれ車輌による個性があるんです。

コチラは別のトライクの出張エンジン乗せ換え時の画像。
24 トライク-3

トライク-4

この時は真夏だったから暑かったぁ
でも、いい思い出っす。



もっと、トライクを知る事と乗り手の変化を読んでサポート出来る様に勉強っス
楽しく安心して乗ってもらう為への思いは三輪も二輪も一緒


この週末にメーカーのイベントへ参加する為に神奈川県まで仲間らとツーリングだそうです。
皆さんアツいですネ
    mixiチェック

このページのトップヘ